オキシトシンのタグ記事一覧


タグ:オキシトシン

オキシトシンのタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

その他
ストレス解消には、2つの脳内ホルモンを増やせ!医師が解説する「幸せホルモン」分泌法       ■1:オキシトシン オキシトシンの効果やオキシトシンを増やす行動は以下のとおりです。  別名「思いやりホルモン」「愛情ホルモン」「癒やしホルモン」  オキシトシンは脳の視床下部から分泌されており、信頼している人と関係をもつことで、オキシトシンが分泌する回路が動き出すとのこと。例えば触れ合う、顔を向き合っ...

記事を読む

その他
     ■ 凄すぎるキッスの効果とは!?  巷には美容と健康法があふれかえっています。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、そうした中で絶対に消えないものもいくつかあります。その代表が「キス」です。  「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれません。しかし、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンの分泌が活発化します。  エストロゲンはご...

記事を読む

メンタルヘルス
    ■ オキシトシンとは!?  最近女性誌を中心に「オキシトシン」という言葉をよく目にすることが多くなりました。オキシトシンは幸せホルモンの一つで、ストレスを抑えて多幸感に包まれながらリラックスすることができます。  このため、何かとストレスの多い現代社会をより良くいきるために、できるだけ効率よく分泌できることが求められます。そのためにも日々の生活中で意識する必要があります。      ■ ハグを...

記事を読む

その他
    ■ ハグは一日に何度してもいい  ハグの凄い効果が年々リニューアルされるがごとく研究結果が発表されているわけですが、たった30秒ハグするだけでストレスが3分の1になるので最高のストレス解消法です。  お酒を飲んでも心と身体に相当のダメージを与えますので、飲んだその時は良くても翌日には余計ストレスを貯めこんでしまいます。その結果その晩も飲んでしまうわけです。  これを繰り返したらアルコール依存...

記事を読む

幸せホルモン「セロトニン」「オキシトシン」の効果効能が凄い!幸せホルモンを増やす方法




ストレス解消には、2つの脳内ホルモンを増やせ!
医師が解説する「幸せホルモン」分泌法

 
 
 
2664420161220l.png
 
 
 
 

■1:オキシトシン


 
オキシトシンの効果やオキシトシンを増やす行動は以下のとおりです。
 
 

別名「思いやりホルモン」「愛情ホルモン」「癒やしホルモン」


 
 
オキシトシンは脳の視床下部から分泌されており、信頼している人と関係をもつことで、オキシトシンが分泌する回路が動き出すとのこと。例えば触れ合う、顔を向き合ってお喋りする、おしゃべりなどという行動で愛情が育まれ
 
 
幸福感を得られることがわかっています。誰かの為に料理を作ってあげたり、プレゼントを選んだりする事も良いそうです。
 
 
 
 

【オキシトシンの効果】


 

・ストレスを緩和
 
・感染症の予防
 

 
 
 

【オキシトシンを増やす5つの行動】


 

・ふれあい
 
・親切(席を譲るなど)
 
・家族団らん/おしゃべり
 
・誰かのためにプレゼントを選ぶ
 
・誰かのために料理をする
 

 
 
 
 
 

■2:セロトニン


 
 

別名「喜びホルモン」「感動ホルモン」


 
セロトニンを出す場所は、脳の中の脳幹と呼ばれる部分。セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症なになることが知られています。
 
 
 

【セロトニンの効果】


 

・自律神経が整えられ、不眠症が改善する
 
・頭痛や生理痛が軽減する
 
・ストレス抑制
 
・記憶力・学習能力の向上
 

 
 
 
【セロトニンを増やす3つの行動】

つぎに以下のとおりセロトニンを増やす3つの行動をご紹介させていただきます。
 
 
 

● セロトニンを増やす行動(1)感動した時は声に出す


 
「綺麗だな」「すごいな」「美味いな」など、感動したことを意識して素直に声に出して言うようにする。
 
 
 
 

● セロトニンを増やす行動(2)日光を浴びる


 
太陽に当たるとセロトニンが分泌されやすくなる。


1日に20~30分(何回かに分けて)でOK。


私は毎朝朝日に向かって呼吸法を行ないながら5分ほど浴びてますが、この程度であれば日焼けの心配もありません。


それ以上に気分が良くなるので毎日欠かせません。
 
 
 
 

● セロトニンを増やす行動(3)リズム運動を行う


 
ウオーキング、サイクリング、ラジオ体操など、一定のリズムや音楽にのって、体を動かす運動で、セロトニンの分泌が盛んになる。
 
 
 
 
 

■ 幸せホルモンを増やす方法のまとめ



最後までお読みいただきありがとうございます。リズム運動の一つとして「お手玉」があります。


実際に精神疾患で通院中の17人を対象に、お手玉をするグループとしないグループに分けて6か月間のさまざまな心理検査を行ったところ、お手玉をしたグループのほうが不安が減り、逆に活力が増えたことがわかったそうです。
 
 
ちょっとストレスが溜まっているけれど、外に出る気も運動する気もしない…なんていうときには、お手玉をやってみてはいかがでしょう。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 セロトニンのサプリと増やす方法
 
【動画】 精神科医:樺沢紫苑先生
 
 

 
ストレスホルモンを減らす方法
 

 
 

» 記事の続きを読む


キスの効果が凄い!幸せホルモン「エンドルフィン」の分泌量が増えて幸福感がアップ!

 
 
295420180205ht.png
 
 
 
■ 凄すぎるキッスの効果とは!?
 
 
巷には美容と健康法があふれかえっています。


毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、そうした中で絶対に消えないものもいくつかあります。


その代表が「キス」です。
 
 
「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれません。


しかし、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンの分泌が活発化します。
 
 
エストロゲンはごく少量しか分泌されません。


しかも加齢とともに分泌量が減り、自ら分泌量を増やそうと思っても簡単には増やせませんので、いかにキスの効果が凄いか伺いしれます。
 
 
 
 
5008920161124.png
 
 
 
■ キッスは心と体の健康に欠かせない?
 
 
またストレスや不安を抑える役割もあるので、寿命が伸びるのも十分うなずけます。


ですので、心と体の美容と健康にキッスは欠かせないものになりそうですね。
 
 
今回はキッスに関する記事とキッスに関する幅広い情報を公開している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


愛情ホルモン「オキシトシン」の癒しの効果が凄い!ストレス緩和、不安を減少、心臓機能の改善、感染症などの予防に!

 
2720190105hm.png
 
 
 
■ オキシトシンとは!?
 
 
最近女性誌を中心に「オキシトシン」という言葉をよく目にすることが多くなりました。オキシトシンは幸せホルモンの一つで、ストレスを抑えて多幸感に包まれながらリラックスすることができます。
 
 
このため、何かとストレスの多い現代社会をより良くいきるために、できるだけ効率よく分泌できることが求められます。そのためにも日々の生活中で意識する必要があります。
 
 

 
6394201611104.png
 
 
 
■ ハグをするとオキシトシンの分泌量が増える
 
 
オキシトシンは、別名「抱擁ホルモン」や「愛情ホルモン」ともいわれていて、人間関係によい影響をもたらしてくれるだけでなく、ストレスを抑える効果が期待できます。
 
 
また、信頼のおける人とハグすることでオキシトシンが十分に分泌されると、脳の疲れを癒し、気分を安定させ、人に対する信頼感が増し、心地よい「幸福感」に包まれます。
 
 
 
 
『 意識してオキシトシンの分泌量を上げる努力を! 』
 
 
実はそれくらい自分でオキシトシンの分泌を活発化することが出来るんです。であるならば、常に一日に必要な適切な量のオキシトシンが分泌されるように積極的に取り組んでいくべきですよね。
 
 
ということで、今回はオキシトシンを効率よく分泌させるための方法を分かりやすく解説しているリクナビNEXTジャーナル さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


愛の力はやっぱり凄かった!ハグの健康効果が凄い!抱きしめ合うだけで幸せホルモン「オキシトシン」の分泌量がアップ!

 
2120180104ht.png
 
 
 
■ ハグは一日に何度してもいい
 
 
ハグの凄い効果が年々リニューアルされるがごとく研究結果が発表されているわけですが、たった30秒ハグするだけでストレスが3分の1になるので最高のストレス解消法です。
 
 
お酒を飲んでも心と身体に相当のダメージを与えますので、飲んだその時は良くても翌日には余計ストレスを貯めこんでしまいます。その結果その晩も飲んでしまうわけです。
 
 
これを繰り返したらアルコール依存症になるリスクが高まります。大抵こうしたリスクがありますが、ハグには一切ありません。何度しても何時間しても問題ありません。
 
 
 
 
『 人でなくても効果がある!? 』
 
 
もちろん相手があってのことなので、嫌がられない範囲でやらなければいけません。また、最近の研究でハグする相手は成人していなくても高い効果があることが明らかになってます。ですので、お子さんやペットでも良いようですよ。
 
 
何かを抱きしめるという行為そのものが心と身体の健康にいいようなので、是非ハグを習慣化しましょう。ということで、今回はハグの優れた効能・効果について分かりやすく解説しているDoctors Meさんの記事と動画をあわせてご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む


Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます