91278920171201.png
 
 
 
 
■ 残暑が厳しい今こそ梅干しを食べましょう!
 
 
梅干しというと人によっては夏のイメージが強いですよね。それもそのはず、梅干しにはクエン酸・コハク酸・リンゴ酸そして、種にはアミグダリンといった疲労回復効果に優れた成分が豊富に含まれています。
 
 
しかも、保存食なので、本来一年を通じて食べるべき万能食品です。夏には、その優れた殺菌作用で食中毒を予防してくれますし、冬には免疫力を高めて風邪やインフルエンザを撃退してくれます。
 
 
また、胃がんの最大の原因とされる「ピロリ菌」も梅干しのこうした優れた効能・効果にはかないません。梅干しは胃がんを予防する効果が高い食品の一つにあげられます。
 
 
 
 
91378920171201.png
 
 
 
『 女性の疲労回復に効く! 』
 
 
それだけではありません。梅干しには余分な脂肪を燃焼してくれたり、便秘や下痢の症状を改善・解消する働きが期待できます。冬は寒さで免疫力が低下しやすいので、何かと体調不良を引き起こしやすい今の時期だからこそ食べておきたい食品です。
 
 
ちなみに梅干しの優れた美容と健康効果を支えているのが、「バニリン」、「ムメフラール」、「クエン酸」といった成分です。ダイエットだけでなく、血流改善、代謝アップ、免疫力UP、血糖値の上昇を抑える、疲労回復効果が期待できます。
 
 
これから春を迎える前に冬太りを梅干しで解消しましょう!。ということで、今回は1日3個「梅干し」を食べることで得られる健康効果について分かりやすくまとめたLBRさんの記事と動画を合わせてご紹介させて頂きます。





 
1日3個で痩せる!?
梅干しを食べた方がいい理由3つ

 
 
15220161116.png
 
 
 
 
■ ダイエット効果
 
 
梅干しに含まれる「バニリン」という成分は、食べると小腸で吸収され、脂肪細胞に刺激を与えることで脂肪細胞を燃焼させ、小さくさせる働きがあるのだそうで、体重の減少効果も期待されているのだとか。
 
 
また、梅には血糖値の上昇や肥満等に関連づけられる酵素の働きを阻害する成分も含まれているのだそうですよ。
 
 
紀州梅効能研究会の調査によると、1日3個以上紀州産梅干しを食べている人は、食べていない人に比べてBMI値が低いという結果がでているそうなので、ダイエット中の人は試してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
89278920161201.png
 
 
 
■ 疲労回復効果
 
 
梅干しの酸っぱさの素であるクエン酸は、疲労の要因となる乳酸がたまるのを防ぐ働きがあります。夏は外気と室内との温度の差や、暑さによる食欲の減退などからいつもよりも身体に疲れを感じやすい時期。
 
 
身近な食材で疲労回復をサポートしてあげたいですよね。梅料理に特化したレストランがあるくらい梅は料理に活用できる食材です。包丁でたたいた梅に夏野菜のキュウリをつけて食べても美味しいですよ、
 
 
 
 
 
5488920161126.png
 
 
 
■ 食中毒予防にも!
 
 
梅雨から夏にかけて多く発生する食中毒。防腐作用や殺菌作用を持つ「梅干し」を料理に活用して細菌や微生物の増殖を防ぎましょう。
 
 
お弁当女子はご飯に梅干しを入れるようにすると◎! お米を炊く時に一緒に種をとって粗くほぐした梅干しを入れて炊いてもOK! 試してみてくださいね。ダイエット効果や疲労回復効果がある梅干しを活用して、健康美人を目指しましょう。
 
 
 
0720170301ht.png
 
 
 
 
【出典】 LBRさん
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 

 
【動画】 nagokyさんのチャンネル
 
「焼き梅干しラクやせ?
ダイエット2週間後効果ありを確認する」

 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None