2017年10月の記事一覧


月別アーカイブ:2017年10月

2017年10月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

メンタルヘルス
      ■ 幸せホルモン「セロトニン」とは?  幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことで、セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。  また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解できる...

記事を読む

食による美容と健康
      ■ コーヒーのお薬並みに優れた健康効果とは!?  コーヒーの優れた健康効果が注目を集めています。コーヒーに含まれるカフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノールといった健康効果に優れた作用のある成分が豊富に含まれています。  ですので、コーヒーは1日2~3杯程度であれば、以下のような薬に近い作用をもたらすとされています。   (1)眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を...

記事を読む

幸せホルモン「セロトニン」の分泌量を増やせば仕事や恋愛がもっと楽しくなる!!セロトニンを増やして毎日笑顔で人生の幸福度を高めよう!!

 
 
3620171004ht.png
 
 
 
 
■ 幸せホルモン「セロトニン」とは?
 
 
幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことで、セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。
 
 
また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解できるようになると言われています。人の痛みが分るこうしたタイプの人が人から嫌われるはずもありません。
 
 
セロトニンが増えることによって、こうした「共感脳」がいい具合に刺激され、仕事や恋愛といった社会生活をする上で非常に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

お薬より凄い!?コーヒーを1日3~4杯飲むと血管が柔らかくなって心臓病の死亡リスクが4割減!動脈効果、がん、糖尿病などの予防にも効く!

 
 
68340161005.png
 
 
 
 
■ コーヒーのお薬並みに優れた健康効果とは!?
 
 
コーヒーの優れた健康効果が注目を集めています。コーヒーに含まれるカフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノールといった健康効果に優れた作用のある成分が豊富に含まれています。
 
 
ですので、コーヒーは1日2~3杯程度であれば、以下のような薬に近い作用をもたらすとされています。
 
 
 

(1)眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す
 
(2)呼吸機能や運動機能を高める
 
(3)心臓の収縮力を高める
 
(4)利尿効果の促進
 
(5)消化を助ける
 
(6)二日酔いの頭痛の症状を和らげる
 
(7)脳血管性の偏頭痛を静める
 
(8)認知症などの予防
 

 
 
4420170107.png
 
 
 
ということで今回はNHKの人気情報番組「ためしてガッテン」にてコーヒーによる動脈硬化を予防するメカニズムについて解説した模様をさらに分かりやすくまとめたJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます