■医師の求人市場は究極の売り手市場!


医療現場における深刻な医師不足が依然として続いているため、医師の求人市場については、
完全な売りて市場です。このため一般企業ではありえないくらい求人側が気を使ってくれます。


例えば病院に見学や面談に出向けば、求人側は医師の先生に興味を持ってもらうために必死
です。求人の中には食事会などを開いてくれたり、お酒の席を用意してくれるところもあります。


特に医師不足が深刻な地方の病院は多いです。しかし、そういった場ではボロがでやすいから
なのか、求人側は自院についての質問に関して、あまり多くのことを語ろうとはしないようです。





■医師の面接・面談はありえないほど恵まれている?!


一般企業の面接は、面接官が終始不機嫌そうな顔をしながら、上から目線で根堀り葉堀り色々
なことを求職者に問いただし、一方的に以下の通り条件を押し付けるケースが少なくありません。


「今まで楽してたでしょう?うちは大変だよ」

「他社よりも残業多いけど、平気?」

「給与安いけど、それでも大丈夫?」


しかし、医師の面接の場合は、そういったことはまずありません。求人側も非常に低姿勢に接し
てくれます。医師転職サイトを利用すれば、事前に求人先を判断材料を入手できます。


自力でやる転職活動では、面接だけでは十分な判断材料が得られないケースもありますから、
自分の足でこうした情報を入手しなければならないので、相当の労力が必要です。





■入職前にすべきこととは?!


転職してすぐに退職するといったことがないようにするためにも、入職前の打ち合わせが何より
大切です。求人の条件や勤務形態などは、求人票や雇用条件書などで把握できてます。


出社日までに再度求人側と入職に関する色々なことをすり合わせすることによって、「思って
いたのと違う」といったことを避けることが出来ます。そのメリットは大きいです。


院長は無理でも、実際の現場にいる医師の方や事務方のスタッフなら時間を取ってもらえる、
可能性が高いです。入職する上での注意点や診察の進め方などを確認しましょう。


こうすることによって、入職後のトラブルもかなり避ける事ができると思います。







 
 カテゴリ