■眼科への転科は容易ではない!


基本的に「眼科」は、他の診療科目のように専門医を取得していない医師を受け入れて
くれるケースは極端に少ないです。また人気が高いので求人数も極端に少ないです。


眼科へ転科することを目的として転職するのであれば、十分覚悟する必要があります。
医師の転職市場について全く知らないと、それ相当に痛い目にあうことになります。





■求人情報を常にチェックする


医師の先生は皆さん多忙ですから、自分の在籍している診療科以外のことをあまり良く
知らないため、根拠もなく医師の転職市場は「売り手市場」と盲信しています。


下手にのんびり構えていると、思うように「転職活動」が進まない可能性が高いです。
眼科への転職活動で大切なのは、やはり常に求人情報をチェックすることにつきます。


希望にあった求人先が見つかれば、迷わず行動しなければなりません。





■他の診療科よりもストレスが少ない


眼科医の就職先は小規模経営のクリニックから大型病院まで幅広いわけですが、眼科医
として働くメリットについてですが、他の診療科よりも色々な面で負担が軽い点です。


長時間に渡るような大規模な手術を行うことはありません。


コンタクト外来の対応業務であっても、身体的な負担がほとんどありません。


他の診療科よりも仕事上のストレスが比較的少ない点もメリットです。





■仕事とプライベートの両方を充実できる


また、眼科は基本的に夜勤などはほとんどありません。慣れてくれば仕事をこなす処理
スピードも上がりますので、勤務時間はご自身が想定する範囲内で収まります。


常に一つの仕事にかけられる時間を逆算して割り出し、それに合わせて精一杯働けば、
仕事とプライベートの両方を充実させることができます。これは大きな魅力ですよね。



 カテゴリ
 タグ