2014年06月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年06月

2014年06月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■小児科医を取り巻く環境について小児科医は肉体的にも精神的にもハードな当直が月に最低5回はあります。人手が足りなくなると、さらに増えることになります。医療崩壊が叫ばれてから久しいですが、それでも何とかこれまでやってこれたのも、全て医師の先生方をはじめ、現場で必死に働く人たちのおかげです。こうした厳しい状態は20年ほど前から続いています。しかし当時は今ほど「 モンスター・ペイシェント 」のような存在は...

記事を読む

no-image

その他
■待遇改善されることのない過酷な現場小児科に新生児集中治療室(NICU)がある病院は、24時間365日体制で小児科医を配置させなければなりませんので、小児科医の先生は本当に大変です。「 新生児医療 」に力を入れている病院は、小児科医の給与は高めに設定されているので、激務であっても給与に関する不満は小さいと考えられています。しかし、32時間(定時に終わることはないので実際には36時間)連続勤務に耐えながら...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医の年収は高くない?小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。他の診療科よりも残業や当直が...

記事を読む

no-image

その他
■労働条件が悪い分収入面はよい小児科医を目指す若手医師は年々減少傾向にあるため、小児科はどこも人材難です。そうした状況にありながら「新生児医療専門」の求人に注目が集まっています。医療技術は日々進化し続けているわけですが、その中でも特に「新生児医療」の進化は凄いものがあります。このため「 労働条件 」が非常に厳しいです。毎日長時間に渡って激務をこなさなければらないので、その分給料も良いです。このため優...

記事を読む

no-image

その他
■小児科はマイナス要因が多い?小児科は、数ある診療科の中でも特に人材不足が深刻です。人が少ないので職場の医師たちは手分けして働かなくてはなりません。当直も残業もその分多くなりますので、医師一人あたりの負担が大きくなります。常に激務をこなしていながら、給料は他の診療科と比べて高いわけではありません。また訴訟リスクが高いので、小児科医を目指す若手医師の数は減少しています。こうしたマイナス要素があまりに...

記事を読む

no-image

その他
■小児科医を目指す若手医師が激減している理由とは?医療機関の多くが依然として人材難に頭を抱えています。そうした中、小児科は他の診療科と比べても、より厳しい状況にあります。若手医師の間で小児科医を目指す人が少ないのも大きな問題です。小児科の求人に応募する医師の特徴としては、臨床経験を終えた若手医師だけでなく、他の診療科から転科するケースも比較的多いですが、その数は決して多くありません。他の診療科から...

記事を読む

no-image

その他
■医師を取り巻く環境が大きく変化!医師を取り巻く環境が、過去数年間において劇的な変化を遂げています。今では自らキャリアを選択しなければなりません。欧米では当たり前のことですが、日本では「 医局 」によって医師としての生き方が決められていたと、いってもいい状態が明治以来長らく続いていました。このため医師としてのキャリアを考える機会もほとんとありませんでした。ですので、いきなり自分で考えろといわれても困...

記事を読む

no-image

その他
■どの科目を選べばよいか分からない?2004年に新しい臨床研修制度が導入されたことによって、将来を担う若い医師たちに研修先を選ぶ自由が与えられたわけですが、それによる問題もいくつかあります。そもそも新しい臨床研修制度が導入されたのは、できるだけ幅広い経験をさせることによって、応用力の高いジェラリストを育てたいという厚労省の思惑からです。そうしたことがプラスに働いている面もあります。しかし選択の機会を増...

記事を読む

no-image

その他
■キャリアに悩む医師が急増している新しい「臨床研修制度」が2004年に導入されてから、研修先を自由に選べるようになったわけですが、自身のキャリアに悩む医師が増えています。色々と選択肢が増えたことにより、医師の働き方は以前よりも確実に多様化したわけですが、逆にそれ以前には考えられなかった悩みが医師の先生を苦しめています。特に最近では、キャリア相談のためだけに医師転職サイトなどの転職支援サービスを利用...

記事を読む

no-image

その他
■人間性が何より大切初めて転職するにあたり、何かと不安が多いと思います。医師転職サイトのような人材紹介会社を利用するのも当然初めての体験となるわけですから、何をどうすればよいのか迷われている医師の先生も多いかと思います。こうした人材紹介会社を利用するにあたって、一番大切なのはやはり人です。医師の先生方は、一般企業に勤める会社員のように転職することはできません。色々なしがらみの関係で転職は長期間に渡...

記事を読む

no-image

その他
■とにかく時間がかかる医師の退職は、一般企業に勤務する従業員が退職するようにはいきません。企業の場合、それぞれの企業によって就労規則が微妙に異なります。しかし労働法規では退職の申し出を14日前までに申し出れば退職が認められます。就業規則でそれ以上前に申し出るようにと定められていても効力はありません。法的にはそうなっていますが、医師の先生方の場合はそうもいきません。これまで何度も医局を敵に回したら人...

記事を読む

no-image

その他
■円満退局するためには耐え忍ぶしかない!円満退局するためには、とにかく耐え忍ぶしかありません。ですので、教授との話し合いの場において罵倒されるようなことがあっても、腹に力を入れてグッとこらえるしかありません。絶対にキレないように注意してください。土下座も辞さない覚悟で挑めば、どんなことも耐えられるはずです。耐えることによって、絶対に医師としての明るい未来が開けます。反対に我慢できずに怒鳴り返してし...

記事を読む

no-image

その他
■退局を決意したら必ず家族に報告する!医局の退局を決意したら、かならずご家族に相談してください。家族に余計な心配をかけたくないという思いから、無事転職が決まってから報告すれば良いと考えている医師の先生が多いのですが、これは絶対にやめてください。教授からの命令により、他の医局員からご家族に連絡が入る場合があるからです。例えば奥様が電話を受けて、初めて退局する意思があることを知り、この医局員から、退職...

記事を読む

no-image

その他
■円満退局はまどろっこしいことを地道にやる!退局が成立しなければ、転職先が決まっていても、転職できません。そうならないためにも、しっかり時間をかけて準備する必要があります。当然のことながら、ドラマや映画のように上司に向かって勇ましく辞表を叩きつけるようなことはできませんので、回りくどく牙城を崩していくしかありません。「そんなまどろっこしいことやってられるか!」と思われるかもしれません。しかし、医局...

記事を読む

no-image

その他
■本音と建前を上手に使い分ける!医局側ともめずに円満退局するためには、しっかり準備する必要があります。何も考えずに当たって砕けろ的に挑むと確実に玉砕されます。退局するにあたって、医局側を納得させる理由がどうしても必要になります。しかし、教授と直接対面し、その場で正直に話すことは非常に困難です。恐らく数日前からめちゃくちゃ緊張することになると思います。仮に確かな「 退局理由 」があったとしても、そうし...

記事を読む

no-image

その他
■医局員の退局に対する圧力がさらに強く!新しい臨床研修制度によって、医局の影響力は確かに低下しています。しかしながら医師不足が年々深刻化しているような状況において、将来を担わなければならない医局員に辞められたら、それこそ医局の存在価値が問われます。ですので、医局側は引き止めるのに必死です。人によっては医局を退局するのは以前ほど難しくなくなったという声もありますが、私個人的には上述した理由から、より...

記事を読む

no-image

その他
■より退局するのが困難な方向へ医局側は、病院へ派遣する医局員の数を減らすわけにはいきませんので、以前よりも医局を退局するのが非常に困難になっていると個人的に感じています。また医師転職サイトを利用するケースが急速に増えている要因でもあります。教授の圧力がこれまで以上に強いので、ありとあらゆる手(恫喝、あめ)をつかって、転職を思い止まらせる方向へ巧みに誘導するため、自分の意志を貫くのが困難です。ですの...

記事を読む

no-image

その他
■依然として退局するのは難しい巷では医局の力が衰えているから、これまでよりも「退局」しやすいといったことが、誠しやかに囁かれていますが、果たして本当にそうなんでしょうか?嘘とはいいませんが、実際は依然としてかなり厳しいですよね。まず、組織のトップである教授に面会をセッティングしてもらうだけでも容易ではないですし、そのうえ「退局」の意思を伝えるのは、困難どころの話ではありません。■退局がすんなり認めら...

記事を読む

no-image

その他
■医師が医局を退局するときとは?多くの医師が安定を求めているわけですが、医局人事によって地方病院を転々とするとなると、どうしても将来に「 希望 」が見い出せなくなります。次第に医局を「退局」することを検討し始めるのは当然の成り行きです。退局タイミングとして多いのは、「 後期研修終了 」、「 専門医取得 」、これらに加え日々のて激務によって心身ともに疲弊しきってしまたときです。医局の影響力というのは以前ほ...

記事を読む

no-image

その他
■麻酔科医が活躍できる場は沢山あります!麻酔科医の活躍する場は幅広く、「 ペインクリニック 」をはじめ「 集中治療室 」、「 救命センター 」といった様々な分野があり、無くてはならない存在です。しかし、麻酔医を目指す若手医師は、それほど多くありません。仕事は地味ですし、世間では麻酔科医に対する認識がそれほど広がっていません。残念ながら麻酔科医の存在を知らない人も多いのが現状です。そして、激務であるにもか...

記事を読む

no-image

その他
■高いコミュニケーション能力が求められる!麻酔医は、手術前日に患者さんと直接対面して、麻酔のメリットやリスクについて説明したうえで、麻酔を使用することに対する同意を得なければなりません。ですので、ある程度高いコミュニケーション能力が求められます。そして手術当日は、朝から麻酔の準備をし、手術が無事終わるまで、患者さんの安全をしっかり守ります。麻酔をすると患者さんが手術中に痛みを感じることはありません...

記事を読む

no-image

その他
■麻酔医の仕事とは?麻酔医のメインとなる仕事は、手術のさいに麻酔をすることです。実際に病院で行われる手術は実に多種多様です。例えば比較的簡単とされる「虫垂炎」程度の手術であれば、短時間で終了するので、麻酔医は1日3~4件程度行います。一方、難易度が高いとされる心臓や肺、肝臓などを取り扱う外科の手術などは、長時間かかりますので、1日1件麻酔医は麻酔を担当することになります。■訴訟リスクが年々高まってい...

記事を読む

no-image

その他
■想像力がなければ厳しい仕事ですリハビリテーション科では、患者さんの身体所見をしっかり観察し、疾患や怪我などの特徴とその状態を把握したうえで、まず考えられるリスク要因を洗い出します。そして、最終的な目標を設定し、それに合わせて適切な訓練と治療を行うわけですが、医師はアセスメントとプランを行わなければならないので、責任重大です。あらゆることを想定したうえでリハビリを計画し、患者さんと一緒に進めていき...

記事を読む

no-image

その他
■需要が急拡大している理由とは?リハビリテーション科を新設している病院が増えています。このため求人の数に関しても他の診療科よりも多く、どこの医療機関も専門医が不足していることから、専門医を取得していれば、優位に転職することができます。リハビリテーション科は、神経筋疾患、脊髄損傷、末梢神経障害、骨関節疾患、慢性腰痛などで日常生活に支障をきたしている患者さんのリハビリを行います。そして、元の生活を普通...

記事を読む

小児科医を取り巻く環境は悪化している?




■小児科医を取り巻く環境について


小児科医は肉体的にも精神的にもハードな当直が月に最低5回はあります。


人手が足りなくなると、さらに増えることになります。


医療崩壊が叫ばれてから久しいですが、それでも何とかこれまでやってこれたのも、
全て医師の先生方をはじめ、現場で必死に働く人たちのおかげです。


こうした厳しい状態は20年ほど前から続いています。


しかし当時は今ほど「 モンスター・ペイシェント 」のような存在は多くありません
でした。同様に「 訴訟リスク 」も多くありませんでした。


感謝されることのほうが多かったので、今以上にやりがいがありました。


ご存知のとおり最近はより凄まじい状況にありますよね。


今後も改善される可能性は残念ながら低いです。





■人材不足の元凶は?


一般には長らく医師は十分足りていると思われていました。


厚生労働省による何らかのプロパガンダがあったと思っています。


医師は人件費が一番高いのだから「 待遇改善 」などもってのほか、といった空気が
流れていましたので、人員補強を訴えても拒絶されるだけでした。


そのつけがいまになって大きな問題となってあります。


急に人が足りないから何とかしろと言われても対応するのに時間がかかります。


こうした問題の元凶である厚生労働省は、問題に対して責任を取ることもなければ、
取ろうとする姿勢すら見せませんので、医療に従事する人達が浮かばれません。





■小児科医の給料は本当に高いのか?


小児科医は給料が他よりも高いとされています。


確かに総支給額の額面だけみれば高いと思われるでしょう。


当直と残業が多いので、当然といえば当然です。


基本給自体は一般の同年代のサラリーマンの方とさほど変わりません。


その代わり各種手当てと当直代が基本給をも上回ります。


このため、ボーナスの支給額を低く抑えることができます。


年収で1200万円以上貰えれば、世間一般的には年収は申し分無く高いわけですが、
その責任の大きさと、過酷過ぎるという言葉が軽すぎるくらい労働時間が長いです。


ですので、正直割に合いません。


病院経営も苦しいので賃金が上昇しない方向に動いています。


20年ほど前なら2000万円を超えているケースも多かったのですが...



過酷過ぎる小児科医の当直の実態とは?




■待遇改善されることのない過酷な現場


小児科に新生児集中治療室(NICU)がある病院は、24時間365日体制で小児科医
を配置させなければなりませんので、小児科医の先生は本当に大変です。


「 新生児医療 」に力を入れている病院は、小児科医の給与は高めに設定されている
ので、激務であっても給与に関する不満は小さいと考えられています。


しかし、32時間(定時に終わることはないので実際には36時間)連続勤務に耐え
ながら働き続けるのは非常に困難で、並の精神力では到底無理です。





■過酷過ぎる小児科医の当直の実態


スケジュールどおり毎日進めばいいのですが、入院患者さんの容態が急変することも
しばしばありますし、ハイリスクな分娩になると人手不足が災いします。


ただでさえ現場にいる小児科医が少ないのに、残された小児科医が手分けして現場を
切り盛りすることになります。そうなると残業がいつも以上に長くなります。


場合によっては、40時間を超えることもあります。


そうなると「 思考回路 」が極端に低下し、集中できなくなります。


何でもない天敵や採血すら失敗します。ミスが多くなってしまうのです。


しかも、人の命がかかっているので、医療ミスもとなれば徹底的に責められます。





■小児科医の給与水準は高いのか?


こうした過酷過ぎる当直が月に最低でも「5回」以上あります。


休日は身体を休めるだけになります。というより身体を休めるだけにしておかないと、
余計なエネルギーを消費してしまい、働き続けることができなくなります。


また最新の医療知識を空いているスキマ時間に勉強しなければなりません。


休日は趣味に没頭するなんてことは到底できません。


30代で専門医を取得された先生でも年収は1400万円前後です。


ボーナスが基本給の4ヶ月であれば、月収で100万円は到底超えません。


最近になって、ようやく待遇改善を見直す動きが広がっています。



 カテゴリ

小児科医の年収は決して多くない




■小児科医の年収は高くない?


小児科医の給与水準は、平均で年収1200万円(額面)前後です。


ちなみに日経新聞の調べによりますと、医師の平均年収は、1477万円です。


平均してそのうちの約12%がアルバイトによる収入が含まれています。


ですので、差し引くと1200万円をギリギリ割り込まない程度なので、小児科医の
年収は、決して低くもありませんし、特別高いというわけでもありません。


他の診療科よりも残業や当直が多いにもかかわらず、給料が少ないイメージが強い
ですが、数字でみれば平均より少しいいくらいですが、それ以上に仕事は過酷です。





■開業医が直面する現実について


地域によっては少子高齢化が進みすぎてしまい、小児科を閉鎖する病院もあります。
また仕事が過酷であるため、若手医師で小児科医を目指す人が少ないです。


こうした理由から小児科は以前よりもかなり減少しています。


しかし、当然のことながら子供がいなくなるということは絶対にありません。


安心して子供を育てることができる社会になるには小児科医の存在は欠かせません。


小規模な個人経営の病院でも小児科は少なくなっています。


個人経営の病院は、「少数精鋭」で対応しなければなりません。


ですので、「採算」を取るのが非常に難しく、昨今では「訴訟リスク」へも配慮して
対応しなければならないので、正直これでは割にあいません。


残念ながら全体的にみて小児科医は減少傾向にあります。


開業医の年収についてですが、平均2400万前後です。


人気の開業医になると3000万円以上を軽く超えます。





■非常勤の方が稼げてしまう現実


しかし例え勤務医であっても、病院で10年ほど経験を積めば年収2000万円程度
の収入が得られます。勿論小児科医のスキルによっても給与は左右されます。


しかし現場の最前線で働いている人からすれば、皆さん給料が低いと感じています。


同じ小児科医でも満足度にかなりばらつきがあります。


生活がかかっているので給料は、言うまでもなく大切です。これから求職活動を行う
のであれば、長く勤務するためにも、自分に適した職場を選ぶほうが得策です。


ちなみに小児科医としてアルバイトで働いた場合の給料についてですが、時給1万円
以上は普通ですし、非常勤でもフルタイムで働くことができます。


そうなると非常勤で働いたほうが年収が多くなります。


勿論病院側の都合でいつ切り捨てられるか分からにといったリスクはありますが、
それを差し引いても、非常勤で働いたほうが年収が多くなるのは魅力です。



 カテゴリ
 タグ

小児科医は労働条件が悪い分収入面はよい?




■労働条件が悪い分収入面はよい


小児科医を目指す若手医師は年々減少傾向にあるため、小児科はどこも人材難です。
そうした状況にありながら「新生児医療専門」の求人に注目が集まっています。


医療技術は日々進化し続けているわけですが、その中でも特に「新生児医療」の進化
は凄いものがあります。このため「 労働条件 」が非常に厳しいです。


毎日長時間に渡って激務をこなさなければらないので、その分給料も良いです。


このため優秀でキャリア志向が高い医師の応募が殺到します。


「新生児医療専門」の求人は、国立病院をはじめ求人数が多いです。


そして「医療機関」だけでなく、それぞれの地域の自治体も「 地域医療の重要項目 」
としてバックアップしていますので、今後さらに注目を集めることになりそうです。





■小児科の地域格差は広がるばかり!


残念ながら小児科は減少傾向にあります。その理由は少子高齢化など様々です。


このため地域によって格差が広がりつつあります。


厚生労働省の調べでは、小児科医がもっとも多い徳島県ともっとも少ない岩手県都の
差は何と2.49倍まで広がっていまして、今後さらに開く可能性が高いです。


小児科は産婦人科と並んで地域格差が大きいです。


今後抜本的に改善される可能性は低いのが現状です。


人材難であるため一人あたりの医師にかかる負担は尋常ではありません。


ですので、収入面は確かに良いですが、小児科医として働くのは非常に大変す。


このため小児科医を目指す若手医師が少ないです。





■専門医を取得者は厚遇を期待できる!


小児科を取り巻く環境は依然厳しい物がありますが、「専門医」を取得された医師は、
厚遇が得られますし、転職するにしても非常に有利な条件で転職できます。


求人先と直接交渉することも問題なくできますので、ネックとされる当直に関しても、
一ヶ月間の当直時間を労働時間に全てカウントしてシフトを組む無ことができます。


ですので転職するにあたって情報が何より大切です。


しかし、激務の中で転職活動を行うのは難しいです。


一々求人情報を精査していたら時間がいくらあっても足りません。


民間の医師専門の転職支援サービスを利用すれば、無理なく進めることができます。


希望にあった求人の中から最も良い条件を提示する求人を探してくれますので、面倒
な作業に翻弄されることがありません。普段どおり働くことができます。



 カテゴリ

小児科で非常勤の女性医師が求められる理由とは?




■小児科はマイナス要因が多い?


小児科は、数ある診療科の中でも特に人材不足が深刻です。


人が少ないので職場の医師たちは手分けして働かなくてはなりません。


当直も残業もその分多くなりますので、医師一人あたりの負担が大きくなります。


常に激務をこなしていながら、給料は他の診療科と比べて高いわけではありません。


また訴訟リスクが高いので、小児科医を目指す若手医師の数は減少しています。


こうしたマイナス要素があまりにも多い小児科ですが、労働環境の改善を進めている
病院も少なからずありまして、改善の兆しが徐々に見え始めています。





■小児科への転科は少ない!


とはいっても、常勤の小児科医を確保するのは依然として困難です。


その代わりを埋めるのが、パート・アルバイトなど非常勤として働く医師です。


以前よりも勤務体制整備されたため、非常勤の小児科医求人は人気があります。


また病院側が女性医師を強く求めているのも大きな要因となっています。



現状では小児科に転科する医師はそれほど多くありません。


転科するにあたって、当然それなりの知識や経験が必要ですが、小さい子供と接する
ので、成人の患者さんと接するのとは違ったコミュニケーション能力が必要です。





■女性医師が救世主?


当然のことながら子供は一人で病院に来るわけではありません。


お母さんに付き添われてくるケースが圧倒的に多いです。


お母さんは、同性である「女性医師」を強く求めています。


同じ女性でしか共有できない悩みなども気軽に相談できるため、人気が高いです。


このため、病院側も積極的に女性医師を雇用することを推し進めています。


しかし、女性医師の場合、結婚・出産を経て子育があるため、どうしても家庭を優先
させなければならない関係で常勤医師として勤務することが困難です。


このため積極的に長期で働ける非常勤医師を雇用し、小児科の勤務体制を整えてます。


また小児科医は、内科、外科、精神科など、子供たちの症状全てを総合的に診なけれ
ばならないため、医師としてそれなりの知識とスキルがどうしても求められます。



 カテゴリ

小児科医を目指す若手医師が激減!




■小児科医を目指す若手医師が激減している理由とは?


医療機関の多くが依然として人材難に頭を抱えています。


そうした中、小児科は他の診療科と比べても、より厳しい状況にあります。


若手医師の間で小児科医を目指す人が少ないのも大きな問題です。


小児科の求人に応募する医師の特徴としては、臨床経験を終えた若手医師だけでなく、
他の診療科から転科するケースも比較的多いですが、その数は決して多くありません。


他の診療科から「転科」する場合、医療に関する基礎的知識は同じであっても、違う
職に転職するようなものです。それくらい仕事の内容が他の診療科とは異なります。





■小児科がどんどん少なくなっている


今現在小児科の看板を下ろすところが増えています。


これは個人経営の診療所だけではありません。


比較的規模の大きい総合病院でも同様の動きが広がっています。


それにともなって、小児科医を目指す医師が減少しています。


これには色々な理由があります。まず他の診療科よりも夜勤や当直が多いです。


緊急搬送されることも多いので、夜中に呼び出されることも少なくありません。


小児科医は、日々大変な思いをしながら激務をこなしています。


しかし、訴訟リスクが他の診療科よりも高いです。


こうした理由から小児科を閉鎖させる病院が急速に増え、若手医師の間でも小児科医
を目指す動きが一気に後退することになったのです。改善する兆しはありません。





■小児科医の転科は多い?


あまりにもデメリットが多いことから、他の診療科から転科も少ないのが現状です。


しかし、小児科医に転科したことで、睡眠時間を削りながら激務をこなしている状況
にありながら、医師として働く喜びを見出す先生方も沢山いらっしゃいます。


やはり診療するのが子供であるため、どうしても向き不向きが強いです。


子供が好きという理由だけでは、とてもじゃありませんが務まりません。


子供のお母さんに言われもない誹謗中傷を受けて苦しめられることもあるからです。
クレームを超えた内容であるため、精神的に大きなダメージを受けます。


小児科は、こうしたデメリットが色々とあります。


小児科医としてのやりがいは決して小さくありません。



 カテゴリ
 タグ

医学部でキャリア教育が無いことの弊害とは?




■医師を取り巻く環境が大きく変化!


医師を取り巻く環境が、過去数年間において劇的な変化を遂げています。


今では自らキャリアを選択しなければなりません。


欧米では当たり前のことですが、日本では「 医局 」によって医師としての生き方が
決められていたと、いってもいい状態が明治以来長らく続いていました。


このため医師としてのキャリアを考える機会もほとんとありませんでした。


ですので、いきなり自分で考えろといわれても困ってしまうわけです。





■キャリアに悩む医師が増えている


どの診療科目を選ぼうとも、専門医の取得までには長い期間を要します。


大変な苦労をされて皆さん専門医になられます。


しかし、やっとの思いで専門医を取得してから「自分には向いていない」と思って、
他の科に転科しようにも、当然のことながらそう簡単にはできません。


失敗したくないという思いから、診療科目を選ぶのに慎重になりすぎてしまいます。


その結果として色々と考えすぎてしまうので選べなくなるわけです。


こうした傾向は若手医師だけではありません。中堅医師、ベテラン医師の中でも自身
の「キャリア」について悩まれている方が増えているのが現状です。





■キャリアを考える機会が少なすぎる!


医学部は、他の学部と比べても閉ざされています。


同じ大学であっても、ほかの学部の学生と交流する機会がほとんどありません。


このため他の学部の学生のように自分自身のキャリアを真剣に考え、それにあわせて
就職活動を展開し、仲間同士で刺激しあうといった機会に触れることがありません。


しかも医学生は、6年間必死に勉強しなければならないので、そうした環境に対して
疑問を持つ暇すらなく、研修医になればさらに忙しい環境が待っています。


ですので、自分のキャリアを考える機会がそもそも少なすぎるわけです。






■医学部のキャリア教育導入が急務


少子化のためどこの大学も生き残りをかけて必死です。


そのために就職率を高めて質の高い就職先を確保し続けなければなりません。


ですので多くの大学で専門学校顔負けのキャリア教育が実施されています。


早いところでは1年生の段階で自己PR、自己分析、コミュニケーション能力を高める
ためのトレーニングを兼ねた厳しい講義が年間を通じて行われています。


その姿を初めてみたときに圧倒されました。ゆとり世代と揶揄する声もありますが、
私個人的には今後素晴しい人材が創出されることを信じています。


しかし医学部はどうかというと、こうしたキャリアに関する教育がありません。


研修医となっても「仕事は盗んで覚える」といった時代錯誤な現場至上主義がまかり
通っています。一日も早くキャリア教育が導入されることを願っています。



 カテゴリ

どの科目を選べばいいか悩む医師が急増中!




■どの科目を選べばよいか分からない?


2004年に新しい臨床研修制度が導入されたことによって、将来を担う若い医師たちに
研修先を選ぶ自由が与えられたわけですが、それによる問題もいくつかあります。


そもそも新しい臨床研修制度が導入されたのは、できるだけ幅広い経験をさせること
によって、応用力の高いジェラリストを育てたいという厚労省の思惑からです。


そうしたことがプラスに働いている面もあります。


しかし選択の機会を増えたことで、沢山の医師がどの科目を選ぶべきか迷っています。


それ以前は自由に選べることを渇望しました。


しかし、その自由が手に入ると自分の将来のキャリア選択の場面で、どうしていいか
分からなくなり、迷ってしまうという大変皮肉な結果になっています。





■医師の働き方が劇的に変化!


今現在一般の会社では、正社員として雇用することを極力抑え、契約社員や派遣社員、
アルバイトやパートといった非正規雇用で人材を確保する動きが広がっています。


医師の働き方も同じように多様化しています。特に女性医師の場合、結婚・出産を経て
働き方を変えなければならないという大きな問題があります。


女性医師の数が今より圧倒的に少なかったころは、こういった問題も特別問題視されま
せんでしたが、医師不足の中で女性医師が急激に増えたことにより、無視できません。





■女性医師の影響力が確実に強くなっている!


職場に必要な数の医師を配置するために、女性医師の希望を通さないわけにはいかなく
なったわけです。ですので、こうした理由から働き方が大きく変化しています。


女性医師の場合、子育の関係から常勤勤務よりも、アルバイト勤務、スポット勤務など、
自分の希望の勤務形態に合わせて働くケースが圧倒的に多いです。


このため、多くの医療機関が女性医師確保のために、働きやすい環境を整備しています。





■選べない本当の理由は「失敗」したくないから


上述したとおり選べる自由が増えたことや、働き方が多様化したことは決して悪いこと
ではありませんが、そのことをきちんと意識している人が少ない点が問題です。


例えば希望する「 条件 」についてたずねると、年収や職場の人間関係など沢山あげる
ことができるわけですが、この中から1つに絞り込むことができないのです。


選択肢が増えた分、選びにくくなり、しかも「失敗」したくないという想いが強すぎて、
さらに余計な「情報」を入手しては、振り回されることになります。



 カテゴリ
 タグ

医師のキャリア相談が増えている理由とは?




■キャリアに悩む医師が急増している


新しい「臨床研修制度」が2004年に導入されてから、研修先を自由に選べるよう
になったわけですが、自身のキャリアに悩む医師が増えています。


色々と選択肢が増えたことにより、医師の働き方は以前よりも確実に多様化したわけ
ですが、逆にそれ以前には考えられなかった悩みが医師の先生を苦しめています。


特に最近では、キャリア相談のためだけに医師転職サイトなどの転職支援サービスを
利用する方が増えており、苦悩される医師が増えている現状を物語っています。





■昔は選ぶ自由すらなかった?


2003年より前の時代は、医学部卒業したら、そのまま同じ大学の医局に研修医として
入り、その後は教授や医局長の方針によって勤務先が決まりました。


そこに医師の先生個人の意思決定が入る余地はなく、医局全体がかなり閉鎖的でした。


新しい「臨床研修制度」が導入されてからは、医学部を卒業した時点で、医師として
の人生は、いつ何時も自分で決めなければならなくなったのです。





■選択肢が増えて選べない?


選択肢が増えたからといって、医師が活躍できる場が増えるわけではありません。


多くの医師の先生方は自分の実力を活かせる診療科の選択肢が多すぎることにより、
自分で何かを選択することが、より困難になってしまったのです。


なぜこのような状況を迎えるはめになってしまったのでしょうか?


多くの医学生が医学部を卒業するまでの間に、自分の選択したい科目を決めます。


医学部を卒業、研修中に自ら判断を下すことになるわけですが、どれを選べば良いの
か選択肢が多すぎるがゆえに色々と迷ってしまうのです。





■キャリア相談のプロに相談しましょう!


何度失敗しても選び直せるのであれば、「とりあえずやってみる...」ということで、
なんとか選ぶことはできますが、そういうわけにはいかないので、余計に悩みます。


これに失敗したら自分には後がないと考えてしまう医師の先生が少なくありません。


内科医以外の診療科は、在籍期間が1~2ヵ月程度です。


これでは、自らの適性を判断するにはあまりにも短いですよね。


ですので、沢山の医療機関情報を網羅している医師転職支援サービスが果たす役割は
今後さらに大きなものとなりますし、現にキャリア相談の数は増えています。


もしも同じように悩まれているのであれば、一人で悩むのではなく、キャリア相談の
プロに相談して下さい。ブレることのない将来のキャリアプランを作成しましょう。



 カテゴリ
 タグ

医師転職サイトを利用する際の注意点




■人間性が何より大切


初めて転職するにあたり、何かと不安が多いと思います。


医師転職サイトのような人材紹介会社を利用するのも当然初めての体験となるわけ
ですから、何をどうすればよいのか迷われている医師の先生も多いかと思います。


こうした人材紹介会社を利用するにあたって、一番大切なのはやはり人です。


医師の先生方は、一般企業に勤める会社員のように転職することはできません。


色々なしがらみの関係で転職は長期間に渡って取り組まなければならなりません。


ですので、どうしても担当するコンサルタントの人間性が問われます。





■医師転職サイトのタイプについて


医師の人材紹介会社は、大きく分けて以下の二つのタイプに分かれます。




(1)「 分業型 」

求人先である医療機関とのやりとりを営業が行い、求職側である医師の先生とのやり
とりを、いわゆるコーディネーターが一手に引き受ける形で行います。


こうした業務を分業することで、専門性が高まり、それぞれの強みを発揮します。
ちなみに大手の人材紹介会社の多くが分業制を採用してます。




(2)「マルチ型」

上述した「 営業 」と「 コーディネーター 」が行う業務の全てを分業することなく、
「 キャリア・コンサルタント 」自らが兼務する形で行います。


ちなみに中小規模の人材紹介会社の多くがマルチ型です。





■それぞれのメリット・デメリット


分業型とマルチ型を比較した場合、それぞれにメリット・デメリットがあります。


まず分業型の場合は、役割が決まっている分、対応が丁寧かつスピーディーです。


一方、マルチ型の場合は全てにおいて一貫性があります。


医療機関側と医師の先生側の双方の生の声を直接伝えることができます。


このためマッチングに関してはマルチ型の方が高いのです。


しかし一人で色々なことを行わなければならない関係で、対応がマルチ型よりも若干
遅い点がデメリットとしてあげられますが、担当者によって異なります。





■まずは相談から始めましょう


もし今現在「転職」を検討されているのであれば、「 分業型 」と「 マルチ型 」の
どちらが自分にとって都合が良いか、考えてみるのも良いかもしれません。


そうすることによって自分に都合よく期待しすぎてしまうことを避けられます。


漠然と転職について考えている段階であっても、相談することでより明確になります。


ネット上には医師専門の転職支援サービスだけでも100以上あります。


おすすめは、「医師転職ドットコム」です。利用に関しては全て完全無料です!


相談だけでも丁重に対応してくれますので、この機会に是非ご検討ください。



退職を教授に伝えるタイミングについて




■とにかく時間がかかる


医師の退職は、一般企業に勤務する従業員が退職するようにはいきません。


企業の場合、それぞれの企業によって就労規則が微妙に異なります。


しかし労働法規では退職の申し出を14日前までに申し出れば退職が認められます。


就業規則でそれ以上前に申し出るようにと定められていても効力はありません。


法的にはそうなっていますが、医師の先生方の場合はそうもいきません。


これまで何度も医局を敵に回したら人脈が切れるだけでなく、最新の医療技術も入手
できなくなり、ろくなことがないので円満対局しか道はないとお伝えしてきました。


このため転職先の確保などを含めて1年ほど余裕をもって進める必要があります。





■退職を伝えるタイミングが難しい


辞職を伝えるタイミングについて頭を悩ませている医師の先生が多いです。


それもそのはず、そう簡単に話し合いの場を持てません。


とにかくタイミンが大事です。怒らせたら様々な圧力をかけられてしまいます。


例えば「 主任教授 」が交代する時期に、いきなり退局の話を持ちだされたら、どん
なに温厚な教授でも逆鱗に触れること間違いありません。


こうしたゴタゴタした状況にある場合は見送るしかありません。


また教授退官が目前に迫っている場合も同様です。医局員の個人的理由で教授自身の
立場に味噌をつけられる恰好となりますので、怒鳴りつけられるのがおちです。





■先に転職先の確保に動きましょう!


こうした理由から医局の組織全体に満足感が広がっているときに辞めるべきです。


そうすることで教授からの圧力も小さくてすみます。


しかし、そうはいっても、そうした状況が来るのを待っていたら、いつまでたっても
退局することが認められず、不満を抱えたまま働くことになってしまいます。


ですので、まず先に「転職先」の確保に努めましょう。


新しい職場が決定すれば、自然と心に余裕が生まれるので、精神的に楽です。


働きなが転職活動を進めるのは困難なので、医師転職支援サービスの利用は必須です。
状況に応じて適切なアドバイスをしてくれますので、早めに相談するとよいでしょう。



 カテゴリ

引き伸ばし工作や交換条件を持ちかけられたら?




■円満退局するためには耐え忍ぶしかない!


円満退局するためには、とにかく耐え忍ぶしかありません。


ですので、教授との話し合いの場において罵倒されるようなことがあっても、腹に力を
入れてグッとこらえるしかありません。絶対にキレないように注意してください。


土下座も辞さない覚悟で挑めば、どんなことも耐えられるはずです。


耐えることによって、絶対に医師としての明るい未来が開けます。


反対に我慢できずに怒鳴り返してしまい、医局側とトラブルとなれば、それまで医局で
築きあげてきたものが全て切れてしまいます。そうならないように注意してください。





■もし交換条件を持ちかけられたら?


教授の恫喝、泣き脅しに屈することなく、誠意ある態度を取れば、相手も余計にあきら
められないかもしれません。誰だって素晴らし人材を手放したくないですからね。


ですので、場合によっては交換条件を持ちかけられるかもしれません。


退局を認める代わりに、退局までの期間内に他の医局員が行きたがらない地方病院への
赴任を了承させられたり、無給外来業務を持ちかけられる可能性もあります。


円満退局のためには、条件を飲むしかありません。


しかし、こうした約束を医局側が必ず果たされるとは限りません。


あと半年、あと1年といった具合に退局を引き伸ばされるかもしれません。


そうならないためにも一筆書いてもらうなどして、言い逃れできないようにしましょう。





■退局を決意したらやるべきこととは?


退局を伝えるまえに医局を退職された先輩にコンタクトを取ってください。


メールや電話でのやり取りでもいいですが、できれば直接お会いして、どうすれば円満
退局できるか、経験者である先輩から直接アドバイスしてもらったほうがいいです。


露骨な引き伸ばし工作に直面してもいいように、転職先候補を決めておいていから行動
したほうが、退局しやすいので、尚更のこと医師転職サイトの利用をオススメします。


遅くても転職する1年前には医師転職サイトを利用してください。


しっかり、キャリアプランを構築し、キャリアコンサルタントとともに確かな転職活動
を行えば、転職・対局に関するストレスを大幅に抑えることができます。



 カテゴリ
 タグ

医局側から家族に説得の連絡が入ることも考慮する!




■退局を決意したら必ず家族に報告する!


医局の退局を決意したら、かならずご家族に相談してください。


家族に余計な心配をかけたくないという思いから、無事転職が決まってから報告すれば
良いと考えている医師の先生が多いのですが、これは絶対にやめてください。


教授からの命令により、他の医局員からご家族に連絡が入る場合があるからです。


例えば奥様が電話を受けて、初めて退局する意思があることを知り、この医局員から、
退職することを思いとどまるように説き伏せられたらどうでしょう?


間違いなく、奥様は必死に思いとどまるように説得しようとするでしょう。


しかも、自分に何の相談もせずに決めたことに激高するかもしれません。





■奥さんを味方にしなければ必ず失敗する!


医師としてのキャリアをより確かなものにするために「転職」する道を選んだにも関わ
らず、家庭が崩壊することになってしまったら何の意味もありません。


奥様はかならず味方につけておかなければならない大切な存在です。


ささいなことでも言葉にして伝えておけば、余計な心配をさせずにすみます。


心配事が減れば、奥様もとやかくいわなくなります。


ですので、必ず家族会議を開いて、今後についてしっかり話し合ってください。





■実家の両親にも報告する!


また両親の介護を理由に退局を進めようとした場合も同様です。


本当に両親の介護のために、地元に帰るのであれば、全く問題ありません。


しかし、そうではなく、円満退局のための嘘であれば、そうはいきません。


医局員から、実家に連絡が行く可能性もなきにしもあらずだからです。


両親にきちんと退職について話が伝わってなかったら、嘘がバレてしまいます。


他人からすればただの笑い話ですが、当人からすれば笑い話にではすみません。


「嘘つきの裏切り者」扱いされ、よけい職場に居づらくなるからです。


一般の会社に勤務していれば、こんなことはまずありえません。


それだけ医局に属する医師の先生は貴重な存在であるということです。


そうしたことを誇りに思いつつ、しっかり自覚しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ
None

円満退局のためにやるべきこととは?




■円満退局はまどろっこしいことを地道にやる!


退局が成立しなければ、転職先が決まっていても、転職できません。


そうならないためにも、しっかり時間をかけて準備する必要があります。


当然のことながら、ドラマや映画のように上司に向かって勇ましく辞表を叩きつける
ようなことはできませんので、回りくどく牙城を崩していくしかありません。


「そんなまどろっこしいことやってられるか!」と思われるかもしれません。


しかし、医局側ともめて退局すれば、長期間に渡ってもっと面倒な目にあいます。





■退局理由は個人的な理由で責める


では、具体的にどういったことをすれば良いのでしょうか?


個人的な理由で比較的多いのが「両親の介護」です。


40歳前後になれば、誰でも現実の問題として直面することになります。


しかも、到底お金だけで解決出来る問題ではありません。


家族でモメることが珍しくないので、誰でも一定の理解を示してくれます。


ですので両親の介護で出費がかさみ、家族(兄弟など)と揉めているといったことを
普段からそれとなく周囲に吹き込んでおきましょう。強い同情心を引き出します。





■同僚から徐々に攻めていく


そして、退局する半年ほど前に同僚に相談します。


すでに両親の介護で大変な目にあっているということは、知っているわけですから、
真剣に相談にのってくれますし、退局に関しても、理解を示してくれるはずです。


ただし、ここでも「退局する」ということを全面に出さないでください。


このままだと退局しなければならなくなると同僚に思わせる程度に留めてください。


退局するといってしまうと、あっという間に噂が広まってしまう可能性があります。


仲がいい同僚であっても、退局するとなると、「 裏切り者 」扱いされてしまうかも
しれませんので、この程度に止めておく必要があります。


面倒に思われるかもしれませんが、円満退局が絶対です。


できるだけ時間をかけて行ってください。



 カテゴリ
 タグ

医局を円満退局するなら本音と建前を上手に使い分ける!




■本音と建前を上手に使い分ける!


医局側ともめずに円満退局するためには、しっかり準備する必要があります。


何も考えずに当たって砕けろ的に挑むと確実に玉砕されます。


退局するにあたって、医局側を納得させる理由がどうしても必要になります。


しかし、教授と直接対面し、その場で正直に話すことは非常に困難です。


恐らく数日前からめちゃくちゃ緊張することになると思います。


仮に確かな「 退局理由 」があったとしても、そうした状況で教授を納得させるのは
簡単ではありません。ちなみに真実の退職理由として多いのは以下のとおりです。


「人間関係に嫌気がさした」

「あまりの激務に疲弊した」

「都会の病院で働きたい」

「給料が安すぎる」



正直にこれらのことを教授に伝えたら大変なことになります。


まず、軽く恫喝されて次の日から徹底的にいじめられることになるでしょう。


よく「 転職・就職 」のノウハウ本には、こうした退職理由として、スキルアップや
キャリアアップを勧めていますが、これも教授にはいってはなりません。


「うちじゃ技術が磨けないのか?大した技術もないくせによく言うな...」と、 言わ
れるのがおちです。かえって教授を怒らせることになりかねません。


教授からすれば、自分を裏切って辞めたと捉えられるからです。





■個人的な都合で説き伏せる!


では、退局理由としてどういったものが良いのでしょうか?


やはり一身上の都合ではなく、個人的な都合が一番相手を納得させやすいです。



(1)自分や家族の健康上の問題


(2)両親を介護するため


(3)実家(もしくは親族)の継承や手伝い


(4)結婚・出産(女性医師のみ)



仮に教授からすればどうでもいい理由であっても、こういった個人的な理由に対して
強く出ることはありません。個人を責めるわけにはいかないからです。


また教授のプライドには一切傷つかないので、根も葉もない悪い噂を広げられたり、
いじめを受けるといったことになりにくいので、一番「 無難 」です。


本当かどうか調べるわけにもいかないので、いくらでも話を大きくできます。





■個人的な理由なら教授のプライドを傷つけない!


教授は、これまで沢山の医局員と退局について話し合いの場に立ち会っています。


こうした理由が建前であることは薄々感じているはずです。


しかし、個人的な事情にとやかくいうことは教授であってもできません。


これが他の業種であれば、「独立開業するため」、「キャリアアップしたいから」、
といった理由でもOKかもしれませんが、医局では通用しません。


まちがいなく、怒りまかせに口汚く罵られるのがおちですから...



 カテゴリ
 タグ

医局員の退局への圧力がさらに強くなる!




■医局員の退局に対する圧力がさらに強く!


新しい臨床研修制度によって、医局の影響力は確かに低下しています。


しかしながら医師不足が年々深刻化しているような状況において、将来を担わなけれ
ばならない医局員に辞められたら、それこそ医局の存在価値が問われます。


ですので、医局側は引き止めるのに必死です。


人によっては医局を退局するのは以前ほど難しくなくなったという声もありますが、
私個人的には上述した理由から、より難しくなっているように思えてなりません。





■罵声を浴びせられるのは当たり前?


医局員を減らせば医局は勿論のこと教授の影響力も比例して低下します。


事実あらゆる手段を使って、医局員の退局を引き止めようと働きかけます。


すでに先輩から過去に医局を去るさいに起こった問題をいくつか耳にされているとは
思いますが、恫喝、罵声程度の圧力に屈していたら退局できません。


どんなに退局理由に筋が通っていても、罵声を浴びせることが毎度お決まりになって
いる教授もいますので、その点は十分覚悟して挑む必要があります。





■アメとムチへの対応について


こうした恫喝に近い形で迫ってくる教授に何とか対応しようとするのは危険です。


火に油を注ぐかのごとく教授を怒らせ、余計に問題がこじれてしまいます。


残念ながら、嵐が過ぎるのを待つように耐え忍ぶしかありません。


次に「アメとムチ」で説き伏せようとする教授の多くは、「アメ」と「泣き脅し」を
巧みに使いわけるので、丸め込まれないように注意しなければなりません。


医局で人気の高い病院への勤務、給与条件を引き上げるといったことを提案します。
しかし、一度退局を告げてしまったら、最後まで貫かないと大変な目に合います。


実際に退局を思いとどまっても、裏切り者扱いされるケースが少なくありません。
職場の協力者が日増しにいなくなりますので、孤立することになります。


こうしたいやがらせをずっと受けなければならなくなるので、注意してください。



 カテゴリ
 タグ

円満退局に失敗することによる問題とは?




■より退局するのが困難な方向へ


医局側は、病院へ派遣する医局員の数を減らすわけにはいきませんので、以前よりも
医局を退局するのが非常に困難になっていると個人的に感じています。


また医師転職サイトを利用するケースが急速に増えている要因でもあります。


教授の圧力がこれまで以上に強いので、ありとあらゆる手(恫喝、あめ)をつかって、
転職を思い止まらせる方向へ巧みに誘導するため、自分の意志を貫くのが困難です。


ですので、医局を辞めてまで医師として新しい活路を見出そうと転職するのであれば、
こうした医局側から受けるありとあらゆる困難に打ち勝たなければなりません。





■医局との関係を断ち切られる


退局について教授と話し合ったあとに職場の様子が一変します。


周囲から「裏切り者」として見られるため、居心地が悪い状況に追い込まれます。


医局で働いていて、「これが大人のすることか?」と思ったことはありませんか?


誰もが羨むくらい高学歴で高い「社会的地位」にありながら、職場にて呆れるくらい
子どもじみたことをする人が少なくありませんので、気をつけたいところです。


例えば、あることないこと「悪意のある噂」を広げられてしまい、気がついたら職場
に誰も協力者がいなくなり、働きにくいように仕向けられてしまいます。





■最新の医療情報が入手できなくなる


医師の先生は、勉強・研究熱心な方が非常に多いです。


日々長時間にわたる激務をこなしながら、日々「 最新の医療 」について勉強されて
いるわけですから、1分1秒も無駄にはできません。時間がなにより貴重です。


しかし、医局を退局するにあたって、遺恨を残してしまうと、医療に関する最新情報
を入手できなくなってしまいます。自力で探し求めるのは大変困難を極めます。


これは仕事にも影響するので大変手痛い大きな損失ですよね。


そうならないためにも退局準備を万全に整えて、対応しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ

医局の力が衰えているから退局しやすいは嘘!




■依然として退局するのは難しい


巷では医局の力が衰えているから、これまでよりも「退局」しやすいといったことが、
誠しやかに囁かれていますが、果たして本当にそうなんでしょうか?


嘘とはいいませんが、実際は依然としてかなり厳しいですよね。


まず、組織のトップである教授に面会をセッティングしてもらうだけでも容易ではない
ですし、そのうえ「退局」の意思を伝えるのは、困難どころの話ではありません。





■退局がすんなり認められない理由とは?


医局から病院へ医師を派遣し続けるためにも「 医局員 」の数を減らせないといった、
見えないプラッシャーが教授にはあるので、そうやすやすと退局させてはくれません。


もちろん人によってはすんなり退局を認めてくれるケースもあるでしょう。


しかし、その方の医師として実力を察するべきです。


それなりの実力がある医師であれば、絶対に可能な限り説得しようとするはずです。


事実、教授からの圧力は依然よりも厳しいように見受けられます。


このため強いストレスに苦しめられている医師の先生が沢山いらっしゃいます。





■飴と鞭で説得しようとする...


引き止めるために「恫喝・脅迫」レベルまでいってしまうことも少なくありません。


脅迫に屈しなければ、「留学」や「給料アップ」といった飴をぶら下げて引き止めよう
とするわけですが、ここで転職を思いとどまる医師の先生が少なくなりません。


熱心に説得されるので「自分は教授から必要されている」という思いから、考えなおす
わけですが、思いとどまったことを後悔するケースが少なくありません。


転職しようとしたことで、教授から裏切り者扱いされてしまうからです。


そして、次第に他の医師の間にも広がるので職場に居づらくなってしまいます。


ですので、一度「退局」を決めたら最後まで貫かないと厳しいようです。



 カテゴリ
 タグ

医師が医局を退局するリスクについて




■医師が医局を退局するときとは?


多くの医師が安定を求めているわけですが、医局人事によって地方病院を転々とする
となると、どうしても将来に「 希望 」が見い出せなくなります。


次第に医局を「退局」することを検討し始めるのは当然の成り行きです。


退局タイミングとして多いのは、「 後期研修終了 」、「 専門医取得 」、これらに
加え日々のて激務によって心身ともに疲弊しきってしまたときです。


医局の影響力というのは以前ほどではないにしろ、依然として力があるので、医局を
退局するうえで、どういった問題が起こりえるか事前に知っておいた方が良いです。





■それまでの人脈が途切れてしまう?


退局するにあたって、まず教授にその旨を伝えなければなりません。


もし焦って強引に退局しようと、教授ともめることとなれば、それまでに築きあげた
医局での「 人脈 」を全て断ち切られることとなります。これは手痛い損失です。


教授だけでなく、残された他の医局員からも「裏切り者」扱いされるケースが少なく
ありません。医師として大変孤独な道を自ら歩むことになってしまいます。





■開業医になってもついて回る問題とは?


医学界は、閉ざされた世界なので、退局しても学会などで教授らと顔を合わせる機会
が少なからずあります。当然のことながら毎回嫌な思いをすることになります。


開業医になるにしても、退局するさいにトラブルをおこしてしまうと、その後に遺恨
を残すことになるので、所属していた医局から医局員を紹介してもらえません。


最悪の場合は、所属していた「医局の名」を語ってはならないという理不尽な約束を
させられるケースもあるだけに円満退局を何より心がけたいものです。



 カテゴリ
 タグ

麻酔科医が活躍できる場は確実に増えている?




■麻酔科医が活躍できる場は沢山あります!


麻酔科医の活躍する場は幅広く、「 ペインクリニック 」をはじめ「 集中治療室 」、
「 救命センター 」といった様々な分野があり、無くてはならない存在です。


しかし、麻酔医を目指す若手医師は、それほど多くありません。


仕事は地味ですし、世間では麻酔科医に対する認識がそれほど広がっていません。
残念ながら麻酔科医の存在を知らない人も多いのが現状です。


そして、激務であるにもかかわらず、給料水準は他の診療科に勤務する医師よりも低い
ので、なおさらのこと麻酔科医を目指す若手医師が少ないです。





■縁の下の力持ち!地味だけどやりがいのある仕事!?


しかし、手術というのは麻酔がなければ絶対にできません。


長時間にわたって、あれほどまでの激痛に耐える人間はまずいません。


麻酔によってそれが可能となっているわけです。


また人によっては他人の血が入ることを様々な理由で拒否するケースもあり、そうした
場合も輸血せずに手術をコントロールするのは外科医ではなく麻酔科医です。


そうした中で全く痛みを感じること無く、手術を無事終えることができたことを心から
感謝してくれる患者さんが意外にも多く、こうした喜びが大きなやりがいとなります。


まさに麻酔科医縁の下の力持ちです。絶対的に無くてはならない存在です。





■麻酔科専門医の取得がより困難に...


これから転科されるのであれば、当然「麻酔科専門医」の取得までを視野に入れている
と思います。しかし、現状では研修施設の認定を受けている医療機関が少ないです。


このため希望する医療機関へ転職するのは簡単ではありません。


しかしながら、症例数の多さや指導医の質の高さ、麻酔機器など関連機器や施設も非常
に充実していますので、医師としての生涯をかけて取り組む価値は十分あります。


専門医試験受験資格が4年間の専門医研修プログラム修了となり、しっかりと将来的な
キャリアプランを構築した上で取り組まないと確実に途中で挫折することになります。



 カテゴリ
 タグ

麻酔科医の待遇は良くない?割に合わない理由とは?




■高いコミュニケーション能力が求められる!


麻酔医は、手術前日に患者さんと直接対面して、麻酔のメリットやリスクについて説明
したうえで、麻酔を使用することに対する同意を得なければなりません。


ですので、ある程度高いコミュニケーション能力が求められます。そして手術当日は、
朝から麻酔の準備をし、手術が無事終わるまで、患者さんの安全をしっかり守ります。


麻酔をすると患者さんが手術中に痛みを感じることはありません。


しかし実際には非常に大きなダメージが肉体にかけられていますので、麻酔科医は麻酔
をかければ終わりというわけにはいきません。手術中は過度の緊張状態が続きます。





■麻酔科医の仕事は麻酔をすれば終わりではない


全身麻酔された患者さんは、当然のことながら痛みや苦しみを直接自分で訴えることが
できませんので、患者さんの容態を様々なモニターで確認しながらチェックします。


そして薬剤投与や輸血を増やすなど、その時々に応じて適切な対応を行わなければなり
ません。秒単位で容態が微妙に変わるので、常に迅速な判断が求められます。


一度手術室に入れば、それぞれの立場にこだわってはいられません。


手術を成功させるために、外科医とも協力し合いながら困難を乗り越えていきます。





■麻酔科医の待遇はよくない?


麻酔医は、常に緊張状態の中にいるといっても過言ではありません。それくらい大変な
仕事なわけですが、残念ながら麻酔医の待遇はそれほど良くありません。


手術を行うにあたって、様々なリスクがあります。その中で成功させるのは容易なこと
ではありません。しかし手術が無事成功したとしても評価されるのは外科医のみです。


また、何か問題が生じると麻酔科医が矢面に立たされることが多いです。


しかも手術に関するスケジュールは外科医の都合を優先して組まれるので、麻酔科医は、
それに合わせるのが非常に大変です。理不尽なまでに割に合いません。



 カテゴリ

麻酔科はキャリプランに合わせて働きやすい!




■麻酔医の仕事とは?


麻酔医のメインとなる仕事は、手術のさいに麻酔をすることです。


実際に病院で行われる手術は実に多種多様です。例えば比較的簡単とされる「虫垂炎」
程度の手術であれば、短時間で終了するので、麻酔医は1日3~4件程度行います。


一方、難易度が高いとされる心臓や肺、肝臓などを取り扱う外科の手術などは、長時間
かかりますので、1日1件麻酔医は麻酔を担当することになります。





■訴訟リスクが年々高まっている


このため麻酔科という診療科は、全ての手術に参加することを前提としていますので、
欠かすことの診療科ではありますが、その分訴訟リスクが高いです。


ですので、麻酔科も当然に需要は大きいのですが、人材不足が本当に深刻です。


そうした状況にありながらも、これまでの専門知識を「麻酔科医」として活かしたいと
考える外科医や、救急・ICUの医師が転科を希望するケースが増えています。





■キャリアプランに合わせて働ける


麻酔科医は、40代前半くらいまでは手術室や救急医療を中心に仕事を行います。


しかし40代も後半に入ると体力的な問題から、長時間かかる難易度の高い手術に参加
するのが難しいのでペイン外来・ペインクリニック、緩和ケアなどにシフトします。


このように、ご自身のキャリアプランに合わせて活躍の場を選びやすいのも特徴です。


上述させていただいた通り麻酔科は人材不足が深刻な状況になっています。ですから、
他の診療科から転科による転職であっても、採用される可能性は非常に高いです。



 カテゴリ
 タグ

リハビリテーション科ではこんな医師が求められています




■想像力がなければ厳しい仕事です


リハビリテーション科では、患者さんの身体所見をしっかり観察し、疾患や怪我などの
特徴とその状態を把握したうえで、まず考えられるリスク要因を洗い出します。


そして、最終的な目標を設定し、それに合わせて適切な訓練と治療を行うわけですが、
医師はアセスメントとプランを行わなければならないので、責任重大です。


あらゆることを想定したうえでリハビリを計画し、患者さんと一緒に進めていきます。
このため医師は想像力豊かでないと、適切なプランを作成することができません。





■転化して専門医を目指しましょう!


リハビリテーション科へ転科をして転職する場合は、色々と迷われると思います。


他の診療科よりも情報が少ないため、どのように転職活動を進めればよいのか、また、
どのような資格やスキルを取得すれば良いのか分からない方も多いと思います。


全国の医療機関では、約3000人も専門医が不足しています。ですので、転科を希望
されるのであれば、やはり専門医の資格を取得することをおすすめします。


資格を取得することによって転職先はさらに広がり、待遇面でも大幅に優遇されます。





■こんな医師が求められています


基本的に多くの医療機関において「リハビリテーション科」は、いまだに手探りの状態
にあるため、一つの診療科として確率するために研究熱心な医師が求められます。


また、実際の職場では、看護師をはじめ、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語
聴覚士(ST)、管理栄養士といった様々な資格をもったスタッフと働きます。


それぞれの立場から色々な意見が飛び交うので、しっかり現場をコントロールしなけれ
ばなりません。ですので、リーダーシップがしっかり取れる医師が求められます。


連携が不十分だったために、高齢者に過度な機能回復訓練を行い、骨折などのトラブル
が全国の医療機関で多発していますので、高いコミュニケーション能力も必要です。



リハビリテーション科が転科しやすい理由とは?




■需要が急拡大している理由とは?


リハビリテーション科を新設している病院が増えています。


このため求人の数に関しても他の診療科よりも多く、どこの医療機関も専門医が不足
していることから、専門医を取得していれば、優位に転職することができます。


リハビリテーション科は、神経筋疾患、脊髄損傷、末梢神経障害、骨関節疾患、慢性
腰痛などで日常生活に支障をきたしている患者さんのリハビリを行います。


そして、元の生活を普通に送ることができるように、訓練や治療を行っています。


また、高齢化が急速に進んでいるため、脳卒中後の片麻痺などによって、リハビリを
受けるケースが増えており、今後さらに需要が大きくなることが予想されています。





■危機的な人材難


病院の半数以上が赤字経営にあるため、どこも業務効率を高めることに必死です。


このため入院日数を短縮化する動き急速に広がっていますので、リハビリ科が果たす
役割は、今後さらに拡大することが求められてるわけですが、問題が山積みです。


圧倒的にリハビリの専門医が不足しています。その数は日本全国でおよそ3000人
とされているので、いかに危機的な状況にあるかお分かり頂けると思います。





■未経験者でも採用される可能性が高い


こうした問題を解消するために、多くの病院が神経内科、脳神経外科、整形外科から
転科を希望する医師を積極的に採用しているため、転科しやすい診療科の一つです。


上述した通り、様々点でリハビリテーション科を求める動きが広がっていることから、
リハビリテーション科を新設する「 病院 」が急速に増えています。


こうした流れは今後しばらく続くことが予想されています。また、危機的な人材不足
にあるため、「 未経験者 」でも採用されるケースが少なくありません。



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます