■給与は言うまでもなく大事


いうまでもなく、医師にかぎらず働く人にとって給料は大事です。給料が仕事に対する
一つの評価であるならば、これほど分かりやすい評価方法はありませんよね。


もし医師の給料が法によって最大200万円に制限されてしまったらどうでしょう?


どうしたって仕事に対するモチベーションは下がりますよね。


例えそうであったとしても、その先にもっと上があると思うからこそ頑張れるのです。


医師は弁護士などと並んで社会的地位が高く、高収入が得られる仕事の一つですが、
人の命がかかっているだけに、その責任の大きさは比較できる対象がいません。


【 医師限定求人 】最短距離で年収アップを実現! >>






■美容外科医だけが儲かる?


それにもかかわらず、労働条件が悪くて給与も高止まりしたままの状況が続くとなると
医師を目指す人が減ってしまい、さらに「医療崩壊」が進みかねません。


これは大げさな話でもなんでもないんです。イタリアも医療崩壊が著しく進んでます。
そうした状況にありながらも美容外科だけはありえないくらい潤っています。


実はイタリア国民は世界で一二を争うくらい美容整形を行なう民族なんです。


このため世界中のセレブたちがイタリアの超一流美容外科医のもとを訪れます。


時給数百万の世界が現実にありながら、それ以外の医師は本当に大変です。






■日本も他の先進国と同じ道を歩むのか?


医師だけの給与では到底食べていけないので、空いている時間にアルバイトでタクシー
の運転手をしている人もいるくらい大きな格差が生じてしまっています。


当然イタリア国民が受けられる医療の質は年々低下しています。


アメリカでは1億円クラスの医師がゴロゴロいますが、その代償をアメリカ国民が受け
てます。1980年代に入って急速に医療費が高騰しました。


これにより多くの人がまともに医療を受けられなくなってしまったのです。


こうした傾向は世界的に広がっているので、政府や役人が何もしなければ、日本の医師
の先生の血と涙と汗の結晶である質の高い日本の医療は、大きく劣化することでしょう。


【 医師限定求人 】自分にあった病院に転職しよう! >>



 カテゴリ
 タグ
None