2018年04月の記事一覧


月別アーカイブ:2018年04月

2018年04月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

その他
     ■ ハグはとてつもない健康法だった!?  今年も人肌が恋しい季節がやってきました。寒さが骨身にしみる今日このごろいかがお過ごしでしょうか?。ところであなたは最近ハグしたのはいつですか?。  もし最近全然ハグされていないのでしたら是非今日からハグを習慣として始めて下さい!!。「えっ?相手がいない...」。だいじょうぶです。  別に人間でなくてもいいんです。ペットでもいいですし、近所の公園の木で...

記事を読む

食による美容と健康
      ■ がんは日本人の死亡原因第一位  御存知の通り日本人の死亡原因の第1位は「がん」です。部位別(2014年度)で見ると1位が肺がん、2位が胃がん、3位が大腸がんとなっていて、それぞれの原因は以下のとおりです。   『 肺がんの原因 』  肺がんの原因は、やはりダントツで「タバコ」です。タバコを吸うことによって遺伝子の「突然変異」が肺の中で繰り返されるため、タバコを長期間に渡って吸っている人...

記事を読む

ハグの健康効果が凄い!オキシトシンとβエンドルフィンの多幸感がストレスを抑制!免疫力がアップして高血圧、心臓病、不眠などの予防に!

 
 
211401801020ht.png

 
 
 
■ ハグはとてつもない健康法だった!?
 
 
今年も人肌が恋しい季節がやってきました。寒さが骨身にしみる今日このごろいかがお過ごしでしょうか?。ところであなたは最近ハグしたのはいつですか?。
 
 
もし最近全然ハグされていないのでしたら是非今日からハグを習慣として始めて下さい!!。「えっ?相手がいない...」。だいじょうぶです。
 
 
別に人間でなくてもいいんです。ペットでもいいですし、近所の公園の木でもいいので、習慣として始めて下さい。そうするといやらしさが無くなりいますから。以前抱枕が流行りましたが、抱きしめると言う行為そのもに人を癒やす行為があったんです。
 
 
 
 
1920161017.png
 
 
 
『人でなくてもハグには凄い効果がある!?』
 
 
こどもはぬいぐるみを抱きながら寝たりしますが、無意識のうちに日々のストレスを解消していたんです。先日歌手で俳優の及川光博さんが幼少の頃からタオルケットを抱枕代わりに使っていると某テレビ番組の中で語っていました。
 
 
一時期「抱枕」が売れに売れまくっていたのも納得です。また、森林浴で木にハグするのも優れた効能・効果があるようです。つまり、ハグは人の心と体を癒やしてくれるもの凄れた健康法だったんですね。
 
 
最初は抵抗があるかもしれませんが、続けているうちにハグが習慣化され、男女関係なくスキンシップの一貫として、自然とハグすることができるようになります。それくらいハグは幸せに生きる上で大切なんです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ゴーヤとブロッコリーの「がん予防効果」が凄い!ガン細胞を短期間で98%死滅させる最強の健康食材!優れた抗酸化作用で老化の予防などにも利く!

 
 
230401801023ht.png
 
 
 
 
■ がんは日本人の死亡原因第一位
 
 
御存知の通り日本人の死亡原因の第1位は「がん」です。部位別(2014年度)で見ると1位が肺がん、2位が胃がん、3位が大腸がんとなっていて、それぞれの原因は以下のとおりです。
 
 
 
『 肺がんの原因 』
 
 
肺がんの原因は、やはりダントツで「タバコ」です。タバコを吸うことによって遺伝子の「突然変異」が肺の中で繰り返されるため、タバコを長期間に渡って吸っている人は肺がんを発症しやすくなってしまいます。
 
 
また、1日に吸うタバコの本数が多ければ多いほどDNAが傷つきやすくなります。ちなみに、1日1箱を1年間吸い続けると肺の細胞では遺伝子に150個の変異が生じることが明らかになっています。
 
 
4668920161124.png
 
 
 
 
 
『 胃がんの原因 』
 
 
胃がんは、ピロリ菌と呼ばれる細菌が原因とされています。胃炎や胃潰瘍で胃壁の細胞が傷み、それを繰り返すと遺伝子に何らかしらの変異が生じ、これらが「がん化」するとされています。
 
 
スキルス胃がんは、進行するスピードが非常に早いので、単なる胃痛と勘違いしてしまうと、あっという間に取り返しのつかないレベルにまでがんが進行してしまいます。このため早期発見が難しいとされています。
 
 
4678920161124.png
 
 
 
 
 
『 大腸がんの原因 』
 
 
大腸がんは初期症状がほとんどないため、早期発見が難しいとされています。大腸の壁の粘膜の細胞が「がん化」し、時間の経過とともに大腸の壁に広がっていきます。
 
 
大腸がんは進行するスピードは、それほど早くありません。しかし、進行する過程でリンパ節や肝臓などの別の臓器に転移するリスクがあります。
 
 
4658920161124.png
 
 
 
 
 
■ 30歳を過ぎたらガン予防対策を!
 
 
上述したとおり、がん細胞に侵されるまでの過程が微妙に異なりますが、これらの「がん細胞」を短期間で死滅に追い込んでくれる成分を含んだ食材がいくつかあり、欧米では民間療法にプラスして、こうした食材を日常的に食べることで、がんの発症率を劇的に改善しています。
 
 
ということで、今回はがんの予防効果が期待できる食材と、2016年12月に逝去された免疫学の第一人者である安保徹先生の免疫力強化の重要性を説いた講演動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます