■医師が医局を退局するときとは?


多くの医師が安定を求めているわけですが、医局人事によって地方病院を転々とする
となると、どうしても将来に「 希望 」が見い出せなくなります。


次第に医局を「退局」することを検討し始めるのは当然の成り行きです。


退局タイミングとして多いのは、「 後期研修終了 」、「 専門医取得 」、これらに
加え日々のて激務によって心身ともに疲弊しきってしまたときです。


医局の影響力というのは以前ほどではないにしろ、依然として力があるので、医局を
退局するうえで、どういった問題が起こりえるか事前に知っておいた方が良いです。





■それまでの人脈が途切れてしまう?


退局するにあたって、まず教授にその旨を伝えなければなりません。


もし焦って強引に退局しようと、教授ともめることとなれば、それまでに築きあげた
医局での「 人脈 」を全て断ち切られることとなります。これは手痛い損失です。


教授だけでなく、残された他の医局員からも「裏切り者」扱いされるケースが少なく
ありません。医師として大変孤独な道を自ら歩むことになってしまいます。





■開業医になってもついて回る問題とは?


医学界は、閉ざされた世界なので、退局しても学会などで教授らと顔を合わせる機会
が少なからずあります。当然のことながら毎回嫌な思いをすることになります。


開業医になるにしても、退局するさいにトラブルをおこしてしまうと、その後に遺恨
を残すことになるので、所属していた医局から医局員を紹介してもらえません。


最悪の場合は、所属していた「医局の名」を語ってはならないという理不尽な約束を
させられるケースもあるだけに円満退局を何より心がけたいものです。



 カテゴリ
 タグ