kiss-effect.jpg
 
 
 
 

■ 凄すぎるキッスの効果とは!?


 
巷には美容と健康法があふれかえっています。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、そうした中で絶対に消えないものもいくつかあります。
 
 
その代表が「キス」です。「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれません。
 
 
しかし、キッスによって女性の場合、エストロゲン(エストロゲンの作用については以下をご参照ください)をはじめとしたホルモンの分泌が活発化します。
 
 
エストロゲンはごく少量しか分泌されません。
 
 
しかも加齢とともに分泌量が減り、自ら分泌量を増やそうと思っても簡単には増やせませんので、いかにキスの効果が凄いか伺いしれます。
 
 
 
 
estrogen.jpg
 
 
 

▼ エストロゲンが作用する部位・機能


 
エストロゲンが作用する部位および機能に関しましては以下のとおりです。
 
 

(1)脳・中枢神経
(2)循環器(心臓血管系)
(3)脂質代謝(コレステロール・中性脂肪)
(4)乳房
(5)皮膚
(6)骨
(7)生殖器(子宮、膣)
(8)泌尿器(尿路、膀胱)


 
 
 
 

▼ エストロゲンが欠乏して起こる症状・障害


 
加齢によってエストロゲンが減少すると以下のような症状が起こりやすくなります。
 
 

(1)物忘れ・うつ
(2)心・血管疾患のリスク増加
(3)脂質代謝異常(コレステロール・中性脂肪の増加)
(4)乳房の萎縮
(5)皮膚の萎縮・色素沈着
(6)骨量の減少
(7)性器の萎縮
(8)排尿障害


 
参考:エストロゲンと女性のヘルスケア
 
 
 
 

▼ キッスは心と体の健康に欠かせない?


 
またキスすることでストレスや不安を抑える役割もあるので、寿命が伸びるのも十分うなずけます。
 
 
ですので、心と体の美容と健康にキッスは欠かせないものになりそうですね。
 
 
今回はキッスに関する記事とキッスに関する幅広い情報を公開している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む