3098920161121.png
 
 
 
 
■ いちごの優れた効能・効果とは!?
 
 
いちごは、ビタミンCをはじめカリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維などのミネラル、また、アントシアニンなどのポリフェノール類が豊富に含まれています。
 
 
このため、いちごを食べることによって、イチゴの優れた整腸作用によって「腸内環境」が改善され、「下痢」や「便秘」などの病気や症状を予防・改善したり、美肌効果も期待できます。
 
 
フルーツの中でもいちごは特に食物繊維が豊富とされていまして、中でもペクチン(食物繊維)は、血中のコレステロール値を下げ、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、成人病の予防に有効です。
 
 
 
 
2168920161118.png
 
 
 
『 血糖値の上昇を抑える! 』
 
 
また、ペクチンは整腸作用も優れていて、ペクチンが腸内でのコレステロールと糖分の吸収を効果的に抑えてくれるので、血糖値の上昇を抑えてくます
 
 
そして、ペクチンは腸内の善玉菌を効率よく増やすことによって、動脈硬化、高血圧、便秘、大腸がんなどを予防する効果が期待されています。
 
 
 
 
199420180205ht.png
 
 
 
『 いちごはビタミンCもすごい! 』
 
 
いちごは、ビタミンCも豊富に含まれていて、1日に5~6個食べるだけで1日に必要な摂取量を満たすことができます。
 
 
コレステロールは体外に排出する前に胆汁酸へと変化するのですが、このときに必要となるのがビタミンCです。ビタミンCが不足するとコレステロールから胆汁酸への変化が十分に行われなくなってしまうので、その結果コレステロール値が高くなります。
 
 




3128920161121.png
 
 
 
■ いちごの美肌効果が凄い!
 
 
ある程度の大きさのいちごを一度に7~8粒食べることによって、1日に必要な量のビタミンCを摂ることができるとされています。驚くべきことに、ビタミンCの含有量は、あのレモンよりも豊富です。
 
 
ビタミンCは、いちご100g中50~100mgと、レモンなどよりも大量に含まれており、果物の中ではトップレベルです。
 
 
また、いちごを食べることによって、お肌、皮膚を若々しく保つ美肌効果、コラーゲンの生成を活発化し、体組織細胞の傷を修復する効果、メラニンの生成を抑え、日焼け予防、シミやしわを予防する効果が期待できます。
 
 
 
 
 
18972017401ht.png
 
 
 
■ いちごのむくみ・貧血予防効果が凄い!
 
 
イチゴは体の内にたまってる余分な塩分を排出してくれるカリウムによって、むくみや高血圧を改善する効果が期待できます。
 
 
また、イチゴには鉄も多く含まれているので、貧血を改善する効果があり、皮膚の状態が美しく健康的で血色のよい顔になるので、表情もより豊かになります。
 
 
そして、虫歯などの予防効果がある「キシリトール」をはじめ、ビタミン・ミネラルなどをバランス良く含んでいますので、歯の病気にも効きます。
 
 
 
 
 
3158920161121.png
 
 
 
■ いちごの選び方について
 
 
いちごの選び方についてですが、まずヘタの色が濃く、瑞々しいもの、そして実も張りがあって、つややかなもの、ツブツブが立っているものが鮮度を見極めるうえで重要なポイントになります。
 
 
王冠のようにへたが反り返っているイチゴは、まさに今が食べごろのサインです。
 
 
スーパーでパックのイチゴを買うときは、表だけでなく裏もきちんと見るようにしてください。また、イチゴの表面が柔らかくなっていないものを買い物カゴの一番上に入れてレジに運んでください。
 
 
 
 
 
3138920161121.png
 
 
 
■いちごの美肌効果を高めるには?
 
 
殘念ながら美肌効果が期待できる「ビタミンC」は、熱に弱いので、出来るだけ新鮮なうちに生のまま食るのが一番です。また、ダイエットを目的にいちごを食べる場合は、練乳や砂糖はつけずに生のまま食べるようにしましょう。
 
 
 
image7.png
 
 
 
 
【画像】 We Heart It
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 SeikinTVさん
 
「 簡単激ウマ!!生クリームいちご大福作ってみた! 」
 

 
 
 タグ
None