9660170301ht.png
 
 
 
 
 
 
■ 背筋が曲がるデメリットとは!?
 
 
長期間にわたってデスクワークを行なっていると姿勢が前屈みになりやすいので、そうなると背中が丸まってしまいます。一度そうなると背筋を伸ばそうとして腰だけを起こそうとしても、腰が伸びません。最悪の場合は手術を受けることになってしまいます。
 
 
悲しいことに、本人は背筋を伸ばしているつもりでも、体は丸まったままの状態が続きます。そして、次第に腰回りの筋肉が固くなってしまいます。そこで有効となるのが、ストレッチで背筋をしっかり伸ばしてやることです。
 
 
最近はスマホの長時間利用によって、背中が曲がりやすいので、一定の期間だけストレッチをやるだけでは、残念ながら改善することは難しいです。一年を通じてストレッチで背筋を伸ばしてあげましょう。
 
 
 
9760170301ht.png

 
 
■ 効率よく背筋を伸ばすには!?
 
 
背中から腰に掛けての筋肉を柔らかくし、腰や背中の痛みを非常に効率よく改善します。ちなみに、今回ご紹介させていただく動画は、丸まった背中を伸ばして腰痛を治すストレッチを実演しています。
 
 
使用するのはタオル一本を丸めたものだけです。後は寝っ転がりながら行うので、特別なスキルやテクニックは一切必要ありません。今日から実践することができますので、是非お試しください。



 

 
背筋を伸ばして腰痛を改善する最強エクセサイズ
 
 
10160170301ht.png

 
 
 
 
■ 背筋を伸ばすメリット!
 
 
(1)呼吸の質が改善!
 
 
背筋が伸びることによって、自然と胸が開くので、呼吸がしやすい状態になります。これにより呼吸の質が改善するので、ストレスを抑制する効果も同時に期待できます。
 
 
9860170301ht.png
 
 
 
 
 
(2)代謝がアップ
 
 
背筋が伸びると自然と背中と腹筋に力が入るようになるので、筋肉量が効率よく増えます。これにより代謝がアップするので、太りにくい体質になります。
 
 
9960170301ht.png
 
 
 
 
 
(3)首や肩のコリを解消
 
 
背筋が伸びると、血流が改善するので、背中や腰の痛みが解消するのは勿論のこと、首や肩のコリも解消し、冷えにも効きます。
 
 
10060170301ht.png

 
 
 
 
■ 寝るだけで簡単に腰痛を解消するストレッチのやり方!
 
 
(STEP1)
 
まず最初に枕を丸くたたんで、首の裏の骨が出っ張っているところにあてて、そのまま仰向けに寝ます。
 
 
10360170301ht.png

10460170301ht.png
 
 
 
 
 
(STEP2)
 
その状態から、タオルが真ん中にくるように軽く微調整します。
 
 
10560170301ht.png
 
 
 
 
 
(STEP3)
 
微調整が終ったら、ばんざいします。あとは、そのままの状態を10分から15分キープします。
 
 
10660170301ht.png

 
 
 
 
(STEP4)
 
だらーっとリラックスしながら、ゆっくりと深い呼吸をおこないながら、より深くリラックスしましょう。こうすることで硬直した全身の筋肉をゆるませます。
 
 
2050170301ht.png

 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 ストレッチ動画・健康/美容動画 みっけ!
 

 
「寝るだけで簡単に腰痛を解消するストレッチ2」
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None