■きれいごとでは務まらない


在宅医師として働いている方の多くが、地域医療に対して多大な貢献をしています。 自治体が
在宅医療に対して力をいれていない所では、損な役回りに苦しめられている方も多いです。


在宅医療を利用される患者さんの多くが高齢者ではありますが、 高齢者以外にも自分で病院
に通うことが困難な方が沢山います。こうした人達に手を差し伸べるのが在宅医療の仕事です。


在宅医師はキレイごとでは務まりません。毎日一人一人の患者さんと密接に向き合いながら、
緩和医療として患者さんとその家族を色々な面で支えていますので、ある意味特殊です。





■キャリアアップは二の次


大型病院や有名大学病院に勤務されている医師の中には、キャリアアップ、収入アップを第一
に考えて働いている方が少なくありませんが、在宅医師の場合はどうでしょうか?。


結論から言うと、そういったことを考えている暇がないくらい在宅医師の仕事は大変です。実際
の現場では辛いことも多く、効率よく患者さん宅を訪問するだけでも容易ではないのです。


患者さんや家族から感謝されることも多いですが、長期間に渡る患者さんの介護に疲れ果て、
家庭が崩壊しているケースもあるため、見たくないことを見なければならないことも多いです。





■在宅医師に向いている方の特徴


そうした中で患者さんのことを24時間考えながら働いている在宅医師の方も少なくありません。
在宅医師になる前までは、聞けば誰もが羨む有名大学病院に勤務されていた方もいます。


出世の道から外れて、あえて在宅医師の道を選んだ理由として、大きな組織に所属していては
できないことをやりたい、といった思いがあげられています。本当に貴重な存在です。


もし、 患者さんと真剣に向き合いながら、 患者さんの人生に深く関わることを恐れずに、自分に
出来る最高の医療を施したいと考えているのであれば、在宅医師はまさにピッタリの仕事です。




 カテゴリ
 タグ