■常勤産業医として働く最大のメリットとは?


臨床医として働いている医師の中には、余りにも仕事が多忙であるため家族と過ごす時間が
少なすぎることを嘆いている方が少なくありません。家庭の悩みは仕事に大きく影響します。


このため人によっては転職を検討せざるえない状況にあります。こういった悩みを持つ医師
の方々におススメしたいのが、産業医として大手企業で勤務することです。


産業医の仕事は従業員の健康管理が中心です。しかし、決して楽な仕事ではありませ。その
かわり労働条件は病院勤務よりも良いので、家族と過ごす時間を無理なく増やせます。





■産業医として働くには?


産業医なら年収1,000万円以上で、週3、4日程度勤務すればOKの求人も少なくありません。
一般企業で働くので土日・祝日も無理なく休むことができるので、ご家族も喜ばれます。


人によっては、臨床医としてこれまで培った経験と知識を産業医として生かしたいと考えて
いる方も多いかと思います。産業医として働くには、資格を取得しなければなりません。


ちなみに産業医の資格を取得する方法についてですが、日本医師会認定の産業医学基礎研修
を受講するか、産業医科大学の産業医学基本講座を受講する形になります。





■転職を成功させるには?


基本的に産業医研修を修了することによって産業医の資格を取得できます。国家試験はあり
ませんので、これで晴れて産業医として一般企業で働くことが可能となります。


また、 研修会の開催日程などに関しましては、 日本医師会や都道府県医師会会報のホーム
ページから確認することができます。受講手続きの案内も分かりやすく解説されています。


もし、産業医として働くことを検討されているのであれば、「医師転職サイト」を利用されることを
強くおススメします。何と言っても産業医の求人を探すのは、非常に困難です。


しかし医師転職サイトを利用すれば担当の転職コンサルタントが産業医の求人状況や産業医
として働くうえで役立つ情報を提供してくれるので、転職活動もスムーズに行えます。




 カテゴリ
 タグ