■より退局するのが困難な方向へ


医局側は、病院へ派遣する医局員の数を減らすわけにはいきませんので、以前よりも
医局を退局するのが非常に困難になっていると個人的に感じています。


また医師転職サイトを利用するケースが急速に増えている要因でもあります。


教授の圧力がこれまで以上に強いので、ありとあらゆる手(恫喝、あめ)をつかって、
転職を思い止まらせる方向へ巧みに誘導するため、自分の意志を貫くのが困難です。


ですので、医局を辞めてまで医師として新しい活路を見出そうと転職するのであれば、
こうした医局側から受けるありとあらゆる困難に打ち勝たなければなりません。





■医局との関係を断ち切られる


退局について教授と話し合ったあとに職場の様子が一変します。


周囲から「裏切り者」として見られるため、居心地が悪い状況に追い込まれます。


医局で働いていて、「これが大人のすることか?」と思ったことはありませんか?


誰もが羨むくらい高学歴で高い「社会的地位」にありながら、職場にて呆れるくらい
子どもじみたことをする人が少なくありませんので、気をつけたいところです。


例えば、あることないこと「悪意のある噂」を広げられてしまい、気がついたら職場
に誰も協力者がいなくなり、働きにくいように仕向けられてしまいます。





■最新の医療情報が入手できなくなる


医師の先生は、勉強・研究熱心な方が非常に多いです。


日々長時間にわたる激務をこなしながら、日々「 最新の医療 」について勉強されて
いるわけですから、1分1秒も無駄にはできません。時間がなにより貴重です。


しかし、医局を退局するにあたって、遺恨を残してしまうと、医療に関する最新情報
を入手できなくなってしまいます。自力で探し求めるのは大変困難を極めます。


これは仕事にも影響するので大変手痛い大きな損失ですよね。


そうならないためにも退局準備を万全に整えて、対応しなければなりません。



 カテゴリ
 タグ