14320170726ht.png

 
 
■ 背骨を動かさないと人は健康から遠ざかる!?
 
 
今回ご紹介させていただく猫と牛のポーズは、「背中を伸ばす」、「背中を丸める」を交互に行うエクセサイズです。ヨガ教室ではウォーミングアップに猫と牛のポーズを行っているところが多いです。
 
 
それほど難易度が高くないので、初心者の方でも安心して行うことができます。しかし、その効果は絶大です。といいますのも、我々現代人は背骨を極端に動かさなくなっています。一日中座りっぱなしの状態が続くと次第に背骨が丸まってきます。これにより背中の痛みや腰痛といった身体に痛みが生じます。
 
 
また、姿勢が悪くなると呼吸が浅くなるので、血流も悪化するので、免疫力も落ちて様々な病気を引き起こすリスクがたかまります。そして、浅い呼吸はメンタルの面でも良くありません。放置するとネガティブなことばかり考えてしまうようになります。
 
 
 
 
29082017401ht.png
 
 
 
『 猫と牛のポーズで背中を効率よく動かす! 』
 
 
本来人間は背骨は伸ばしたり、丸めたり、自由自在に動かすことで、心と身体を健康な状態を保つことが出来るんです。しかし、上述した理由から、背骨を動かすことが極端に減っています。
 
 
ですので、猫と牛のポーズのような背骨を効率よく動かすことができるストレッチを日常的に行うことによって、様々な病気やそれにともなく症状を予防することができます。
 
 
また、猫と牛のポーズを行うことで肩甲骨を刺激しながら背中全体の筋肉を刺激し、股関節の柔軟性も同時にアップするので、基礎代謝アップが期待できます。習慣化することで太りにくい体質へと変化します。
 
 
そして、大きな筋肉が多い下半身が柔らかくなることによって、血管が刺激されて身体全体が引き締まりますので、美容と健康に最適なエクセサイズです。是非日常生活で取り入れてみてください。



 

 
猫と牛のポーズ!
 
14520170726ht.png
【 猫のポーズ 】

 
 
 
■ 猫と牛のポーズのやり方
 
 
 
『STEP1』
 
 
まず最初に四つん這いになります。このとき手の指は軽く開いて、ひざは腰幅、手首は方の真下あたりにおいてください。
 
 
29282017401ht.png
 
 
 
 
『STEP2』
 
 
次にゆっくりと背骨を反らせ、牛のポーズを感じてみて下さい。背骨が伸びて気持ちいいのなら健康な状態にあります。痛みがを感じる場合は、無理をせずに出来る範囲内で行って下さい。
 
 
おへそを下にさげることによって、自然と背骨から腰にかけてカーブを描くように反ることができます。そして、坐骨と尾てい骨が上に上がります。
 
 
29382017401ht.png

 
 
 
『STEP3』
 
 
次に猫のポーズに移行します。ゆっくり身体をまるめていきます。今度はおへそを上に引き上げることで坐骨と尾てい骨を下げます。そして、頭を下げてください。
 
 
29482017401ht.png
 
 
 
 
『STEP4』
 
 
次に猫と牛のポーズを交互に行ないます。まず、ゆっくり息を吐きながら背骨を反らして牛のポーズをつくります。
 
 
29582017401ht.png

 
 
 
『STEP5』
 
 
次にゆっくり息を吐きながら背骨を丸めて猫のポーズをつくります。猫と牛のポーズを10回ほど行って下さい。慣れるまでは力が入りすぎて、それほど長くできないかもしれません。その場合はできる範囲内で結構です。徐々に回数を増やして行きましょう。
 
 
29682017401ht.png
 
 
 
 
【出典】 The Health Science Journal
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 yvee118
 

 
「catcow~猫と牛のポーズ」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None