2014年07月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年07月

2014年07月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■なぜスポット医師として働くのか?医師としてブランク期間が長いため、ブランクを補うためにスポット医師として実際に働いている方が少なくありません。働きながら徐々に感を取り戻せるのが大きなメリットです。ブランクが生じてしまう理由は人それぞれですが、女性医師の場合は結婚・出産によって、家庭に入り、子供に手がかからなくなるまでの間は医師として働くことができません。ですので、どうしてもブランクが生じます。男...

記事を読む

no-image

その他
■スポット医師とは?その魅力について好きなときに集中して働いて、後は好きなことをするといった自分のライフスタイルを優先して働く人が増えています。実は医療業界でも確実にこうした傾向が広がっています。医師の場合はスポット医師として働くことにより、自分のライフスタイルを優先させて働いたり、収入をアップしたり、新しい知識や人脈を手に入れる手段として人気が高まっています。スポット医師の最大の魅力は、単発のア...

記事を読む

no-image

その他
■医療費高騰で医療機関に対するイメージが悪化過去20年で医療費が高騰し、患者さんの負担が増えたことにより、医療機関に対する一般の人たちのイメージは、残念ながら確実に悪化し続けています。「まず医者の給料を下げればいいだろう!」といった声をよく耳にします。実際に病院で働いている人達の姿を見ていただければ、そのような声はきかれないはずですが、その点に関してきちんとアナウンスしてことなかったのも問題です。...

記事を読む

no-image

その他
■非常勤医師として働く理由とは?意外に思われるかもしれませんが、常勤医師として働きながらアルバイト感覚で非常勤医師として他の病院で勤務する方が少なくありません。その目的は収入を増やすことにあります。勤務条件によって異なるので一概にはいえませんが、 単純に常勤医師と非常勤医師の給与を時間で割った場合、非常勤の方が常勤よりも時給が高いケースが圧倒的に多いです。ですので、たった週に一日ペースで非常勤医師と...

記事を読む

no-image

その他
■悲惨だった当時の研修医の実態新臨床研修医制度が導入される前までの研修医は、本当に厳しい条件の中で働かされ、病院側の思いのままに操られる存在でした。とにかく給料が安かったんです。民主党政権時代に大卒の初任給が20万円を割り込んでしまいました。当時あまり話題になりませんでしたが、個人的には大問題だと思っています。それはさておき、2004年に新臨床研修医制度が導入されたわけですが、それ以前の研修医の初...

記事を読む

no-image

その他
■医師になるまでがとにかく大変!医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。新しい臨床研修医制度(スーパーローテー...

記事を読む

no-image

その他
 ■非常勤という働き方について常勤医師は安定していますが、社会的地位や年収よりも自由でいることを優先している医師の中には、数は少ないですが自ら進んで非常勤医師として働いている方も実際にいます。非常勤医師の定義についてですが、週に1日から3日の勤務で1年以上継続して働いている医師をさします。医療業界だけでなく、一般職でも非常勤として働くケースが多いです。特に2000年以降急激に増えています。しかし、残念なが...

記事を読む

no-image

その他
■30年間医師の仕事が増え続けている理由とは?医師不足が深刻な問題とされている最大の理由は、過去30年間にわたって医師の先生一人あたりの「 仕事量 」と「 責任 」が増え続けたためです。ではなぜ歯止めがきかないレベルにまで医師の仕事量が増えたのでしょうか?!医学が飛躍的に進歩したことにより、これまで不治の病とされていた難病も治療できるようになったことで、医療が介入できる余地が増えることになりました。こ...

記事を読む

no-image

その他
■常勤医師は全ての自由を奪われる?常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸...

記事を読む

no-image

その他
■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。しかも、毎年確実に増え続け...

記事を読む

no-image

その他
■医師の接待事情について病院の夕方になるとスーツ姿の方が沢山訪問され、廊下で並んでいます。その大半が医薬品メーカーのMRです。お目当ての先生方を待ち構えているわけですが、あれほど腰が低い人を見たことがないと、思えるほど皆さん腰が低いです。病院内の患者さんがあの姿を見たら、恐らく医師の先生が偉そうに振舞っているように思うでしょうね。それくらい徹底しているので、本当に頭がさがる思いです。一般の会社でいえ...

記事を読む

no-image

その他
■常勤医師は恵まれている!常勤医師は一般企業でいうところの正社員にあたります。一般企業と比較した場合、病院などの医療機関の勤務形態は特殊なので週4回以上病院で業務にあたる医師を指します。病院に勤務する医師のほとんどが常勤医師です!。常勤医師として病院で働くメリットは色々ありますが、正規雇用であるため社会保険や福利厚生を受けられる点がまずあげられます。また、給料も毎月一定額がからなず支払われますので、...

記事を読む

no-image

その他
■大学病院に勤務する医師のアルバイト事情医師の「 アルバイト求人 」は豊富にあります。医師のアルバイト求人だけを紹介している医師専門の求人サイトがあるくらいですから、相当な数になります。しかし、実際にアルバイトをしている医師の先生は、それほど多くありません。大学病院で働く医師の先生は、基本的に「 公務員 」です。当然のことながら、表立ってアルバイトすることはできません。勿論、民間病院に勤務している医師...

記事を読む

no-image

その他
■事前に現場を実際に訪れる! 仮に今すでに転職先候補の医療機関が幾つかあるのであれば、各医療機関を比較される ことをおススメします。時間的に余裕があるのであれば、直接足を運んでみましょう。 自分に合っている医療機関であるかどうかは、自分にしかわかりませんので、「聞いていた のと話しが違う」といったことにならないためにも、実際に現場を見ることは重要です。 そして、給与などの待遇に関する条件面での交渉...

記事を読む

no-image

その他
■お母さに必要なのは子供の病気の知識!夜間小児救急外来をやっている病院が近くにある人は本当に恵まれています。しかし小児科医の先生方がいるから出来るのであって、実際に中で働いている人達は本当に大変です。まず朝から午前中の外来や病棟で働きます。そして、午後7時から夜の救急外来を翌朝午前7時まで行ない、また夜までそのまま働くので、体力・精神力によほど自信がなければ到底務まりません。我が子を心配しない母親...

記事を読む

no-image

その他
■小児科はブラックの中のブラック小児科医を取り巻く「労働環境」は非常に劣悪です。改善される兆しがみえません。世間では、ここ数年劣悪な労働環境にあるブラック企業の経営者が槍玉にあげられていますが、医師の労働環境については問題視されることが少ないです。特に小児科医や産婦人科医を取り巻く労働環境は非常に厳しいものがあります。32時間連続勤務となる当直を月に5~6回行います。同じくオンコールを月に5~6回...

記事を読む

no-image

その他
■勤務地を軽視する傾向が強い! 一般企業に勤務されている方々が転職する場合、勤務地も非常に重要な条件となります! 特にすでにマイホームを購入されている方にとっては外すことが出来ない条件です。 一方、医師の方々が転職する場合、意外にも勤務地を条件にされる方が少ないです。こうした 背景には、仕事に対する使命感、義務感、責任感が強い方点が要因として挙げられます! 人によっては転職に合わせて引っ越す方もい...

記事を読む

no-image

その他
■当直のバイトで学費を稼ぐ後期研修を終えた医師の中には、博士号を目指して大学院で勉強されている方が少なくありません。医師といえども大学院に籍をおいているので、学生でもあります。当然のことながら大学で研究するためには授業料を払わなければなりません。そのために外病院で当直のアルバイトを不定期で行います。すでに研修を終えたので、バイトするこが認められています。当直を週1~2回程度行えば同年代の平均的なサ...

記事を読む

no-image

その他
■過酷な医療現場の実態 医師に対する社会的評価は非常に高く、勤務条件なども非常に恵まれていると思われがち ですが、実際の医療現場は医師が不足しているため、非常に過酷な状況下で働いてます。 日本の医療を支えているのは医師の皆様をはじめ医療機関で勤務する医療スタッフにより、 かろうじて成り立っているのが現状です。そうした状況ですから、不満が募るのは当然です。 ですので、より良い職場環境を求めて転職を考...

記事を読む

no-image

その他
■外病院の当直を支える人達卒業して4~5年経過するころには、一通りの「臨床」が出来るようになりますので、外病院でのアルバイトもようやく認められるようになります。人によっては、博士号を取得するためにそのまま大学院になる方も少なくありません。そうなると勉強の都合に合わせて働かなければらなりません。激務の中で行なうため回数は限られますが、給料がそれほど多くない「若手医師」からすれば、アルバイトの稼ぎが非...

記事を読む

no-image

その他
■目的意識を高める! 医療現場は慢性的に人材が不足しているので、どこの医療機関でも、日常的に修羅場のよう な状況にありますので、突発的に転職したいという思いにかられることも多いと思います。 しかし、見切り発車的に転職するのは危険です。転職する理由を明確にないと希望する条件 が見えてきません。勢い任せに転職したものの、前の病院より労働環境が悪かったと、冗談 にならないような状況を迎えることになります...

記事を読む

no-image

その他
■給与は言うまでもなく大事いうまでもなく、医師にかぎらず働く人にとって給料は大事です。給料が仕事に対する一つの評価であるならば、これほど分かりやすい評価方法はありませんよね。もし医師の給料が法によって最大200万円に制限されてしまったらどうでしょう?どうしたって仕事に対するモチベーションは下がりますよね。例えそうであったとしても、その先にもっと上があると思うからこそ頑張れるのです。医師は弁護士など...

記事を読む

no-image

その他
■特定看護師の制度案がようやくまとまるスーパー看護師=特定看護師の制度案が昨年ようやくまとまったようです。しかし、正式に認可されるまでにはもうしばらくかかりそうです。専門看護師や認定看護師でさえ思うように増えていないので、仮に特定看護師が制度化されたとしても、厚労省側が期待するほどには増えないと思います。特定看護師になれば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことが認めらるので、医師の仕...

記事を読む

no-image

その他
■特定看護師とは?数年前に医師不足を解消するための打開策として、スーパー看護師(特定看護師)の制度が突如発表されましたが、依然として検討されたままの状態です。厚生労働省は何が何でも導入したいようなのですが、医師会が猛反発しています。スーパー看護師(特定看護師)になるには、まず大学院修士課程で2年間学びます。そして、認定資格を取得しなければなりません。スーパー看護師になると医療行為を医師の指示がなく...

記事を読む

no-image

その他
■なぜ転職しなければならないのか? 転職したいと思ってはみても、なかなか思うように行動には移せません!。何といっても医師 の仕事は激務ですから、転職活動の準備に割くための時間がそもそもありません。 そうした厳しい状況の中で転職を試みるのであれば、「なぜ転職しなければならないのか?」 ということを自問し、自分自身を納得させる理由を明確にする必要があります。 転職理由を深く掘り下げることによって、「希...

記事を読む

no-image

その他
■恐るべき産婦人科医の平均在院時間について産婦人科医の仕事がいかに過酷であるか伝えるメディアは少ないです。大手メディアの多くがこうした厳しい現実を報道しません。その代わり、出産に関する医療サービスがまともに受けられないと批判します。日本産婦人科学会から発表されたデータによりますと、一般病院に勤務する産婦人科師の平均在院時間が月平均295時間、オンコール時間が144時間となっています。一般の会社であ...

記事を読む

no-image

その他
■優良な医師転職サイトの特徴 医師転職サイトであればどこでも良いというわけではありません。求人情報の中身を精査すると、 公式サイトで誰でも入手できるように公開されてしまったものが中心であるため魅力に欠けます。 しかも、良質な求人情報を求める医師たちを無視している対応をするケースも少なくありません。 こうした医師転職サイトを利用すれば、転職活動が一向に進まず、失敗に終わります! 優良な医師転職サイト...

記事を読む

no-image

その他
■ハローワークの転職活動について 一般企業へ就職・転職する場合は、求人誌やハローワークなどを 利用するケースが多いわけ ですが、こうした媒体を利用して希望する求人案件を探すのが非常に困難です!。 例えばハローワークの窓口の職員の方の多くが「高望みせずにこれくらいで妥協されたほうが 就職・転職しやすいですよ」といわんばかりの態度で求人情報を勧めてきます。 職員の方も一生懸命なので、拒否するのが悪いよ...

記事を読む

no-image

その他
■年俸制に対するイメージが裏切られる皆さんは年俸制についてどのようにお考えでしょうか?プロ野球やプロサッカーのようなプロスポーツ選手は年俸制なので、プロ意識を高めるうえで「 高い効果 」を発揮すると考える人は少なくありません。日本でも一部の企業で欧米の企業のように年俸制を導入しているところがあります。医療機関も同様です。しかし注意が必要です。入職時の契約が履行されないケースが少なく無いからです。病院...

記事を読む

no-image

その他
■住民と対立する構造はこうしてできた少子高齢化が進みすぎた地方にある病院では、医師不足があまりにも深刻な状況にあるため、小児科の看板を下げるところもあり、こうした動きが広がっています。そうなると安定した医療を求めて地元住民らが署名活動を行ないます。メディアでは一方的に病院側が悪いような報道をこれまで行ってきました。こうしたメディアの報道によって「 地域住民のために医師が働くのは当然だろう! 」という...

記事を読む

スポット医師のニーズが増えてる理由




■なぜスポット医師として働くのか?


医師としてブランク期間が長いため、ブランクを補うためにスポット医師として実際に働いて
いる方が少なくありません。働きながら徐々に感を取り戻せるのが大きなメリットです。


ブランクが生じてしまう理由は人それぞれですが、女性医師の場合は結婚・出産によって、
家庭に入り、子供に手がかからなくなるまでの間は医師として働くことができません。


ですので、どうしてもブランクが生じます。男性の場合は長期間にわたって療養生活を与儀
なくされるといった理由から、ブランクが生じてしまうケースが少なくありません。





■ブランクの長い医師にぴったり!


いずれにしても、長期間にわたってブランクが生じてしまった場合、いきなり常勤医師として
現場に復帰するのは精神的にも肉体的にも非常に困難です!


これまで培ったスキルを取り戻すには時間がかかります。しかし、いきなりフルタイムで働く
となると、荒療法としての効果はあるかもしれませんが、あまりにもストレスが大きすぎます。


一般職と異なり、医師の仕事は人の生命がかかっているからです。ですので 無理して職場
復帰するのは、得策ではありません。徐々に慣れていくのが一番理想的なんです。





■スポット医師で職場復帰を目指す!


医師転職サイトでも積極的にスポット医師の求人を紹介しています。やはり長期間にわたる
ブランクがある方は、色々な点で不安がよぎるため職場復帰に躊躇するケースが多いです。


日進月歩で進化する医療技術や知識についていけるか不安に感じてしまうのは仕方ありま
せん。スポット医師として、現場の空気に触れるところから始める方が良いわけです。


また、小さなお子様がいる女医さんが子育てや家事を優先しながらも、出来るだけブランクが
生じないようにスポット医師として月に1~2回働くケースもあります。


スポット医師は医師側だけでなく、病院側にもメリットがありますので、色々なニーズに応える
ことができるので、今後さらに求人数が拡大されることを願うばかりです。



 カテゴリ

スポット医師として働くには?非常勤のメリット




■スポット医師とは?その魅力について


好きなときに集中して働いて、後は好きなことをするといった自分のライフスタイルを優先して
働く人が増えています。実は医療業界でも確実にこうした傾向が広がっています。


医師の場合はスポット医師として働くことにより、自分のライフスタイルを優先させて働いたり、
収入をアップしたり、新しい知識や人脈を手に入れる手段として人気が高まっています。


スポット医師の最大の魅力は、単発のアルバイト感覚で医師として働くことが出来る点です!
あくまでもスポットなので、月のうち1~2日だけ働くといったことも可能です!





■スポット医師の仕事の中身とは?


非常勤医師とスポット医師の具体的な違いについてですが、まず スポット医師として働く場合
代理診療や当直代理、健康診断や検診などが中心となっています。


一方、非常勤医師の場合h常勤医師と比べれば実働日数は少ないですが、勤務日を病院側
から固定されるため、外来の診察や入院患者の診療だけでなく手術にも立ち会います。


スポット医師として働く場合は非常勤医師が担当するような業務は難しいです。重要度が高い
専門診療などは行える機会は皆無といってよく、基本的には一般診療が中心となります。





■スポット医師の求人を探すには?


スポット医師の求人情報は比較的多いのですが、人気が高いため 求人が出るとあっという間
にまってしまいます。ですので、公開求人情報から探すのは非常に困難です!


常勤医師や非常勤医師として働いていながら、空いている時間をスポット医師として働きたい
と思って求人情報を探しても、すでに埋まってしまっている場合が多いのが現状です。


求人情報を入手するのが非常に困難であるため、「医師転職サイト」に登録して希望に合った
非公開求人情報から希望に合った条件でスポット医師の求人を探すのが一番確実です。



 カテゴリ
 タグ

市民病院の夜間当直アルバイトの裏事情




■医療費高騰で医療機関に対するイメージが悪化


過去20年で医療費が高騰し、患者さんの負担が増えたことにより、医療機関に対する
一般の人たちのイメージは、残念ながら確実に悪化し続けています。


「まず医者の給料を下げればいいだろう!」といった声をよく耳にします。


実際に病院で働いている人達の姿を見ていただければ、そのような声はきかれないはず
ですが、その点に関してきちんとアナウンスしてことなかったのも問題です。


幸いにして「医療ドラマ」が人気を博した時期があったのが唯一の救いです。


まだ十分間に合うので国民に理解を求める必要があります。


そうしない限り医療費上昇に関する問題は解決しませんね。





■常勤よりも非常勤の方が稼げる?


医師の給料が高過ぎることが医療費が高騰している原因と考える人は多いです。


一般の人達は1億円とまではいかなくても、数千万円稼いでいると思っています。


しかし医師の先生の平均年収は約1300万円ですが、この数字の約2割がアルバイト
による収入が占めていますので、実際には1000万円を切らない程度です。


多忙の合間を縫ってアルバイトされています。とはいっても病院に勤務する医師の先生
だけでなく、開業医の先生が含まれており、実はかなり多いとされています。


ちなみにアルバイトの賃金はありえないくらい高いです。


恐らく非常勤で働きながら、常勤よりも稼げてしまうのは医師だけでしょう。


一般の会社でアルバイトが正社員よりも稼ぐことは考えにくいです。





■市民病院の当直のアルバイトの相場


賃金に関しては地方によってかなりの差があります。市民病院の夜間当直のアルバイト
は、午後7時から翌朝午前7時までで、日給にして7万円前後が相場です。


人材を確保するのが困難な産婦人科は、これよりも高くて10万円前後です。


一方、市民病院の常勤医師が同じ条件で働いた場合の手当は半分以下となります。


ですので、他の病院で当直のアルバイトをやったほうが絶対にいいわけです。


ちなみに土日祝日も営業している「 休日診療所 」は、午前10時から午後4時までの
勤務で1回あたり7万円前後が相場となっていますので、こちらも高額です。


大都市の超優良商業エリアにある病院の夜間診療が凄まじいです。12時間勤務で休憩
が全く取れない状態で100人くらい診察するのが当たり前となっています。


1回あたり20万円前後支給されるようです。


月5回働けば月収100万円を超えてしまうわけですから、何とも羨ましい話です。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

非常勤医師として働くメリットとは?




■非常勤医師として働く理由とは?


意外に思われるかもしれませんが、常勤医師として働きながらアルバイト感覚で非常勤医師
として他の病院で勤務する方が少なくありません。その目的は収入を増やすことにあります。


勤務条件によって異なるので一概にはいえませんが、 単純に常勤医師と非常勤医師の給与
を時間で割った場合、非常勤の方が常勤よりも時給が高いケースが圧倒的に多いです。


ですので、たった週に一日ペースで非常勤医師として働くだけでも、 平均的なサラリーマンの
月収を超えるアルバイト代を稼ぐことができますので、これで年収が飛躍します!。





■非常勤医師として働く魅力とは?


常勤医師でありながら非常勤医師として働く理由は、お金だけではありません。今の職場では
決して経験できない経験を積むために非常勤医師として働いている方も少なくありません。


医療に限ったことではありませんが、仕事などの能力を高めるには、色々な人と接する必要が
どうしてもあります。非常勤医師としてなら、こうしたことも決して難しくありません。


色々な病院を非常勤医師として渡り歩いて様々な症例を診察したり経験することは 医師として
プラスにこそなれど、決してマイナスにはなりません。確実にスキルアップします!。




■お金には替えられない財産とは?


経験は積むことで医師としての自信も高まります。将来的に必ずプラスになります。非常勤とは
いえ、勤務先で良い人間関係を構築することができれば、複数の人脈が形成できます。


仕事上の人脈だけでなく、恋愛に関しても新しい出会いがあるかもしれません。こういった人生
に好影響をもたらす出会いは、お金には替えることができない大きな財産となります。


ですので二足の草鞋を履いて働くメリットは決して小さくありません。また、非常勤医師は勤務日
が固定されているので、比較的ストレスが少ないという点も大きなポイントです!。



 カテゴリ
 タグ

新臨床研修医制度導入前の研修医の悲惨な実態




■悲惨だった当時の研修医の実態


新臨床研修医制度が導入される前までの研修医は、本当に厳しい条件の中で働かされ、
病院側の思いのままに操られる存在でした。とにかく給料が安かったんです。


民主党政権時代に大卒の初任給が20万円を割り込んでしまいました。


当時あまり話題になりませんでしたが、個人的には大問題だと思っています。


それはさておき、2004年に新臨床研修医制度が導入されたわけですが、それ以前
の研修医の初任給は20万円を超えることは最後までありませんでした。


看護師さんの初任給は22万円前後ですから、看護師さんよりも少なかったわけです。
しかも研修医ということで、「 非常勤 」として雇用されます。





■給料は手取りで15万円を割り込む


このため国民健康保険に加入し、社会保険と異なり、会社が半分負担してくれることも
なく、自ら払い込まなければならないので、手取りで15万円を軽く割り込みます。


ここから家賃や光熱費などの生活費を支払い、仕事で必要となる専門書などを購入しな
ければならないので、普通に生活すれば完全にマイナスです。


しかも最初の2年間はアルバイトが認められないので、ひたすら耐えるしかありません。


やっとのおもいで研修医としての2年間が終われば、次の病院へ移ることになります。
もし常勤の枠が空いていれば、常勤として働くことが出来ますが、ごく少数です。


しかし、大半の方々がここでも非常勤として働くことになります。





■研修医3年目でようやく人並み


「 専修医 」となるので、扱いが良くなったように思えるかもしれません。


しかし、非常勤なのでボーナスも引き続き支給されません。


もちろんこの時点でやめても退職金は一銭も支払われません。


研修医として3年目に入ったので給料も10万円前後アップします。


大卒の方が普通に会社に勤めても毎年1万円を超える昇給はまずありません。


この点だけみれば、「恵まれすぎている」と思われるかもしれませんね。


当時研修医3年目の平均月収は、当時は額面25万くらいが一般的でした。


さすがに3年目に入ると暗黙の了解で「 当直のアルバイト 」もできるので、お金を
より稼ぎながら、同時に医師として必要な経験を積むことが出来ます。


とはいっても非常勤として働いているので、法的には病院側に研修医を拘束する力は
ありませんが、当時の医局制度は非常に強かったので、為す術もありませんでした。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

研修医の給料は安すぎるのか?




■医師になるまでがとにかく大変!


医師は高年収で社会的地位も高いとされていますが、医師になるまでが大変です。


大学の医学部に入学し、国家試験に合格しなければなりません。


国立大学と私立大学を比較した場合、世間では国立大学の方が評価されますが、医師
になってしまえば、そこから先が長いので、出身大医学は関係なくなります。


医師国家試験に合格したあとが本当の意味での勝負です。


新しい臨床研修医制度(スーパーローテート)によって劇的に変化しました。


病院内にあるほぼすべての診療科(循環器内科、泌尿器科、眼科、小児科、産婦人科)
を医師になって最初の2年間でどこの病院で研修するかを決めなければなりません。


ここからまず研修医としてのスタートを切ることになります。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■過酷な研修医の実態


研修医は当然のことながら、常勤ではありません。非常勤として勤務することになる
わけですが、一般の会社でいえば派遣や契約社員のようなものです。


研修医を受け入れる病院は、研修医はをいつでもやめさせることができます。


しかも非常に安い給料で働いてもらえるわけですから、非常に重宝します。


厚労省から発表された平成24年度の「 賃金構造基本統計調査結果 」によりますと、
大卒の初任給は、199.6千円です。(新政権になってから、かなり上昇しています)





■待遇が改善されても依然として厳しい


ちなみに研修医は新しい臨床研修医制度によって月額30万円以上に定められていま
すので、以前よりもかなり改善されています。以前はとにかく安かったんです。


額面で15万円という信じられない薄給で容赦なく働かされていました。


新臨床研修医制度により、国公立病院でも30万円から40万円程度支給されます。
一方、私立病院は50万円程度支給されていますので、かなり差があります。


しかし、非常勤であるため福利厚生は支給されないケースが多いです。


また医学書などが非常に高額なのでなんだかんだで月10万円くらい生活費とは関係
ないお金が出ていきますので、余裕ある生活は難しいですね。


しかも初期研修の2年間はアルバイトができないので本当に大変です。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ

非常勤医師として働く厳しい現実

 


■非常勤という働き方について


常勤医師は安定していますが、社会的地位や年収よりも自由でいることを優先している医師
の中には、数は少ないですが自ら進んで非常勤医師として働いている方も実際にいます。


非常勤医師の定義についてですが、週に1日から3日の勤務で1年以上継続して働いている
医師をさします。医療業界だけでなく、一般職でも非常勤として働くケースが多いです。


特に2000年以降急激に増えています。しかし、残念ながら一般職では非常勤の場合、一部
の例外を除いて、どこの職場内で下に見られがちです。これはこれで問題です。





■非常勤として働くことの難しさ


とくに一般職の場合は職場内のカースト制度によって必要以上に苦しめられている方も多く、
社会問題として顕在化しています。本来時間的に拘束されないのが、非常勤のメリットです。


しかし、現実には正社員がやりたくないことを期限つきで半ば強制的に押し付けられたりする
ため、時間的にも全く余裕がまったくないケースが現実問題としてあります。


医療業界では、非常勤医師の数は年々増えています!。常勤医師として勤務しながら、他の
病院で非常勤医師として勤務されている医師の方も実際に少なくありません。





■なぜ非常勤医師の数が増えているのか?


非常勤医師は、一般職でいうところのアルバイトに近いかもしれません。医療業界に縁のない
一般の人は医師の方がアルバイトしているという事実に一様に驚かれます。


医師=年収が高いというイメージがあるからでしょう。しかし、だからといって医師になりたての
方ばかりが非常勤として働いているわけではなく、ベテランも非常に多いです。


女性医師の場合は、主婦業と両立させるために非常勤として働いているケースが多いですし、
独立開業したばかりの医師が経営が安定するまでの間、非常勤として本業とかけまちしながら
勤務するケースもあります。またブランクが長い人がリハビリ的に働くケースもあります。



 カテゴリ
 タグ

医師不足の原因は仕事量が増え続けているため?




■30年間医師の仕事が増え続けている理由とは?


医師不足が深刻な問題とされている最大の理由は、過去30年間にわたって医師の先生
一人あたりの「 仕事量 」と「 責任 」が増え続けたためです。


ではなぜ歯止めがきかないレベルにまで医師の仕事量が増えたのでしょうか?!


医学が飛躍的に進歩したことにより、これまで不治の病とされていた難病も治療できる
ようになったことで、医療が介入できる余地が増えることになりました。


このため、患者さんの数が増えるのと同時に、患者さん一人あたりに割かなければなら
ない時間が増えることとなり、その結果として仕事量増えたのです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■不必要な治療が増えすぎている


満足な医療が受けられないと言われていますが、風邪で病院に行くのは日本だけです。
不必要に医療機関で治療を受ける患者さんの数が激増しました。


また30年前と比較して、出生率は半分まで低下しましたが、小児科の受診数は大幅に
増えています。しかも「 訴訟件数 」は尋常ではないレベルにまで増えています。


訴訟リスクを警戒しすぎて病院側は頭を抱えています。


対策として、治療・手術に関する説明に膨大な時間を費やすこととなりました。





■医師の数が増えても負担は減らない


医療に関する知識がない人に医療の説明をするのは本当に大変ですよね。しかし、事前
に説明しておかないと、訴訟問題になったときに裁判で敗訴する可能性が高いです。


困ってしまうのは、どんなに必死に説明しても理解できない人がいます。しかも、被害
妄想から「自分を騙そうとしている」と思い込み、逆ギレしてしまうのです。


残念ながら医師の先生と患者さんとの距離がどんどん遠のいています。


また同意書や保険関係などの書類の作成までも医師の先生が行わなければなりません。


保険関係の書類は、どんなに頑張っても患者さん1人につき20~30分かかります。
これを細分化しない限り、医師の先生の負担を軽減することはできません。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職! >>



 カテゴリ
 タグ

常勤医師として働くデメリットとは?過酷な職場環境は今後も続く?




■常勤医師は全ての自由を奪われる?


常勤医師は安定して働くことができますが、スペシャリストを目指す医師の方からすれば、
勤務する病院に全てを合わせなければならない点で多少窮屈に感じる面もあります。


就業時間は自分の都合に合わせることはできません。当直だけでなく、科によっては深夜
に頻繁に呼び出されることも少なくないわけですから、休日は体を休めるだけとなります。


そして、空いている時間は新しい知識やスキルを吸収するために割かれることになります
ので、そうなると、自分らしいライフスタイルを築くというのが非常に困難です。





■常勤医師の負担は増える一方


そうした厳しい状況にありながらも常勤医師としてやりがいを感じる人が圧倒的に多いです。
しかし、あまりにも激務であるため、やりがいや生きがいを見いだせない人も多いです。


医療現場を改善する動きは確かに見られますが、現状では、どの病院も必要な数の医療
スタッフを確保するのに苦しんでいるため、常勤医師にかかる負担は増える一方です。


ですので、病院側が出来ることというのは、すでに限界に来ているように思います。国が腰
を据えて取り組まなければならない状況にあります!常勤医師として働くことへの興味を
失っている医師の方が増えているのも、また事実なんです。





■医師不足は改善されるのか?


どこの病院も慢性手的に医師不足です。先に申した通り、病院側は職場環境の改善に取り
組んではいますが、病院側ができることは限られているため、解決にいたってません。


「医師を増やせばよいのでは?」といった議論がテレビ番組の討論などで良く行われていま
すが、現状では厳しいです。まず医者を目指せる環境にある人の数が少なすぎます。


仮に環境が整備されて誰でも医師になれるようになっても、色々な重圧に耐えることが出来、
晴れて医師となれる人はそう多くないでしょう。それくら医師の仕事は大変な仕事です。


また、病院が経営破たんする時代において、安定を求めて常勤医師になっても、常に色々な
不安がつきまといます。もし仮に転職するのであれば、そうした病院の裏事情についても把握
しなければなりません。残念ながら現状では常勤医師の魅力は年々低下しています。



 カテゴリ

医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?




■医師は増えているのになぜ医師不足が起こるのか?


今から10年ほどまえに「医療崩壊」という言葉が流行りました。


テレビのドキュメンタリーやドラマなど医療をテーマに制作され、一時大ブームを巻き
起こしたわけですが、あれから状況は全くといっていいほど改善されていません。


なぜ医師不足が続いているのか不思議でなりません。


そもそも20年前と今を比較しても、今の方が断然医師の数は多いです。


しかも、毎年確実に増え続けていまして、当時は「このまま医師の数増え続ければ必ず
過多になる」と言われていましたので、まったく逆のことが起こっています。


しかし、東京は今でもそのような状況にあると思われています。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医師不足とはどういった状態なのか?


医師不足とは「医師全体の総仕事量に対して医師一人の仕事量が多すぎる状態」です。


ですので、医師全体の総仕事量が少なければ医師不足に陥ることもありません。


また医師の数が医師全体の総仕事量を上回るほど多ければ医師不足にはなりません。


つまり医師一人あたりの仕事量が、昔よりも尋常じゃないレベルにまで増えてしまった
ことが「医師不足」の大きな原因となっていますので、今後も注意が必要です。


また2004年に導入された臨床研修医制度も大きな影響を与えています。


好きなところで「研修」を受けられるので、地方にある病院は医局から派遣される医師
に依存していたので、より厳しい状況に追い込まれることになってしまったのです。


このころは小泉政権下で、アメリカ型の政策が強引に進められました。





■アメリカ型の医療が進められるとどうなるのか?


アメリカの医療は80年代以降急速に「 医療費 」が高騰することとなり、もはや中流
以上の方でなければ、まとなもな医療は受けることすらできません!!


まず風邪程度の病気で病院へ行く人はいません。


ちなみに盲腸の手術だけで100万円くらいかかります。


ですので、代替医療が人気化することとなり、一大産業となっています。


ですので、今後より医療業界全体がアメリカ型へ進む可能性が高いです。


そうれなれば地方は完全に切捨てられ、経営状況が厳しい病院はとどめを刺されること
になり、一気に地方の医療は集約型にシフトするかもしれません。


役人の方々は超が何個つけても足りないくらい完璧な頭脳を持った人達です。


確実に弱者切捨ての医療をめざす政策が進められるのでしょうね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

ちょっと変わった医師のアルバイトについて




■医師の接待事情について


病院の夕方になるとスーツ姿の方が沢山訪問され、廊下で並んでいます。


その大半が医薬品メーカーのMRです。お目当ての先生方を待ち構えているわけですが、
あれほど腰が低い人を見たことがないと、思えるほど皆さん腰が低いです。


病院内の患者さんがあの姿を見たら、恐らく医師の先生が偉そうに振舞っているように
思うでしょうね。それくらい徹底しているので、本当に頭がさがる思いです。


一般の会社でいえばMRは営業マンに近い存在です。


営業の仕事をしている方の中には人によって態度をかえる人が多いですよね。


MRはその辺を意識しているのか、研修医でも部長でも教授でも分け隔てなく、徹底して
低姿勢で接する方が多いように見受けられます。この点だけとっても立派ですね。


接待については、年々縮小傾向にあります。どこの業界も同じようです。


昔は製薬メーカーの多くがこぞって医師の先生方を接待していました。


しかし、公立病院は公務員ということもあって、今ではほとんどありません。


民間病院でも昔ほどではなくなりました。世間の目はどんどん厳しくなっていますね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■変わった医師のアルバイト


医師のバイトとして、「医薬品に関するアンケート」を依頼されることもあります。


例えば冬場になると風邪を患う子供が短期間で急激に増えるので、毎日病院にて風邪の
子供を何人診て、どんな薬を使用し、どのように使い分けているのか尋ねられます。


こういったアルバイトは医薬品メーカーから直接依頼されることはありません。


医薬品メーカーから依頼されて、情報を集める会社から依頼されます。


恐らくそうすることによって、嘘偽りのない医師個人の意見が聞けるからでしょう。


医師と質問者が面談する恰好で1対1のときもあれば、3対1の時もあります


この模様はしっかりデータとして動画や音声として収録されています。


金額はだいたい5万円前後です。収録後には食事をかねた打ち上げもありますので、
アルバイトとしては決して悪くありませんが、そう滅多にあるものではありません。


またアルバイト(場合によってはボランティア)で講演を依頼されることもあります。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



常勤医師として働くメリットとは?本当に非常勤よりも恵まれているのか?




■常勤医師は恵まれている!


常勤医師は一般企業でいうところの正社員にあたります。一般企業と比較した場合、病院など
の医療機関の勤務形態は特殊なので週4回以上病院で業務にあたる医師を指します。


病院に勤務する医師のほとんどが常勤医師です!。常勤医師として病院で働くメリットは色々
ありますが、正規雇用であるため社会保険や福利厚生を受けられる点がまずあげられます。


また、給料も毎月一定額がからなず支払われますので、不安なく安心して働けます。名のある
大手の病院で勤務すれば、それなりの高収入を得られますし、キャリアにも箔がつきます。





■充実した福利厚生を受けられる!


残念ながら 長引く不況と医療崩壊が重なり、大型病院が破たんへ追い込まれるケースが少な
からずあります。病院で勤務する医療スタッフは大なり小なり不安を抱えながら働いています。


常勤医師として勤務すれば、万一勤務先の病院が破たんしても失業保険が支給されますので、
離職票を手にし、ハローワークで所定の手続きを行えば、失業保険が支給されるます。


充実した福利厚生を受けることが出来れば安心して働くことができます。誰もが安心して働ける
環境を求めていますので、例外なく多くの医師が常勤医師として働くことを好みます。





■キャリアアップの近道!

しっかり環境が整備された病院を選べば、常勤医師として専門科のスキルアップが望めるという
大きなメリットがあります。このため新しい医療技術や関連知識を学び続ける姿勢が必要です。


常勤医師だから、最新の技術や治療方法などを学びながら技術を磨くことができます。ある程度
目途がつけば、さらに上を目指してキャリアアップするために、転職を選ぶのも良いでしょう。


常勤医師の中には独立を考えている方も少なくありません。常勤医師として働くことで、独立前後
に必要な人脈を構築することができます。これも常勤医師の大きなメリットです!


情報収集と分析能力は独立を考えているならば必須です。独立医が成功するにはいうまでもなく
人脈が大切です。常勤医師として勤務することで得られるものは大きいでしょう。



 カテゴリ
 タグ

大学病院で働く医師のアルバイト事情とは?




■大学病院に勤務する医師のアルバイト事情


医師の「 アルバイト求人 」は豊富にあります。医師のアルバイト求人だけを紹介して
いる医師専門の求人サイトがあるくらいですから、相当な数になります。


しかし、実際にアルバイトをしている医師の先生は、それほど多くありません。


大学病院で働く医師の先生は、基本的に「 公務員 」です。


当然のことながら、表立ってアルバイトすることはできません。勿論、民間病院に勤務
している医師の先生も同様です。おおっぴらにアルバイトすることはできません。


大学病院に勤務している若手医師にとって、外病院での当直のアルバイト以上に好待遇
なものはないと、皆さん口をそろえておっしゃっています。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■優秀な医師程アルバイトを通じて色々なことを学ぶ


しかし、医師の先生方にとってアルバイトは単なる小遣い稼ぎではありません。


というのも、医師が生きる医療の世界は広いようで狭いです。


このため付き合う人も次第に制限されてしまうので、一生懸命働けば働くほど社会から
距離が離れていき、心ない人たちからは世間知らずと言われてしまいます。


ですので、外病院での当直ですら外の世界を知る大変貴重な機会でもあります。


大学病院ではなく、民間の病院に勤務している医師の先生にとっても同様です。


アルバイトを通じて外の世界を知ることができます。


運がよければ生涯に渡ってつきあう医師の先生との巡りあう機会もあります。


そこまでいかなくても交流しながら知識を高める機会を持つことは十分可能です。





■病院外の人たちとの付き合いについて


病院で勤務していると病院に出入りしている業界の人との付き合いが比較的深いです。
中でも医薬品メーカーのMR(Medical Representative)との付き合いは深いです。


医薬情報を通じて色々な事を教えてもらっているので大変貴重な存在です。


MRは、医薬品の情報だけでなく、学会や医薬品メーカーが主催する研究会の案内など、
医師が医療の世界で生きていくうえで欠かすことができない情報を与えてくれます。


個人的な意見で恐縮ですが、MRは男女問わずルックスが良いい方が多いですね。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ

必ず各医療機関の求人を比較しながら現状を把握する




■事前に現場を実際に訪れる!


仮に今すでに転職先候補の医療機関が幾つかあるのであれば、各医療機関を比較される
ことをおススメします。時間的に余裕があるのであれば、直接足を運んでみましょう。


自分に合っている医療機関であるかどうかは、自分にしかわかりませんので、「聞いていた
のと話しが違う」といったことにならないためにも、実際に現場を見ることは重要です。


そして、給与などの待遇に関する条件面での交渉は、医師転職サイトを利用すれば、医師
の転職を徹底的にサポートする転職コンサルタントが代わりに交渉してくれます。





■転職で重要なのは情報力と交渉力


希望にあった求人を探すうえでの注意点について軽く触れておくと、医師転職サイトで表向
きに公開されている求人の中身についてですが、あまり気にしないほうが良いでしょう。


最終的には情報力と交渉力がものをいいますので、自分で全てのことをやろうとする高い
確率で失敗します。転職のエキスパートである転職コンサルタントにまかせましょう。


ある医師は、これまでの実績を認めてもらったことによって、希望する年収が200万円以上
上回る条件を引き出しました。自分ではこういったことは到底できません。





■自分で何でもやろうとすると失敗する?


転職にかかわる交渉事は、言うまでもなく結構大変です!とくに医師の場合は人の命に
かかわる仕事であるため、常に大きな責任を背負込まれてしまいます!


個別の就業条件に関しては、必ず入社前にすませておいて下さい。実際に勤務先に就業
開始した後に交渉することはできないからです。これだけで大きな心の負債となります。


また、欲をかきすぎて、あまりにも非常識で無理な条件交渉に対して医療機関側が応じて
くれる可能性は極めて低いです。そういった目には見えない色々なリスクがあります。


ですので、転職先の医療機関を一つに絞り込むこです。複数用意する必要があります!
そして、色々と比較しながら、「これだ!」という求人案件を選んでください。




 カテゴリ
 タグ

小さなお子さんをもつお母さんのための病気の豆知識




■お母さに必要なのは子供の病気の知識!


夜間小児救急外来をやっている病院が近くにある人は本当に恵まれています。


しかし小児科医の先生方がいるから出来るのであって、実際に中で働いている人達は
本当に大変です。まず朝から午前中の外来や病棟で働きます。


そして、午後7時から夜の救急外来を翌朝午前7時まで行ない、また夜までそのまま
働くので、体力・精神力によほど自信がなければ到底務まりません。


我が子を心配しない母親はいません。しかしあまりにも心配しすぎるのも問題です。
普段と様子が違うという理由だけで、深夜に病院に連れてくる方もいます。


当然病気でも何でもない状態ですから、異常なしとしか言いようがありません。


自分で判断するよりもプロに診てもらったほうが確実です。


しかし、ある程度自分で判断できるようになるために、たまごクラブかひよこクラブ
などの育児雑誌で子供が患いやすい病気に関する知識を身につける必要がありますね。






■夜間救急外来を受診すべきか迷ったら?


子供が病気を患えば、受診すべきか、もうしばらく様子見するか迷われますよね。
以下のような症状が見られたら、迷わず診てもらいましょう!!


(1)意識の状態が悪くボンヤリし、名前を読んで問いかけても反応が普段より鈍い。


うるさくわめくのであれば問題ありません。しかしこうした状態は何らかしらの病を
すでに患っている可能性が高いので出来るだけ早めに診てもらいましょう。



(2)呼吸の状態が悪く表情が苦しそう


お子さんを上半身を裸にして呼吸をみます。


肩を上下に揺らしたり、胸のみぞおちの所をへこませるような呼吸をしてる場合は、
呼吸が苦しい証拠なので、すぐに診てもらいましょう。



(3)嘔吐を繰り返し、腹痛が長時間続く場合

我が子が突然「嘔吐」や「下痢」を繰り返すと心配になります。しかし嘔吐と下痢に
関しては、それほど心配する必要はありません。問題は脱水症状になることです。


とくに夏場は汗も大量にかくので水分補給が何より大切です。



(4)3か月未満の赤ちゃんが発熱した場合

この場合は問答無用です。できるだけ早く病院連れていきましょう



(5)けいれんやひきつけが起こった場合

高熱でけいれんが起こった場合、5分以内でけいれんがおさまったのであれば、その
まま様子みてもいいですが、それ以上となればすぐに病院に連れて行きましょう。



(6)長時間にわたって高熱が続く場合

41度を超えていたら危険ですので、即病院へ連れて行きましょう。





■小さい子供をもつお母さんに啓蒙活動が必要


お子さんの様子がおかしくなったら、救急病院へ電話してどのようにすればよいか、
質問しましょうといった啓蒙活動を各地域ごとに行なう必要があります。


夜間であっても救急外来を受診したほうがいいケースは10%に届きません。


40度の熱が出た場合でも、水分が採れる状態にあるのであれば心配いりません。


高熱で脳に障害が生じることを以上に心配する方がいますが、まず心配いりません。


ただし、子供の場合は容態が急変することが少なくないので、注意が必要です。


小児科医の先生方が困ってしまう時間帯は、朝の4時~5時にかけてです。


すでに20時間前後働いているため、意識が朦朧としているため、一番辛いんです。



 カテゴリ

小児科医のブラックな労働環境について




■小児科はブラックの中のブラック


小児科医を取り巻く「労働環境」は非常に劣悪です。改善される兆しがみえません。


世間では、ここ数年劣悪な労働環境にあるブラック企業の経営者が槍玉にあげられて
いますが、医師の労働環境については問題視されることが少ないです。


特に小児科医や産婦人科医を取り巻く労働環境は非常に厳しいものがあります。


32時間連続勤務となる当直を月に5~6回行います。


同じくオンコールを月に5~6回行います。

オンコールは何もなければ支払われませんので、「 完全無料 」で拘束されることに
なりますので、お酒が好きな方にとってはかなり苦痛だと思います。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■時間外手当が制限されるケースがほとんど


また、極めつけは時間外労働が月に上限が決まっている場合が多いです。


例えば月間の時間外労働に対する残業手当を50時間までに制限されている病院では、
50時間を超えた分に関しては、当然のことながら一切支給されません。


つまり無償で働くことになってしまいます。


こうした過酷な労働環境の中で働く小児科医や産婦人科医の先生の中には、極限状態
まで追い込まれ、過労死や自ら命を絶ってしまうケースが過去に何度もありました。


国は過酷な堂々環境にあることを一切認めようとしません。





■ブラック化の流れを断ち切るには?


医師の仕事に限ったことではありませんが、どんな仕事でも大変さは実際に働いてる
人にしか分かりません。理解しようと思って出来るものでもありません。


特に責任感の強い医師の先生ほど、過酷な労働環境にありながら、患者さんのことは
勿論のこと周囲のスタッフにも気を使い、色々なことを思い悩み苦しんでいます。


医学部では先輩や教授から小児科医と産婦人科医だけにはなるなと言われます。


それだけ小児科医を取り巻く環境は過酷なわけですが、一向に改善されません。


事実国は何もしようとはしません。少しでも良い職場が増えるためにも、良い職場に
人が集中し、ブラックな職場に人材が流れない環境を作っていくしかありません。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



医師求人を選ぶさいに勤務地もしっかり検討する




■勤務地を軽視する傾向が強い!


一般企業に勤務されている方々が転職する場合、勤務地も非常に重要な条件となります!
特にすでにマイホームを購入されている方にとっては外すことが出来ない条件です。


一方、医師の方々が転職する場合、意外にも勤務地を条件にされる方が少ないです。こうした
背景には、仕事に対する使命感、義務感、責任感が強い方点が要因として挙げられます!


人によっては転職に合わせて引っ越す方もいらっしゃいます!。あくまでも医師としての仕事
を優先させるのが目的であって、そのためであれば、勤務地にはこだわらないようです。





■労働条件を優先させると失敗する?


医師によっては、給与や労働条件を最優先させるために、転職に関する条件を無理に広げて
しまう方が少なくありません。こうした場合、後々になって公開する可能性が高いです。


ただでさえ医師の仕事は、肉体的にも精神的にもハードでありながら、往復の通勤に3時間も
かかったら、いくらなんでも体が持ちません。体調を壊して退職することになったら大変です。


もし、常勤医師としての転職を希望するのであれば、病院側からの急な呼び出しや急な対応を
余儀なくされることもあります。その時に、勤務地から自宅が遠ければ相当な不都合が生じます。





■勤務地を軽視すると大変なことに!


マンションや一軒家を購入されている医師の方の場合、一旦家に帰ってから出直すことが困難
なので、頻繁に病院で寝泊まりすることになります。これが日常化すると大変です。


医師が慢性的に不足している病院側にとって、こうした仕事に対する姿勢は大変ありがたいこと
です。しかし、家で帰りを待っているご家族からすれば、たまったものではありません。


大都市圏にある医療機関であれば、求人情報も多いので探しやすいでしょうが、地方の場合は、
極端に少なくなります。勤務地もしっかり考慮したうえで転職活動を進めるべきです!。




 カテゴリ
 タグ

大学病院で働く医師の過酷な現実とは?




■当直のバイトで学費を稼ぐ


後期研修を終えた医師の中には、博士号を目指して大学院で勉強されている方が少なく
ありません。医師といえども大学院に籍をおいているので、学生でもあります。


当然のことながら大学で研究するためには授業料を払わなければなりません。


そのために外病院で当直のアルバイトを不定期で行います。


すでに研修を終えたので、バイトするこが認められています。


当直を週1~2回程度行えば同年代の平均的なサラリーマンの月収分くらい稼げます。


夜間当直のアルバイトの日給の相場は4万円から5万円の間くらいです。


一人で生活するには十分ですが、どうしても研究を再優先させなければならないので、
生活は不安定です。同じ医師と結婚している方もいますが、独身の方が多いです。


このため「独身」で頑張っている方が圧倒的に多いです。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■大学病院で働く現実(1)


大学病院は日本国内で最も高度な医療を提供しています。しかし大学病院で勤務されて
いる常勤医師は、他の市民病院とは比較にならないほど給料が安いです。


ちなみに大学病院のカーストは「教授」をトップに助教(助手)→講師→准教授の過程
を経なければならず、一般の会社のように末端からトップに大抜擢とはいきません。


しかし、大学病院で助教になるだけでも本当に大変です。長い下積み生活の末に助教に
なってようやく月30万円~40万円(額面)程度の給与を手にします。


この時点ですでに卒後10年は経過していますので、当然のことながらアルバイトなし
には生活が成り立ちません。それでも頑張っている人が日本には沢山います。





■大学病院で働く現実(2)


本来公務員はアルバイトは認められません。しかし、大学病院では常勤医師でも外病院
でのアルバイトは誰もが通る道として、すでに暗黙の了解になっています。


大学に残る人は生涯をかけて研究に興味がある方が多いです。


いやむしろ純粋に医学を学ぶことが好きな方しかできないでしょう。


当直のアルバイトの給料がいいからといっても、アルバイトに時間を割きすぎたら研究
の時間が削られてしまいますからね。本当に頭が下がります。


また教授になったかといって目が飛び出るほどの高給が得られるわけではありません。


確かに社会的な地位は高いですが、それに見合った給与が得られません。


東証一部に上場している企業の平均役員報酬(約3,000万円)よりもはるかに低いです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ
 タグ

転職する前に医師として準備すべきこととは?




■過酷な医療現場の実態


医師に対する社会的評価は非常に高く、勤務条件なども非常に恵まれていると思われがち
ですが、実際の医療現場は医師が不足しているため、非常に過酷な状況下で働いてます。


日本の医療を支えているのは医師の皆様をはじめ医療機関で勤務する医療スタッフにより、
かろうじて成り立っているのが現状です。そうした状況ですから、不満が募るのは当然です。


ですので、より良い職場環境を求めて転職を考えるのは当然です。しかし、医師の皆様は、
責任感が強いので、転職したいという思いを自ら胸のうちにしまい込んでしまいます。





■医師が転職を決意する要因とは?


医師の転職理由の上位は先に述べた「過酷な労働条件」をはじめ、「給与などの勤務条件」、
「職場の人間関係」があげられます。医師の皆様の心の悲鳴が聞こえてきそうです。


もし医師として転職することを決意されたのであれば、転職先は転職を決意した原因を解消
できるかがポイントになりますので、転職先について徹底的に調べる必要があります。


しかし、残念ながら過酷な労働条件にある医療現場で働く皆様に、そんな時間的余裕はない
ので、医師の転職は引く手あまたで簡単と思われがちですが、実際は非常に難しいのです。





■転職サイトを利用する前にやるべきこととは?


ですので、医師の転職は情報力や交渉力など転職かかわる様々な面倒な手続きを代行して
くれる医師転職サイトを利用するのが主流です。しかし、利用する前に注意点があります。


まず、転職する目的を明確にしなければなりません!。そうしないと、無事転職が成立しても、
すぐに嫌気がさし、短期間勤務した後に再び転職するはめになります!。


そうならないためにも転職する目的を明確にしなければなりません。ですので、まずこれまで
のキャリアを振り返って、自分自身の棚卸から始めることをおススメします!




 カテゴリ
 タグ

外病院の当直を支える若手医師たち




■外病院の当直を支える人達


卒業して4~5年経過するころには、一通りの「臨床」が出来るようになりますので、
外病院でのアルバイトもようやく認められるようになります。


人によっては、博士号を取得するためにそのまま大学院になる方も少なくありません。
そうなると勉強の都合に合わせて働かなければらなりません。


激務の中で行なうため回数は限られますが、給料がそれほど多くない「若手医師」から
すれば、アルバイトの稼ぎが非常に大きいため、馬鹿にできません。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■大学院に進学する目的とは?


大学院に通うのは研究の仕事をするためです。将来博士号を取るために頑張ります。
大学院で教授を目指すためには、研究の仕事について博士号の取得は必須です。


しかし、大学院は4年間あるわけですから、その間の学費と生活費を工面しなければ
なりません。親からの援助に頼らずに頑張っている若手医師が少なくありません。


こうした若手医師たちが外病院の当直を支えています。


医療関係者以外の方にこうした話をすると驚かれます。


医師の先生の多くが地元の名士で資産がいっぱいあると思っています。


その子供たちがよりにもよって、なぜアルバイトしなければならないのだと。また、
大学院の授業料をバイトで捻出するのは不可能だと思われる方が多いです。


ですので非常勤医師として働く人達の時給や日給を教えると驚愕します。





■大学院と医師の仕事を両立させる難しさ


大学院生として研究に没頭している傍らアルバイトをしなければなりません。


アルバイトしなければ収入はゼロです。また健康保険なども全て自分で払わなければ
ならないので、不安定な状態で研究とアルバイトを両立させなければなりません。


ですので、結婚適齢期に入っていながら結婚せずに頑張る人が多いです。ここで辛抱
して、とことん頑張れる人が将来それなりの地位にまで上り詰めることができます。


ちなみに大学の役職についてですが助教→講師→准教授→教授となっています。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ
 タグ

転職で失敗しないために医師の先生がやるべきこととは?




■目的意識を高める!


医療現場は慢性的に人材が不足しているので、どこの医療機関でも、日常的に修羅場のよう
な状況にありますので、突発的に転職したいという思いにかられることも多いと思います。


しかし、見切り発車的に転職するのは危険です。転職する理由を明確にないと希望する条件
が見えてきません。勢い任せに転職したものの、前の病院より労働環境が悪かったと、冗談
にならないような状況を迎えることになります。これでは転職した意味がありません。


そうならないためにも転職する理由を明確にし、さらにこれまでの医師としてのキャリアを振り
返ったうえで、 「これからはこうありたい」、「こうなりたいと」いった思いが芽生えます。





■希望条件を明確にして段階に分ける


そうすると自然と「希望条件」と「譲れない条件」が見えてきます。また、「妥協すべき希望条件」、
「重要度の低い希望条件」といった具合にランク分けした希望条件が明確化されます。


これらの条件を満たす求人を探すわけですから、上述した点をしっかり明確化することにより、
より良い条件の求人に近づくことができます。しかも効率よく転職する方法があります。


それが医師転職サイトです。医師転職サイトを利用すれば、自分ではとうてい探しだすことが
できない求人情報を入手し、魅力ある求人は非公開求人として、利用者に提供します。





■高い志が成功を呼びこみます!


ですので、転職する目的が決まれば、希望の条件が明確になりますので、それをそのまま、
転職サイトのキャリアアドバイザーに丸投げすれば、希望にあった求人を探してくれます。


仮に条件が厳しくても可能性がある限りは妥協せずに探してくれますし、転職にかかわる色々
面倒な交渉事や手続きを代行してくれるので、仕事に専念しながら転職活動ができます。


医師としてさらに飛躍するために新しいことにチャレンジしたいという思いから、これまで経験
したことがない科に勤務したいといった願いも、実現するために必死に動いてくれます。


一般職でさえキャリアチェンジするのは難しいです。医療現場でも同じですが、高い志がある
医師を多くの病院が求めている状況なら、医師転職サイトがその願いをかなえてくれます。




 カテゴリ
 タグ

世界中で医療崩壊が進んでいる理由とは?




■給与は言うまでもなく大事


いうまでもなく、医師にかぎらず働く人にとって給料は大事です。給料が仕事に対する
一つの評価であるならば、これほど分かりやすい評価方法はありませんよね。


もし医師の給料が法によって最大200万円に制限されてしまったらどうでしょう?


どうしたって仕事に対するモチベーションは下がりますよね。


例えそうであったとしても、その先にもっと上があると思うからこそ頑張れるのです。


医師は弁護士などと並んで社会的地位が高く、高収入が得られる仕事の一つですが、
人の命がかかっているだけに、その責任の大きさは比較できる対象がいません。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■美容外科医だけが儲かる?


それにもかかわらず、労働条件が悪くて給与も高止まりしたままの状況が続くとなると
医師を目指す人が減ってしまい、さらに「医療崩壊」が進みかねません。


これは大げさな話でもなんでもないんです。イタリアも医療崩壊が著しく進んでます。
そうした状況にありながらも美容外科だけはありえないくらい潤っています。


実はイタリア国民は世界で一二を争うくらい美容整形を行なう民族なんです。


このため世界中のセレブたちがイタリアの超一流美容外科医のもとを訪れます。


時給数百万の世界が現実にありながら、それ以外の医師は本当に大変です。






■日本も他の先進国と同じ道を歩むのか?


医師だけの給与では到底食べていけないので、空いている時間にアルバイトでタクシー
の運転手をしている人もいるくらい大きな格差が生じてしまっています。


当然イタリア国民が受けられる医療の質は年々低下しています。


アメリカでは1億円クラスの医師がゴロゴロいますが、その代償をアメリカ国民が受け
てます。1980年代に入って急速に医療費が高騰しました。


これにより多くの人がまともに医療を受けられなくなってしまったのです。


こうした傾向は世界的に広がっているので、政府や役人が何もしなければ、日本の医師
の先生の血と涙と汗の結晶である質の高い日本の医療は、大きく劣化することでしょう。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ
None

医療崩壊を加速させる原因とは?




■特定看護師の制度案がようやくまとまる


スーパー看護師=特定看護師の制度案が昨年ようやくまとまったようです。


しかし、正式に認可されるまでにはもうしばらくかかりそうです。


専門看護師や認定看護師でさえ思うように増えていないので、仮に特定看護師が制度化
されたとしても、厚労省側が期待するほどには増えないと思います。


特定看護師になれば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことが認めら
るので、医師の仕事を軽減できると安易に考えているようです。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>






■医療現場はさらに混乱する?


例え特定看護師制度が制度化されたとしても、どうしても患者さんの病気の診断や治療
を行なうにあたって医師の責任がともないます。そうでなければ職場は混乱します。


薬の処方一つとっても、いきなりは無理です。


例え必要な知識を学んでいるとしても、患者さん一人ひとりの症状にあわせて処方しな
ければならないわけですから、どうしてもそれ相当の経験が必要になります。


医師の先生方は長期間に渡る厳しい研修期間を経ていますが、特定看護師にはそうした
経験を積む場がありません。せいぜい実習の授業だけですから厳しいです。


しかもたった2年間でものにしなければならないので、忘れるのも早いでしょうね。





■全ては医療費増加抑制のため


いきなり医療現場で責任のある仕事をおしつけるなんてできません。


ここ最近財務省を筆頭に役人の横暴が目立ちますよね。


政治家は落選させることができるので、相当のリスクをとっています。


しかし、役人はどれだけ間違った政策を掲げて失敗しようとも責任を一切負いません。
医療崩壊が叫ばれて久しいですが、そもそもこうした状況を創りだしたのは役人です。


医療費が高騰するのを抑えることだけを考えて、医師よりも人件費が安い看護師に仕事
を振り分ければコストを抑えられると、きっと安易に考えているのでしょう。


ですので、医療費増加抑制だけのために地域的弱者、社会的弱者の方々が医療を受けら
れないようにしているとしか思えません。医療崩壊を加速させる原因は役人様ですね。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



 カテゴリ

特定看護師が医師不足に関する問題を解消できるのか?





■特定看護師とは?


数年前に医師不足を解消するための打開策として、スーパー看護師(特定看護師)の
制度が突如発表されましたが、依然として検討されたままの状態です。


厚生労働省は何が何でも導入したいようなのですが、医師会が猛反発しています。


スーパー看護師(特定看護師)になるには、まず大学院修士課程で2年間学びます。


そして、認定資格を取得しなければなりません。


スーパー看護師になると医療行為を医師の指示がなくても行なうことができます。


例えば初期治療や検査、薬の処方を行い、死亡診断書も書くことができます。


スーパー看護師の歴史は古いです。アメリカでは1960年代に誕生しています。


当時のアメリカでは一部の大都市をのぞいて「医師不足」が急速に進んでいたため、
こうした状況を改善するために「特定看護師」が誕生したのです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■特定看護師が検討されることになった理由とは?


日本の医師法では、医療行為を行うことが認められているのは医師だけです。


しかし今後特定の地域でのみ特定看護師さんが医療行為を行なうことを認められる
ように特定看護師制度を厚労省が提案したわけですが、具体的に進んでいません。


2025年まで高齢化社会が容赦なく進むことが予想されています。


もう待ったなしの状況です。そこで、医師の少ない地域や高齢者施設で、投薬や簡単
な医療処置、死亡診断書を医師に代わりに行えるようにしなければなりません。


そのための打開策として、特定看護師が提案されました。





■厚労省の安易な発想に激怒する医師


すでに寝たきりの状態にある患者さんは病院に通うことができませんので、訪問看護
ステーションを利用しなければ、満足な医療および看護ケアを受けられません。


しかし、訪問看護ステーションの数が全く足りてません。


また大半の訪問看護ステーションは深刻な人材不足に苦しめられています。


そうした状況にありながら風邪薬など毎回その地域の開業医に処方箋を書いてもらわ
なければなりません。これは非常に手間がかかるので、常に問題視されています。


しかし高齢者の多くは持病がある方が多いので、薬の組み合わせなどを考慮しながら
処方箋を書けるようになるまでには、相当キャリアを積まなければできません。


こういったことを2年程度大学院で学んだだけで出来るようにしてしまおうと考える
政府に憤りを感じる医師の先生方は決して少なくありません。


医師の先生の仕事を軽減するためには、それ相当のお金を投入しなければなりません。


それをやらずにこうしたことをやろうとするから問題ばかりが大きくなります。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ

医師として進むべき方向性を明確にする!




■なぜ転職しなければならないのか?


転職したいと思ってはみても、なかなか思うように行動には移せません!。何といっても医師
の仕事は激務ですから、転職活動の準備に割くための時間がそもそもありません。


そうした厳しい状況の中で転職を試みるのであれば、「なぜ転職しなければならないのか?」
ということを自問し、自分自身を納得させる理由を明確にする必要があります。


転職理由を深く掘り下げることによって、「希望の条件」」が見えてきます。これを基本にして、
自分にとって重要度の高い条件をランク付けしながら紙に書き出していきます。





■希望の条件を書き出す!


希望の条件をランク付けすることにより、絶対に譲れない条件と妥協しても良い条件とに分け
ることができます。実際に転職活動を進めていくうえで柔軟に対応することが出来ます。


そして、医師として仕事に対するやりがいや使命感といった、数値化することができないような
条件も必ず加えてください。転職後に嫌な思いをしないためにも大変重要です。


給与面など勤務条件のみこだわる医師の方も多いですが、もし仮に破格の給与を得られても、
医師としてこだわりたいプライドを踏みにじられるようにして働くのであれば意味がありません。





■目標が未来を変える!


例えば、医師として働きながら他の科で、これまでとは違ったスキルや知識を身につけたり、
専門科を極めるために最新医療を新しい職場で学びたいといった思いがあるはずです。


そして、医師として目指す方向性が、すでに定まっているのであれば、身を置くべき環境は、
変化たくないと思っても、自然に変化していきます。それくらい目標がもつ力は絶大です。


今一度今自分が立っている立ち位置をしっかり確認し、今やっていることをさらに極めていく
のか、現状維持でいくのか、新しいことにチャレンジするのか自分に問いかけてください。




 カテゴリ
 タグ

産婦人科医の平均在院時間で分かる過酷な現状




■恐るべき産婦人科医の平均在院時間について


産婦人科医の仕事がいかに過酷であるか伝えるメディアは少ないです。


大手メディアの多くがこうした厳しい現実を報道しません。


その代わり、出産に関する医療サービスがまともに受けられないと批判します。


日本産婦人科学会から発表されたデータによりますと、一般病院に勤務する産婦人科師
の平均在院時間が月平均295時間、オンコール時間が144時間となっています。


一般の会社であれば間違いなく「ブラック企業」認定されてしまうレベルです。


しかしこれはあくまでも平均です。実際にはこれ以上の長時間勤務を行っています。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■月の在院時間の内訳について


1日の在院時間は、平均すると1日10~12時間程度です。


1日12時間として平日を月22日とすれば264時間になります。


これに平日当直月4回で48時間、土日の24時間当直が月2回で48時間として、
これららを合計すると、ざっと「360時間」となります。


そして、オンコールの時間は月6回とした場合、平日4回で48時間、土日の2回で
48時間として、これらを合計すると「 96時間 」となります。


月平均の在院時間とオンコール時間を合計すると「450時間」となります。


「私はもっと働いている」といった声が聞こえてきそうです。


しかし、これでも毎月3分の2以上を病院で過ごしていることになります。





■つねに何かに追われるように働くことに


新生児医療に携わる医師の先生方は、これだけ過酷な環境にありながら、いつ予定外
のことが起こるか分かりませんので、精神的な緊張状態を保たなければなりません。


予定外の仕事が立て続けに入れば、その分配置される人間の数が削られます。


少ない人材で対応しなければならなくなるので、医師一人あたりの負担が増えます。


産婦人科医として何年もこうした緊張状態の中で働くと、寝ていても無意識のうちに
頭の中で仕事のことを考えるようになり、さらに精神的に追い込まれます。


少しでも良い環境の中で働きたいと考えるのも無理ありません。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



医師の転職は医師転職サイト選びから!




■優良な医師転職サイトの特徴


医師転職サイトであればどこでも良いというわけではありません。求人情報の中身を精査すると、
公式サイトで誰でも入手できるように公開されてしまったものが中心であるため魅力に欠けます。


しかも、良質な求人情報を求める医師たちを無視している対応をするケースも少なくありません。
こうした医師転職サイトを利用すれば、転職活動が一向に進まず、失敗に終わります!


優良な医師転職サイトは希少価値が高い未公開求人が圧倒的に多いです。しかも、更新頻度が
多いため、自分の希望にあった求人情報が紹介されるのを待つだけの価値は十分あります。





■転職コンサルタントで転職は決まる


医師転職サイトに登録すると専任の転職コンサルタントが対応してくれます。しかし、残念ながら、
コンサルタントによって対応もまちまちですし、色々な意味で相性が合わないこともあります。


医師は生涯にわたって4~5回転職するといわれています。毎年するものであれば次もありますが、
そうではないわけですから慎重にならざるえません。人生がかかっているのでなおさらです。


コンサルタントの対応がいまいちだったり、生理的に合わないと感じたら、迷わず他社に登録して、
適任と思われるコンサルタントを選び、二人三脚で転職活動を進めていくべきです!。





■転職コンサルタントにはとことんこだわる


良い転職コンサルタントがつくか、可も不可もない平均的な転職コンサルタントがつくかで、得られ
る結果が大きく異なりますので、求人情報だけで医師転職サイトを選ぶのは危険です!


勿論優良なサービスを提供してくれる医師転職サイトでは優秀な転職コンサルタントを数多く配置
しています。そして、優秀な転職コンサルタントは情報力が圧倒的に違います!。


確かな情報から適切なサポートを行ってくれるので、転職コンサルタント選びは、医師転職サイト
選びよりも、ある意味重要です。この点だけは妥協することなく徹底しましょう!




 カテゴリ
 タグ

良い医師求人はなぜ医師転職サイトに多いのか?




■ハローワークの転職活動について


一般企業へ就職・転職する場合は、求人誌やハローワークなどを 利用するケースが多いわけ
ですが、こうした媒体を利用して希望する求人案件を探すのが非常に困難です!。


例えばハローワークの窓口の職員の方の多くが「高望みせずにこれくらいで妥協されたほうが
就職・転職しやすいですよ」といわんばかりの態度で求人情報を勧めてきます。


職員の方も一生懸命なので、拒否するのが悪いような気持ちにさせられます。ハローワークも、
医療関係の求人を取り扱ってますが、一般職種以上に希望にあった職種を探すのが困難です。





■なぜハローワークはだめなのか?

ハローワークは政府機関の一つであるため、各種手続きに関して面倒なことが多く伴うことから、
無料で求人を掲載できるハローワークに求人を出さない医療機関も少なくありません。


一方、医師転職サイトは利便性が高いので利用者の数も右肩上がりで上昇しているため、求人
が殺到しています。良い人材がハローワークに集まりにくいという状況になりつつあります。


余計にハローワークを利用する医療機関が減ることとなります。しかし、だからといって医師転職
サイトなら全て良いというわけではありません。問題の多いところも少なくありません。





■医師転職サイトは非公開求人が多い!


条件がよい求人案件の多くが 非公開求人として、 力のある大手医師転職サイトに集中するのが
現状でして、すぐに転職が成立しますので、良い求人=非公開求人と考え頂いて結構です。


これは何も医療関連の転職サイトに限ったことではありません。確かに医療関係の転職サイトは、
非公開求人が多いですが、他の業種や業態に関しても、非公開求人が多いです。


これまで多忙を極める医師が転職する手段は、医局の紹介などが多かったことから、窮屈な転職
を余儀なくされてきましたが、これからは,、より理想に近い形で転職することができるでしょう。




 カテゴリ
 タグ

年俸制を採用する病院には要注意!




■年俸制に対するイメージが裏切られる


皆さんは年俸制についてどのようにお考えでしょうか?


プロ野球やプロサッカーのようなプロスポーツ選手は年俸制なので、プロ意識を高める
うえで「 高い効果 」を発揮すると考える人は少なくありません。


日本でも一部の企業で欧米の企業のように年俸制を導入しているところがあります。


医療機関も同様です。しかし注意が必要です。


入職時の契約が履行されないケースが少なく無いからです。


病院側とのトラブルにより訴訟に発展するケースが日本全国で起こっています。


年俸制を採用している医療機関の中には年俸制を導入することの意味を履き違えている
ところが少なくありませんので、転職するさいには十分注意する必要があります。





■休みは次第に取れなくなるケースが多い


例えば入職時に年間休日についての条件について話し合ったとします。


働く側からすれば休みは大いにこしたことはありませんが、一人休めば、その代わりを
誰かが務めなければ業務は回りませんので、休みについては誰もが確認しますよね。


雇用する側は、大抵「アルバイトの非常勤医師に入ってもらう」と答えます。


最初のうちは面談の場で話し合ったとおり休むことができます。


しかし、次第に日曜日は交代で出勤となり、夏休みも思いっきり削られることとなり、
年末年始は休みのはずが、元旦も出勤することになるケースが少なくありません。





■何でも「年俸制の契約」で押し通そうとする


休めるときは外部の先生が来てくれるときだけ、契約時間外で働くことが多くなるわけ
ですが、こうした働きに対する手当や報酬は一切支給されません。


病院側は「年俸制の契約」だからという理由で押し通そうとします。


本来であれば「 年俸制 」であろうがなかろうが、契約時間外の報酬は支払わなければ
なりませんが、支払う気は一切ないのは、その態度をみれば明らかです。


いずれにせよ「 不誠実 」としかいいようがありません。この点は要注意です!!



 カテゴリ
 タグ

高額年収でも医師が集まらない理由とは?




■住民と対立する構造はこうしてできた


少子高齢化が進みすぎた地方にある病院では、医師不足があまりにも深刻な状況にある
ため、小児科の看板を下げるところもあり、こうした動きが広がっています。


そうなると安定した医療を求めて地元住民らが署名活動を行ないます。


メディアでは一方的に病院側が悪いような報道をこれまで行ってきました。


こうしたメディアの報道によって「 地域住民のために医師が働くのは当然だろう! 」
という間違った考えを植え付けてしまい、余計に医師の先生を遠ざけてしまいました。


困ったことに誰も問題の本質を捉えていないので、何も改善されません。


ただ、ひたすら状況が「 悪化 」しています。


それをメディアがまた面白おかしく報道するので、状況は悪くなる一方です。





■高額年俸を提示しても人が集まらない状況に!


そこで急いで医師を確保するために、高い給与を餌に募集をかけるのですが、それでも
来ません。そこで働きたいと思えるような環境ではないので当然の結果です。


しかし、そうはいっても給与は高い方がいいですよね。


これほどまでに過酷な状況の中で働いているわけですから、その対価を求めるのは当然
の権利です。しかし、とてもじゃないですが対価に見合っていません。





■日本の医師の給与水準は低すぎる?


ちなみに民間病院に勤務する医師の年収は、1500万円前後とされています。


アメリカの医師は3000万円前後なので日本の2倍以上に設定されています。


しかも労働時間は日本の医師の約半分くらいなので極端に差があります。


原因として悪質なデフレの影響も多分にあると思います。


またアメリカのやり方にも問題があります。例えば1980年代に規制緩和をやりすぎ
てしまったので、庶民がまともに医療を受けられなくなっています。


ですので、比較すること自体問題かもしれませんが、それでも日本の医師の「給与」は、
あまりにも対価に見合っていないといわざるえません。



 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます