44130170114.png
 
 
 
 
■ 頑張っても痩せない理由があった!
 
 
人間だれでも一度や二度はダイエットに取り組んだ経験があるかと思います。私は思春期のころに1年で体重が30キロ以上太ってしまった経験があるので、ダイエットではかなり苦労しました。
 
 
短期間で急激に太ったので、10代で心臓肥大になってしまい、駅の階段の昇り降り程度の運動で息切れしてしまう始末。お医者さんから「そんなに太ったら40歳まで生きられないよ」と脅されて、ようやく痩せる決意をしたのですが、本当に苦しかったです。
 
 
自宅から最寄り駅までの道のりを自転車で通っていたのですが、往復で約4キロの道のりを歩くことにし、食事も昼は食べないことに...。苦しんだかいあって、1年後には元の体重に戻りましたが、油断するとすぐに太ってしまいました。
 
 
 
 
3904201610127.png
 
 
 
『 がんばっても痩せない原因とは!?』
 
 
しかし、友人の中には部活をやっていないにもかかわらず、毎日弁当を持参し、午前中に平らげ、昼食に学食で腹いっぱい食べ、しかもおやつまで食べているのに太るどころか、がりがりの子がいました。「同じ人間なの不公平すぎる」と嘆いたものです。
 
 
絶対に胃か腸がおかしいのだろうと思っていたのですが、実は痩せている人には太っている人にはない腸内細菌が腸内に棲息していたんです。だから太っている人は努力しても中々やせなかったんですね。
 
 
ということで、今回はこの点について分かりやすく解説している「まぐまぐニュース」さんの記事(『池田清彦のやせ我慢日記』)と動画を合わせてご紹介させていただきます。





 
太らないにはワケがある。
痩せている人だけが持つ
「腸内細菌」が判明

 
 
3854201610127.png
 
 
 
■ 肥満は腸内細菌のせいだった
 
 
ヒトの体の表面(皮膚や腸壁)には沢山の細菌が棲んでいる。コリンの本によれば、腸内細菌だけで、4000種100兆個の細菌が生息しているという。中には3万種1000兆個と見積もっている学者もいる。
 
 
ヒトの総細胞数は37兆個だから、1000兆個が本当だとすると、ヒトの体を構成している細胞の僅か3.7%だけがヒトのゲノムを持った細胞ということになる。
 
 
細菌の種類数が多いということは遺伝子の多様性も高いわけで、細菌の持っている遺伝子の総数は440万個にも上るという。
 
 
ヒトの遺伝子の総数は2万1000個だから、この観点からは、ドーキンスではないが、ヒトの体は細菌の遺伝子の乗り物である。
 
 
 
 
 
3884201610127.png
 
 
 
■ 痩せている人には確かな理由があった!
 
 
痩せた人の腸内ではアッカーマンシア・ムシニフィラという細菌が、腸内細菌全体の4%を占めているが、太った人ではほとんどゼロだという。
 
 
この細菌は腸壁の粘液層の表面に棲んでいて、自分たちが棲みやすい環境を作るために、腸壁の細胞の遺伝子に化学信号を送って、粘液を分泌させているのだという。
 
 
粘液層が厚くなると、あるタイプの腸内細菌の表面にあるリポ多糖が血液中に入りにくくなり、肥満を防ぐのだという。
 
 
痩せた人がエネルギーを貯蔵するときは、新しい脂肪細胞を多数作って、それぞれに少量の脂肪を入れるが、太った人は新しい脂肪細胞を作れず、数少ない細胞に無理やり多量の脂肪を蓄えて、炎症を起こさせているのだという。その犯人がリポ多糖らしいのだ。
 
 
 
 
 
3874201610127.png
 
 
 
■ ダイエットしても痩せない本当の理由とは!?
 
 
実際、太ったマウスにアッカーマンシア・ムシニフィラを加えた食事を与えてみると、マウスの体重が減ったのである。さらに、マウスに高脂肪な餌を与えて太らせると、アッカーマンシアが減少し、食物繊維を加えると、再び増加することが分かったという。
 
 
痩せるためには、食べる量を減らして運動すれば良い、と金科玉条のように言われ続けてきたが、どうやら話はそんな単純なものではないようだ。
 
 
腸内細菌の組成によって、肥満か痩せかが決まるのであれば、肥満予防のためには、腸内細菌叢をどう整えるかが喫緊の課題となる。
 
 
アメリカでは、肥満の人の割合が増え続けており、2030年には人口の86%が過体重(BMI=体重kg÷身長m÷身長mが25-30)または肥満(BMIが30以上)になると予測されているという。
 
 
 
 
 
3894201610127.png
 
 
 
■ 肉で太るのは脂肪ではなく抗生物質だった!?
 
 
1940年代の後半、ニワトリに抗生物質を与えると、成長が50%近く促進されることが分かって以来、ニワトリばかりでなく、ブタにもウシにも抗生物質入りの餌を与えることが常識になった。
 
 
おそらく、抗生物質が腸内細菌叢を変えて、太りやすい体質に変えたのだろう。農家にとって太りやすい家畜はコストパフォーマンスがいいので大歓迎である。もちろん抗生物質は肉を食べた人にも摂取される。
 
 
1950年代からアメリカの人々の肥満率が上昇を始めたのは、このことと関係があるとコリンは指摘する。
 
 
そのうち抗生物質は投与していませんという高級肉が売り出されて、金持ちは買えるが、貧乏人は買えずに、上流階層は痩身に、下流階層は肥満になるのかしら。もしかしたら、アメリカではすでにそうなっているのかもね。
 
 
 
3864201610127.png
 
 
 
 
【出典】 まぐまぐニュースさん
 
【原文】 『池田清彦のやせ我慢日記』より
 
【画像】 まぐまぐニュースさん
 
【画像】 wikiHow
 

 
【動画】 scenes2009さんのチャンネル
 
「腸内細菌の働き 善玉悪玉では無い?」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None