■どのように働きたいのか明確にする


常勤医師として病院に勤務する場合、以下の通り働く形態がいくつ別れているので、どの形態
で働くのか、転職活動を進めるにあたって、しっかり明確にする必要があります。


■常勤

■パート・バイト(短期バイト含む)

■派遣(単発派遣含む)

■夜勤専従(夜勤バイト含む)


パート・アルバイトだけとっても色々あります。これは御存知の通り 医療現場における 勤務シフト
が複雑だからです。普通の会社だったら間違いなくブラック認定されてしまいますよね。





■希望の勤務条件を明確にする


ただ闇雲により良い職場を求めて転職活動すると、失敗する可能性が高いです。自分に都合の
良い理想ばかりを追い求めてしまうからです。大なり小なりどの職場でも問題があります。


それよりも、どのような医師になりたいのか明確な目標をたてる方がよいでしょう  目標がより
現実的であれば、達成する可能性が高まります。それに見合った転職先が見えてきます。


そうすれば希望条件も具体的になります。例えば以下の点を明確にします。


■月給はどれくらい?


■土日祝日休みを希望する?


■月に何日働きたいのか?


■夜勤ある・なし?





■目的・目標が明確でないと失敗する?


こういった勤務条件を明確にしないと、面接の場で確認しなければならないことを聞きづらいが
ゆえに確認しないでそのままにしていしまいます。そうなると後になって後悔します。


話が違うと嘆いても意味がありません。大きなストレスを抱え込むことになれば、どんなに無理
をして頑張っても働き続けるのは困難です。こういったことを自分でやるのは難しいです。





■医師転職サイトのコンサルタントを使い倒す!


医師転職支援サービスを迷わず利用しましょう。提供する医師転職サイトのスタッフがナビゲート
してくれます。医療機関に特化した転職のプロ集団だから安心して利用することができます。


プロのコンサルタントらしく、適切なアドバイスをしてくれます。


あなたがやるべきことはただひとつ、転職する目的および目標を明確にすることです。そうすれば
コンサルタント側も適切なプランと対策を打ち出すことが出来ます。焦らずじっくり考えましょう。







 
 カテゴリ