2018年02月の記事一覧


月別アーカイブ:2018年02月

2018年02月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

その他
     ■ 凄すぎるキッスの効果とは!?  美容と健康法は沢山あります。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、絶対に消えないものもいくつかありますが、その代表が「キス」です。  「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれませんが、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンお分泌が活発化します。  エストロゲンはごく少量しか分泌されません。しか...

記事を読む

その他
     ■ クエン酸の疲労回復のメカニズム  クエン酸には、体の中にある「ブドウ糖」を完全燃焼させる働きがあります。この働きによって、疲労の原因となる乳酸を体内で蓄積されるのを阻止してくれます。  この結果スムーズに疲労回復し、しかも肩こりや筋肉痛などの予防や症状改善にも役に立ちます。クエン酸のヘビーユーザーの間では新陳代謝を活発にし、若さと健康の維持するのに欠かすことが出来ない体内のエネルギー変...

記事を読む

その他
     ■ パーソナリティ障害とは?  業界、業態、職種に関係なく転職を決意する理由の最上位には「人間関係の問題」があり、事実、転職を決めた理由の8割超が人間関係の問題とされるほど深刻です。  しかし、人によってはどこに勤めても職場の人たちから嫌われ、社会に出てから今日までどの職場でも上手くいかず、新しい仕事に就くことすら諦めてしまう方がいます。単なるわがままのように思えるかもしれませんが、もしか...

記事を読む

いってらっしゃいのキスの効果が凄い!幸せホルモン「エンドルフィン」の分泌量が増えて免疫力、幸福感がアップ!ストレス、老化、高血圧の予防に!

 
 
295420180205ht.png
 
 
 
■ 凄すぎるキッスの効果とは!?
 
 
美容と健康法は沢山あります。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、絶対に消えないものもいくつかありますが、その代表が「キス」です。
 
 
「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれませんが、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンお分泌が活発化します。
 
 
エストロゲンはごく少量しか分泌されません。しかも有限なので自ら分泌量を増やそうと思っても簡単には増やせませんので、いかにキスの効果が凄いか伺いしれます。
 
 
 
 
5008920161124.png
 
 
 
■ キッスは心と体の健康に欠かせない?
 
 
またストレスや不安を抑える役割もあるので、寿命が伸びるのも十分うなずけます。ですので、心と体の美容と健康にキッスは欠かせないものになりそうですね。
 
 
今回はキッスに関する記事とキッスに関する幅広い情報を公開している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

クエン酸が凄いのは疲労回復効果だけじゃない!血行が改善して肩こり、腰痛、肝臓病、痛風などの予防に効く!水回りのお掃除にも役立ちます!!

 
 
362016908.png
 
 
 
■ クエン酸の疲労回復のメカニズム
 
 
クエン酸には、体の中にある「ブドウ糖」を完全燃焼させる働きがあります。この働きによって、疲労の原因となる乳酸を体内で蓄積されるのを阻止してくれます。
 
 
この結果スムーズに疲労回復し、しかも肩こりや筋肉痛などの予防や症状改善にも役に立ちます。クエン酸のヘビーユーザーの間では新陳代謝を活発にし、若さと健康の維持するのに欠かすことが出来ない体内のエネルギー変換システムです。
 
 
また、クエン酸は、梅干しやレモン、お酢に含まれている“すっぱい”成分です。これほどまでクエン酸はすっぱいので、酸性と思われがちですが、実はアルカリ性なんです。ですので、美容と健康に優れた効果をもたらしてくれます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ある日突然別人のように悪意を向けてくる「パーソナリティ障害」の特徴や原因、その対処法とは!?人口の約15%がすでにパーソナリティ障害?

 
 
268420180205ht.png
 
 
 
■ パーソナリティ障害とは?
 
 
業界、業態、職種に関係なく転職を決意する理由の最上位には「人間関係の問題」があり、事実、転職を決めた理由の8割超が人間関係の問題とされるほど深刻です。
 
 
しかし、人によってはどこに勤めても職場の人たちから嫌われ、社会に出てから今日までどの職場でも上手くいかず、新しい仕事に就くことすら諦めてしまう方がいます。単なるわがままのように思えるかもしれませんが、もしかするとパーソナリティ障害かもしれません。
 
 
ちなみにパーソナル障害は、以下のとおり10のタイプに分かれています。それぞれに特徴が微妙に異なりますが、共通する部分がかなりあるので、今回は境界性パーソナリティについてまとめさせていただきました。
 
 
 
278420180205ht.png
 
出典:LITALICO発達ナビ
 
 
 
『A群:奇妙で風変わりに見える』
 
A群は「オッド・タイプ」という別名を持ち、非現実的な考え方にとらわれやすいという特徴があります。統合失調症や妄想性障害といった精神疾患とのつながりが指摘されています。A群には以下の3タイプがあてはまります。
 
・猜疑性パーソナリティ障害/妄想性パーソナリティ障害
 
・シゾイドパーソナリティ障害/スキゾイドパーソナリティ障害
 
・統合失調型パーソナリティ障害
 
 
 
『B群:演技的で情緒的に見える』
 
B群は「ドラマチック・タイプ」とも呼ばれ、感情的かつ衝動的なのが特徴です。そのため、周囲を巻き込んで迷惑をかけることが多いタイプであるといえます。B群には以下の4タイプがあてはまります。
 
・反社会性パーソナリティ障害
 
・境界性パーソナリティ障害
 
・演技性パーソナリティ障害
 
・自己愛性パーソナリティ障害
 
 
 
『C群:不安または恐怖を感じる』
 
C群は「アンクシャス・タイプ」と呼ばれることもあります。不安・恐怖心などが強く、自己主張は控えめなのが特徴です。自己本位というより他社本位なタイプといえるでしょう。A群には以下の3タイプがあてはまります。
 
・回避性パーソナリティ障害
 
・依存性パーソナリティ障害
 
・強迫性パーソナリティ障害

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます