■眼科医への転科が難しい理由とは?


眼科の転科についてですが、他の診療科と比べても求人数が圧倒的に少ないことから、
専門医を取得されていない方が転科するのは、正直非常に困難です。


もし仮に受け入れてくれる医療機関があったとしても、技術を取得するのが非常に困難
であるため、早い段階で挫折することとなり、また転科することになりかねません。





■新卒の医師を中心に育てる傾向が強い!


歯科医院などは町のいたるところにありますが、眼科は少ないですよね。


一般病院でも眼科は必ずありますが、その規模は決して大きくありません。そういった
状況にありながら、眼科医を目指す方が非常に多いので、競争が激しいです。


ですので、他の診療科で確かな技術と知識をみにつけた医師であっても、眼科の専門医
を取得されていない方をわざわざ迎え入れるようなことはしません。


医療機関の多くが新卒者を採用し、育て上げることに力を注いでいます。





■眼科の主な特徴について


眼科医は、眼瞼、結膜、角膜、水晶体、眼底、眼窩などの病気を診療するわけですが、
実際に行われる「 診療行為 」の大半は、基本的に検査が中心となります。


患者さんの症状に対して検査を行い、その結果に従って治療します。


また眼科医は治療だけでなく、手術までも自ら行います。高齢化が急速に進んだことに
よって、高齢者の間で「白内障」や、「網膜疾患」などが急増しています。


眼科で実際に行われる疾患の治療は、短時間で終わる手術が中心となっています。





■眼科医が増えている理由とは?


眼科は、外科系の診療科と同じように手術までも行いますが、外科医ほど過酷ではあり
ません。また患者さんが手術を受けて死にいたるケースは、まずありません。



このため、訴訟リスクも非常に低いですし、最初から眼科を専門家として選択する医師
が増えていることもあり、医師不足とは唯一無縁の状態となっています。


このため他の診療科よりも残業が圧倒的に少ない点も若い医師には魅力なようです。



 カテゴリ
 タグ