2014年07月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年07月

2014年07月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■なぜスポット医師として働くのか?医師としてブランク期間が長いため、ブランクを補うためにスポット医師として実際に働いている方が少なくありません。働きながら徐々に感を取り戻せるのが大きなメリットです。ブランクが生じてしまう理由は人それぞれですが、女性医師の場合は結婚・出産によって、家庭に入り、子供に手がかからなくなるまでの間は医師として働くことができません。ですので、どうしてもブランクが生じます。男...

記事を読む

no-image

その他
■スポット医師とは?その魅力について好きなときに集中して働いて、後は好きなことをするといった自分のライフスタイルを優先して働く人が増えています。実は医療業界でも確実にこうした傾向が広がっています。医師の場合はスポット医師として働くことにより、自分のライフスタイルを優先させて働いたり、収入をアップしたり、新しい知識や人脈を手に入れる手段として人気が高まっています。スポット医師の最大の魅力は、単発のア...

記事を読む

no-image

その他
■医療費高騰で医療機関に対するイメージが悪化過去20年で医療費が高騰し、患者さんの負担が増えたことにより、医療機関に対する一般の人たちのイメージは、残念ながら確実に悪化し続けています。「まず医者の給料を下げればいいだろう!」といった声をよく耳にします。実際に病院で働いている人達の姿を見ていただければ、そのような声はきかれないはずですが、その点に関してきちんとアナウンスしてことなかったのも問題です。...

記事を読む

no-image

その他
■非常勤医師として働く理由とは?意外に思われるかもしれませんが、常勤医師として働きながらアルバイト感覚で非常勤医師として他の病院で勤務する方が少なくありません。その目的は収入を増やすことにあります。勤務条件によって異なるので一概にはいえませんが、 単純に常勤医師と非常勤医師の給与を時間で割った場合、非常勤の方が常勤よりも時給が高いケースが圧倒的に多いです。ですので、たった週に一日ペースで非常勤医師と...

記事を読む

no-image

その他
■悲惨だった当時の研修医の実態新臨床研修医制度が導入される前までの研修医は、本当に厳しい条件の中で働かされ、病院側の思いのままに操られる存在でした。とにかく給料が安かったんです。民主党政権時代に大卒の初任給が20万円を割り込んでしまいました。当時あまり話題になりませんでしたが、個人的には大問題だと思っています。それはさておき、2004年に新臨床研修医制度が導入されたわけですが、それ以前の研修医の初...

記事を読む

no-image

その他
■医師になるまでがとにかく大変!医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。新しい臨床研修医制度(スーパーローテー...

記事を読む

no-image

その他
 ■非常勤という働き方について常勤医師は安定していますが、社会的地位や年収よりも自由でいることを優先している医師の中には、数は少ないですが自ら進んで非常勤医師として働いている方も実際にいます。非常勤医師の定義についてですが、週に1日から3日の勤務で1年以上継続して働いている医師をさします。医療業界だけでなく、一般職でも非常勤として働くケースが多いです。特に2000年以降急激に増えています。しかし、残念なが...

記事を読む

no-image

その他
■30年間医師の仕事が増え続けている理由とは?医師不足が深刻な問題とされている最大の理由は、過去30年間にわたって医師の先生一人あたりの「 仕事量 」と「 責任 」が増え続けたためです。ではなぜ歯止めがきかないレベルにまで医師の仕事量が増えたのでしょうか?!医学が飛躍的に進歩したことにより、これまで不治の病とされていた難病も治療できるようになったことで、医療が介入できる余地が増えることになりました。こ...

記事を読む

no-image

その他
■常勤医師は全ての自由を奪われる?常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸...

記事を読む

no-image

その他
■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。しかも、毎年確実に増え続け...

記事を読む

スポット医師のニーズが増えてる理由




■なぜスポット医師として働くのか?


医師としてブランク期間が長いため、ブランクを補うためにスポット医師として実際に働いて
いる方が少なくありません。働きながら徐々に感を取り戻せるのが大きなメリットです。


ブランクが生じてしまう理由は人それぞれですが、女性医師の場合は結婚・出産によって、
家庭に入り、子供に手がかからなくなるまでの間は医師として働くことができません。


ですので、どうしてもブランクが生じます。男性の場合は長期間にわたって療養生活を与儀
なくされるといった理由から、ブランクが生じてしまうケースが少なくありません。





■ブランクの長い医師にぴったり!


いずれにしても、長期間にわたってブランクが生じてしまった場合、いきなり常勤医師として
現場に復帰するのは精神的にも肉体的にも非常に困難です!


これまで培ったスキルを取り戻すには時間がかかります。しかし、いきなりフルタイムで働く
となると、荒療法としての効果はあるかもしれませんが、あまりにもストレスが大きすぎます。


一般職と異なり、医師の仕事は人の生命がかかっているからです。ですので 無理して職場
復帰するのは、得策ではありません。徐々に慣れていくのが一番理想的なんです。





■スポット医師で職場復帰を目指す!


医師転職サイトでも積極的にスポット医師の求人を紹介しています。やはり長期間にわたる
ブランクがある方は、色々な点で不安がよぎるため職場復帰に躊躇するケースが多いです。


日進月歩で進化する医療技術や知識についていけるか不安に感じてしまうのは仕方ありま
せん。スポット医師として、現場の空気に触れるところから始める方が良いわけです。


また、小さなお子様がいる女医さんが子育てや家事を優先しながらも、出来るだけブランクが
生じないようにスポット医師として月に1~2回働くケースもあります。


スポット医師は医師側だけでなく、病院側にもメリットがありますので、色々なニーズに応える
ことができるので、今後さらに求人数が拡大されることを願うばかりです。



 カテゴリ

スポット医師として働くには?非常勤のメリット




■スポット医師とは?その魅力について


好きなときに集中して働いて、後は好きなことをするといった自分のライフスタイルを優先して
働く人が増えています。実は医療業界でも確実にこうした傾向が広がっています。


医師の場合はスポット医師として働くことにより、自分のライフスタイルを優先させて働いたり、
収入をアップしたり、新しい知識や人脈を手に入れる手段として人気が高まっています。


スポット医師の最大の魅力は、単発のアルバイト感覚で医師として働くことが出来る点です!
あくまでもスポットなので、月のうち1~2日だけ働くといったことも可能です!





■スポット医師の仕事の中身とは?


非常勤医師とスポット医師の具体的な違いについてですが、まず スポット医師として働く場合
代理診療や当直代理、健康診断や検診などが中心となっています。


一方、非常勤医師の場合h常勤医師と比べれば実働日数は少ないですが、勤務日を病院側
から固定されるため、外来の診察や入院患者の診療だけでなく手術にも立ち会います。


スポット医師として働く場合は非常勤医師が担当するような業務は難しいです。重要度が高い
専門診療などは行える機会は皆無といってよく、基本的には一般診療が中心となります。





■スポット医師の求人を探すには?


スポット医師の求人情報は比較的多いのですが、人気が高いため 求人が出るとあっという間
にまってしまいます。ですので、公開求人情報から探すのは非常に困難です!


常勤医師や非常勤医師として働いていながら、空いている時間をスポット医師として働きたい
と思って求人情報を探しても、すでに埋まってしまっている場合が多いのが現状です。


求人情報を入手するのが非常に困難であるため、「医師転職サイト」に登録して希望に合った
非公開求人情報から希望に合った条件でスポット医師の求人を探すのが一番確実です。



 カテゴリ
 タグ

市民病院の夜間当直アルバイトの裏事情




■医療費高騰で医療機関に対するイメージが悪化


過去20年で医療費が高騰し、患者さんの負担が増えたことにより、医療機関に対する
一般の人たちのイメージは、残念ながら確実に悪化し続けています。


「まず医者の給料を下げればいいだろう!」といった声をよく耳にします。


実際に病院で働いている人達の姿を見ていただければ、そのような声はきかれないはず
ですが、その点に関してきちんとアナウンスしてことなかったのも問題です。


幸いにして「医療ドラマ」が人気を博した時期があったのが唯一の救いです。


まだ十分間に合うので国民に理解を求める必要があります。


そうしない限り医療費上昇に関する問題は解決しませんね。





■常勤よりも非常勤の方が稼げる?


医師の給料が高過ぎることが医療費が高騰している原因と考える人は多いです。


一般の人達は1億円とまではいかなくても、数千万円稼いでいると思っています。


しかし医師の先生の平均年収は約1300万円ですが、この数字の約2割がアルバイト
による収入が占めていますので、実際には1000万円を切らない程度です。


多忙の合間を縫ってアルバイトされています。とはいっても病院に勤務する医師の先生
だけでなく、開業医の先生が含まれており、実はかなり多いとされています。


ちなみにアルバイトの賃金はありえないくらい高いです。


恐らく非常勤で働きながら、常勤よりも稼げてしまうのは医師だけでしょう。


一般の会社でアルバイトが正社員よりも稼ぐことは考えにくいです。





■市民病院の当直のアルバイトの相場


賃金に関しては地方によってかなりの差があります。市民病院の夜間当直のアルバイト
は、午後7時から翌朝午前7時までで、日給にして7万円前後が相場です。


人材を確保するのが困難な産婦人科は、これよりも高くて10万円前後です。


一方、市民病院の常勤医師が同じ条件で働いた場合の手当は半分以下となります。


ですので、他の病院で当直のアルバイトをやったほうが絶対にいいわけです。


ちなみに土日祝日も営業している「 休日診療所 」は、午前10時から午後4時までの
勤務で1回あたり7万円前後が相場となっていますので、こちらも高額です。


大都市の超優良商業エリアにある病院の夜間診療が凄まじいです。12時間勤務で休憩
が全く取れない状態で100人くらい診察するのが当たり前となっています。


1回あたり20万円前後支給されるようです。


月5回働けば月収100万円を超えてしまうわけですから、何とも羨ましい話です。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

非常勤医師として働くメリットとは?




■非常勤医師として働く理由とは?


意外に思われるかもしれませんが、常勤医師として働きながらアルバイト感覚で非常勤医師
として他の病院で勤務する方が少なくありません。その目的は収入を増やすことにあります。


勤務条件によって異なるので一概にはいえませんが、 単純に常勤医師と非常勤医師の給与
を時間で割った場合、非常勤の方が常勤よりも時給が高いケースが圧倒的に多いです。


ですので、たった週に一日ペースで非常勤医師として働くだけでも、 平均的なサラリーマンの
月収を超えるアルバイト代を稼ぐことができますので、これで年収が飛躍します!。





■非常勤医師として働く魅力とは?


常勤医師でありながら非常勤医師として働く理由は、お金だけではありません。今の職場では
決して経験できない経験を積むために非常勤医師として働いている方も少なくありません。


医療に限ったことではありませんが、仕事などの能力を高めるには、色々な人と接する必要が
どうしてもあります。非常勤医師としてなら、こうしたことも決して難しくありません。


色々な病院を非常勤医師として渡り歩いて様々な症例を診察したり経験することは 医師として
プラスにこそなれど、決してマイナスにはなりません。確実にスキルアップします!。




■お金には替えられない財産とは?


経験は積むことで医師としての自信も高まります。将来的に必ずプラスになります。非常勤とは
いえ、勤務先で良い人間関係を構築することができれば、複数の人脈が形成できます。


仕事上の人脈だけでなく、恋愛に関しても新しい出会いがあるかもしれません。こういった人生
に好影響をもたらす出会いは、お金には替えることができない大きな財産となります。


ですので二足の草鞋を履いて働くメリットは決して小さくありません。また、非常勤医師は勤務日
が固定されているので、比較的ストレスが少ないという点も大きなポイントです!。



 カテゴリ
 タグ

新臨床研修医制度導入前の研修医の悲惨な実態




■悲惨だった当時の研修医の実態


新臨床研修医制度が導入される前までの研修医は、本当に厳しい条件の中で働かされ、
病院側の思いのままに操られる存在でした。とにかく給料が安かったんです。


民主党政権時代に大卒の初任給が20万円を割り込んでしまいました。


当時あまり話題になりませんでしたが、個人的には大問題だと思っています。


それはさておき、2004年に新臨床研修医制度が導入されたわけですが、それ以前
の研修医の初任給は20万円を超えることは最後までありませんでした。


看護師さんの初任給は22万円前後ですから、看護師さんよりも少なかったわけです。
しかも研修医ということで、「 非常勤 」として雇用されます。





■給料は手取りで15万円を割り込む


このため国民健康保険に加入し、社会保険と異なり、会社が半分負担してくれることも
なく、自ら払い込まなければならないので、手取りで15万円を軽く割り込みます。


ここから家賃や光熱費などの生活費を支払い、仕事で必要となる専門書などを購入しな
ければならないので、普通に生活すれば完全にマイナスです。


しかも最初の2年間はアルバイトが認められないので、ひたすら耐えるしかありません。


やっとのおもいで研修医としての2年間が終われば、次の病院へ移ることになります。
もし常勤の枠が空いていれば、常勤として働くことが出来ますが、ごく少数です。


しかし、大半の方々がここでも非常勤として働くことになります。





■研修医3年目でようやく人並み


「 専修医 」となるので、扱いが良くなったように思えるかもしれません。


しかし、非常勤なのでボーナスも引き続き支給されません。


もちろんこの時点でやめても退職金は一銭も支払われません。


研修医として3年目に入ったので給料も10万円前後アップします。


大卒の方が普通に会社に勤めても毎年1万円を超える昇給はまずありません。


この点だけみれば、「恵まれすぎている」と思われるかもしれませんね。


当時研修医3年目の平均月収は、当時は額面25万くらいが一般的でした。


さすがに3年目に入ると暗黙の了解で「 当直のアルバイト 」もできるので、お金を
より稼ぎながら、同時に医師として必要な経験を積むことが出来ます。


とはいっても非常勤として働いているので、法的には病院側に研修医を拘束する力は
ありませんが、当時の医局制度は非常に強かったので、為す術もありませんでした。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

研修医の給料は安すぎるのか?




■医師になるまでがとにかく大変!


医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。


大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。


国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師
になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。


医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。


新しい臨床研修医制度(スーパーローテート)によって劇的に変化しました。


病院内にあるほぼすべての診療科(循環器内科、泌尿器科、眼科、小児科、産婦人科)
を医師になって最初の2年間でどこの病院で研修するかを決めなければなりません。


ここからまず研修医としてのスタートを切ることになります。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■過酷な研修医の実態


研修医は当然のことながら、常勤ではありません。非常勤として勤務することになる
わけですが、一般の会社でいえば派遣や契約社員のようなものです。


研修医を受け入れる病院は、研修医はをいつでもやめさせることができます。


しかも非常に安い給料で働いてもらえるわけですから、非常に重宝します。


厚労省から発表された平成24年度の「 賃金構造基本統計調査結果 」によりますと、
大卒の初任給は、199.6千円です。(新政権になってから、かなり上昇しています)





■待遇が改善されても依然として厳しい


ちなみに研修医は新しい臨床研修医制度によって月額30万円以上に定められていま
すので、以前よりもかなり改善されています。以前はとにかく安かったんです。


額面で15万円という信じられない薄給で容赦なく働かされていました。


新臨床研修医制度により、国公立病院でも30万円から40万円程度支給されます。
一方、私立病院は50万円程度支給されていますので、かなり差があります。


しかし、非常勤であるため福利厚生は支給されないケースが多いです。


また医学書などが非常に高額なのでなんだかんだで月10万円くらい生活費とは関係
ないお金が出ていきますので、余裕ある生活は難しいですね。


しかも初期研修の2年間はアルバイトができないので本当に大変です。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ

非常勤医師として働く厳しい現実

 


■非常勤という働き方について


常勤医師は安定していますが、社会的地位や年収よりも自由でいることを優先している医師
の中には、数は少ないですが自ら進んで非常勤医師として働いている方も実際にいます。


非常勤医師の定義についてですが、週に1日から3日の勤務で1年以上継続して働いている
医師をさします。医療業界だけでなく、一般職でも非常勤として働くケースが多いです。


特に2000年以降急激に増えています。しかし、残念ながら一般職では非常勤の場合、一部
の例外を除いて、どこの職場内で下に見られがちです。これはこれで問題です。





■非常勤として働くことの難しさ


とくに一般職の場合は職場内のカースト制度によって必要以上に苦しめられている方も多く、
社会問題として顕在化しています。本来時間的に拘束されないのが、非常勤のメリットです。


しかし、現実には正社員がやりたくないことを期限つきで半ば強制的に押し付けられたりする
ため、時間的にも全く余裕がまったくないケースが現実問題としてあります。


医療業界では、非常勤医師の数は年々増えています!。常勤医師として勤務しながら、他の
病院で非常勤医師として勤務されている医師の方も実際に少なくありません。





■なぜ非常勤医師の数が増えているのか?


非常勤医師は、一般職でいうところのアルバイトに近いかもしれません。医療業界に縁のない
一般の人は医師の方がアルバイトしているという事実に一様に驚かれます。


医師=年収が高いというイメージがあるからでしょう。しかし、だからといって医師になりたての
方ばかりが非常勤として働いているわけではなく、ベテランも非常に多いです。


女性医師の場合は、主婦業と両立させるために非常勤として働いているケースが多いですし、
独立開業したばかりの医師が経営が安定するまでの間、非常勤として本業とかけまちしながら
勤務するケースもあります。またブランクが長い人がリハビリ的に働くケースもあります。



 カテゴリ
 タグ

医師不足の原因は仕事量が増え続けているため?




■30年間医師の仕事が増え続けている理由とは?


医師不足が深刻な問題とされている最大の理由は、過去30年間にわたって医師の先生
一人あたりの「 仕事量 」と「 責任 」が増え続けたためです。


ではなぜ歯止めがきかないレベルにまで医師の仕事量が増えたのでしょうか?!


医学が飛躍的に進歩したことにより、これまで不治の病とされていた難病も治療できる
ようになったことで、医療が介入できる余地が増えることになりました。


このため、患者さんの数が増えるのと同時に、患者さん一人あたりに割かなければなら
ない時間が増えることとなり、その結果として仕事量増えたのです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■不必要な治療が増えすぎている


満足な医療が受けられないと言われていますが、風邪で病院に行くのは日本だけです。
不必要に医療機関で治療を受ける患者さんの数が激増しました。


また30年前と比較して、出生率は半分まで低下しましたが、小児科の受診数は大幅に
増えています。しかも「 訴訟件数 」は尋常ではないレベルにまで増えています。


訴訟リスクを警戒しすぎて病院側は頭を抱えています。


対策として、治療・手術に関する説明に膨大な時間を費やすこととなりました。





■医師の数が増えても負担は減らない


医療に関する知識がない人に医療の説明をするのは本当に大変ですよね。しかし、事前
に説明しておかないと、訴訟問題になったときに裁判で敗訴する可能性が高いです。


困ってしまうのは、どんなに必死に説明しても理解できない人がいます。しかも、被害
妄想から「自分を騙そうとしている」と思い込み、逆ギレしてしまうのです。


残念ながら医師の先生と患者さんとの距離がどんどん遠のいています。


また同意書や保険関係などの書類の作成までも医師の先生が行わなければなりません。


保険関係の書類は、どんなに頑張っても患者さん1人につき20~30分かかります。
これを細分化しない限り、医師の先生の負担を軽減することはできません。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職! >>



 カテゴリ
 タグ

常勤医師として働くデメリットとは?過酷な職場環境は今後も続く?




■常勤医師は全ての自由を奪われる?


常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、
勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。


就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜
に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。


そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸収するために割かれることになります
ので、そうなると、自分らしいライフスタイルを築くというのが非常に困難です。





■常勤医師の負担は増える一方


そうした厳しい状況にありながらも常勤医師としてやりがいを感じる人が圧倒的に多いです。
しかし、あまりにも激務であるため、やりがいや生きがいを見いだせない人も多いです。


医療現場を改善する動きは確かに見られますが、現状では、どの病院も必要な数の医療
スタッフを確保するのに苦しんでいるため、常勤医師にかかる負担は増える一方です。


ですので、病院側が出来ることというのは、すでに限界に来ているように思います。国が腰
を据えて取り組まなければならない状況にあります!常勤医師として働くことへの興味を
失っている医師の方が増えているのも、また事実なんです。





■医師不足は改善されるのか?


どこの病院も慢性手的に医師不足です。先に申した通り、病院側は職場環境の改善に取り
組んではいますが、病院側ができることは限られているため、解決にいたってません。


「医師を増やせばよいのでは?」といった議論がテレビ番組の討論などで良く行われていま
すが、現状では厳しいです。まず医者を目指せる環境にある人の数が少なすぎます。


仮に環境が整備されて誰でも医師になれるようになっても、色々な重圧に耐えることが出来、
晴れて医師となれる人はそう多くないでしょう。それくら医師の仕事は大変な仕事です。


また、病院が経営破たんする時代において、安定を求めて常勤医師になっても、常に色々な
不安がつきまといます。もし仮に転職するのであれば、そうした病院の裏事情についても把握
しなければなりません。残念ながら現状では常勤医師の魅力は年々低下しています。



 カテゴリ

医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?




■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?


今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。


テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き
起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。


なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。


そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。


しかも、毎年確実に増え続けていまして、当時は「このまま医師の数増え続ければ必ず
過多になる」と言われていましたので、まったく逆のことが起こっています。


しかし、東京は今でもそのような状況にあると思われています。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医師不足とはどういった状態なのか?


医師不足とは「医師全体の総仕事量に対して医師一人の仕事量が多すぎる状態」です。


ですので、医師全体の総仕事量が少なければ医師不足に陥ることもありません。


また医師の数が医師全体の総仕事量を上回るほど多ければ医師不足にはなりません。


つまり医師一人あたりの仕事量が、昔よりも尋常じゃないレベルにまで増えてしまった
ことが「医師不足」の大きな原因となっていますので、今後も注意が必要です。


また2004年に導入された臨床研修医制度も大きな影響を与えています。


好きなところで「研修」を受けられるので、地方にある病院は医局から派遣される医師
に依存していたので、より厳しい状況に追い込まれることになってしまったのです。


このころは小泉政権下で、アメリカ型の政策が強引に進められました。





■アメリカ型の医療が進められるとどうなるのか?


アメリカの医療は80年代以降急速に「 医療費 」が高騰することとなり、もはや中流
以上の方でなければ、まとなもな医療は受けることすらできません!!


まず風邪程度の病気で病院へ行く人はいません。


ちなみに盲腸の手術だけで100万円くらいかかります。


ですので、代替医療が人気化することとなり、一大産業となっています。


ですので、今後より医療業界全体がアメリカ型へ進む可能性が高いです。


そうれなれば地方は完全に切捨てられ、経営状況が厳しい病院はとどめを刺されること
になり、一気に地方の医療は集約型にシフトするかもしれません。


役人の方々は超が何個つけても足りないくらい完璧な頭脳を持った人達です。


確実に弱者切捨ての医療をめざす政策が進められるのでしょうね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます