152401801017ht.png
 
 
 
 
■ 低体温がなぜ万病の元なのか!?
 
 
低体温は万病の元と言われる背景には体温が低いと基礎代謝も免疫力も低い状態にあるためです。ガンを引き起こす前は風邪をひきやすいされていますので、免疫力が低い低体温の方は寒さが厳しい冬は要注意です。
 
 
ここでいう低体温とは、平熱が常時が35℃台、もしくはそれ以下の状態のことをさします。ちなみに日本人の平均体温は36.89度です。過去50年間で1度近くも低下していますので、それだけ日本国民全体の免疫力が低下しているといえます。
 
 
低体温は圧倒的に女性に多く、とくにここ10年位の間に35℃代の女性が増えています。

» 記事の続きを読む