ストレッチのタグ記事一覧


タグ:ストレッチ

ストレッチのタグが付いた記事一覧。お仕事や日常生活で役立つ様々(家事、節約、食、健康、美容)なアイディアをご紹介しています。

動画のまとめ
    ■ 今回のテーマは「肩こり」 今回は、「簡単1分!肩こりを原因から解消するストレッチ」という動画の中で紹介されている2つのストレッチのやり方と肩こりの根本的な原因や解消する方法などをまとめさせていただきました。  こちらの動画は藤沢辻堂にある慢性腰痛専門整体院和-KAZU-で院長を務められる追田和也さんが作成されたもので、再生回数が何と30万回超の人気動画です。  まず、肩甲骨の外にある筋肉を伸ば...

記事を読む

エクセサイズ
   ■ 脂肪燃焼効果が高い褐色脂肪細胞とは!?  今回は、バレエの先生直伝!褐色細胞を燃やす肩甲骨を刺激するストレッチをご紹介します。肩甲骨周辺の筋肉は硬くなりやすく、また、筋肉量が中々増えないので、脂肪の燃焼効果を悪化させるのをはじめ、肩こりや背中の痛みなど様々な弊害をもたらします。  ちなみに、人間の体の脂肪は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の二種類があります。白色脂肪細胞は脂肪を蓄積し、一...

記事を読む

エクセサイズ
    ■ 40肩、50肩とは?  日本では腕を回したり、腕を肩より上にあげようとすると強い痛みが生じたりする症状を40肩、50肩といいますが、こうした症状は中高年でなくても生じてしまいます。  英語では「フローズンショルダー」といいます。フローズンショルダーは、文字通り肩が固まってしまった状態を指す言葉です。当然若年層でもこうした症状を引き起こす可能性があります。  とくに最近はスマホの長時間利用...

記事を読む

エクセサイズ
      ■ たった1分で全身の筋肉をほぐす  今回ご紹介させていただくストレッチ「ダウンドッグ」のポーズは、背中を中心に全身の筋肉を効率よくほぐしながら、血流を改善することができる大変優れたストレッチです。  上図にありますとおり、壁や椅子、手すりを使って行うので、身体の硬い人でも安心して行えます。腕を壁にむかって伸ばすことで肩や肩甲骨周辺の筋肉が刺激されるので、肩こりや腰痛など体の痛みやコリに...

記事を読む

健康
    ■ 肩こりを悪化させる「スマートフォン症候群」とは? 「スマートフォン症候群」をご存知ですか?。スマートフォン症候群は、スマホの長時間利用によって、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眼精疲労、ドライアイといった症状を引き起こします。  スマホを使用するときに問題となるのが「姿勢」です。スマホを使用すると頭が下がり、首に大きな負担をかけることになるので、この状態で長時間スマホを使用し続けると、首の...

記事を読む

簡単1分!肩こりを原因から解消するストレッチの効果がすごい!肩甲骨と胸の筋肉が伸びて辛い肩こりにさようなら!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
stiff-shoulders-stretch.jpg
 
 
 

■ 今回のテーマは「肩こり」


 
今回は、「簡単1分!肩こりを原因から解消するストレッチ」という動画の中で紹介されている2つのストレッチのやり方と肩こりの根本的な原因や解消する方法などをまとめさせていただきました。
 
 
こちらの動画は藤沢辻堂にある慢性腰痛専門整体院和-KAZU-で院長を務められる追田和也さんが作成されたもので、再生回数が何と30万回超の人気動画です。
 
 
まず、肩甲骨の外にある筋肉を伸ばすストレッチと胸の筋肉を伸ばすストレッチを30秒ずつ行います。胸が開いて気持ちいいので肩こりの症状がない方にもおススメのストレッチです。

» 記事の続きを読む


肩甲骨を刺激して褐色脂肪細胞を燃やす「肩甲骨ストレッチ」の効果が凄い!ダイエット効果UP、肩こりの予防に!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
2904401801026ht.png

 
 
■ 脂肪燃焼効果が高い褐色脂肪細胞とは!?
 
 
今回は、バレエの先生直伝!褐色細胞を燃やす肩甲骨を刺激するストレッチをご紹介します。肩甲骨周辺の筋肉は硬くなりやすく、また、筋肉量が中々増えないので、脂肪の燃焼効果を悪化させるのをはじめ、肩こりや背中の痛みなど様々な弊害をもたらします。
 
 
ちなみに、人間の体の脂肪は「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の二種類があります。白色脂肪細胞は脂肪を蓄積し、一方の褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼する働きにすぐれた細胞でして、これらの細胞は主に背中に集中しています。
 
 
ですので、褐色脂肪細胞をストレッチなどで刺激してやることによって、肩甲骨周辺の筋肉を刺激し、同時に筋肉量が増えるので脂肪燃焼効果がアップすることから、太りにくい体質に改善する効果が期待されています。
 
 
 
 
『 肩甲骨を刺激して褐色脂肪細胞の働きが活発化する 』
 
 
褐色脂肪細胞の働きが活発化することによって、エネルギをー効率よく消費することができるので、無理な食事制限などをすることなく、健康的で太りにくい体質に改善することが可能とされています。
 
 
繰り返しになりますが、褐色細胞は首の後ろ、肩甲骨周辺ににあります。褐色細胞の量は幼児期が最も多く、成人以降は激減してしまうので、大人になったら褐色脂肪細胞を活性化させるためにストレッチなどを習慣的に行なう必要があります。

» 記事の続きを読む


40肩、50肩の辛い痛みの予防に役立つセルフストレッチ!血流を改善して首こり、肩こり、寝違え、背中の痛みの予防にも!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
3420171107ht.png
 
 
 
■ 40肩、50肩とは?
 
 
日本では腕を回したり、腕を肩より上にあげようとすると強い痛みが生じたりする症状を40肩、50肩といいますが、こうした症状は中高年でなくても生じてしまいます。
 
 
英語では「フローズンショルダー」といいます。


フローズンショルダーは、文字通り肩が固まってしまった状態を指す言葉です。


当然若年層でもこうした症状を引き起こす可能性があります。
 
 
とくに最近はスマホの長時間利用による姿勢の乱れから、肩の筋肉が固くなってしまいます。


このため20代前半の若い男女の間でも、こうした肩の痛みに悩まされるケースが増えています。
 
 
 
 
『 ストレスや疲労で緊張した筋肉をほぐしましょう! 』
 
 
特に冬場は筋肉が固まりやすいので、ストレッチやマッサージなどでほぐしてあげてください。


肩甲骨の周りを動かすことによって、次第に血行が良くなり、健康な肩を取り戻すことが出来ます。


ただし、あまりにも痛みがひどい場合は整形外科を受診しましょう。
 
 
ということで、今回は40肩、50肩(フローズンショルダー)を解消するためのストレッチを2つ解説している海外の健康サイト「Stretch Coach」の記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


肩甲骨を刺激しながら全身の筋肉をほぐして血流を改善!見た目が若返って肩コリ、背中の痛み、腰痛、筋肉低下の予防にも!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
 
2720180201ht.png
 
 
 
 
■ たった1分で全身の筋肉をほぐす
 
 
今回ご紹介させていただくストレッチ「ダウンドッグ」のポーズは、背中を中心に全身の筋肉を効率よくほぐしながら、血流を改善することができる大変優れたストレッチです。
 
 
上図にありますとおり、壁や椅子、手すりを使って行うので、身体の硬い人でも安心して行えます。


腕を壁にむかって伸ばすことで肩や肩甲骨周辺の筋肉が刺激されるので、肩こりや腰痛など体の痛みやコリに効きます。
 
 
また、このストレッチを習慣的に行うことで全身の筋肉が柔らかくなるので、下手にセルフマッサージするよりも痛みやコリに良い効果をもたらしてくれることでしょう。


是非日々のストレスで凝り固まった全身の筋肉をほぐしてあげてください。
 
 
 
 
『 きつくないのに効果が凄い! 』
 
 
そして、呼吸を意識しながら行うので、リラックス効果も高いうえに、お腹もしっかり凹みますので、一石五鳥くらい優れた効果が魅力のストレッチです。


また、しっかり脳を休めてくれるので、ストレス社会に生きる私たち現代人にぴったりのエクセサイズです。
 
 
ちなみにダウンドッグのポーズは、サンスクリット語で「アド・ムカ・シュヴァナーサナ」といい、本来であれば床だけで行うのですが、初心者には中々難しいです。


ですので、今回は壁を使ったダウンドッグのポーズをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


辛い肩こりを改善する方法!筋肉をほぐして血流を改善!免疫力を高めて、めまい、眼精疲労、内臓の病気の予防にも!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
5120171110ht.png
 
 
 

■ 肩こりを悪化させる「スマートフォン症候群」とは?


 
「スマートフォン症候群」をご存知ですか?。スマートフォン症候群は、スマホの長時間利用によって、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眼精疲労、ドライアイといった症状を引き起こします。
 
 
スマホを使用するときに問題となるのが「姿勢」です。スマホを使用すると頭が下がり、首に大きな負担をかけることになるので、この状態で長時間スマホを使用し続けると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が著しく悪化します。
 
 
これが肩こりの原因となるわけですが、この段階で手を打たないと、頭痛など他の症状を誘発してしまいます。例えば肩こりから頭痛が生じやすいわけですが、頭痛によって一日中不快な状態で過ごすことになります。
 
 
 
 
 

■ 肩こりを改善するには血行改善がカギ?


 
肩こりを放置してしまうと、首の動脈が圧迫され血流が悪化してしまうとので、頭部(脳)への血液の供給が次第に低下してしまうため、肩こりと頭痛のダブルで悩まされることになります。
 
 
ですので、肩こりや肩こりからくる頭痛を予防するには、まず最初に原因となっている筋肉のコリをほぐして血行を促進させなければなりません。
 
 
基本的に肩こりは、血行不良によって筋肉が硬直してしまうことによって生じるので、血行をよくする食品を積極的に摂ることによって、肩こりの症状を緩和することが出来ます。


ということで今回は血行を良くする働きが期待できる食品と肩こりを解消するエクササイズの動画をご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む


Copyright © みんなのライフハック All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます