健康のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:健康

健康のカテゴリ記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

健康
     ■ 狭心症・心筋梗塞とは?  今回のテーマは、「狭心症・心筋梗塞」です。これまでこれらの病気は圧倒的に中高年、しかも男性に多い病気とされていましたが、最近では若年層や女性にも広がってます。  今現在、日本人の死因第2位が心臓病ですが、その多くが狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に関連したものです。       『 血管が詰まると細胞が死ぬ! 』  冠動脈は心臓に栄養を送るための血管のことで、何...

記事を読む

健康
      ■ スマートフォン症候群とは?  「スマートフォン症候群」をご存知ですか?。スマートフォン症候群は、スマホの長時間利用によって、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眼精疲労、ドライアイといった症状を引き起こします。  スマホを使用するときに問題となるのが「姿勢」です。スマホを使用すると頭が下がり、首に大きな負担をかけることになるので、この状態で長時間スマホを使用し続けると、首の後ろから肩にかけ...

記事を読む

健康
     ■ ブロッコリーは最強の万能食材!?  ブロッコリーはβ-カロテンやビタミンCなどのビタミン類、カリウム・マグネシウム・カルシウムや食物繊維など美容と健康に大変優れた効能・効果を発揮する栄養素が豊富に含まれています。  また、ファイトケミカルの一種であるスルフォラファンやアブラナ科特有の抗酸化物質も含んでいるため、抗酸化作用に優れているので、体が酸化するのを防いでくれます。      『 ブロ...

記事を読む

健康
      ■ 肝臓の役割とは!?  肝臓は人体の中で最も大きな器官であり、血中の老廃物を除去しながら、血液その物を浄化する働きがあります。また、肝臓は血糖値のコントロールなど約500以上の機能を実行する最重要器官であるため、人間の心と体の健康を保つうえで欠かすことが出来ません。  残念ながら食事や呼吸をすることによって、「有害物質」や「添加物」といった不要物が体内に入り混んできます。肝臓はこれらを...

記事を読む

健康
      ■ 腸は脳よりも凄い?!  腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。  ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な不調を引き起こすこととなります。このた...

記事を読む

見逃してはならない狭心症・心筋梗塞の症状について!心不全と心筋梗塞の違いとは?心不全は季節の変わり目に注意!

 
 
446420180219ht.png
 
 
 
■ 狭心症・心筋梗塞とは?
 
 
今回のテーマは、「狭心症・心筋梗塞」です。これまでこれらの病気は圧倒的に中高年、しかも男性に多い病気とされていましたが、最近では若年層や女性にも広がってます。
 
 
今現在、日本人の死因第2位が心臓病ですが、その多くが狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に関連したものです。
 
 
 
 
16320171018ht.png
 
 
 
『 血管が詰まると細胞が死ぬ! 』
 
 
冠動脈は心臓に栄養を送るための血管のことで、何らかしら生活習慣に問題があることで、冠動脈が詰まってしまうと狭心症や心筋梗塞を引き起こしやすくなってしまいます。
 
 
狭心症と心筋梗塞の違いについてですが、心筋梗塞は心臓の血管が狭くなり、血流が不足している状態で、この状態がさらに悪化して血管が完全煮にまると心筋梗塞になります。血管がつまると細胞が死ぬので心筋梗塞は命の危険性が非常に高い疾患です。
 
 
 
 
6148920161129.png
 
 
 
『 1日の気温の変化が激しくなると発症リスクが高まる! 』
 
 
狭心症と心筋梗塞の発作は、血管が収縮して血圧が高くなりやすい冬場に起きやすいとされていますが、一日の気温が朝と昼で大きく乱高下する昨今の気候は体が対応できないので、中高年の方は十分注意が必要です。
 
 
また、狭心症の症状が進んでしまうと季節に関係なく発作が生じやすくなりますので、狭心症や心筋梗塞の発作のリスクを下げるためにも生活習慣を見直す必要があります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

辛い肩こりを改善する方法!筋肉をほぐして血流を改善!免疫力を高めて、めまい、眼精疲労、内臓の病気の予防にも!

 
 
5120171110ht.png
 
 
 
 
■ スマートフォン症候群とは?
 
 
「スマートフォン症候群」をご存知ですか?。スマートフォン症候群は、スマホの長時間利用によって、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眼精疲労、ドライアイといった症状を引き起こします。
 
 
スマホを使用するときに問題となるのが「姿勢」です。スマホを使用すると頭が下がり、首に大きな負担をかけることになるので、この状態で長時間スマホを使用し続けると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が著しく悪化します。
 
 
これが肩こりの原因となるわけですが、この段階で手を打たないと、頭痛など他の症状を誘発してしまいます。例えば肩こりから頭痛が生じやすいわけですが、頭痛によって一日中不快な状態で過ごすことになります。
 
 
 
 
106201708014ht.png
 
 
 
■ 肩こりを改善するには?
 
 
肩こりを放置してしまうと、首の動脈が圧迫され血流が悪化してしまうとので、頭部(脳)への血液の供給が次第に低下してしまうため、肩こりと頭痛のダブルで悩まされることになります。
 
 
ですので、肩こりや肩こりからくる頭痛を予防するには、まず最初に原因となっている筋肉のコリをほぐして血行を促進させなければなりません。
 
 
基本的に肩こりは、血行不良によって筋肉が硬直してしまうことによって生じるので、血行をよくする食品を積極的に摂ることによって、肩こりの症状を緩和することが出来ます。ということで今回は血行を良くする働きが期待できる食品をご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ブロッコリーとわさびの組み合わせが最強すぎる!優れた抗酸化作用で高血圧、動脈硬化、糖尿病、がん、老化の予防に利く!

 
 
302420180205ht.png
 
 
 
■ ブロッコリーは最強の万能食材!?
 
 
ブロッコリーはβ-カロテンやビタミンCなどのビタミン類、カリウム・マグネシウム・カルシウムや食物繊維など美容と健康に大変優れた効能・効果を発揮する栄養素が豊富に含まれています。
 
 
また、ファイトケミカルの一種であるスルフォラファンやアブラナ科特有の抗酸化物質も含んでいるため、抗酸化作用に優れているので、体が酸化するのを防いでくれます。
 
 
 
526240170201hd.png
 
 
 
『 ブロッコリーの健康効果がとにかく凄い! 』
 
 
こうしたことからブロッコリーを食べることによって、がん予防、高血圧予防・改善、動脈硬化予防、美肌、老化防止、便秘解消、デトックス、骨粗鬆症予防、貧血予防など幅広い健康効果が期待できます。
 
 
しかも、嬉しいことにブロッコリーとワサビをあわせて食べることによって、ブロッコリーとわさびの持つ優れた効能・効果を相乗効果で高めてくれます。
 
 
ですので、今回はブロッコリーとブロッコリーと相性の良い食べ物について分かりやすくまとめてある美レンジャーさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

肝臓に違和感を感じる前にこんな症状が出たら要注意!見逃してはならない肝機能障害を示す7つのサインとは?

 
 
9720171012ht.png
 
 
 
 
■ 肝臓の役割とは!?
 
 
肝臓は人体の中で最も大きな器官であり、血中の老廃物を除去しながら、血液その物を浄化する働きがあります。また、肝臓は血糖値のコントロールなど約500以上の機能を実行する最重要器官であるため、人間の心と体の健康を保つうえで欠かすことが出来ません。
 
 
残念ながら食事や呼吸をすることによって、「有害物質」や「添加物」といった不要物が体内に入り混んできます。肝臓はこれらを代謝・分解をして無害化する効能・効果があります。こうした優れたデトックス効果によって我々人間は健康が維持できるわけです。
 
 
38660170301ht.png
 

『 なぜ人は肝機能障害を見逃してしまうのか!? 』
  
 
肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれるほど症状がでにくい臓器です。このため肝機能障害は初期の段階では症状として表れにくいでとされていて、末期症状(肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓がん)になるまで自覚症状が出ないケースが少なくありません。
 
 
このため発見が遅れてしまうことが多いので、そうならないためにも肝機能障害について、しっかり把握しなければなりません。ということで今回は肝機能障害の種類と症状についてまとめさせていただきました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

腸を温める健康効果が凄い!腸内環境と血流が改善されて基礎代謝、免疫力、脂肪燃焼効率、幸せホルモン「セロトニン」の分泌量がアップ!!

 
 
8340180108ht.png
 
 
 
 
■ 腸は脳よりも凄い?!
 
 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。
 
 
ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な不調を引き起こすこととなります。


このため、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
32030170114.png
 
 
 
『 腸を冷やすのは百害あって一利なし!』
 
 
そのためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やして心と身体に良いことは何一つありません。逆に常に腸を温めることによって、美容と健康に素晴らしい効果をもたらしてくれます。であるならば、やらない手はありませんよね。
 
 
また、うつ病などの精神疾患に関しても極端なセロトニン不足が原因として大きな割合を占めてます。このため脳だけでなく腸の影響についても考慮する動きが世界的に広がっているので、今後さらに腸の重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます