2014年08月の記事一覧


月別アーカイブ:2014年08月

2014年08月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。
no-image

その他
■医師転職サイトが急増している理由とは? 医療現場は慢性的な医師不足に悩まされてきました。すでに医療崩壊の危機に立たされて います。皮肉なことに医療機関の人材の流動化は、より活発化ししています。 このため、各医療機関では医師をはじめとした医療スタッフの確保に苦しめられています! しかし、求人数が多くても、超多忙を極める医師の転職は、決して簡単ではありません。 そうした中で医師転職サイトが急増してい...

記事を読む

no-image

その他
■転職のための対策が必要不可欠? ご存じの通り医療現場は医師をはじめとした医療スタッフが慢性的に不足しています。しかし、 だからといって、医師の転職が他と比べて簡単というわけではありません!。 転職をスムーズに行うためには、越えなければならないハードルが今でも沢山あります。限ら れた時間の中でスムーズに転職するためにも、しっかりと対策を練って行う必要があります。 勢い余って飛び出してみたはいいけれ...

記事を読む

no-image

その他
■在宅医療の需要が拡大する理由 ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。 ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が 高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。 基本的に在宅医師は、病院に勤務する...

記事を読む

no-image

その他
■産業医への転職に関する悩みとは? これまで臨床医として医療機関に勤務されてきた方が産業医へ転職するにあたって、悩み所 となるのが、臨床医として培った経験を全く生かせないのではないかという思いです。 産業医の役割は、あくまでも会社で働く従業員の健康管理です。臨床医のように患者さんの 治療を行うことは皆無なので、そのように思われても仕方がありません。 志望動機が明確にならないので余計に悩まれるようで...

記事を読む

no-image

その他
■常に医師の存在が求められている! これまで培った医師としてのキャリアとテクニカルスキルに自身があれば、 転職に対して特別 不安を感じる必要はありません。求人サイトの求人情報から希望の転職先が見つかります。 中でも小児科や内科、外科は、どこも深刻な医師不足に苦しめられています。はっきりいえば、 どの科も医師が十分に足りている状態にありません。病院以外の医療機関も同様です。 そして、医療業界も急速に...

記事を読む

no-image

その他
■産業医は本当に不足しているのか? 産業医が不足していると耳にすることが多いです。このため安易に産業医に転職を試みる方も 実際に少なくありません。中には転職しやすい環境が整っていると勘違いされています。 産業医は、今現在約8万人います。ちなみにこの数字は、医師全体の約4分の1にあたります。 8万人もの方が産業医の資格を有していることを考えると、決して少ないとはいえません。 産業医として働いている方の...

記事を読む

no-image

その他
■産業医になるには? 産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。 しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。 (1)日本医師会認定産業医 (2)産業医科大学の基本講座...

記事を読む

no-image

その他
■産業医の転職について 今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、 具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。 このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然 と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。 産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生...

記事を読む

no-image

その他
■産業医が増えない理由とは? 産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人 は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか? 病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、 あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。 場合によっては企業への訪問が延期することもあります...

記事を読む

no-image

その他
■産業医として働くには? 産業医として働くには、日本医師会認定産業医から認定されている産業医学基礎研修を受講 しなければなりません。研修を受講することによって、産業医として認定されます。 受講すれば終わりというわけではなく、5年おきに資格を更新するために産業医学生涯研修 を受講しなければなりません。そして、20単位取得することが義務付けられています。 産業医の研修会の申し込み等は、日本医師会や各都道...

記事を読む

no-image

その他
■常勤産業医として働く最大のメリットとは? 臨床医として働いている医師の中には、余りにも仕事が多忙であるため家族と過ごす時間が 少なすぎることを嘆いている方が少なくありません。家庭の悩みは仕事に大きく影響します。 このため人によっては転職を検討せざるえない状況にあります。こういった悩みを持つ医師 の方々におススメしたいのが、産業医として大手企業で勤務することです。 産業医の仕事は従業員の健康管理が...

記事を読む

no-image

その他
■転職で失敗は許されない? 医師免許取得するために膨大な費用がかかり、 一人前の医師になるまでには「失敗・挫折」 を繰り返して医療スキルを高めていかなければならないので、相当の痛みが伴います。 中途半端な意識では医師の仕事は務まりません。そこまで大変な思いをしたからこそ、一度 転職に失敗しただけで自ら奈落の底に突き落としてしまう方もいます。 思い描いたキャリアを築き上げることが事実上困難となり、こ...

記事を読む

no-image

その他
■過酷すぎる医師の仕事 医師として働く皆さんは、 人の命に携わるのが仕事ですから、判断ミスによって患者さんの 容態が大変な自体に陥いる可能性もあります。その責任の重さは本人にしか分かりません。 実際にそうしたプレッシャーに耐えれないため、医師として働くことができなくなり、その まま辞めてしまうケースも少なくありません。特に近年そうしたケースが増えています! これは医療現場が年々厳しい状況に追い込まれ...

記事を読む

no-image

その他
■小規模経営の病院で働く場合の問題点 小規模経営のクリニックで5~6人程度の複数人体制を取りながら在宅医師として働くケース が多いのですが、開業医として病院を経営しながら在宅医師として働いている方もいます。 在宅医師を育成する専門機関が少ないうえに、在宅医師を目指す方も少ないので、最初から 複数人体制を取ることができません。このため24時間心が休まるときがありません。 なぜなら自分が経営する病院に通院...

記事を読む

no-image

その他
■きれいごとでは務まらない 在宅医師として働いている方の多くが、地域医療に対して多大な貢献をしています。 自治体が 在宅医療に対して力をいれていない所では、損な役回りに苦しめられている方も多いです。 在宅医療を利用される患者さんの多くが高齢者ではありますが、 高齢者以外にも自分で病院 に通うことが困難な方が沢山います。こうした人達に手を差し伸べるのが在宅医療の仕事です。 在宅医師はキレイごとでは務ま...

記事を読む

no-image

その他
■医師になるまでの費用が莫大! 今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを 知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。 医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは 比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。 勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけ...

記事を読む

no-image

その他
■在宅医師の仕事とは? 在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も 患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。 高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。 例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で...

記事を読む

no-image

その他
■医師の多くは対価を得ていない? 医師は高収入を得ているイメージが強いですが、医療現場で実際に働いている医師の皆様 からすれば到底認めることはできないでしょう。それくらい医師の仕事は過酷です! 医師は人の命を預かるわけですから、医療スキルがいくら高くても、強靭な精神がなければ 患者さんを救うことはできません。それくらいハードなわけですから対価を求めて当然です。 米国の病院勤務の医師は実績とスキルに...

記事を読む

no-image

その他
■メディカルドクターの求人市場について 日本の「医薬品業界」は、長期的な円安傾向が続いていることもあって、よくも悪く も外資の力が依然として強く、その勢力を着実に拡大しています。 そうした状況の中で外資系の製薬会社は、新薬の研究・開発において臨床経験が豊富 な医師を「メディカルドクター」として積極的に採用しています。 外資系の製薬会社の多くが事業をグローバルに展開しているため、新薬の研究・開発 に...

記事を読む

no-image

その他
■他の現場を知ることも大きなメリットスポット医師としてブランクを埋める働き方以外にも色々なメリットがあります。まず、 他の医療機関で働くことによって、スキルアップや新しい人脈を構築することも十分可能です。近い将来転職を考えている方は、他の医療現場を知ることによって、転職に対する意識が明確になりますので、見切り発車で行き当たりばったりの転職活動を避けることができます。より良い環境と働けると思ったら、 ...

記事を読む

no-image

その他
■メディカルドクターの役割とは?ご存知のとおり医師の仕事は医療機関だけではありません。働き方も多様化し、活躍できる場が着実に増えています。中でも有望視されているのが、製薬会社に勤務するメディカルドクター(MD)です。製薬会社では新薬の開発・研究に莫大な資金を投入しています。どんなに凄い効果が得られても、副作用が強すぎるようでは薬として認められません。このためメディカルドクターは、「 医学知識 」や「 臨...

記事を読む

医師転職サイトの裏事情について!




■医師転職サイトが急増している理由とは?


医療現場は慢性的な医師不足に悩まされてきました。すでに医療崩壊の危機に立たされて
います。皮肉なことに医療機関の人材の流動化は、より活発化ししています。


このため、各医療機関では医師をはじめとした医療スタッフの確保に苦しめられています!
しかし、求人数が多くても、超多忙を極める医師の転職は、決して簡単ではありません。


そうした中で医師転職サイトが急増しています。こうした背景には、一般の職種を取り扱って
いた人材紹介会社が医療機関への転職サービスに着目したことが要因としてあげられます。





■医師転職支援業界は今後も拡大し続ける?


リクルートなどの大手求人誌の多くはネットでのサービス提供にシフトしています。医師転職
支援サービスにも乗り出しています。同じように人材紹介会社が同業界に参入しています。


医師転職支援業界の裏側について簡単にお話させていただきますと、同市場は右肩上がりで
拡大しています。特にここ1~2年の動きは凄まじく、今後さらに拡大するとされてます。


この流れに乗り遅れまいと、求人、人材紹介関連のサービスを提供する企業がグループ企業
を立ち上げたり、企業内で医療機関向けのサービスを取り扱う部署を新たに設けています。





■今後さらに働きやすい環境が来る?


医療系転職支援サービスを提供している企業が増えている理由は他にもありまして、例えば、
医師や看護師などを紹介するマージンが他の人材派遣よりも高額なんです。


また、取り扱える医療機関の数が多いことや、医療機関側も良い人材の確保に苦しめられて
いて、新しい医師が配置されても辞める医師も多いので、人材難に苦しんでます。


医師をはじめ、医療現場の労働条件が余りにも 過酷すぎるため、これまで通り医局人事だけ
に頼るのではなく、民間の転職支援企業の力を借りざるえない状況に追い込まれています。


今後さらに医療転職支援企業が力を持つことになれば、働きやすい環境が整備される方向へ
否が応でも動くだろうと予想する声もあるので、医師転職サイトの役割は非常に重要です。




 カテゴリ

医師転職サイトを利用するメリットとは?




■転職のための対策が必要不可欠?


ご存じの通り医療現場は医師をはじめとした医療スタッフが慢性的に不足しています。しかし、
だからといって、医師の転職が他と比べて簡単というわけではありません!。


転職をスムーズに行うためには、越えなければならないハードルが今でも沢山あります。限ら
れた時間の中でスムーズに転職するためにも、しっかりと対策を練って行う必要があります。


勢い余って飛び出してみたはいいけれど、希望する条件で仕事を探すのが思いのほか難しく、
中々決まらないため、最初の条件から大きく妥協せざる状況へと追い込まれてしまいます。


結果的には自分自身を苦しめることになってしまうわけです。





■最短距離で希望の求人先へ転職するには?

医師の皆様は日々の激務をこなすので精一杯という方が圧倒的に多いことから、現状を改善
したくても、忙しすぎて中々手が回らず、転職を考えてはみても、行動にはいたりません。


そうした状況にありながら、仮に自ら転職活動を行おうとしても、まず、どうやって希望する条件
で医療機関を見つければよいのか分かりませんので、求人探しで大きくつまづきます。


また、転職に関するリスクはゼロではありませんので、心配事はつきません。ですので、医師
転職サイトを利用して最短距離で自分の希望する求人先に転職する動きが加速してます。





■自分で転職活動するのはリスクが大きい!


しかし、残念ながら医師専門の転職支援市場が急拡大しているからといって、医師の転職が、
簡単になったというわけではありません。上述した以外にも色々な障害を抱えています。


医師の仕事は人の生命を預かる大変な仕事です。数ある職種の中でも重要度が高いことから、
医師が抱える責任は尋常ではありません。他の職種のように簡単に辞めることができません。


しかし、医師の皆様が転職しやすいようにサポートするのが、医師転職サイトの仕事です。担当
の転職コンサルタントと二人三脚で質が高くて妥協知らずの転職活動を行うことができます。




 カテゴリ

在宅医師として働くリスクについて



■在宅医療の需要が拡大する理由


ご存じのとおり、医師として働く場所は何も病院だけではありません。皮肉なことに我々の暮ら
しが豊かで便利になるにつれて命の危険にさらされる可能性が高まっています。


ですので、医師の需要はいたるところで確実に増えています。そうした中で在宅医師の需要が
高まってます。在宅医師の仕事は文字通り患者さんの自宅に直接訪問して診察することです。


基本的に在宅医師は、病院に勤務する医師よりも患者さんと直接触れ合う機会が多いですし、
自ら一定のエリア内のお宅を訪問することで、地域に根差した活動を行うことになります。





■在宅医療を利用する患者の大半は!


ここ数年ご自宅で治療を受けることを望む患者さんが増えています。ちなみに在宅治療を受け
られる患者さんの大半は高齢者の方です。通院すること自体困難な方も少なくありません。


病院の行き返りは、ご家族に付き添ってもらうにしても、病院の中で何時間も待たされるのは、
さすがに体にこたえます。特に寒さ暑さが厳しいときは高齢の患者さんにとって厳しいです。


また、入院に関してですが、病院側の事情で入院できないケースもありますし、人生の最後を
病院ではなく、慣れ親しんだ自宅で迎えたいと考えてから入院を拒否されるケースも多いです。





■在宅医師が直面する現実


在宅医療を利用される全ての患者さんが重度の病気を患っていたり、すでに危篤状態にある
わけではありません。通常生活を送れる方もいますので、対応の仕方も当然異なります。


それだけに病院勤務にはない難しさがあります。患者さんと触れ合うだけでなく、 そのご家族
とも色々なことで向き合わなければなりません。難しい相談を受けることも多いです。


在宅医師は地域全体に頼りされていますので、やりがいのある仕事です。しかし、それ以上
に責任の大きさから、全てを重荷に感じてしまう在宅医師も少なくありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医の役割を理解する!従業員の心と体の健康管理




■産業医への転職に関する悩みとは?


これまで臨床医として医療機関に勤務されてきた方が産業医へ転職するにあたって、悩み所
となるのが、臨床医として培った経験を全く生かせないのではないかという思いです。


産業医の役割は、あくまでも会社で働く従業員の健康管理です。臨床医のように患者さんの
治療を行うことは皆無なので、そのように思われても仕方がありません。


志望動機が明確にならないので余計に悩まれるようです。だからといって求人先企業の採用
担当者を前にして志望動機を、「休みが多いから」とは、口が裂けてもいえません。





■求められる産業医の人物像とは?


企業活動を円滑に行うためにも、従業員が常に健康状態で働ける環境を整えなければなりま
せん。これは企業側の義務です。その重要な役割を産業医が先頭にたって果たすわけです。


企業の採用担当者の多くが確実に業務を行ってくれる医師を求めています。労働環境を良い
ものにするために提案するのも産業医の仕事ですが、主張が強すぎるのも問題です。


産業医は、あくまで健康管理するシステムの中の一部であって、システムそのものではあり
ません。余りにも医師として自己主張が強すぎるのも余計な問題を起こしてしまいます。





■転職に関する不安が生じたら?


臨床医の仕事は、協調性がなにより大切ですが、産業医の場合は、また違った協調性が求め
られます。利益を追求する一般企業働くわけですから、医療機関とは大きく異なります。


組織の仕組みに関しても違和感を感じることも少なくないかもしれません。このため研修会
を受けて産業医の資格を取得しても、一般企業で働くことに対する不安に悩まされます。


転職活動することなく、産業医になることを諦めるかたが少なくありません。そうならない
ためにも、確かな情報を持つ転職サイトを利用されることを強くおススメします。


転職コンサルタントからしっかり説明を受け、産業医の役割を理解したうえで、貴方のこれ
までのキャリアを客観的に評価してもらい、適切な求人情報を紹介してもらうのが得策です。




 カテゴリ
 タグ

医師としての評価気になりませんか?




■常に医師の存在が求められている!


これまで培った医師としてのキャリアとテクニカルスキルに自身があれば、 転職に対して特別
不安を感じる必要はありません。求人サイトの求人情報から希望の転職先が見つかります。


中でも小児科や内科、外科は、どこも深刻な医師不足に苦しめられています。はっきりいえば、
どの科も医師が十分に足りている状態にありません。病院以外の医療機関も同様です。


そして、医療業界も急速に欧米化が進んでいますので、システムをさらに効率化させるために、
今後新しい職種が沢山誕生することも予想されているので、医師は常に求められています!





■医師転職サイトで評価してもらう!


しかしながら求人が沢山あっても働ける場所は一つしか選べません。常勤医師として働くので
あれば、複数の病院を掛け持ちするわけにはいきませんので、絞り込みが必要になります


そのために医師として客観的評価を知る必要があり、その目安となるのが、適正な収入を判断
してもらうことです。そこでおススメしたいのが医師転職サイトで評価してもらうことです。


担当の転職コンサルタントが貴方のこれまでのキャリアから、どれくらいの年収が適正であり、
これまで培った医師としての経験を遺憾なく発揮できる求人情報を徹底的に探してくれます。





■自分の希望をトコトン追求しましょう!


さらに医師としてキャリアアップや年収アップを目指すのも良いですし、家庭がある方は家族
との時間が取れるように、自分の都合にあわせて働きやすい職場を探すのも良いでしょう。


自分で転職活動の全てをやろうと思ったら恐らく転職できないまま時間ばかり過ぎていくこと
でしょう。それくらい医師の仕事はハードですし、時間的余裕もありません。


医師転職サイトを利用すれば、面倒な手続きは全て担当の転職コンサルタントが代行してくれ
ますので、普段通り働きながら、転職活動を進められるのが最大の魅力です!。




 カテゴリ
 タグ

産業医のアルバイト事情について!時給は高いのか?




■産業医は本当に不足しているのか?


産業医が不足していると耳にすることが多いです。このため安易に産業医に転職を試みる方も
実際に少なくありません。中には転職しやすい環境が整っていると勘違いされています。


産業医は、今現在約8万人います。ちなみにこの数字は、医師全体の約4分の1にあたります。
8万人もの方が産業医の資格を有していることを考えると、決して少ないとはいえません。


産業医として働いている方の多くが医療機関にて臨床医や開業医として働く合間を縫って企業
に非常勤の産業医として訪問するケースが圧倒的に多く、かなり難しい状況にあります。





■産業医の確保が難しい理由とは?


産業医の顔を持ちながら臨床医として働いているため、本業である臨床医の仕事を最優先させな
ければなりませんので、企業側の要望に合わせて酸御意として働くことが非常に困難です。


急に忙しくなったり、自身が担当している患者の容態が急に悪化すると、そちらを優先すること
になってしまうので、企業へ訪問することができなくなります。従ってキャンセルとなります。


産業医の数は、十分足りていても、こういったことが産業医不足の大きな問題となっています。
ですので、常勤産業医の確保に力を入れている企業が年々増えています。





■産業医の勤務条件は年々改善されている?


しかし、常勤ともなれば雇用する側も慎重にならざるえません。このため、 常勤可能な産業医
の確保をのんびり行いながら、不足分はアルバイト産業医で補おうとする企業も増えてます。


しかも、できるだけ産業医に訪問してもらうため、勤務条件などもここ数年でかなり改善されて
います。決して悪くありません。例えば時給にしても、2万円程度支給するところもあります。


産業医の仕事の中身についてですが、従業員の健康管理が基本ですで。ですのでメタボ検診
や、それにともなう生活習慣病の改善指導などが出来る医師が求められています。


また、最近では社会不安が広がっているため、メンタルヘルスに関する需要も高まっています。
病院の精神科で勤務されている医師の皆様の活躍の場がさらに増えることになりそうです。





 カテゴリ
 タグ
None

産業医が増えない理由とは?なぜ低く見られるのか?




■産業医になるには?


産業医は企業の従業員の健康管理を行うのが主な仕事であるため、医療的ケアを行うことは
ほとんどありません。しかし、産業医になる為には医師の資格が当然必要です。


しかも、それだけではありません。1996年に法改正が行われたことにより、以下に記載した
いずれかの資格を取得しなければなりません。しかも難易度は決して低くありません。


(1)日本医師会認定産業医

(2)産業医科大学の基本講座終了者

(3)労働衛生コンサルタント






■条件は病院勤務よりも良い!


上述した資格を有することによって、晴れて産業医として働くことが認められます。産業医
として働く経験は比較的高く評価されますので、しっかり経験を積めば転職に有利です。


しかし現実問題として長期間に渡って産業医として働く人は多くありません。せっかく大変
な思いをして産業医になったにもかかわらず、すぐに他の職種へと転職してしまいます。


ちなみに産業医の平均年収は1,100万円程度なので、病院勤務と比較して低くありませんし、
土日祝日はお休みなので、労働条件に関しては、はるかに医療機関よりも良いです。





■なぜ産業医になることを諦めるのか?


産業医として働くことを希望される方は決して少なくありません。しかし、多くの方が不安
をかかえています。一企業の働く場合、倒産とリストラに関するリスクがあります。


これらの問題は病院にもありますが、病院勤務の経験は違う病院で生かすことができます。
しかし、産業医の場合、産業医としての経験は高く評価されるといっても限られています。


そして、医師としてのやりがいを感じられなかった場合を想定される方も少なくありません。
残念ながらこうした不安を抱えてまで産業医になろうとは皆さん考えないようです。




 カテゴリ
 タグ

産業医の病棟勤務にはない難しさについて




■産業医の転職について


今回は産業医への転職についてです。残念ながら産業医に関する情報は思いの他少ないので、
具体的な産業医の仕事内容について、現役の医師の方でも知らないケースが多いです。


このため、産業医として働くことに対して興味を抱いていても、情報不足であるため、漠然
と不安を持たれてしまい、何もしないで諦めてしまうケースが少なくありません。


産業医になるための学校はあるのですが、残念ながら生徒の中で実際に産業医として働く人
は二割に届かないのが現状です。逆にいえば、なり手が少ない分チャンスがあります!。





■病院勤務にはない難しさ


産業医は、簡単にいうと企業で働く医師のことです。しかし、病院のように医療行為を行う
ことはほとんどありません。このため一般的な医師のイメージとはかけ離れています。


医療行為を行うのではなく、従業員の健康管理が主な仕事であるため、残念ながら産業医の
仕事を見下す方が少なくないのが現状です。しかし、いうまでもなく非常に重要な仕事です。


従業員が多いほど、細かいルールを作成して管理しようとします。このため気がつけば非常
に働きにくい職場環境となってしまい、突発的な病気や怪我が増えることになります。





■職場環境の改善も大事な仕事


産業医を配置することによって、従業員の健康を管理するだけでなく、働きやすい職場環境
を作りあげるために、会社内の業務をチェックしながら問題点を拾い上げています。


職場環境が改善されることによって、従業員の業務に対する効率も高まりますので、こうし
た点からも、産業医の存在価値は非常に高く、企業価値を高めるうえで欠かせません。


産業医は、大手企業の医務室で働くイメージが強いですが、本来であれば従業員が50名以上
いる会社は産業医を配置する必要があるので、必ずしも大企業だけではありません。




 カテゴリ
 タグ

産業医は恵まれている?気になる裏事情とは?




■産業医が増えない理由とは?


産業医は医師の中でも特に人材が不足しています。しかし実際には現役の医師の4人に1人
は産業医の資格を有しています。なぜ産業医として働く医師の数が少ないのでしょうか?


病院に勤務する大半の医師は常勤医として病院で患者の治療を優先的に行います。産業医は、
あくまでも非常勤として勤務し、常勤している医療機関を優先させます。


場合によっては企業への訪問が延期することもあります。そして、常勤として働く医療機関
が変わることによって、同じ企業で働くことが困難になるケースもあります。





■勤務条件は年々改善されています!


これでは長期間に渡って従業員の健康管理を行うことは困難ですので、産業医として長期間
に渡って勤務すること自体が困難であるため、産業医不足が慢性化しているわけです


従来の産業医の求人の多くが非常勤が中心でした。しかし、非常勤では長期間に渡って人材
を確保することが困難であることから、最近では常勤で働ける産業医を募集しています。


また、求人条件は決して悪くありません。完全土日・祝日が休めて年収は1,000~1,200万円
程度を提示していますし、また週3~4日程度出勤すればOKのところもあります。





■産業医の内定率は良くない


上述した理由から、産業医として長期間にわたって勤務すること自体が困難であったため、
実際に産業医として働いている医師の多くが常勤勤務が困難な方ばかりでした。


例えば育児中の方や、年齢・体力的な問題によって臨床医の現場を去った方が産業医として
勤務するケースが少なくありませんでしたが、近年では環境が大きく変わりつつあります。


しかし、だからといって採用されやすいわけでもありません。企業側が求める産業医の条件
は決して低くないので、医療機関への転職と比べると、内定率は圧倒的に良くありません。





 カテゴリ
 タグ

産業医の需要は本当にあるのか?




■産業医として働くには?


産業医として働くには、日本医師会認定産業医から認定されている産業医学基礎研修を受講
しなければなりません。研修を受講することによって、産業医として認定されます。


受講すれば終わりというわけではなく、5年おきに資格を更新するために産業医学生涯研修
を受講しなければなりません。そして、20単位取得することが義務付けられています。


産業医の研修会の申し込み等は、日本医師会や各都道府県医師会のホームページ、もしくは、
会報誌などから調べることができます。産業医を目指すのであれば必ず確認してください。





■産業医の需要は多い?


本来であれば、50人以上の従業員(アルバイト・パート含む)を雇用している会社は、
従業員の健康管理が義務付けられているので、産業医を専任しなければなりません。


産業医を変更する場合も、速やかに報告することが義務付けられてます。日本国内には
50人以上の企業は膨大にありますので、産業医の需要は非常に多いと考えられます。


従業員1000人以上の規模になると会社の中に医務室を設けているところも少なくありま
さん。従業員の数が多いので、業務としての健康管理は決して簡単ではありません。





■産業医の求人は転職サイトへ!


これまで病院勤務の臨床医から産業医として転職するのは決して容易ではありませんでした。
一個人がどんなに頑張っても、求人情報を入手することからして困難でした。


企業が産業医を募集する場合、これまで各都道府県、あるいはそれぞれの市区町村の医師会
を通して紹介をしてもらうケースが大半であるため、求人そのものが多くありませんでした。


紹介された産業医に対して仮に不満があった場合、解任・変更したいと思っても、紹介して
くれた医師会のことを考えた場合、難し面が亜多いので、転職サイトが一般化したことで、
求人先と求職者のマッチングが容易になりました。この点が大きなメリットです。




 カテゴリ
 タグ

求人が少なすぎる常勤産業医として転職する方法




■常勤産業医として働く最大のメリットとは?


臨床医として働いている医師の中には、余りにも仕事が多忙であるため家族と過ごす時間が
少なすぎることを嘆いている方が少なくありません。家庭の悩みは仕事に大きく影響します。


このため人によっては転職を検討せざるえない状況にあります。こういった悩みを持つ医師
の方々におススメしたいのが、産業医として大手企業で勤務することです。


産業医の仕事は従業員の健康管理が中心です。しかし、決して楽な仕事ではありませ。その
かわり労働条件は病院勤務よりも良いので、家族と過ごす時間を無理なく増やせます。





■産業医として働くには?


産業医なら年収1,000万円以上で、週3、4日程度勤務すればOKの求人も少なくありません。
一般企業で働くので土日・祝日も無理なく休むことができるので、ご家族も喜ばれます。


人によっては、臨床医としてこれまで培った経験と知識を産業医として生かしたいと考えて
いる方も多いかと思います。産業医として働くには、資格を取得しなければなりません。


ちなみに産業医の資格を取得する方法についてですが、日本医師会認定の産業医学基礎研修
を受講するか、産業医科大学の産業医学基本講座を受講する形になります。





■転職を成功させるには?


基本的に産業医研修を修了することによって産業医の資格を取得できます。国家試験はあり
ませんので、これで晴れて産業医として一般企業で働くことが可能となります。


また、 研修会の開催日程などに関しましては、 日本医師会や都道府県医師会会報のホーム
ページから確認することができます。受講手続きの案内も分かりやすく解説されています。


もし、産業医として働くことを検討されているのであれば、「医師転職サイト」を利用されることを
強くおススメします。何と言っても産業医の求人を探すのは、非常に困難です。


しかし医師転職サイトを利用すれば担当の転職コンサルタントが産業医の求人状況や産業医
として働くうえで役立つ情報を提供してくれるので、転職活動もスムーズに行えます。




 カテゴリ
 タグ

高収入は最低条件!絶対に安売りしない!




■転職で失敗は許されない?


医師免許取得するために膨大な費用がかかり、 一人前の医師になるまでには「失敗・挫折」
を繰り返して医療スキルを高めていかなければならないので、相当の痛みが伴います。


中途半端な意識では医師の仕事は務まりません。そこまで大変な思いをしたからこそ、一度
転職に失敗しただけで自ら奈落の底に突き落としてしまう方もいます。


思い描いたキャリアを築き上げることが事実上困難となり、これまで築き上げた医師としての
キャリアを全て不意にしてしまうケースもあります。本当にもったいない話です。





■根拠の無い期待は厳禁!


病院に勤務する沢山の医師が重たい責任を背負わされているため、 一般企業に勤務してる
人達のように気軽に転職することはできません。色々な障害が沢山あります。


ですので、医師転職サイトの需要がここまで拡大したわけです。残念ながら人間は体験した
ことのない物に過剰な期待を抱くことがあります。そうした期待が判断を誤らせます。


当然全ての医療の職場が同じ条件ではありません。基本的に年収などの勤務条件で転職先
を決めるのは決して悪いことではありませんが、それだけに固執するのはやはり問題です。





■絶対に自分自身を安売りしない!


無事に転職が完了したとしても担当する仕事により、大なり小なり年収に開きがあります。
新天地で誰よりも働いているのに、他の医師よりも収入が低いケースもあります。


転職する前にそうした状況を知っていたら絶対転職しなかったというケースに遭遇することも
ありますので、年収だけでなく、他の条件もしっかり精査しなければなりません。


医師は人命にかかわる大変な仕事を請け負っているわけですから、高収入を得るのは当然
のことです。自分自身を安売りしないためにも、収入に関しては高収入を最低条件とし、
これまで培った医療スキルと知識を最大限生かせる職場であるかを追求しましょう。




 カテゴリ
 タグ

医師だけが高収入であることを叩かれる




■過酷すぎる医師の仕事


医師として働く皆さんは、 人の命に携わるのが仕事ですから、判断ミスによって患者さんの
容態が大変な自体に陥いる可能性もあります。その責任の重さは本人にしか分かりません。


実際にそうしたプレッシャーに耐えれないため、医師として働くことができなくなり、その
まま辞めてしまうケースも少なくありません。特に近年そうしたケースが増えています!


これは医療現場が年々厳しい状況に追い込まれているからに他なりません。 「医療崩壊」
と言われて久しいですが、実際に多くの医師が過酷な労働状況の下で働いています。





■僅かながら改善の兆しも


日本の医療は医師の皆様をはじめ、現場で働く医療スタッフの強靭な精神力で何とか持って
いるのが現状です。特定看護師制度の導入など、改善される兆しも見え初めています。


しかし、劇的に改善される兆しは今の所見えてません。近年では休日のある医療機関も増え
ましたが、残念ながら時間に余裕を持って働けるような仕事ではありません。


空いている時間があれば、新しい知識を吸収するために勉強に費やされますので、 セミナー
や講習会などに参加することになれば、一般企業で働く人たちのように休む暇がありません。





■医師に対する理不尽な評価


医師に課される大きな責任、そして過酷な労働条件を考えれば、高収入も当然です。しかし、
実際のところ、対価に見合う報酬を得ているとは到底言えない状況にあります。


日本は15年以上にわたるデフレ不況によって、一般労働者の賃金が総じて低下しているため、
医師だけが異常なまでに高収入であるかのように一般の人達は感じてしまうわけです。


先日某フジテレビを退社したアナウンサーの年収が2000万円超と聞いて驚きました。入社して
10年程度のキャリアです。30代前半でこれだけの収入を得ている医師の方が少ないですよね。


医療業界で働く人たちに正当な評価が下される日がくることを願うばかりです。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師の勤務先の種類について




■小規模経営の病院で働く場合の問題点


小規模経営のクリニックで5~6人程度の複数人体制を取りながら在宅医師として働くケース
が多いのですが、開業医として病院を経営しながら在宅医師として働いている方もいます。


在宅医師を育成する専門機関が少ないうえに、在宅医師を目指す方も少ないので、最初から
複数人体制を取ることができません。このため24時間心が休まるときがありません。


なぜなら自分が経営する病院に通院されている患者さんを中心に診察しながら、通院困難な
患者さんのところへ往診するからです。時間的効率があまりにも悪すぎます。





■在宅医師として働く難しさとは?


比較的規模の大きな病院が一つのサービとして在宅医療を行っている場合と、上述したような
個人が経営する小規模医院が昔ながらの往診する場合では対応の仕方が微妙に異なります。


ある程度規模が大きい病院では、しっかりと在宅医療に対する体制が整っています。 しっかり
システム化されているため医師にかかる負担がある程度抑えられています。


例えば 重度の病を患っている患者さんだけを往診するような形でシステム化されていますが、
小規模経営の場合はシステム化するのが困難なので、医師一人当たりの負担が大きいです。





■地域によって差が大きい!


志を持って在宅医師になったにもかかわらず、あまりにも負担が大きすぎるために道半ばで
在宅医師を辞めるケースも残念ながら少なくありません。また、地域によっても差があります。


自治体が積極的に在宅医療に力を入れている所もありまして、自治体に在宅医師として登録
する形をとっています。患者さんは自治体に申請することで在宅医療を受けられます。


基本的に自治体が全てを管理しているため、 自ら開業医として働く場合や体制が整ってない
小規模経営のクリニックで働くよりは医師にかかる負担は圧倒的に少ないです。


ですので、高齢化が急速に進む中で、こうしたケースが今後増えることが期待されています。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師に向いている医師と不向きな医師



■きれいごとでは務まらない


在宅医師として働いている方の多くが、地域医療に対して多大な貢献をしています。 自治体が
在宅医療に対して力をいれていない所では、損な役回りに苦しめられている方も多いです。


在宅医療を利用される患者さんの多くが高齢者ではありますが、 高齢者以外にも自分で病院
に通うことが困難な方が沢山います。こうした人達に手を差し伸べるのが在宅医療の仕事です。


在宅医師はキレイごとでは務まりません。毎日一人一人の患者さんと密接に向き合いながら、
緩和医療として患者さんとその家族を色々な面で支えていますので、ある意味特殊です。





■キャリアアップは二の次


大型病院や有名大学病院に勤務されている医師の中には、キャリアアップ、収入アップを第一
に考えて働いている方が少なくありませんが、在宅医師の場合はどうでしょうか?。


結論から言うと、そういったことを考えている暇がないくらい在宅医師の仕事は大変です。実際
の現場では辛いことも多く、効率よく患者さん宅を訪問するだけでも容易ではないのです。


患者さんや家族から感謝されることも多いですが、長期間に渡る患者さんの介護に疲れ果て、
家庭が崩壊しているケースもあるため、見たくないことを見なければならないことも多いです。





■在宅医師に向いている方の特徴


そうした中で患者さんのことを24時間考えながら働いている在宅医師の方も少なくありません。
在宅医師になる前までは、聞けば誰もが羨む有名大学病院に勤務されていた方もいます。


出世の道から外れて、あえて在宅医師の道を選んだ理由として、大きな組織に所属していては
できないことをやりたい、といった思いがあげられています。本当に貴重な存在です。


もし、 患者さんと真剣に向き合いながら、 患者さんの人生に深く関わることを恐れずに、自分に
出来る最高の医療を施したいと考えているのであれば、在宅医師はまさにピッタリの仕事です。




 カテゴリ
 タグ

医師の年収は決して高くない!




■医師になるまでの費用が莫大!

今回は医療業界で働いている方以外の全ての方に、医師の仕事がどれほどハードであるかを
知っていただくために解説させて頂きます。まず医師になるまでが本当に大変です。


医大に入学するだけでも大変ですが、国立大学以外の私大に通う場合、学費が他の学部とは
比較にならないくらい莫大なので、学費を捻出しなければならない親御さんも大変です。


勿論医師を目指すくらいの家庭で育ったわけですから、裕福であることは間違いありませんが、
もし、両親に医師になるまでにかかった費用を返せと言われても返すことはできません。





■医師になっても下積みは続く

それくらい膨大な費用がかかるわけですが、医師免許を取得するまでは本当に長い道のりで、
ようやく研修医として働き始めても、スタートしたばかりの頃の給料は非常に安いです。


一般的にみれば、確かに医師は高収入を得られる職種ですが、実際に医師となるまでには、
他の職種以上に過酷な下積み生活を余儀なくされますが、メディアの多くが伝えません。


ですので、裕福で勉強が出来るお坊ちゃま、お嬢様が何の苦労もしないでなれると誤解される
わけですが、医療業界は特殊なので医師になったらなったで苦労は付きまといます。




■特殊な医療現場

医療業界のカースト制度は特殊です。医師が病院内で怒鳴り散らしているイメージが強いかも
しれませんが、実際にはそんなことはなく、看護婦長にいじめられているケースも多いです。


医療現場の人間関係は非常に複雑なので、医師として働くには強靭な精神と肉体が必要です。
そうでないと、患者さんの病気を治す前に自分が病気になって倒れてしまいます。


また、それなりの実績を積まないと一人前の医師として認められないので、医療スキルと知識
を高めるために必死です。年収を一つの評価とするならば、低すぎると断言できます。




 カテゴリ
 タグ

在宅医師の仕事について




■在宅医師の仕事とは?


在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も
患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。


高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う
のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。


例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で人工透析を行います。難易度の
高い大規模な手術は出来ませんが、それ以外の医療的サービスはほぼ提供できます。





■病院勤務にはない難しさ


患者さんの病気に合った診療を行うのは勿論ですが、高齢者の方の場合長期間にわたって
療養するわけですから、療養中に不安になってパニックになるケースも少なくありません。


ですので、そういった事態を極力避けるためにも患者さんとご家族に対して療養上の適切な
アドバイスを行う必要があります。こういったことも在宅医師の大切な仕事です。


在宅医師は病院勤務よりも患者さん一人一人に向き合う時間が長いので、やりがいも大きい
ですが、良かれと思ったことが仇となったりするケースもあるので、難しい面もあります。





■家族の心のケアも大事な仕事

高齢者の患者さんの場合、ご家族が沢山いて、交代で患者さんを介護しているケースは多く
ありません。一人二人で親の面倒を見ているケースが圧倒的に多いのが現状です。


特に核家族化が進んでいる大都市では、 こうしたケースが多く、介護疲れで精神的に苦しん
でいるご家族の方が少なくありません。日常的に相談相手がいないのも問題となってます。


藁にもすがる思いで在宅医師に色々な相談をしてくるご家族の方もいます。どうかこうした方
を突き放すのではなく、出来る範囲内で相談にのってあげて下さい。これも大切な仕事です。




 カテゴリ
 タグ

医師の年収は本当に高いのか?






■医師の多くは対価を得ていない?


医師は高収入を得ているイメージが強いですが、医療現場で実際に働いている医師の皆様
からすれば到底認めることはできないでしょう。それくらい医師の仕事は過酷です!


医師は人の命を預かるわけですから、医療スキルがいくら高くても、強靭な精神がなければ
患者さんを救うことはできません。それくらいハードなわけですから対価を求めて当然です。


米国の病院勤務の医師は実績とスキルによって年収が決まるわけですが、同じ病院に勤務
している医師の間でも日本では考えられないくらい年収に大きな差があったりします。





■日米の医師の年収比較


日米の医師の平均年収を比較した場合、あくまでも概算ですが、 米国の外科医で18万ドル
(日本円で1,800万円前後)、内科医で16万ドル(1,600万円前後)です。


しかも、ここから高額な医師賠償責任保険を自腹で支払わなければなりません。一方、日本
の場合、院長クラスで年収2,500万円程度、一般の医師で1,300万円程度です。


月給とボーナスを足して12ヶ月で割ると院長クラスで230万円、 一般の医師で110万円程度
です。平均だけでみれば、日本も米国もあまり変わりないようにみえますね。





■目に余る医師パッシング


日本では一時医療過誤による死亡が多発して社会問題となりました!。 当時マスコミによる
必要以上な 「医師バッシング」 は、日本国内の医療現場全体に緊張が走りました!


政治家や役人、公務員叩きと一緒で、叩く対象は叩き安ければ別に何でも良く、糾弾すること
によって庶民の日々の生活の不満に対するはけ口にされてしまった感が強いです。


上述した医師の年収はあくまでも平均であって、平均年収に到達するには何年もかかります。
また、開業医で月収300万円程度稼いでいる方もいます。年収にして3,000万円以上です。


しかし、開業医は医師であり、経営者でもあるので、何か問題が起こってしまった場合も全て
の責任を負うわけですから、これくらい稼がないと実際のところやっていけないのが現状です。




 カテゴリ
 タグ

勤務医からメディカルドクターにキャリアチェンジした場合の年収相場について




■メディカルドクターの求人市場について


日本の「医薬品業界」は、長期的な円安傾向が続いていることもあって、よくも悪く
も外資の力が依然として強く、その勢力を着実に拡大しています。


そうした状況の中で外資系の製薬会社は、新薬の研究・開発において臨床経験が豊富
な医師を「メディカルドクター」として積極的に採用しています。


外資系の製薬会社の多くが事業をグローバルに展開しているため、新薬の研究・開発
に関しても、世界各国にある現地法人と共有しながら進めていく必要があります。


そして、チームリーダーとして医師が開発・研究チームを統括していきます。


このため外資系の製薬会社の開発責任者の大半はその国の医師免許を取得しています。





■キャリアチェンジするには理想の仕事


メディカルドクターとして製薬会社に入社した場合の年収についてですが、


製薬会社で働いた経験がない医師であっても、それまでの臨床経験が評価されれば、
年収ベースで1300万円を切ることは、まず考えにくいです。


1300万円を基本として、評価基準を満たしていれば、それにあわせてプラスされ
ますので、1300万円から1500万円の間が妥当だと思います。


人によっては、スキルアップやキャリアチェンジを目的に転職してくる医師の先生方
も多いので、未経験の仕事に従事することを考えれば、非常に高年収ですね。


製薬会社の数には限りがあるので、求人もそれほど多くなく、競争は厳しいです。


ですので、医師転職サイトを利用しないで転職を試みるのは危険です。





■当直や夜勤がなくても高年収が期待できます!


一般企業に転職するわけですから、環境はこれまでとは一変します。


当然のことなら当直や夜勤がありません。また残業もそれほど多くありません。


しかし高年収は期待できます。「評価基準」は企業によって異なるので、一概にいえ
ませんが、初年度の年収が1300万円から1500万円程度は期待できます。


大学病院や民間病院で働く勤務医の先生方からすれば非常に魅力的だと思います。


メディカルドクターとして経験を積めば、1800万円程度の年収が期待できます。




スポット医師として働くメリット




■他の現場を知ることも大きなメリット


スポット医師としてブランクを埋める働き方以外にも色々なメリットがあります。まず、 他の医療
機関で働くことによって、スキルアップや新しい人脈を構築することも十分可能です。


近い将来転職を考えている方は、他の医療現場を知ることによって、転職に対する意識が明確
になりますので、見切り発車で行き当たりばったりの転職活動を避けることができます。


より良い環境と働けると思ったら、 前の職場よりもひどかったなんてことだけは絶対に避けなけ
ればなりませんので、スポット医師として色々な医療現場で働くのは大きなプラスになります。





■日給5万円前後稼げます!


少しでもお金を稼ぐために常勤医師として働きながら空いている時間を有効に使って、スポット
医師として働いている方も少なくありません。アルバイト感覚で働けます。


さすがに常勤医師と非常勤医師を兼務しながら働いている方よりも稼ぎは落ちますが!、それ
でも一日働いて5万円前後稼げるのは大きな魅力です。一般職では絶対にありえません。


アルバイトしながら 独立資金を稼いでいる方も 少なくありません。 開業医となれば費用だけで
軽く億単位のお金が必要となりますので、スポット医師として働くことは苦にならないようです。





■自分の都合に合わせて働くには?


しかし、自分の空いている時間を有効に使ってスポット医師として働くにしても、 そうそう自分の
希望にあった求人を都合よく求見つかるわけもありません。自分で探すのは非常に困難です。


スポット医師として働いている方の多くが医師転職サイトを利用しています。登録しておけば、
医師転職サイト側から希望に合った求人を連絡してくれるので、無理なく探せます。


面倒な手続きも医師転職サイト側が全て代行してくれるので、仕事に支障をきたすことはありま
せん。まず登録してスポット医師として働くにあたって現状を知ることから始めませんか?



 カテゴリ

メディカルドクターが求めれられる理由とは?



■メディカルドクターの役割とは?


ご存知のとおり医師の仕事は医療機関だけではありません。


働き方も多様化し、活躍できる場が着実に増えています。


中でも有望視されているのが、製薬会社に勤務するメディカルドクター(MD)です。


製薬会社では新薬の開発・研究に莫大な資金を投入しています。どんなに凄い効果が
得られても、副作用が強すぎるようでは薬として認められません。


このためメディカルドクターは、「 医学知識 」や「 臨床経験 」を生かして、治験
データの解析や厚生労働省に申請する書類の評価などを行ないます。





■メディカルドクターが注目される理由


国内の大手製薬会社の多くが外資の力が強まっていることもあって、製薬業界全体が
欧米の大手製薬会社を模倣する動きが否応なしに広がってます。


メディカルドクターを日本法人でも積極的に採用することにより、知識の共有が容易
になることから、こうした動きが強まるのはむしろ自然なことかもしれません。


欧米では、薬物治療が進んでいるため、医薬品の適正使用の推進に力を注いでいます。


このため、メディカルドクターを積極的に雇用する動きが高まっています。


規制当局も安全性をより向上させるために製薬企業の研究・開発においてメディカル
ドクターが関わることを強く求めているくらい、その役割は非常に重要です。


このため欧米ではメディカルドクターの地位が非常に高いです。





■日本でも雇用する動きが高まっている!


一方日本では、依然として医療機関以外で働く医師を低く見る傾向が強いです。


しかし、大学などの研究機関に属する教授クラスの医師が製薬企業に就職する動きも
見られていますので、メディカルドクターの地位が日本でも高まりそうです。


欧米の一流企業の多くがグローバル化を進めています。


製薬業界のトップにある一部の製薬会社は、これまでグローバル化を積極的に進めて
きました。そして、こうした企業の多くが効率化を強く求めます。


メディカルドクターを雇用することによって、国際水準にある臨床開発や安全対策に
関しても、各国の現地法人が足並みを揃えやすくなるので、メリットは大きいです。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>



Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます