4068920161123.png
 
 
 
 
■ 保冷剤の活用術7選!
 
 
どこのご家庭でも冷凍庫の中に保冷剤があると思いますが、その活用方法は限定されています。一般的な保冷剤の利用法としては、クーラーボックスの中に入れて飲み物や食べ物を冷やすための物です。しかし、これは非常にもったいないです
 
 
まず、保冷剤の中身についてですが、吸収材である高分子吸水ポリマーが2%程度含まれていて、残りの98%は「普通の水」が入っています。この高吸水性ポリマーが水を吸収しているため、あの保冷剤独特のむにゅむにゅした柔らかさにつながています。
 
 
また高吸水性ポリマーには優れた消臭効果があるので、あらゆる不快な匂いを消してくれる消臭剤としても期待できます。これまで何も考えずに食品についていた保冷剤を捨てていた方は、今日から捨てるのを止めて下さい。
 
 
 
4138920161123.png
 
 
 
保冷剤は、日常生活の中でいたる場面で役立ちます。しかも、単なる便利グッズとしてだけでなく、美容と健康にも優れた効果を発揮してくれます。
 
 
しかし、注意点も幾つかあります。一部の保冷剤には、エチレングリコールや、メタノールなどの毒性のある成分が含まれているケースがあるので、間違っても小さなお子さんが飲み込んだりしないように十分注意してください。
 
 
今回ご紹介させていただく記事と動画をご覧いただければ、今日から保冷剤に対する考え方が変わると思うので、是非これからは保冷剤を思いっきり使い倒してくださいね。



 

 
保冷剤の意外な使い方!
こんな使用方法があったのか!
これは滅茶めっちゃ便利!
あなたは知ってましたか?
7つの再利用をご紹介

 
 
 
4128920161123.png
 
 
 
(1)一瞬で匂いを消す消臭剤!
 
 
普段生活している自分の部屋、気がつかないうちに変な匂いが充満しているかもし得ません。そんなもしもの為に、部屋の臭いを瞬時に消してくれる保冷剤を使った方法をご紹介します。
 
 
凍らしていない状態の保冷剤の中身を袋から皿の上などに広げて、匂いが気になるところに置いておくだけです。それだけでなんと消臭効果が期待できます。
 
 
今、日本で使われている保冷剤のほとんどは、水と吸水性ポリマーという化学製品を混ぜたものです。吸水性ポリマーは市販のオムツや生理用ナプキンにも使われているものです。
 
 
なので、保冷剤の中身をペットボトルやコップなど口が細くなっているものなどに入れるよりは、平たいお皿などに敷いた方が空気に触れる面が大きくなり、消臭効果が高くなります。
 
 
 
 
 
4158920161123.png
 
 
 
(2)アロマオイルを吸い取らせて芳香剤
 
 
アロマオイルの香りが保冷剤の水の中に溶け込み、その水が徐々に蒸発していくことで、いい香りを部屋中に充満させることができます。
 
 
市販の芳香剤の中にも、吸水性ポリマーに香料を入れて作られたものは多いのでそれと同じ効果が発揮されます。その効果は直接、日光に当たらないところにおいてあれば、7~10日ぐらいもち、見た目が乾いてカピカピになったら替えるサインです。
 
 
 
 
 
4058920161123.png
 
 
 
(3)園芸でも使えるアイテムに
 
 
ジェル状の保冷剤の中身を直接、鉢植えの土や、畑の土の上にまけば、保水剤として使えます。水を含んだ吸水性ポリマーから水分がだんだんと土の中に溶けていくため、旅行などの予定で水やりに間隔が空くときなどに使えます。
 
 
保冷剤に含まれている吸水性ポリマーや少量の防腐剤などは植物などに害を与えてしまう物質ではないので土に混ざってしまっても安心です。
 
 
 
 

4148920161123.png

 
 
(4)掃除のアイテムとして汚れを根こそぎ落とす!
 
 
お掃除のときに、汚れてしまった鏡や、蛇口などを保冷剤をつけた布で拭いてみてください。
 
 
理由はわかりませんがピカピカになるんですよ。冷やすだけが保冷剤の使い道じゃないんです。こんなにも秘めたる力が隠されていたんですね。
 
 
冷凍庫の肥やしになってしまっている保冷剤、捨てないでこんな活用してみてはいかがでしょう?
 
 
 
 
 
4118920161123.png
 
 
 
(5)打ち身や火傷したところを冷やす!
 
 
保冷剤は打ち身や火傷など体の痛みを抑えるのに最適です。あまりにも冷たすぎる場合はタオルなどにくるんで使うと、ちょうどよい冷たさが体の痛みを解消してくれます。
 
 
 
 
 
4108920161123.png
 
 
 
(6)痩せ細胞を刺激してダイエット!
 
 
ダイエットと保冷剤、一見何の関連性も無いと思われるかもしれませんが、実は大アリなんです。首や鎖骨の部分には、「褐色脂肪細胞」という細胞が豊富にあります。
 
 
この細胞が皮膚や内臓の新陳代謝を促進して体全体を若返らせてくれるのですが、褐色脂肪細胞が刺激されると非常に太りにくい体質へと変化しますので、優れたダイエット効果が期待できます。
 

 
 
 
4088920161123.png

 
(7)氷枕として使って風邪を治す!
 
 
最近あまり使われることが少なくなりましたが、昔は熱が出るとゴム状の枕に氷を入れた氷枕で熱を下げたものです。保冷剤は氷枕としても使えます。小さなお子さんが熱をだされたときに氷枕として利用することで熱を効率よく下げることができます。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
 

 
【動画】キレイスタイルさんのチャンネル
 
保冷剤の意外な使い方!
こんな使用方法があったのか!
これは滅茶めっちゃ便利!
あなたは知ってましたか?
7つの再利用をご紹介

 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None