■転職するための準備が足りない


医師として初めて転職するにあたって色々な不安があると思います。その不安を一つ一つ消して
いくためにもしっかり準備する必要があるのですが、多くの方が勢いで進めていこうとします。


当然いきあたりばったりとなり、失敗する可能性が高まります。そうならないためにも、最低限以下
の点について、しっかり調べて頂き、自分の取るべき行動を明確にする必要があります。


(1)医師の求人市場を知る

(2)求人の需要を良く調べる

(3)転職を楽観視しない

(4)医療機関が求めている人材像

(5)面接対策について





■転職候補先を美化しすぎる


「職場の人間関係の悪さ」を理由に転職を決意する医師の方が少なくありません。医療現場では
一分一秒を争って人の命を救うために必死なわけですから、仲良しこよしでは無理ですよね。


しかし、しっかり準備せずに勢いで転職を進めてしまうと、「転職先候補を美化」しようとする傾向
が意外に強いんです。「ここは人間関係が良さそう」といった具合に過剰なまでに期待します。


しかし、実際に勤務してみると、前以上に「人間関係が悪かった」なんてことになりかねません。
そうならないためにも準備を怠らず、ある程度余裕を持って転職活動する必要があります。





■転職について相談出来る人がいない


転職は本当に「孤独との戦い」といった面が強いので、安易に進めると失敗するリスクが高まり
ます。しかし、転職について相談出来る人がいないと、自分の都合良く楽観視します。


また、反対に不安から、「失敗するリスク」を心配しすぎる方も多いです。そして、時が流れるに
したがって、転職したいという強い思いが薄れていき、また嫌なことがあると転職を決意します。


そうしたことを繰り返しているうちに、転職そのものを完全に諦めなければならなくなりますので、
そうならないためにも、転職について気軽に相談出来る人を一人でも持つべきです。




» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ