みんなの健康手帳


記事一覧

エクセサイズ
      ■ 太ももの脂肪を取るのは非常に困難!?  基本的に腰から太ももにかけて脂肪がつきやすいですが、これらの脂肪を取り除くことは決して簡単ではありません。しかし、部分やせは簡単にできると思っている方が少なくありません。食事制限だけのダイエットでは、大抵細くなる前に辛くて挫折します。  食事制限は不定しませんが、本気で太ももを細くしたいのであれば、やはり下半身の筋肉を効率よく刺激するエクセサイ...

記事を読む

エクセサイズ
    ■ 肩甲骨はがしとは!?  肩甲骨はがしとは、いつのまにか固くなってしまった肩甲骨まわりの筋肉をゆるめることによって、つらい首や肩のこりを解消するストレッチです。また、肩甲骨をほぐすことによって、「褐色脂肪細胞」が刺激されるので「脂肪燃焼効果」が上がります。  その結果として、太りにくい体質へと改善されます。また、肩甲骨はがしは、インナーマッスルも同時に鍛えることができるので、単に体重が減る...

記事を読む

その他
      ■ 季節の変わり目の水分不足に要注意!?  季節の変わり目に体調不良が起こりやすい理由の一つとして、水を飲む量が減ってしまうことがあげられます。甘味料がたっぷり入ったジュースやコーヒー、お茶など色のついた飲み物を多くのむため、水を飲む量が減ってしまいます。  しかし、血液の流れが悪化したり、徐々に体の働きに悪い影響を及ぼします。そうするとストレスをもろに受けてしまうので、突然立ち眩みのよ...

記事を読む

その他
     ■ 食べ過ぎは万病の元  体の痛みやこりの原因は酵素不足である可能性が高いです!。しかも、暴飲暴食が進むと食道や胃に炎症が起こりやすくなるので、体のいたるところに痛みが生じやすくなります。  また、日常的に暴飲暴食気味の方は体の不調だけでなく、疲れやすいといった特徴が顕著にみられます。このため朝気分良く目が覚めるということが少ないです。  そうなると必然的に日中に眠くなることが多くなり、体...

記事を読む

その他
      ■ 頑張っても痩せない理由があった!  人間だれでも一度や二度はダイエットに取り組んだ経験があるかと思います。私は思春期のころに1年で体重が30キロ以上太ってしまった経験があるので、ダイエットではかなり苦労しました。  短期間で急激に太ったので、10代で心臓肥大になってしまい、駅の階段の昇り降り程度の運動で息切れしてしまう始末。お医者さんから「そんなに太ったら40歳まで生きられないよ」と...

記事を読む

太ももとお尻の脂肪が落ちる!血流を改善して代謝と脂肪燃焼効率をアップ!腰痛など身体の痛みやコリの予防にも利く!

 
 
1192017921ht.png
 
 
 
 
■ 太ももの脂肪を取るのは非常に困難!?
 
 
基本的に腰から太ももにかけて脂肪がつきやすいですが、これらの脂肪を取り除くことは決して簡単ではありません。しかし、部分やせは簡単にできると思っている方が少なくありません。食事制限だけのダイエットでは、大抵細くなる前に辛くて挫折します。
 
 
食事制限は不定しませんが、本気で太ももを細くしたいのであれば、やはり下半身の筋肉を効率よく刺激するエクセサイズを行った方がリバウンドも少なくてすみますし、太ももが細くなるスピードも早いです。
 
 
ということで、今回は1日1分でお腹まわりと太ももの脂肪を効率よく落とすことができるエクセサイズをご紹介させていただきます。こちらのエクセサイズを行うことで腰回りの筋肉が強化され、骨盤矯正効果も期待できることから、ダイエット効果だけでなく、腰痛や坐骨神経痛などの予防・改善効果も期待できます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

1日3分!座って出来る「肩甲骨はがし」の健康効果が凄い!姿勢と血行が改善して肩こりや背中の痛みの予防に利く!

 
1472017924ht.png
 
 
 
■ 肩甲骨はがしとは!?
 
 
肩甲骨はがしとは、いつのまにか固くなってしまった肩甲骨まわりの筋肉をゆるめることによって、つらい首や肩のこりを解消するストレッチです。また、肩甲骨をほぐすことによって、「褐色脂肪細胞」が刺激されるので「脂肪燃焼効果」が上がります。
 
 
その結果として、太りにくい体質へと改善されます。また、肩甲骨はがしは、インナーマッスルも同時に鍛えることができるので、単に体重が減るだけではなく、健康的なしなやかボディが手に入ります。
 
 
つまり、肩甲骨はがしは、肩こりを解消しながら同時にワンランク上のダイエット効果も期待できる大変すぐれたストレッチです。しかも場所を選ばず、いつでもどこでも気軽にできるので、習慣化しやすい点も大きな魅力です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

水の健康効果が凄い!血流を改善して肥満、胃酸過多、肉体疲労、便秘、高血圧、老化、むくみの予防に利く!

 
 
952017913ht.png
 
 
 
 
■ 季節の変わり目の水分不足に要注意!?
 
 
季節の変わり目に体調不良が起こりやすい理由の一つとして、水を飲む量が減ってしまうことがあげられます。甘味料がたっぷり入ったジュースやコーヒー、お茶など色のついた飲み物を多くのむため、水を飲む量が減ってしまいます。
 
 
しかし、血液の流れが悪化したり、徐々に体の働きに悪い影響を及ぼします。そうするとストレスをもろに受けてしまうので、突然立ち眩みのようなめまいに襲われたり、過呼吸とまではいかなくても、それに近い状態となって息苦しい状態が続きます。
 
 
ですので、秋だからこそ水は1.5リットル程度毎日しっかり飲むべきなのですが、コーヒーやお茶を飲むと難しいですよね。そこでおすすめしたいのが「水ダイエット」です。(※水を飲みすぎると体調不良を引き起こす人は控えてください)
 
 
 
 
 
11520161215l.png
 
 
 
■ 水ダイエットとは?
 
 
水を飲むことで得られる主な効能・効果として、基礎代謝UP、疲労回復、胃酸過多改善、便秘改善、高血圧予防、老化予防、美肌効果、デトックス効果、むくみ解消などがあげられます。水を飲むことで味覚が改善され、満腹感が得られやすくなるので、優れたダイエット効果が期待できます。
 
 
水ダイエットは文字通り水を毎日2リットル程度(人によっては体調を悪くされるケースもあるので、ご注意ください)飲むことによって太りにくい体質へと改善するのが主な目的となりますので、いやでも水をしっかり飲むようになります。しばらく続けることによって習慣化すればしめたものです。
 
 
ということで、水ダイエットの優れた健康効果について解説しているDoctors Meさん(原文:NICOLY(ニコリー)さん)の記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。冬でも水を飲むことの大切さをご理解いただければ幸いです

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

食べ過ぎは万病の元だった!消化が悪化して肥満、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、がんなどを発症するリスクが高まる!

 
 
431420180219ht.png
 
 
 
■ 食べ過ぎは万病の元
 
 
体の痛みやこりの原因は酵素不足である可能性が高いです!。しかも、暴飲暴食が進むと食道や胃に炎症が起こりやすくなるので、体のいたるところに痛みが生じやすくなります。
 
 
また、日常的に暴飲暴食気味の方は体の不調だけでなく、疲れやすいといった特徴が顕著にみられます。このため朝気分良く目が覚めるということが少ないです。
 
 
そうなると必然的に日中に眠くなることが多くなり、体がだるくなります。こうした場合、痛みの原因は酵素不足と食べ過ぎです。そして、食事が非常に偏っていることも問題です。
 
 
 
 
 
487420180219ht.png
 
 
 
■ 代謝が悪化すると体が不調を訴えます!
 
 
人間の消化能力には当然のことながら限界がありますので、限界を超えるレベルまで暴飲暴食が続けば、必然的に慢性的な消化不良を起こしてしまいます!。
 
 
この間に大量の酵素が浪費されてしまいますので、代謝酵素が不足します。そうなると体の新陳代謝が悪化しますので、血行も悪くなるため、肩こりや頭痛も起こりやすくなります。
 
 
体の痛むことによって、呼吸が乱れ、さらに体の不調が拡大します。そうならないためにも、普段から節度を守って、バランスの取れた食事を心がける必要があります。
 
 
 
 
 
482420180219ht.png
 
 
 
■ 三大栄養はこうして消化されます!
 
 
人間は生きていくために、タンパク質、炭水化物、脂質といった三大栄養素が不可欠です!。これらの栄養素を食事から採るわけですが、口→胃→小腸に入って分子になります。
 
 
これが消化のメカニズムです。タンパク質はアミノ酸、炭水化物はブドウ糖、脂質はブドウ酸に分解されます。分子レベルにまで分解されることで、はじめて吸収することができます。
 
 
そして、スムーズに代謝することができるわけです。ですので、沢山食べれば元気で健康になれるというわけではないのです。節度を守ってバランスの取れた食事を心がけましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

肥満の原因は「腸内細菌」のせいだった!?痩せている人には太っている人にはない腸内細菌があることが判明!

 
 
44130170114.png
 
 
 
 
■ 頑張っても痩せない理由があった!
 
 
人間だれでも一度や二度はダイエットに取り組んだ経験があるかと思います。私は思春期のころに1年で体重が30キロ以上太ってしまった経験があるので、ダイエットではかなり苦労しました。
 
 
短期間で急激に太ったので、10代で心臓肥大になってしまい、駅の階段の昇り降り程度の運動で息切れしてしまう始末。お医者さんから「そんなに太ったら40歳まで生きられないよ」と脅されて、ようやく痩せる決意をしたのですが、本当に苦しかったです。
 
 
自宅から最寄り駅までの道のりを自転車で通っていたのですが、往復で約4キロの道のりを歩くことにし、食事も昼は食べないことに...。苦しんだかいあって、1年後には元の体重に戻りましたが、油断するとすぐに太ってしまいました。
 
 
 
 
3904201610127.png
 
 
 
『 がんばっても痩せない原因とは!?』
 
 
しかし、友人の中には部活をやっていないにもかかわらず、毎日弁当を持参し、午前中に平らげ、昼食に学食で腹いっぱい食べ、しかもおやつまで食べているのに太るどころか、がりがりの子がいました。「同じ人間なの不公平すぎる」と嘆いたものです。
 
 
絶対に胃か腸がおかしいのだろうと思っていたのですが、実は痩せている人には太っている人にはない腸内細菌が腸内に棲息していたんです。だから太っている人は努力しても中々やせなかったんですね。
 
 
ということで、今回はこの点について分かりやすく解説している「まぐまぐニュース」さんの記事(『池田清彦のやせ我慢日記』)と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます