■医療機関側は一方的に決めつけます


転職するにあたり、医療機関側が応募者のキャリアをどのように評価するか、考えてみたことが
ありますでしょうか?。こうしたことは客観的に自分のキャリアを振り返る意味でも重要です。


医療機関側は計画的に自身のキャリアをステップアップさせるための転職は、理解を示しますが、
給与などの条件につられて転職を繰り返すというのは当然の事ながら評価されません。


特に1年単位で転職するといった短期での転職は求人先からは「人間関係が作れない」と一方的
に決めつけられてしまいますので、転職した医療機関では最低3年は我慢してください。





■なぜ人間性が大切なのか


これは医療機関に限ったことではないのですが、どの業界においても採用する上で大きな決め手
となるのが「人間性」です。これには色々な意味が含まれていますが、非常に大切なんです。


どんなに高い技術を持っていたとしても、人間性に問題があり、職場の医療スタッフだけでなく、
患者さんとも頻繁にモメるような医師の先生には、どこの病院もいてもらいたくないわけです。


それよりも一般的な社会常識をしっかり理解し、独りよがりでなく、しっかり他の医療スタッフ
の方たちや患者さんとも信頼関係を築ける方が求められてます。将来的に変わらないでしょう。





■医師の評価が全体の評価?


昔と違い医師の権威は残念ながら年々低下しています。大都市圏を中心に病院が増えたこともあり、
患者さんにとって、病院や医師が絶対的な存在ではありません。20年前では考えられません。


逆に医師や病院が患者さんから選ばれる時代になりました。このため、一人の医師の「人間性」が
その病院の評価になるので、より責任が思くなりました。コンプライアンスも厳格化してます。


民間病院ではそうした傾向が特に強いです。ヘタをすれば経営にも直結する問題なので、ある意味
仕方がないことなのですが、もしこれから民間病院へ転職することを検討されているのであれば、
こうしたことを踏まえた上で積極的に転職活動されることをオススメします。






 
 カテゴリ
 タグ