135201610121.png
 
 
 
 
 
■ 老化の仕組みとは?!
 
 
女性が女性であるために女性ホルモンは欠かすことができません。しかし、女性ホルモンのバランスはちょっとしたことで悪化し、分泌する量は加齢ともに年々減っていきます。
 
 
いつまでも女性として若々しく健康でキレイでいるためにも、女性ホルモンを分泌する量を意識して増やす必要があります。今回は生活習慣を改善する方法を中心に解説します。
 
 
お肌に潤いを与えてくれる「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などのも成分さえも女性ホルモンによって保持できるので、女性ホルモンの分泌量を増やすのが大きなカギです。
 
 
 
134201610121.png
 
 
 
そうすることで単に美肌、美髪になるだけではありません。その美しさを保つ効果さえもあるわけですから、スキマ時間を有効に使って女性ホルモンの分泌量を増やしましょう。
 
 
数ある女性ホルモンの中で最も重要な働きをしているのが月経周期をコントロールしているエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。
 
 
これらはただでさえ分泌量が少ないわけですが、加齢が進むにつれて分泌する量が減っていきますので、ここをいかに抑えるかが大きなポイントになります。



136201610121.png
 
 
 
■ 寝る3時間前が最も女性ホルモンを増やせる?
 
 
女性ホルモンが分泌されるメカニズムは非常にデリケートなので、仕事などで日常的に強いストレスを感じるとホルモンバランスに悪影響を及ぼします。
 
 
そうならないためにも日々リラックスすることが大切なんですが、自宅でリラックスするためにもっとも有効なのが「お風呂=入浴」です。一日の疲れをしっかり落とせます。
 
 
しかし、あまりにも湯が熱いと心臓に負担がかかるので逆効果になりますので、適温(40度程度)で出来るだけ長く入りながらリラックス効果を高めて下さい。
 
 
お風呂につかりながら軽く目をとじると入浴の効果と「プチ瞑想」の効果もプラスされるので、よりリラックスすることができます。これだけでも心と体が十分癒やされます。
 
 
 
 
137201610121.png
 
 
 
■ 深呼吸でリラックス!
 
 
次に深呼吸です。深呼吸をすることによって副交感神経の働きを促すことが出来るので、交感神経から副交感神経へのスイッチの切替がスムーズに行なえます。
 
 
そうすことによって眠りに入りやすくなりますので、必然的に睡眠の質が高まります。しかし、ただ単に呼吸を吸ったり吐いたりすればいいというわけにはいきません。
 
 
まずできるだけ息を長く吐くようにします。そうすることにより、心と体ををリラックスさせる「副交感神経」が優位になりますので、自律神経のバランスが自然と整います。
 
 
一般的な深呼吸の方法は以下の通りになります。
 
 

(1)まずゆっくり8秒ほどかけて
   口から息を吐き出します。
 
(2)次に4秒間かけて鼻から
   息を吸い上げます。
 
(3)2~3秒ほど息を軽く止めます。
 
(4)また口から8秒ほどかけて
   口から息を吐き出します。
   これら一連の動作を
   最低5回行って下さい。
   

   
   
138201610121.png
 
 
 
■ ストレッチやマッサージでほぐす!
 
 
軽いストレッチを行って体をほぐして下さい。運動は女性ホルモンの分泌を活性化するうえで非常に重要なのですが、ジムワークのようなハードな運動は逆効果です。
 
 
ウォーキングやストレッチなどの誰でもできる軽めの運動の方が女性ホルモンの分泌を刺激してくれます。しかし、体が硬くて苦手としている人が多いのも事実です。
 
 
そういった方は軽く手で揉むセルフマッサージでもいいです。入浴後にやると仕事で緊張している筋肉を効率よくほぐすことができます。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】
 
Wellness To Goさんのチャンネル
 
「一瞬で気持ちが落ち着く!魔法の呼吸法☆」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None