122016907.png
 
 
 
 
 
■「べろ回し体操」とは!?
 
 
今回、日本歯科大学新潟生命歯学部教授の小出馨先生が考案された「べろ回し体操」をご紹介させていただきます。こちらのエクセサイズは、その名のとおりベロを回すだけの簡単なものなんですが、その効果の高さが評判を呼び、依然高い人気を誇っています。
 
 
それだけ、「べろ回し体操」の効果が高い証拠ですね。私がこのエクセサイズを知ったのは、今から2年ほど前なんですが、当時の私は仕事の関係でパソコンとスマホの利用時間が長く、目がしょぼしょぼでした。
 
 
そんな折、たまたま小出馨先生が出演されているテレビ番組を見る機会があり、そこで初めて「べろ回し体操」を知りました。当時ほうれい線がとれるのを最大の売りにしていました。
 
 
しかし、私は直感的に目にも良さそうと思い、習慣として「べろ回し体操」を取り組むことにしました。実際にこの体操をやるようになってから、目が疲れにくくなりました。
 
 
目の周りの筋肉を刺激する効果があるからだと思っています。それと同時に心と体の疲労感も軽減されました。私個人的には30代後半に入ったら男女を問わず、この体操を習慣にされることをオススメします。



 
132016907.png
 
 
 
 
■「べろ回し体操」のやり方
 
 
「べろ回し体操」のやり方についてですが、まず唇を閉じ、舌を2秒から3秒かけて1回のペースで歯の外側で回します。これを右回り・左回り各20回×朝昼晩の1日3回行います。
 
 
口が開いて舌が飛び出さないよう、しっかり唇は閉じるようにしてください。最初は舌がもつれ、頭の後ろ側の皮膚がはちきれそうになりますが、慣れるとだいじょうぶになりますので、最初は10回くらいから始め、少しずつ回数を増やしていきましょう。
 
 
 
 
142016907.png

 
 
 
■「べろ回し体操」の凄すぎる効果とは!?
 
 
 
(1)ほうれい線が薄くなる
 
 
べろ回し体操は、ほかのエクササイズと異なり、口の内側から顔の筋肉に働きかけるので、顔の表情がより豊かになります。
 
 
ベロを口の中で回すので、口の周りの筋肉や血行を無理なく促進し、次第に「ほうれい線」そのものが薄くなります。
 
 
 
 
(2)二重あごの解消
 
 
舌を回すことで口周りの筋肉に良い効果をもたらすのは勿論、顎舌骨筋を鍛える効果も期待できます。これを鍛えることで、あごの下のぜい肉を取り除く効果が期待できます。
 
 
 
 
(3)目ヂカラUP
 
 
ベロ回しをすると、目の周りの眼輪筋が自然とストレッチされることから、程よい筋肉がつき目がパッチリと大きくなります。
 
 
 
 
(4)シミが薄くなる
 
 
べろをまわすことによって顔全体の筋肉を刺激するため、自然と顔の血行を良くなります。これにより、お肌の代謝がアップすることからシミが薄くなるとされています。
 
 
 
 
(5)顔のゆがみを整える
 
 
舌をまわすことで、顔の表情筋が程よくつくことから、顔の歪みが改善される効果が期待できます。また、顔の表情が良くなるので、対人面での印象が良くなります。
 
 
 
 
(6)小顔効果
 
 
また、ベロを回すことで表情筋を鍛えられるので、嬉しい小顔効果も期待できます。
 
 
 
 
【画像】Pinterest
 
【動画】美レンジャーさん
 
よし小顔!口の中でクルクルするだけ
「舌トレ」でむくみ解消

 

 
 カテゴリ
 タグ
None