■夫婦同士でしっかり話あう!


転職が決まれば、様々な条件が変わります。 例えば勤務地が変わることで住居を移転しな
ければならなくる可能性もあるので、ご家族がいる方は慎重にならなければなりません。


熟考に熟考を重ねた上で決断し、必ずご家族に相談してください。家族に余計な心配をかけ
たくないとし、何の相談もせずに転職活動を進めてしまう医師の先生もいます。


これは絶対にやめて下さい。後々になって夫婦関係に亀裂が生じるような問題の原因になり
かねませんので、必ず家族会議を開いて互いに納得されるまで話しあいましょう。





■ご家族がいる方は奥様を必ず説得する!


多くの医師の先生が今後のキャリアについて真剣に考えています。 そのための努力も怠ら
ないほど向上心が高く勉強熱心な人が圧倒的に多いです。でも逆にそれが問題になります。


医師の先生方が働く医療機関と一般の会社とでは、従業員の労働に対する価値観が大きく
異るので、奥様が医療関係の仕事に従事していない場合、同様に価値観にズレがあります。


医師としてのキャリアを高めるために、勉強する時間を確保するのと家族との時間を出来る
だけ長くとるために当直が少ない職場での勤務を検討していたとします。対する奥様の方は
子供のことを第一に考えるので勤務地が遠かったり、年収が大きく下がれば当然不満です。





■転職活動ができなくなる?!


どのご家庭も奥様の了承をえるのに非常に苦労なされています。せっかく医師転職サイトの
キャリアコンサルタントが魅力ある求人を紹介してくれても却下となりかねません。


1回ならまだ仕方がない部分もあるので、多めに見てくれますが、2回3回と続けばキャリア
コンサルタントだって人間なので魅力ある求人を紹介するのが嫌になってきます。


結果的に転職活動を本格化するまえにこのようなことを繰り返していたら、良質な求人案件
を紹介してもらえなくなります。ですので、そうならないようにしっかり話しあいましょう。