■中途採用に求められるものとは?


一般企業では、大学卒の新人を採用するのを「新卒採用」、社会人3年目以降の人間を採用する
ことを「中途採用」と定義されています。医師の皆様には馴染みがありませんよね。


求人側からすれば医師免許を取得し、勤務されている段階で「中途採用」となり、「新卒採用」
とは意味合いが異なります。まず新卒採用の場合は、求職者の将来性を期待して採用します。


一方、「中途採用」は即戦力として採用するので、「新卒採用」に関しては多少なりとも数合わ
せの部分がありますが、中途採用の場合は求人側の条件を満たした人しか採用されません。





■求人側の採用ポイントについて


一般企業でも人材の流動性が活発化していますので、転職は35歳までが限度という定説は壊れ
つつあります。医師の転職は一般企業に務めるサラリーマンより恵まれてます。


大都市圏の中心地にある病院では、地方にある病院よりも医師を見る目は当然厳しくなります。
中途採用における求人側の中途採用するポイントは以下のとおりとなります。



(1) 病院側が求める医師の職務能力と一致している

(2)どのような 仕事であっても前向きに取り組める

(3) コミュニケーション能力(患者さん、職場の人間)の高さ





■ニーズを理解して適切な戦略をたてる!


初めて転職される方の多くが面接に対して非常に恐怖感が強いです。大学卒業後に医局や研修先
の病院で受けたような面接とは大きく異なりますので、極度に緊張される方が少なくありません。


理想とする転職を実現するためにも「中途採用」の特徴を良く理解する必要があります。その
ポイントに対し、どのようにしてアピールするか、しっかり戦略を立てる必要があります。


そうしないといきあたりばったりとなり、時間ばかりが過ぎて行きます。そうならないためにも、
確かな情報と適切なサポートを提供してくれる「医師転職サイト」の存在が重要となります。




 カテゴリ
 タグ