152401801017ht.png
 
 
 
 
■ 低体温がなぜ万病の元なのか!?
 
 
低体温は万病の元と言われる背景には体温が低いと基礎代謝も免疫力も低い状態にあるためです。ガンを引き起こす前は風邪をひきやすいされていますので、免疫力が低い低体温の方は寒さが厳しい冬は要注意です。
 
 
ここでいう低体温とは、平熱が常時が35℃台、もしくはそれ以下の状態のことをさします。ちなみに日本人の平均体温は36.89度です。過去50年間で1度近くも低下していますので、それだけ日本国民全体の免疫力が低下しているといえます。
 
 
低体温は圧倒的に女性に多く、とくにここ10年位の間に35℃代の女性が増えています。



 
3520180106ht.png
 
 
 
■ 臓器が冷えるとガンの発症リスクがアップする!?
 
 
過去にがん患者を対象に行われた調査によりますと、がん患者の大半は35℃台と体温が低く、しかも血液中に含まれる酸素が少ないという共通点が明らかになっています。
 
 
体の中でも冷えやすい臓器にガンは発生しやすいとされていまして、事実休むことが許されない心臓や脾臓にはガン細胞が比較的できにくいといされています。これは、心臓や脾臓は熱の生産量が多いことから他の臓器と比べても温度が高いためです。
 
 
がん細胞をはじめとした細胞の多くは冷たいところが大好きなんです。このため、がんをはじめとした病気を予防するいは、体を温めて免疫力を高める必要があります。
 
 
 
 
 
5430180108ht.png
 
 
 
■ 低い体温の状態を放置しない!?
 
 
がん細胞は35℃台に一気に増える傾向にあることが研究結果によって明らかになっていますので、低体温であることが一番がんを発症させてしまうリスクなのかもしれません。
 
 
たった1度体温が低下してしまうだけで基礎代謝は約13%、免疫力は30%以上低下すると言われています。
 
 
繰り返しになりますが、低体温になってしまうと、ガンだけでなく様々な病気を発症するリスクが高まりますので、自分では大丈夫と思っても、そのまま放置してしまうと、ちょっとしたことで病気になり、あっという間に病気が進行してしまう可能性があります。
 
 
 
 
 
■ 低体温を改善するには!?
 
 
低体温を改善するには、適度な運動、バランスのとれた食事、睡眠といった日常生活を改善することが急務です。まず低体温であることの原因の一つに筋肉が不足しています。
 
 
筋肉は体温の約40%を作り出すとされているので、十分な筋肉がなければ基礎代謝が上がらないため、体温も上昇しません。ウォーキングなど適度な運動からはじめましょう。
 
 
また、低体温の方の特徴として睡眠不足があげられますので、質の高い睡眠を心がけて下さい。また、食事に関しては、偏食は体温の上昇を抑えてしまいます。
 
 
 
 
 
155401801017ht.png
 
 
 
■ お風呂は最高の健康法!?
 
 
ですので、栄養バランスのとれた食事をとるように心がけて下さい。そして、最近の傾向としては、お風呂に入らないでシャワーだけで済ます人が増えています。お風呂が無いのであれば、仕方がありません。
 
 
しかし、そうでないのであれば、美容と健康のためにも毎日お風呂に入ることをお勧めします。お風呂に入って体を温めることを心がけて下さい。普段から体を温めることを意識して行動すると目に見える形で改善されます。
 
 
 
 
 
153401801017ht.png
 
 
■ 効率よく免疫力を高めるには!?
 
 
免疫力を効率よく高めるには、腸の働きを改善する=「腸活」が非常に重要になります。というのも免疫細胞の約60%は腸内にあるためです。また、幸せホルモンの「セロトニン」の約9割が腸内で分泌されています。
 
 
つまり、腸の働きが良くなれば、美容と健康に関する様々な恩恵を受けられますが、反対に腸の働きが悪化すればするほど様々な病気を発症するリスクが高まります。低体温を出来るだけ早く改善するためにも腸活は非常に重要です。
 
 
 
 
156401801017ht.png
 
 
 
『 腸活(ちょうかつ)とは? 』
 
 
腸活には、以下のとおり、いくつか方法がありますが、一番簡単なのが、単純に腸を温めることです。そこで私個人的におすすめしたいのが「腹巻」です。腹巻はただ身に着ければいいので、習慣化するのに苦になりません。
 
 
最近はデザイン性に優れた腹巻がたくさん市販されているので、女性も気兼ねなく身に着けられます。
 
 

(1)腸マッサージ
(2)水を飲む
(3)食物繊維を摂取
(4)適度な運動
(5)質の高い睡眠
 

 
 
 
■ さいごに...
 
 
腸は免疫機能に深く関わっていることを中心に解説させていただきましたが、それ以外にも栄養吸収と老廃物排出にも深くかかわる重要な臓器なので、心と体の健康、そして美肌を実現するには、腸内環境の改善が欠かせません。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 B-life
 
 
「 朝ヨガで腸を活性化! 」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None