■在宅医師の仕事とは?


在宅医師の仕事についてですが、当然のことながら往診が中心となります。訪問先は何も
患者さんの自宅だけではありません。老人介護施設など福祉施設へも往診します。


高齢者が多いことから、患者さんの病状をしっかりと管理したうえで診療や投薬などを行う
のですが、患者さんの中には重度の病気を患っているため日常生活が困難な方もいます。


例えば透析されている患者さんには、患者さんのご自宅で人工透析を行います。難易度の
高い大規模な手術は出来ませんが、それ以外の医療的サービスはほぼ提供できます。





■病院勤務にはない難しさ


患者さんの病気に合った診療を行うのは勿論ですが、高齢者の方の場合長期間にわたって
療養するわけですから、療養中に不安になってパニックになるケースも少なくありません。


ですので、そういった事態を極力避けるためにも患者さんとご家族に対して療養上の適切な
アドバイスを行う必要があります。こういったことも在宅医師の大切な仕事です。


在宅医師は病院勤務よりも患者さん一人一人に向き合う時間が長いので、やりがいも大きい
ですが、良かれと思ったことが仇となったりするケースもあるので、難しい面もあります。





■家族の心のケアも大事な仕事

高齢者の患者さんの場合、ご家族が沢山いて、交代で患者さんを介護しているケースは多く
ありません。一人二人で親の面倒を見ているケースが圧倒的に多いのが現状です。


特に核家族化が進んでいる大都市では、 こうしたケースが多く、介護疲れで精神的に苦しん
でいるご家族の方が少なくありません。日常的に相談相手がいないのも問題となってます。


藁にもすがる思いで在宅医師に色々な相談をしてくるご家族の方もいます。どうかこうした方
を突き放すのではなく、出来る範囲内で相談にのってあげて下さい。これも大切な仕事です。




 カテゴリ
 タグ