■転職で失敗は許されない?


医師免許取得するために膨大な費用がかかり、 一人前の医師になるまでには「失敗・挫折」
を繰り返して医療スキルを高めていかなければならないので、相当の痛みが伴います。


中途半端な意識では医師の仕事は務まりません。そこまで大変な思いをしたからこそ、一度
転職に失敗しただけで自ら奈落の底に突き落としてしまう方もいます。


思い描いたキャリアを築き上げることが事実上困難となり、これまで築き上げた医師としての
キャリアを全て不意にしてしまうケースもあります。本当にもったいない話です。





■根拠の無い期待は厳禁!


病院に勤務する沢山の医師が重たい責任を背負わされているため、 一般企業に勤務してる
人達のように気軽に転職することはできません。色々な障害が沢山あります。


ですので、医師転職サイトの需要がここまで拡大したわけです。残念ながら人間は体験した
ことのない物に過剰な期待を抱くことがあります。そうした期待が判断を誤らせます。


当然全ての医療の職場が同じ条件ではありません。基本的に年収などの勤務条件で転職先
を決めるのは決して悪いことではありませんが、それだけに固執するのはやはり問題です。





■絶対に自分自身を安売りしない!


無事に転職が完了したとしても担当する仕事により、大なり小なり年収に開きがあります。
新天地で誰よりも働いているのに、他の医師よりも収入が低いケースもあります。


転職する前にそうした状況を知っていたら絶対転職しなかったというケースに遭遇することも
ありますので、年収だけでなく、他の条件もしっかり精査しなければなりません。


医師は人命にかかわる大変な仕事を請け負っているわけですから、高収入を得るのは当然
のことです。自分自身を安売りしないためにも、収入に関しては高収入を最低条件とし、
これまで培った医療スキルと知識を最大限生かせる職場であるかを追求しましょう。




 カテゴリ
 タグ