みんなの健康手帳


記事一覧

食による美容と健康
    ■ 青汁とは!?  青汁というと俳優の八名信夫さんが出演されていたテレビCMでの名台詞「う~まずい。もう一杯」を思い出す方も多いかと思います。私はそんな「青汁」をかれこれ4年以上飲んでいます。緑茶と合わせて飲むと味に深みがでて、青汁単体で飲むよりも飲みやすくなるので、毎朝必ず飲んでいます。  青汁が登場した当初(1980年代)は、健康に気を使う中高年の飲み物という感じだったのですが、最近は青汁...

記事を読む

健康
     ■ 日本のスーパーフード「漬物」でストレス社会を生き抜く!  ストレス社会といわれて久しいですが、同じような境遇にありながら、ストレスを溜め込んでしまう人がいる一方で、逆にストレスに強い人がいます。  この二人の差は一体どこからくるのでしょうか。ストレスに強い人は、できるだけストレスを溜めないようにと、普段から少しずつストレスを解消することを心がけていますし、解消する方法もいくつか持ってい...

記事を読む

エクセサイズ
     ■ なぜダイエットは難しいのか!?  世の中には沢山のダイエット方法がありますが、毎年新しい手法が次々と登場しています。それだけダイエットの需用があるということなんでしょうが、それ以上に長く続けられないといった問題があると思います。  ダイエットを妨げる原因の一番は「挫折」です。特にある程度高い運動能力が必要となる難しいエクセサイズは長続きしません。途中で挫折してしまうので、こうしたエクセ...

記事を読む

健康
   ■ 痛風とは!  痛風は尿酸が体内にたまり、それが結晶化して激しい痛み(関節炎)を伴う症状になる病気でです。尿酸の原材料となるのがプリン体(ビール、あん肝、レバーなどに多く含まれる成分)で、プリンタ体が多く含まれる食材や飲み物を過剰に摂取すると発症するとされています。  痛風を放置してしまうと歩行が困難なほど激しい関節痛を繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓や肝臓の働きが悪化して腎...

記事を読む

その他
      ■ 季節の変わり目の水分不足に要注意!?  季節の変わり目に体調不良が起こりやすい理由の一つとして、水を飲む量が減ってしまうことがあげられます。甘味料がたっぷり入ったジュースやコーヒー、お茶など色のついた飲み物を多くのむため、水を飲む量が減ってしまいます。  しかし、血液の流れが悪化したり、徐々に体の働きに悪い影響を及ぼします。そうするとストレスをもろに受けてしまうので、突然立ち眩みのよ...

記事を読む

青汁の以外な効能・効果がすごい!ダイエット、骨粗しょう症、花粉症、便秘、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病の予防に!

 
950190601hm.png
 
 
 
■ 青汁とは!?
 
 
青汁というと俳優の八名信夫さんが出演されていたテレビCMでの名台詞「う~まずい。もう一杯」を思い出す方も多いかと思います。私はそんな「青汁」をかれこれ4年以上飲んでいます。緑茶と合わせて飲むと味に深みがでて、青汁単体で飲むよりも飲みやすくなるので、毎朝必ず飲んでいます。
 
 
青汁が登場した当初(1980年代)は、健康に気を使う中高年の飲み物という感じだったのですが、最近は青汁の優れた美容(ダイエットなど)と健康効果に惹かれて若い人たちの間でも人気が広がっているようです。
 
 
ちなみに、青汁はケールなどの「緑葉野菜」を絞った汁のことで、最近は大麦若葉、小松菜、ヨモギなどを使いながら、味を改善したものが増えていまして、以前のものよりもかなり飲みやすくなっています。それぞれの野菜に含まれる栄養素は以下の通りです。
 
 
 
 
1010190601hm.png
 
 
(1)ケール
 
 
ケールには、β-カロチン(ビタミンA)、B1、B2、Cなどのビタミンやたんぱく質、カルシウム、食物繊維、リン、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
 
 
ちなみにカルシウムは牛乳の約2倍、ビタミンCはみかんの約2.5倍、カロチンはトマトの約5倍、ルティンはほうれん草の約2倍、ビタミンEはピーマンの約3倍も多く含まれているので、いかにケールが美容と健康に優れた野菜であるか伺いしれますね。
 
 
 
 
1000190601hm.png
 
 
(2)大麦若葉
 
 
大麦若葉には、タンパク質をはじめビタミンA・ビタミンB・ビタミンC、カリウム・カルシウム・カロチン・マグネシウム・マンガン・亜鉛などのビタミンやミネラル、その他に食物繊維などの栄養素、葉緑素(クロロフィル)、SOD酵素などが含まれています。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

漬物の健康効果が凄い!優れた整腸作用で胃と腸の働きを改善!慢性疲労、がん、動脈硬化、胃や腸の病気の予防に!

 
 
141.png
 
 
 
■ 日本のスーパーフード「漬物」でストレス社会を生き抜く!
 
 
ストレス社会といわれて久しいですが、同じような境遇にありながら、ストレスを溜め込んでしまう人がいる一方で、逆にストレスに強い人がいます。
 
 
この二人の差は一体どこからくるのでしょうか。ストレスに強い人は、できるだけストレスを溜めないようにと、普段から少しずつストレスを解消することを心がけていますし、解消する方法もいくつか持っているので、いつも心が安定しています。
 
 
ですので、自分にあったストレス解消法を持つことが非常に重要になります。それだけで日々の生活がかなり楽になります。そこでオススメしたいのが、日本のスーパーフード「漬物」を適量に食べることです。
 
 
 
 
 
16720180310ht.png
 
 
 
■ 漬物美容と健康効果がすごい!
 
 
漬けこむ野菜や漬け方によって、以下の通り優れた健康効果が期待できます。
 
 
【がん予防】
 
干したくあん、ごぼう漬、ショウガ漬、にんにく漬け、味噌漬、なす漬、広島菜漬、ゴボウ漬、ワインラッキョウ、山ごぼう漬
 
 
【糖尿病予防】
 
干したくあん、キムチ、山ごぼう漬、ごぼう漬
 
 
【動脈硬化予防】
 
にんにく漬、キムチ、わかめ漬
 
 
【疲労回復】
 
にんにく漬、梅干し、梅肉エキス
 
 
【骨粗鬆症予防】
 
野沢菜漬、広島菜漬、高菜漬、カリカリ梅、わかめ漬
 
 
【胃潰瘍予防】
 
キムチ、キャベツ漬、サワークラウト
 
 
【高血圧予防】
 
わかめ漬、キムチ、ぬかみそ漬、ワサビ漬
 
 
 
 
 
16820180310ht.png
 
 
 
『 日本は漬物の種類がとにかく豊富! 』
 
 
世界を見回してみると韓国はキムチ、中国はザーサイ、ドイツはサワークラフト、欧米はピクルスといった具合に漬物の種類はそれほど多くありませんが、幸い日本は漬物の種類が非常に豊富です。
 
 
ちなみにここでいう漬物とは食、材を食塩、酢、酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めながら熟成させ、風味を良くした食品のことです。殘念ながら食の欧米化が急激に広がったことで若い人たちの間で漬物離れが進んでいます。
 
 
ということで、今回は漬物が持つ優れた健康効果(ストレス解消など)について分かりやすく解説したgoo girlsさんの記事と最強のストレス解消法について解説した樺沢紫苑先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

お腹まわりを引き締める効果が凄い!骨盤が矯正されて血流と腸の働きを改善!肩こり、腰痛、便秘、むくみの予防にも!

 
 
1120171201ht.png
 
 
 
■ なぜダイエットは難しいのか!?
 
 
世の中には沢山のダイエット方法がありますが、毎年新しい手法が次々と登場しています。それだけダイエットの需用があるということなんでしょうが、それ以上に長く続けられないといった問題があると思います。
 
 
ダイエットを妨げる原因の一番は「挫折」です。特にある程度高い運動能力が必要となる難しいエクセサイズは長続きしません。途中で挫折してしまうので、こうしたエクセサイズを長続きさせるポイントの一つとして、「ながら」があげられます。
 
 
ながらとは何々しながら何かを行なうという意味の「ながら」です。例えばテレビを見ながら出来るようなものであれば、習慣化することができれば確実に継続できます。
 
 
 
 
9534201611109.png
 
 
 
『 寝ながらできるエクセサイズ 』
 
 
ということで、今日は寝たままできる、寝る前や朝起きた時に習慣化できる、ポッコリお腹解消簡単エクササイズを解説した美LABさんの記事と5分間横になるだけで出来るダイエット方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
両方共寝ながらできるエクセサイズなので、無理なくできます。また、腸の働きも良くなるので、便秘の症状も改善してくれる大変すぐれたダイエット方法です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

痛風の原因はビールではなかった!見逃してはならない痛風のサインとは?若者や女性の痛風患者が増えている理由とは?


1820180910hm.png
 
 
 
■ 痛風とは!
 
 
痛風は尿酸が体内にたまり、それが結晶化して激しい痛み(関節炎)を伴う症状になる病気でです。尿酸の原材料となるのがプリン体(ビール、あん肝、レバーなどに多く含まれる成分)で、プリンタ体が多く含まれる食材や飲み物を過剰に摂取すると発症するとされています。
 
 
痛風を放置してしまうと歩行が困難なほど激しい関節痛を繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓や肝臓の働きが悪化して腎不全や肝機能障害など合併症の可能性があるので、できるだけ早い段階で治療する必要があります。
 
 
今現在、血液中の尿酸値(血清尿酸値)は7.0mg/dL以下なら正常とされていて、これを超えると高尿酸血症となり、恐ろしいことに今現在、成人男性の5人に1人は痛風予備軍といわれるほど増えているので、決して他人事ではありません。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

水の健康効果が凄い!血流を改善して肥満、胃酸過多、肉体疲労、便秘、高血圧、老化、むくみの予防に利く!

 
 
952017913ht.png
 
 
 
 
■ 季節の変わり目の水分不足に要注意!?
 
 
季節の変わり目に体調不良が起こりやすい理由の一つとして、水を飲む量が減ってしまうことがあげられます。甘味料がたっぷり入ったジュースやコーヒー、お茶など色のついた飲み物を多くのむため、水を飲む量が減ってしまいます。
 
 
しかし、血液の流れが悪化したり、徐々に体の働きに悪い影響を及ぼします。そうするとストレスをもろに受けてしまうので、突然立ち眩みのようなめまいに襲われたり、過呼吸とまではいかなくても、それに近い状態となって息苦しい状態が続きます。
 
 
ですので、梅雨入り前だからこそ水は1.5リットル程度毎日しっかり飲むべきなのですが、コーヒーやお茶を飲むと難しいですよね。そこでおすすめしたいのが「水ダイエット」です。(※水を飲みすぎると体調不良を引き起こす人は控えてください)
 
 
 
 
 
11520161215l.png
 
 
 
■ 水ダイエットとは?
 
 
水を飲むことで得られる主な効能・効果として、基礎代謝UP、疲労回復、胃酸過多改善、便秘改善、高血圧予防、老化予防、美肌効果、デトックス効果、むくみ解消などがあげられます。水を飲むことで味覚が改善され、満腹感が得られやすくなるので、優れたダイエット効果が期待できます。
 
 
水ダイエットは文字通り水を毎日2リットル程度(人によっては体調を悪くされるケースもあるので、ご注意ください)飲むことによって太りにくい体質へと改善するのが主な目的となりますので、いやでも水をしっかり飲むようになります。しばらく続けることによって習慣化すればしめたものです。
 
 
ということで、水ダイエットの優れた健康効果について解説しているDoctors Meさん(原文:NICOLY(ニコリー)さん)の記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。冬でも水を飲むことの大切さをご理解いただければ幸いです

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます