12360170301ht.png
 
 
 
 
 
 
■ 足底筋膜炎とは!?
 
 
足底腱膜炎の原因として「体重の増加」をあげる方が少なくありません。確かにそれも一つの原因になりうると思います。しかし、そうすると太っている人の多くが足底筋膜炎に苦しめられることになってしまいますが、現実は必ずしもそうではありません。
 
 
足底筋膜炎の最大の原因は、「足根骨のゆがみ」です。長時間立ちっぱなしの状態が続くと、当然のことながら足への負荷が増すことになり、足根骨がゆがみやすくなるので、「足底腱膜炎」を発症しやすくなってしまいます。
 
 
 
 
12460170301ht.png

 
 
・足底筋膜炎を予防しよう!
 
 
そうした中で医療や介護業界、サービス業、建設業で働いている方の中には、1日中立ちっぱなしの状態で働いている方が少なくありません。実際に「足底筋膜炎と診断された」という人が想像以上に多いのが現実です。
 
 
ということで、今回は足底筋膜炎の症状を抑えるストレッチを4つとセルフケアの動画をあわせてご紹介させていただきます。疲労回復効果やむくみの解消も期待できるので、是非ためしてみてください。




 
かかとの痛みを解消する!最強エクセサイズ
 
 
12660170301ht.png

 
 
 
 
■ 足底筋膜炎に効く4つのエクセサイズ!
 
 
 
1.「足のストレッチ」
 
 
12760170301ht.png
 
 
ふくらはぎの筋肉は、あまりにも酷使しすぎると「足底筋膜」の症状を悪化させるリスクがありまして、今現在かかとの痛みの主な原因の一つとして仕事で一日中立ちっぱなしの状態が続いていることがあげられます。
 
 
まず、最初に壁から足1本分離れた場所に軸足を置き、壁に手を置きます。そして、このストレッチを1セット20~30秒程度行ない、トータルで2セット行ないます。
 
 
 
 
 
2.「テニスボールストレッチ」
 
 
12960170301ht.png
 
 
このエクセサイズは、テニスボールをローラー代わりにして足の裏のツボを広範囲に刺激(1回あたり約4~5分)します。これにより、凝り固まってしまった「足底筋膜」を効率よく揉みほぐすことができます。最初このエクセサイズを始めると、多くの方々が強い痛みを訴えます。
 
 
しかし、次第に足底筋膜が柔らかくなるので、痛みは次第に改善されます。今回はテニスボールで実践する方法をご紹介しましたが、他にもゴルフボールやペットボトルなどを上手に利用して、できるだけ早く足底筋膜の痛みを改善しましょう。
 
 
 
 
 
3.「タオルストレッチ」
 
 
12860170301ht.png
 
 
タオルストレッチは非常にシンプルでが、足底筋膜を伸ばす効果が非常に優れたストレッチ運動です。やり方は先に説明したストレッチと同様に簡単です。タオルを足裏にひっかけた状態から、両手でタオルを後ろに引っ張って、足底筋膜をしっかり伸ばしながら刺激します。1回あたり15~20秒を3セット行ないます。
 
 
 
 
 
4.「アキレス腱ストレッチ」
 
 
13060170301ht.png
 
 
このアキレス腱ストレッチは、階段など段差がある場所で行ってください。図にありますとおり、かかとが宙に浮いている状態で背伸びをしたり、かかとを押し下げたりすることで、アキレス腱やふくらはぎをほぐすことができます。1回あたり20秒程度行ないます。これを3セット行ないます。(必ず手すりなどにつかまりながら行ってください)
 
 
 
 
 
12560170301ht.png

 
 
■ 各ストレッチを行うさいの注意点!
 
 
今回ご紹介させていただいた4つのエクセサイズは、足裏からふくらはぎにかけて効率よく刺激することができるので、今現在病院で行われているリハビリプログラムでも採用されています。
 
 
基本的jにどのエクセサイズも非常に簡単です。特別な「運動能力」を必要としないので、今日から誰でも行うことができます。足の痛みを緩和させる効果だけでなく、足にたまった疲労を解消する効果も期待できます。もし、痛みが改善されない場合は速やかに専門医を受診してください。
 
 
 
 
【出典】 Prevention
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 土井治療院
 

 
「 足底筋膜炎のマッサージ 」
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None