2014年08月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年08月

2014年08月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医師転職サイトが急増している理由とは? 医療現場は慢性的な医師不足に悩まされてきました。すでに医療崩壊の危機に立たされて います。皮肉なことに医療機関の人材の流動化は、より活発化ししています。 このため、各医療機関では医師をはじめとした医療スタッフの確保に苦しめられています! しかし、求人数が多くても、超多忙を極める医師の転職は、決して簡単ではありません。 そうした中で医師転職サイトが急増してい...

記事を読む

no-image

その他
■転職のための対策が必要不可欠? ご存じの通り医療現場は医師をはじめとした医療スタッフが慢性的に不足しています。しかし、 だからといって、医師の転職が他と比べて簡単というわけではありません!。 転職をスムーズに行うためには、越えなければならないハードルが今でも沢山あります。限ら れた時間の中でスムーズに転職するためにも、しっかりと対策を練って行う必要があります。 勢い余って飛び出してみたはいいけれ...

記事を読む

no-image

その他
■在宅医療の需要が拡大する理由 ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。 ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が 高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。 基本的に在宅医師は、病院に勤務する...

記事を読む

no-image

その他
■産業医への転職に関する悩みとは? これまで臨床医として医療機関に勤務されてきた方が産業医へ転職するにあたって、悩み所 となるのが、臨床医として培った経験を全く生かせないのではないかという思いです。 産業医の役割は、あくまでも会社で働く従業員の健康管理です。臨床医のように患者さんの 治療を行うことは皆無なので、そのように思われても仕方がありません。 志望動機が明確にならないので余計に悩まれるようで...

記事を読む

no-image

その他
■常に医師の存在が求められている! これまで培った医師としてのキャリアとテクニカルスキルに自身があれば、 転職に対して特別 不安を感じる必要はありません。求人サイトの求人情報から希望の転職先が見つかります。 中でも小児科や内科、外科は、どこも深刻な医師不足に苦しめられています。はっきりいえば、 どの科も医師が十分に足りている状態にありません。病院以外の医療機関も同様です。 そして、医療業界も急速に...

記事を読む

no-image

その他
■産業医は本当に不足しているのか? 産業医が不足していると耳にすることが多いです。このため安易に産業医に転職を試みる方も 実際に少なくありません。中には転職しやすい環境が整っていると勘違いされています。 産業医は、今現在約8万人います。ちなみにこの数字は、医師全体の約4分の1にあたります。 8万人もの方が産業医の資格を有していることを考えると、決して少ないとはいえません。 産業医として働いている方の...

記事を読む

no-image

その他
■産業医になるには? 産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。 しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。 (1)日本医師会認定産業医 (2)産業医科大学の基本講座...

記事を読む

no-image

その他
■産業医の転職について 今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、 具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。 このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然 と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。 産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生...

記事を読む

no-image

その他
■産業医が増えない理由とは? 産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人 は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか? 病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、 あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。 場合によっては企業への訪問が延期することもあります...

記事を読む

no-image

その他
■産業医として働くには? 産業医として働くには、日本医師会認定産業医から認定されている産業医学基礎研修を受講 しなければなりません。研修を受講することによって、産業医として認定されます。 受講すれば終わりというわけではなく、5年おきに資格を更新するために産業医学生涯研修 を受講しなければなりません。そして、20単位取得することが義務付けられています。 産業医の研修会の申し込み等は、日本医師会や各都道...

記事を読む

医師転職サイトの裏事情について!




■医師転職サイトが急増している理由とは?


医療現場は慢性的な医師不足に悩まされてきました。すでに医療崩壊の危機に立たされて
います。皮肉なことに医療機関の人材の流動化は、より活発化ししています。


このため、各医療機関では医師をはじめとした医療スタッフの確保に苦しめられています!
しかし、求人数が多くても、超多忙を極める医師の転職は、決して簡単ではありません。


そうした中で医師転職サイトが急増しています。こうした背景には、一般の職種を取り扱って
いた人材紹介会社が医療機関への転職サービスに着目したことが要因としてあげられます。





■医師転職支援業界は今後も拡大し続ける?


リクルートなどの大手求人誌の多くはネットでのサービス提供にシフトしています。医師転職
支援サービスにも乗り出しています。同じように人材紹介会社が同業界に参入しています。


医師転職支援業界の裏側について簡単にお話させていただきますと、同市場は右肩上がりで
拡大しています。特にここ1~2年の動きは凄まじく、今後さらに拡大するとされてます。


この流れに乗り遅れまいと、求人、人材紹介関連のサービスを提供する企業がグループ企業
を立ち上げたり、企業内で医療機関向けのサービスを取り扱う部署を新たに設けています。





■今後さらに働きやすい環境が来る?


医療系転職支援サービスを提供している企業が増えている理由は他にもありまして、例えば、
医師や看護師などを紹介するマージンが他の人材派遣よりも高額なんです。


また、取り扱える医療機関の数が多いことや、医療機関側も良い人材の確保に苦しめられて
いて、新しい医師が配置されても辞める医師も多いので、人材難に苦しんでます。


医師をはじめ、医療現場の労働条件が余りにも 過酷すぎるため、これまで通り医局人事だけ
に頼るのではなく、民間の転職支援企業の力を借りざるえない状況に追い込まれています。


今後さらに医療転職支援企業が力を持つことになれば、働きやすい環境が整備される方向へ
否が応でも動くだろうと予想する声もあるので、医師転職サイトの役割は非常に重要です。




 カテゴリ

医師転職サイトを利用するメリットとは?




■転職のための対策が必要不可欠?


ご存じの通り医療現場は医師をはじめとした医療スタッフが慢性的に不足しています。しかし、
だからといって、医師の転職が他と比べて簡単というわけではありません!。


転職をスムーズに行うためには、越えなければならないハードルが今でも沢山あります。限ら
れた時間の中でスムーズに転職するためにも、しっかりと対策を練って行う必要があります。


勢い余って飛び出してみたはいいけれど、希望する条件で仕事を探すのが思いのほか難しく、
中々決まらないため、最初の条件から大きく妥協せざる状況へと追い込まれてしまいます。


結果的には自分自身を苦しめることになってしまうわけです。





■最短距離で希望の求人先へ転職するには?

医師の皆様は日々の激務をこなすので精一杯という方が圧倒的に多いことから、現状を改善
したくても、忙しすぎて中々手が回らず、転職を考えてはみても、行動にはいたりません。


そうした状況にありながら、仮に自ら転職活動を行おうとしても、まず、どうやって希望する条件
で医療機関を見つければよいのか分かりませんので、求人探しで大きくつまづきます。


また、転職に関するリスクはゼロではありませんので、心配事はつきません。ですので、医師
転職サイトを利用して最短距離で自分の希望する求人先に転職する動きが加速してます。





■自分で転職活動するのはリスクが大きい!


しかし、残念ながら医師専門の転職支援市場が急拡大しているからといって、医師の転職が、
簡単になったというわけではありません。上述した以外にも色々な障害を抱えています。


医師の仕事は人の生命を預かる大変な仕事です。数ある職種の中でも重要度が高いことから、
医師が抱える責任は尋常ではありません。他の職種のように簡単に辞めることができません。


しかし、医師の皆様が転職しやすいようにサポートするのが、医師転職サイトの仕事です。担当
の転職コンサルタントと二人三脚で質が高くて妥協知らずの転職活動を行うことができます。




 カテゴリ

在宅医師として働くリスクについて



■在宅医療の需要が拡大する理由


ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら
しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。


ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が
高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。


基本的に在宅医師は、病院に勤務する医師よりも患者さんと直接触れ合う機会が多いですし、
自ら一定のエリア内のお宅を訪問することで、地域に根差した活動を行うことになります。





■在宅医療を利用する患者の大半は!


ここ数年ご自宅で治療を受けることを望む患者さんが増えています。ちなみに在宅治療を受け
られる患者さんの大半は高齢者の方です。通院すること自体困難な方も少なくありません。


病院の行き返りは、ご家族に付き添ってもらうにしても、病院の中で何時間も待たされるのは、
さすがに体にこたえます。特に寒さ暑さが厳しいときは高齢の患者さんにとって厳しいです。


また、入院に関してですが、病院側の事情で入院できないケースもありますし、人生の最後を
病院ではなく、慣れ親しんだ自宅で迎えたいと考えてから入院を拒否されるケースも多いです。





■在宅医師が直面する現実


在宅医療を利用される全ての患者さんが重度の病気を患っていたり、すでに危篤状態にある
わけではありません。通常生活を送れる方もいますので、対応の仕方も当然異なります。


それだけに病院勤務にはない難しさがあります。患者さんと触れ合うだけでなく、 そのご家族
とも色々なことで向き合わなければなりません。難しい相談を受けることも多いです。


在宅医師は地域全体に頼りされていますので、やりがいのある仕事です。しかし、それ以上
に責任の大きさから、全てを重荷に感じてしまう在宅医師も少なくありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医の役割を理解する!従業員の心と体の健康管理




■産業医への転職に関する悩みとは?


これまで臨床医として医療機関に勤務されてきた方が産業医へ転職するにあたって、悩み所
となるのが、臨床医として培った経験を全く生かせないのではないかという思いです。


産業医の役割は、あくまでも会社で働く従業員の健康管理です。臨床医のように患者さんの
治療を行うことは皆無なので、そのように思われても仕方がありません。


志望動機が明確にならないので余計に悩まれるようです。だからといって求人先企業の採用
担当者を前にして志望動機を、「休みが多いから」とは、口が裂けてもいえません。





■求められる産業医の人物像とは?


企業活動を円滑に行うためにも、従業員が常に健康状態で働ける環境を整えなければなりま
せん。これは企業側の義務です。その重要な役割を産業医が先頭にたって果たすわけです。


企業の採用担当者の多くが確実に業務を行ってくれる医師を求めています。労働環境を良い
ものにするために提案するのも産業医の仕事ですが、主張が強すぎるのも問題です。


産業医は、あくまで健康管理するシステムの中の一部であって、システムそのものではあり
ません。余りにも医師として自己主張が強すぎるのも余計な問題を起こしてしまいます。





■転職に関する不安が生じたら?


臨床医の仕事は、協調性がなにより大切ですが、産業医の場合は、また違った協調性が求め
られます。利益を追求する一般企業働くわけですから、医療機関とは大きく異なります。


組織の仕組みに関しても違和感を感じることも少なくないかもしれません。このため研修会
を受けて産業医の資格を取得しても、一般企業で働くことに対する不安に悩まされます。


転職活動することなく、産業医になることを諦めるかたが少なくありません。そうならない
ためにも、確かな情報を持つ転職サイトを利用されることを強くおススメします。


転職コンサルタントからしっかり説明を受け、産業医の役割を理解したうえで、貴方のこれ
までのキャリアを客観的に評価してもらい、適切な求人情報を紹介してもらうのが得策です。




 カテゴリ
 タグ

医師としての評価気になりませんか?




■常に医師の存在が求められている!


これまで培った医師としてのキャリアとテクニカルスキルに自身があれば、 転職に対して特別
不安を感じる必要はありません。求人サイトの求人情報から希望の転職先が見つかります。


中でも小児科や内科、外科は、どこも深刻な医師不足に苦しめられています。はっきりいえば、
どの科も医師が十分に足りている状態にありません。病院以外の医療機関も同様です。


そして、医療業界も急速に欧米化が進んでいますので、システムをさらに効率化させるために、
今後新しい職種が沢山誕生することも予想されているので、医師は常に求められています!





■医師転職サイトで評価してもらう!


しかしながら求人が沢山あっても働ける場所は一つしか選べません。常勤医師として働くので
あれば、複数の病院を掛け持ちするわけにはいきませんので、絞り込みが必要になります


そのために医師として客観的評価を知る必要があり、その目安となるのが、適正な収入を判断
してもらうことです。そこでおススメしたいのが医師転職サイトで評価してもらうことです。


担当の転職コンサルタントが貴方のこれまでのキャリアから、どれくらいの年収が適正であり、
これまで培った医師としての経験を遺憾なく発揮できる求人情報を徹底的に探してくれます。





■自分の希望をトコトン追求しましょう!


さらに医師としてキャリアアップや年収アップを目指すのも良いですし、家庭がある方は家族
との時間が取れるように、自分の都合にあわせて働きやすい職場を探すのも良いでしょう。


自分で転職活動の全てをやろうと思ったら恐らく転職できないまま時間ばかり過ぎていくこと
でしょう。それくらい医師の仕事はハードですし、時間的余裕もありません。


医師転職サイトを利用すれば、面倒な手続きは全て担当の転職コンサルタントが代行してくれ
ますので、普段通り働きながら、転職活動を進められるのが最大の魅力です!。




 カテゴリ
 タグ

産業医のアルバイト事情について!時給は高いのか?




■産業医は本当に不足しているのか?


産業医が不足していると耳にすることが多いです。このため安易に産業医に転職を試みる方も
実際に少なくありません。中には転職しやすい環境が整っていると勘違いされています。


産業医は、今現在約8万人います。ちなみにこの数字は、医師全体の約4分の1にあたります。
8万人もの方が産業医の資格を有していることを考えると、決して少ないとはいえません。


産業医として働いている方の多くが医療機関にて臨床医や開業医として働く合間を縫って企業
に非常勤の産業医として訪問するケースが圧倒的に多く、かなり難しい状況にあります。





■産業医の確保が難しい理由とは?


産業医の顔を持ちながら臨床医として働いているため、本業である臨床医の仕事を最優先させな
ければなりませんので、企業側の要望に合わせて酸御意として働くことが非常に困難です。


急に忙しくなったり、自身が担当している患者の容態が急に悪化すると、そちらを優先すること
になってしまうので、企業へ訪問することができなくなります。従ってキャンセルとなります。


産業医の数は、十分足りていても、こういったことが産業医不足の大きな問題となっています。
ですので、常勤産業医の確保に力を入れている企業が年々増えています。





■産業医の勤務条件は年々改善されている?


しかし、常勤ともなれば雇用する側も慎重にならざるえません。このため、 常勤可能な産業医
の確保をのんびり行いながら、不足分はアルバイト産業医で補おうとする企業も増えてます。


しかも、できるだけ産業医に訪問してもらうため、勤務条件などもここ数年でかなり改善されて
います。決して悪くありません。例えば時給にしても、2万円程度支給するところもあります。


産業医の仕事の中身についてですが、従業員の健康管理が基本ですで。ですのでメタボ検診
や、それにともなう生活習慣病の改善指導などが出来る医師が求められています。


また、最近では社会不安が広がっているため、メンタルヘルスに関する需要も高まっています。
病院の精神科で勤務されている医師の皆様の活躍の場がさらに増えることになりそうです。





 カテゴリ
 タグ
None

産業医が増えない理由とは?なぜ低く見られるのか?




■産業医になるには?


産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは
ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。


しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した
いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。


(1)日本医師会認定産業医

(2)産業医科大学の基本講座終了者

(3)労働衛生コンサルタント






■条件は病院勤務よりも良い!


上述した資格を有することによって、晴れて産業医として働くことが認められます。産業医
として働く経験は比較的高く評価されますので、しっかり経験を積めば転職に有利です。


しかし現実問題として長期間に渡って産業医として働く人は多くありません。せっかく大変
な思いをして産業医になったにもかかわらず、すぐに他の職種へと転職してしまいます。


ちなみに産業医の平均年収は1,100万円程度なので、病院勤務と比較して低くありませんし、
土日祝日はお休みなので、労働条件に関しては、はるかに医療機関よりも良いです。





■なぜ産業医になることを諦めるのか?


産業医として働くことを希望される方は決して少なくありません。しかし、多くの方が不安
をかかえています。一企業の働く場合、倒産とリストラに関するリスクがあります。


これらの問題は病院にもありますが、病院勤務の経験は違う病院で生かすことができます。
しかし、産業医の場合、産業医としての経験は高く評価されるといっても限られています。


そして、医師としてのやりがいを感じられなかった場合を想定される方も少なくありません。
残念ながらこうした不安を抱えてまで産業医になろうとは皆さん考えないようです。




 カテゴリ
 タグ

産業医の病棟勤務にはない難しさについて




■産業医の転職について


今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、
具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。


このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然
と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。


産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生徒の中で実際に産業医として働く人
は二割に届かないのが現状です。逆にいえば、なり手が少ない分チャンスがあります!。





■病院勤務にはない難しさ


産業医は、簡単にいうと企業で働く医師のことです。しかし、病院のように医療行為を行う
ことはほとんどありません。このため一般的な医師のイメージとはかけ離れています。


医療行為を行うのではなく、従業員の健康管理が主な仕事であるため、残念ながら産業医の
仕事を見下す方が少なくないのが現状です。しかし、いうまでもなく非常に重要な仕事です。


従業員が多いほど、細かいルールを作成して管理しようとします。このため気がつけば非常
に働きにくい職場環境となってしまい、突発的な病気や怪我が増えることになります。





■職場環境の改善も大事な仕事


産業医を配置することによって、従業員の健康を管理するだけでなく、働きやすい職場環境
を作りあげるために、会社内の業務をチェックしながら問題点を拾い上げています。


職場環境が改善されることによって、従業員の業務に対する効率も高まりますので、こうし
た点からも、産業医の存在価値は非常に高く、企業価値を高めるうえで欠かせません。


産業医は、大手企業の医務室で働くイメージが強いですが、本来であれば従業員が50名以上
いる会社は産業医を配置する必要があるので、必ずしも大企業だけではありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医は恵まれている?気になる裏事情とは?




■産業医が増えない理由とは?


産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人
は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか?


病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、
あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。


場合によっては企業への訪問が延期することもあります。そして、常勤として働く医療機関
が変わることによって、同じ企業で働くことが困難になるケースもあります。





■勤務条件は年々改善されています!


これでは長期間に渡って従業員の健康管理を行うことは困難ですので、産業医として長期間
に渡って勤務すること自体が困難であるため、産業医不足が慢性化しているわけです


従来の産業医の求人の多くが非常勤が中心でした。しかし、非常勤では長期間に渡って人材
を確保することが困難であることから、最近では常勤で働ける産業医を募集しています。


また、求人条件は決して悪くありません。完全土日・祝日が休めて年収は1,000~1,200万円
程度を提示していますし、また週3~4日程度出勤すればOKのところもあります。





■産業医の内定率は良くない


上述した理由から、産業医として長期間にわたって勤務すること自体が困難であったため、
実際に産業医として働いている医師の多くが常勤勤務が困難な方ばかりでした。


例えば育児中の方や、年齢・体力的な問題によって臨床医の現場を去った方が産業医として
勤務するケースが少なくありませんでしたが、近年では環境が大きく変わりつつあります。


しかし、だからといって採用されやすいわけでもありません。企業側が求める産業医の条件
は決して低くないので、医療機関への転職と比べると、内定率は圧倒的に良くありません。





 カテゴリ
 タグ

産業医の需要は本当にあるのか?




■産業医として働くには?


産業医として働くには、日本医師会認定産業医から認定されている産業医学基礎研修を受講
しなければなりません。研修を受講することによって、産業医として認定されます。


受講すれば終わりというわけではなく、5年おきに資格を更新するために産業医学生涯研修
を受講しなければなりません。そして、20単位取得することが義務付けられています。


産業医の研修会の申し込み等は、日本医師会や各都道府県医師会のホームページ、もしくは、
会報誌などから調べることができます。産業医を目指すのであれば必ず確認してください。





■産業医の需要は多い?


本来であれば、50人以上の従業員(アルバイト・パート含む)を雇用している会社は、
従業員の健康管理が義務付けられているので、産業医を専任しなければなりません。


産業医を変更する場合も、速やかに報告することが義務付けられてます。日本国内には
50人以上の企業は膨大にありますので、産業医の需要は非常に多いと考えられます。


従業員1000人以上の規模になると会社の中に医務室を設けているところも少なくありま
さん。従業員の数が多いので、業務としての健康管理は決して簡単ではありません。





■産業医の求人は転職サイトへ!


これまで病院勤務の臨床医から産業医として転職するのは決して容易ではありませんでした。
一個人がどんなに頑張っても、求人情報を入手することからして困難でした。


企業が産業医を募集する場合、これまで各都道府県、あるいはそれぞれの市区町村の医師会
を通して紹介をしてもらうケースが大半であるため、求人そのものが多くありませんでした。


紹介された産業医に対して仮に不満があった場合、解任・変更したいと思っても、紹介して
くれた医師会のことを考えた場合、難し面が亜多いので、転職サイトが一般化したことで、
求人先と求職者のマッチングが容易になりました。この点が大きなメリットです。




 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます