109420180205ht.png
 
 
 
 
■ なぜ一年を通じて乾燥肌対策が欠かせないのか?
 
 
寒暖差の激しい日が続いています。さすがに暖房を朝から晩まで入れっぱなしということはありませんが、乾燥肌対策は冬・冬だけやればいいというわけにはいきません。先にのべたとおり、春は昼夜の気温差で、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになります。


その結果として、大切なお肌は乾燥しますので春でも「乾燥肌対策」は欠かせません。なぜ季節に関係なく空気が乾燥するとなぜお肌に良くない影響を及ぼしてしまうのでしょうか?。実は人間の肌の構造に問題があるためなんです。
 
 
お肌は潤いを保つ成分が何重にも層(角質層、表皮、真皮と)になっているのですが、湿度が低くなってしまうと、お肌の水分が空気中に奪われてしまうんです。
 
 
 
 
 
135420180205ht.png
 
 
 
『 乾燥肌を放置すると深刻な肌トラブルに! 』
 
 
そこから表皮のターンオーバーが見られ、しみ、しわ、たるみ、肌荒れなどの直接の原因になります。お肌が乾燥してしまうと老化や機能低下にも繋がるので、女性だけでなく男性も冬の乾燥肌対策は絶対に欠かせません。
 
 
一般的に11月から2月まで1年で最も乾燥しやすい季節とされていますが、繰り返しになりますが昼夜の気温差で、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになるので、今の時期は乾燥対策は欠かせないわけです。
 
 
お肌の乾燥は一時的な現象にとどまりません。放置すれば老化や様々な肌トラブルににつながりますので、一年を通じてケアする必要があります。
 
 
 
 
 
139420180205ht.png
 
 
 
■ あなたのお肌の状態をチェック!
 
 
是非一度「乾燥肌チェックリスト」を確認してください。チェックした項目が多ければ多いほど乾燥肌の状態が深刻といえます。
 
 

「乾燥肌チェックリスト」
 
(1)洗顔後に肌がつっぱる
 
(2)洗顔の回数が多い
 
(3)ちりめんじわが気になる
 
(4)入浴直後は肌がふっくらとして調子がよい
 
(5)化粧水があっという間に肌になじむ
 

 
 
137420180205ht.png
 
 
 
■ 自分でできる乾燥肌対策を徹底する!
 
 
まず大切なのは、空気中の水分量をふやすことです。これをしっかり行なわないと、どんなに高額の美容液を使っても効果は半減します。携帯用の加湿器もありますが、それ以上に持ち運びに便利な加湿アイテムがあります。
 
 
それが「タオル」です。タオルに水分をふくませて干しておけばOKです。これだけでもかなり室内に水分が放たれます。ちなみにお肌に良いとされる湿度は約60%です。
 
 
スキンケアによる保湿ケアを行ったあとにワセリンを塗ることによって完全武装状態になります。目元や口元が乾燥する場合にもおすすめです。



 
 
140420180205ht.png
 
 
 
■ どうして唇は乾燥しやすいの?
 
 
なぜ唇が乾燥しやすいかというと、角質層がとても薄く、敏感な部分だからです。さらに細胞間に存在する脂質や、水分を保持する力もほとんどありません。顔の表面のなかでは、実は一番ケアされるべき部分かもしれませんね。
 
 
それにもかかわらず、刺激物を食べたり、アルコールを摂取したり、タバコを吸ったり、口紅を塗るなど、なにかと刺激の多い部分でもあります。そのため口唇や口角が乾燥し、亀裂や皮めくれだけでなく、発赤や腫脹、痛み、発疹といった症状も併発します。
 
 
これは「口唇炎」や「口角炎」と診断されることが多く、原因には体調の崩れ、紫外線、栄養不足(ビタミンB6、B2の欠乏)、強い刺激物、アトピーなどさまざまです。
 
 
 
 
 
136420180205ht.png
 
 
 
■ 今日からワセリンで始める乾燥肌対策 
 
 
 
まずは唇を保湿することが大切です。保湿環境は、皮膚をつくるには欠かせません。そのためには高保湿力の高いワセリンをお勧めします。
 
 
もしすでに炎症している場合は、まよわず皮膚科を受診しましょう。外用薬が処方されます。ステロイドは症状、部位によって使用する種類が異なるため、自己判断での使用は控えてください。
 
 
 
141420180205ht.png

 
 
『 ワセリンとは? 』
 
 
ワセリンを使用されたことはありますか、意外に知られていないのですが、ワセリンには、美容と健康に優れた効果があるんです。もともとワセリンは、石油から抽出された油です。このため優れた保湿効果があります。
 
 
ワセリンは肌に優しいだけでなく、ワセリンが持つ油分で水分を閉じ込め、外の刺激から肌を守ることができるので、多くの化粧品類、塗り薬の基材としても使われています。ただしワセリンは硬くて伸びが悪いので塗りづらいので強くこすってしまいがちです。
 
 
これだとお肌に余計な圧をかけてしまうので、しっかり手で擦りながら温めてから塗りましょう。
 
 
 
『 保湿に効くワセリンの使い方とは? 』
 
 
ワセリンを体に塗る前の注意点ですが、皮膚を湿らせます。またお風呂からでたばかりであれば、水分をあまりふかないでください。
 
 
水分を多く含んでいる状態にワセリンを塗りこんでください。日中であれば水や化粧水で皮膚を湿らせておいてからワセリンを塗ってください。
 
 
ニキビやひどい肌荒れのときもワセリンは強い力を発揮します。勿論、乾燥肌にも効果的ですので、これから厳しい冬を迎えるにあたってワセリンは必須です。
 
 
 
 
138420180205ht.png

 
 
■ ワセリンを使った凄い裏技!
 
 
乾燥しすぎて肘やかかとが毎年カサカサになって悩まされている方が多いです。40代に入ると男女ともにこうした症状に悩まされるケースが増えています。
 
 
非常に簡単で効果の高いオススメの方法があります。肘やかかとに塗ってラップをします。短期間で驚くほどやわらかくなり、カサカサの症状も徐々に改善されていきます。
 
 
またワセリンは美肌効果も高く、入浴後に化粧水をつけたあとに、ほうれい線に沿って、ワセリンを塗ります。そしてそのままマスクをして寝ます。たったこれだけです。ほうれい線そのものが徐々に薄くなっていきますので、ぜひおためしください。
 
 
ワセリンは物によって多少べたつきますが、化粧下地としても十分使えます。とくに唇はワセリンを下地にしてリップを塗るとぷるぷるになりますので是非お試しください。
 
 
 
『 他にもあるワセリンの凄い使い方 』
 

(1)アトピーの予防
(2)ささくれ、ひび割れに
(3)花粉症の予防
(4)靴ずれ
(5)虫刺され
(6)靴や鞄などの皮製品を磨く
(7)ハンドクリームとして使う
(8)リップクリームとして使う
 

 
 
ワセリンは、冬の乾燥肌対策以外にも様々な用途があるので一年を通じて使えます。
 
 
おすすめは【第3類医薬品】白色ワセリン 500gです。アマゾンで送料込みで803円で販売されています。500gもあるので、どんなにたくさん使っても冬の間で使い切ることはありません。
 
 
軟膏代わりに使用するような方や、ベタつきや匂いが気になる方は、白色ワセリンは特におすすめです。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 ksb5ch
 
 
「 冬の乾燥肌対策 」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None