2017年12月の記事一覧


月別アーカイブ:2017年12月

2017年12月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

食による美容と健康
      ■ コーヒーのお薬並みに優れた健康効果とは!?  コーヒーの優れた健康効果が注目を集めています。コーヒーに含まれるカフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノールといった健康効果に優れた作用のある成分が豊富に含まれています。  ですので、コーヒーは1日2~3杯程度であれば、以下のような薬に近い作用をもたらすとされています。   (1)眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を...

記事を読む

マッサージ
      ■ こんな症状になやまされていませんか!?  しっかり寝たにもかかわらず、「目覚めが悪い」、「眠くてだるい」、「何もやる気が起きない」、不安になって病院に行っても、お医者さんからは「どこも異常なし」と診断されてしまい、どうすればいいのかわからずに一人悩みを抱えてしまうケースが増えてます。  言うまでもなく我々人間にとって寝ることは基本で、食事同様、生きていくうえで欠かすことができません。...

記事を読む

お薬より凄い!?コーヒーを1日3~4杯飲むと血管が柔らかくなって心臓病の死亡リスクが4割減!動脈効果、がん、糖尿病などの予防にも効く!

 
 
68340161005.png
 
 
 
 
■ コーヒーのお薬並みに優れた健康効果とは!?
 
 
コーヒーの優れた健康効果が注目を集めています。コーヒーに含まれるカフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノールといった健康効果に優れた作用のある成分が豊富に含まれています。
 
 
ですので、コーヒーは1日2~3杯程度であれば、以下のような薬に近い作用をもたらすとされています。
 
 
 

(1)眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す
 
(2)呼吸機能や運動機能を高める
 
(3)心臓の収縮力を高める
 
(4)利尿効果の促進
 
(5)消化を助ける
 
(6)二日酔いの頭痛の症状を和らげる
 
(7)脳血管性の偏頭痛を静める
 
(8)認知症などの予防
 

 
 
4420170107.png
 
 
 
 
■ コーヒーが生活習慣病の予防に効果がある!?
 
 
生活習慣病の代表といえば、動脈硬化があげられますが、動脈硬化とは、その名の通り「動脈がかたくなる」ことなんです。動脈がかたくなると何が問題かというと、血液をしっかり送り出すことができなくなるため、心臓に余計な負担をかけてしまいます。
 
 
そして、動脈硬化が進行すると、物忘れ、めまい、耳鳴り、動悸、息切れなどが現れます。その状態を放置してしまうと脳や心臓、腎臓など血管が集中している部分におこりやすく、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こすリスクがあります。
 
 
食の欧米化や運動不足、長時間座りっぱなしが原因で若年層の間でも動脈硬化を発症するケースが近年右肩あがりで増えています。そんな中コーヒーに驚くべき効果があったんです。
 
 
 
 
2890171204ht.png
 
 
 
『1日3~4杯のコーヒーに驚くべき効果があった!』
 
 
カップで1日3~4杯のコーヒーを飲むことによって、糖尿病、脳梗塞、がんなど生活習慣病を予防する効果が明らかになりました。あまり知られていませんが、実はコーヒーには優れた健康効果が沢山あるんです。
 
 
ということで今回はNHKの人気情報番組「ためしてガッテン」にてコーヒーによる動脈硬化を予防するメカニズムについて解説した模様をさらに分かりやすくまとめたJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

しっかり寝たのに疲れが取れない「 眠いだるい病 」の原因とは!?ある日突然こんな症状が出始めたら要注意!

 
 
720171201ht.png
 
 
 
 
■ こんな症状になやまされていませんか!?
 
 
しっかり寝たにもかかわらず、「目覚めが悪い」、「眠くてだるい」、「何もやる気が起きない」、不安になって病院に行っても、お医者さんからは「どこも異常なし」と診断されてしまい、どうすればいいのかわからずに一人悩みを抱えてしまうケースが増えてます。
 
 
言うまでもなく我々人間にとって寝ることは基本で、食事同様、生きていくうえで欠かすことができません。眠気が取れないまま会社や学校に行っても、集中力を維持することが難しいので、ミスを連発するなど仕事や勉強に悪影響を与えてしまいかねません。
 
 
また、頭がぼーっとしままの状態では、友達や家族、恋人との楽しい一時を楽しむことができません。場合によっては台無しにしてしまうこともあるでしょう。また、いつもだるそうにしていると周囲から怠け者と見られてしまう可能性があります。
 
 
 
 
144201708017ht.png
 
 
 
『 眠いだるい病!? 』
 
 
内科・神経内科・心療内科・東洋医学など幅広い医療知識と経験を持つ渡辺徹也医師によって、命名された「眠いだるい病」が話題となっています。
 
 
渡辺先生は廣済堂出版から『最近、最近疲れが抜けない。それ「眠いだるい病」かもしれません』がベストセラーとなっています。この中で「眠いだるい病」の原因と症状を自らの解決するための方法を解説しています。
 
 
ここ最近はスマホの長時間利用によって、様々な健康被害が報告されていますが、実際に様々な体調不良(頭痛、めまい、吐き気など)を引き起こしているので、スマホのようなデジタル機器の影響は大きいと思います。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます