2018年02月の記事一覧


月別アーカイブ:2018年02月

2018年02月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

その他
  出典:セロトニンのサプリと増やす方法    ■ 幸せホルモンとは?  我々人間にとって、外的要因すべてがストレスの原因となります。例えば今の季節であれば暑いので気温はもちろんのこと、気温が変化することによって職場環境も寒い時よりも変化し、人間関係などにも微妙に影響します。  こうした変化さえもストレスの一因となっており、ストレス社会といわれて久しい現代、長期間にわたってストレスを抱え込んでしまう...

記事を読む

食による美容と健康
      ■ みかんで風邪を予防できるの?  今年は暖冬かなと思ったり(毎年期待を込めて同じことを言ってます)したのですが、今週頭から日本全国で寒波に襲われ、今年一番の寒さを記録しています。ここに来て寒さが日増しに厳しくなっていますよね。  寒さが厳しくなると免疫力が低下するので、残念ながら例年よりも早いペースで風邪が流行っています。また、急に寒くなると人によっては今の時期に花粉症のような症状(鼻...

記事を読む

その他
     ■ パーソナリティ障害とは?  業界、業態、職種に関係なく転職を決意する理由の最上位には「人間関係の問題」があり、事実、転職を決めた理由の8割超が人間関係の問題とされるほど深刻です。  しかし、人によってはどこに勤めても職場の人たちから嫌われ、社会に出てから今日までどの職場でも上手くいかず、新しい仕事に就くことすら諦めてしまう方がいます。単なるわがままのように思えるかもしれませんが、もしか...

記事を読む

健康
     ■ 喉の痛みや咳は風邪の初期の段階を示すサイン  今月に入り風邪やインフルエンザの流行(毎年2月~3月にかけて)がピークを迎えています。先週までインフルエンザに感染した患者の増加数は3週連続で過去最高を更新しています。まだまだ寒い日が続きますので、当分の間油断は禁物です。また、花粉もすでに飛び始めているので、なおさらのこと免疫力が落ちやすい状況にあります。寒さが厳しい今の時期に風邪を引いて...

記事を読む

幸せホルモン「セロトニン」「オキシトシン」の美容と健康効果凄い!頭痛、腹痛、生理痛、うつ、不眠、ストレスから来るイライラなどの予防に利く!

 
 
19020171126ht.png

出典:セロトニンのサプリと増やす方法
 
 
 
 
■ 幸せホルモンとは?
 
 
我々人間にとって、外的要因すべてがストレスの原因となります。例えば今の季節であれば暑いので気温はもちろんのこと、気温が変化することによって職場環境も寒い時よりも変化し、人間関係などにも微妙に影響します。
 
 
こうした変化さえもストレスの一因となっており、ストレス社会といわれて久しい現代、長期間にわたってストレスを抱え込んでしまうと、自律神経の働きが乱れてしまい、不眠症、胃潰瘍、狭心症、パニック障害、うつ病などを引き起こす可能性があります。
 
 
そうならないためにも、日常生活のなかで上手にストレスを解消する必要があります。しかし、情報化が進んだことによって、よりスピードが求められ、多くの人が時間に追われるように働かなければなりません。
 
 
 
 
2614420161220l.png
 
 
 
『 万病の元「ストレス」を抑制! 』
 
 
このような状況でストレスを効率よく解消するには、「オキシトシン」「セロトニン」という2つの幸せホルモンのを分泌量を増やす必要があります。これら2つのホルモンが多幸感を増大させ、イライラや不安を抑えてくれるので、これが病気の予防にもつながります。
 
 
ということで、今回は諏訪中央病院 名誉院長の鎌田医師による幸せホルモンを増やす方法を分かりやすくまとめさせていただいた記事と精神科医・樺沢紫苑先生のストレスに関する動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

寒い冬の健康管理は「みかん」におまかせ!血行を促進して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!、疲労回復、冷え、風邪、インフルの予防に利く!

 
 
10130170108.png
 
 
 
 
■ みかんで風邪を予防できるの?
 
 
今年は暖冬かなと思ったり(毎年期待を込めて同じことを言ってます)したのですが、今週頭から日本全国で寒波に襲われ、今年一番の寒さを記録しています。ここに来て寒さが日増しに厳しくなっていますよね。
 
 
寒さが厳しくなると免疫力が低下するので、残念ながら例年よりも早いペースで風邪が流行っています。また、急に寒くなると人によっては今の時期に花粉症のような症状(鼻水、くしゃみ)に苦しめられているケースも少なくありません。
 
 
寒いと体調管理が難しいです。毎年3月頭くらいまでは、風邪、インフルエンザが流行る時期なので、免疫力を高めて、しっかり予防しなければなりません。そこでオススメしたいのが「みかん」です。あの果物のみかんです。
 
 
 
 
 
10030170108.png
 
 
 
■ みかんは今が旬!
 
 
旬のものを食べるのは確かな健康法の一つですが、みかんは優れた健康効果が期待できる成分が豊富に含まれています。代表的なのが「ビタミンC」です。また、薄皮には「食物繊維」が豊富に含まれています。
 
 
ですので、腸の働きもよくなりますから、血行も良くなって自律神経も整います。この時期に引き起こしやすい病気を予防してくれる効果が期待できます。子どものころおばあちゃんの家に遊びに行くと病気にならないようにとみかんを沢山食べさせられました。
 
 
そのせいか今だにこの時期になるとみかんを沢山食べてます。しかし、そのおかげで免疫力を高い状態に保つことができているので、10年以上風邪をひいてません。ということで、今回は、「みかん」に関する記事と風邪を予防する方法をまとめた動画をご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ある日突然別人のように悪意を向けてくる「パーソナリティ障害」の特徴や原因、その対処法とは!?人口の約15%がすでにパーソナリティ障害?

 
 
268420180205ht.png
 
 
 
■ パーソナリティ障害とは?
 
 
業界、業態、職種に関係なく転職を決意する理由の最上位には「人間関係の問題」があり、事実、転職を決めた理由の8割超が人間関係の問題とされるほど深刻です。
 
 
しかし、人によってはどこに勤めても職場の人たちから嫌われ、社会に出てから今日までどの職場でも上手くいかず、新しい仕事に就くことすら諦めてしまう方がいます。単なるわがままのように思えるかもしれませんが、もしかするとパーソナリティ障害かもしれません。
 
 
ちなみにパーソナル障害は、以下のとおり10のタイプに分かれています。それぞれに特徴が微妙に異なりますが、共通する部分がかなりあるので、今回は境界性パーソナリティについてまとめさせていただきました。
 
 
 
278420180205ht.png
 
出典:LITALICO発達ナビ
 
 
 
『A群:奇妙で風変わりに見える』
 
A群は「オッド・タイプ」という別名を持ち、非現実的な考え方にとらわれやすいという特徴があります。統合失調症や妄想性障害といった精神疾患とのつながりが指摘されています。A群には以下の3タイプがあてはまります。
 
・猜疑性パーソナリティ障害/妄想性パーソナリティ障害
 
・シゾイドパーソナリティ障害/スキゾイドパーソナリティ障害
 
・統合失調型パーソナリティ障害
 
 
 
『B群:演技的で情緒的に見える』
 
B群は「ドラマチック・タイプ」とも呼ばれ、感情的かつ衝動的なのが特徴です。そのため、周囲を巻き込んで迷惑をかけることが多いタイプであるといえます。B群には以下の4タイプがあてはまります。
 
・反社会性パーソナリティ障害
 
・境界性パーソナリティ障害
 
・演技性パーソナリティ障害
 
・自己愛性パーソナリティ障害
 
 
 
『C群:不安または恐怖を感じる』
 
C群は「アンクシャス・タイプ」と呼ばれることもあります。不安・恐怖心などが強く、自己主張は控えめなのが特徴です。自己本位というより他社本位なタイプといえるでしょう。A群には以下の3タイプがあてはまります。
 
・回避性パーソナリティ障害
 
・依存性パーソナリティ障害
 
・強迫性パーソナリティ障害

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

喉の痛みや咳は風邪の引き始めのサイン!?風邪のつらい「咳と喉の痛み」の予防に利く方法5選!口内炎、花粉症、ドライマウスなどの予防にも!

 
 
15120171122ht.png
 
 
 
■ 喉の痛みや咳は風邪の初期の段階を示すサイン
 
 
今月に入り風邪やインフルエンザの流行(毎年2月~3月にかけて)がピークを迎えています。先週までインフルエンザに感染した患者の増加数は3週連続で過去最高を更新しています。

まだまだ寒い日が続きますので、当分の間油断は禁物です。また、花粉もすでに飛び始めているので、なおさらのこと免疫力が落ちやすい状況にあります。寒さが厳しい今の時期に風邪を引いてしまうと大変です。エアコンが風邪の症状を悪化させる可能性があります。
 
 
風邪やインフルエンザは、無理をすると長引く可能性が高いので、できるだけ引き始めの段階でしっかりケアしましょう。ちなみに朝起きて喉に痛みを感じたり、咳こんだりしていませんか?。喉がイガイガしたり腫れたりするのは風邪の前兆を示すサインです。
 
 
 
 
21620170501ht.png
 
 
 
『 安易に市販薬を飲むのは危険!』
 
 
この状態で安易に市販されている風邪薬を飲んでしまうのは逆効果です。一般的な風邪の市販薬にはカフェインが比較的多く含まれているので、咳がとまったり、喉の痛みがおさまっても、「夜一睡も出来なかった」なんてことになりかねません。
 
 
こうなると別の体調不良を引き起こしてしまう可能性が高いので、ここはやはり薬ではなく、昔からある咳や喉の痛みを抑える方法に従った方が得策です。人間には本来あらゆる病気を治療する自然治癒力が備わっているので、これを利用しない手はありません。
 
 
 
 
4014201610127.png
 
 
 
『 風邪の初期の段階を示すサインを知る!』
 
 
ということで、今回は喉の痛みや咳を抑える方法を分かりやすく解説した記事と風邪による喉の痛みを解消するセルフケアの実演動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
喉の痛みや咳は風邪の初期の段階を示すサインです。この段階であれば風邪をこじらせることなく、すぐに治りますので、「おかしいな」と思ったら是非試してみてくださいね。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます