幸せホルモンのタグ記事一覧


タグ:幸せホルモン

幸せホルモンのタグが付いた記事一覧。お仕事や日常生活で役立つ様々(家事、節約、食、健康、美容)なアイディアをご紹介しています。

メンタルヘルス
     ■ オキシトシンとは!? 最近女性誌を中心に「オキシトシン」という言葉をよく目にすることが多くなりました。  オキシトシンは幸せホルモンの一つで、ストレスを抑えて多幸感に包まれながらリラックスすることができます。  このため、何かとストレスの多い現代社会をより良くいきるために、できるだけ効率よく分泌できることが求められます。  そのためにも日々の生活中で意識する必要があります。      ...

記事を読む

メンタルヘルス
     ■ 幸せホルモン「セロトニン」とは? 幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことです。  セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。  また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解でき...

記事を読む

その他
     ■ ハグは最高のストレス解消法だった! ハグの凄い効果が年々リニューアルされるがごとく、様々な研究結果が発表されています。  たった30秒ハグするだけでストレスが3分の1になるので最高のストレス解消法です。  ストレス解消法というと昭和の時代は「お酒を飲む」がNo1でした。  しかし、お酒を飲むと腸を冷やしてしまうので、心と体の健康を害してしまいます。  飲んだその時は気分が良くても、飲みす...

記事を読む

健康
     ■ 腸は脳よりも凄い?! 腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。  ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な不調を引き起こすこととなります。  このた...

記事を読む

食による美容と健康
      ■ イライラを解消するには「セロトニン」を増やす! 11月に入ってから、気候の変化が一段と激しくなってきました。  初秋の過ごしやすい日が続いたかと思えば、12月上旬のコートが必要なくらい寒い陽気になったりと、温暖の差が激しいので、その変化に体がついていけません。  また、朝晩の気温差が激しい日が続いてます。  季節の変わり目は自律神経が乱れやすく、イライラすることが増えます。  しかし...

記事を読む

愛情ホルモン「オキシトシン」の癒しの効果が凄い!ストレス緩和、不安を減少、心臓機能の改善、感染症などの予防に!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
hugging_couples_03201.jpg
 
 
 
 

■ オキシトシンとは!?


 
最近女性誌を中心に「オキシトシン」という言葉をよく目にすることが多くなりました。
 
 
オキシトシンは幸せホルモンの一つで、ストレスを抑えて多幸感に包まれながらリラックスすることができます。
 
 
このため、何かとストレスの多い現代社会をより良くいきるために、できるだけ効率よく分泌できることが求められます。
 
 
そのためにも日々の生活中で意識する必要があります。
 
 
 
 
 
oxytocin_effect_03201.jpg
 
 

肌に触れたりする軽いスキンシップによって、脳がオキシトシンを増やすと....
 
【オキシトシンが増える身体への効果】
 
(1)血圧の安定
(2)心臓機能アップ
(3)治癒力のアップ


【オキシトシンが増える心への効果】
 
(1)血圧の安定
(2)心臓機能アップ
(3)治癒力のアップ


 
 
 
 
 

■ ハグをするとオキシトシンの分泌量が増える


 
オキシトシンは、別名「抱擁ホルモン」や「愛情ホルモン」ともいわれています。
 
 
人間関係によい影響をもたらしてくれるだけでなく、ストレスを抑える効果が期待できます。
 
 
また、信頼のおける人とハグすることでオキシトシンが十分に分泌されると、脳の疲れを癒し、気分を安定させ、人に対する信頼感が増し、心地よい「幸福感」に包まれます。
 
 
 
 
 

■ オキシトシンが増えるメリットデメリット


 
オキシトシンの分泌量が増えることによって、次のようなメリット・デメリットがあります。
 
 
 

▼ オキシトシンのメリットについて


 
オキシトシンは、幸福感をもたらすだけでなく、ストレスを軽減したり、記憶力を向上させるといった効果があります。
 
 
また、痛みを軽減させる「エンドルフィン」の分泌を促進したり、子宮収縮や乳汁分泌といった女性の生殖機能にもオキシトシンが関与します。
 
 
そして、嬉しいことに美肌効果や体脂肪がつきにくくなる効果もあります。
 
 
オキシトシンは、人間の心身の健康にとって非常に重要なホルモンであることがお分かりいただけたかと思います。
 
 
 
 

▼ オキシトシンのデメリットについて


 
しかし、そんなオキシトシンにもデメリットもあります。
 
 
オキシトシンが増えると、自分の仲間以外の人に対して攻撃的や排他的になりやすくなるという研究結果があります。
 
 
オキシトシンのこうしたデメリットを理解したうえで、オキシトシンを増やすための取り組みが必要です。
 
 
 
 
 

■ 意識してオキシトシンの分泌量を上げる努力を!


 
意外に思われるかもしれませんが、意外と簡単に自分でオキシトシンの分泌を増やすことが出来るんです。
 
 
であるならば、常に一日に必要な適切な量のオキシトシンが分泌されるように積極的に取り組んでいくべきですよね。
 
 
ということで、今回はオキシトシンを効率よく分泌させるための方法を分かりやすく解説しているリクナビNEXTジャーナル さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


幸せホルモン「セロトニン」の分泌量を増やせば人生がもっと楽しくなる!セロトニンを効率よく増やす方法


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
Serotonin_effect_03091.jpg
 
 
 
 

■ 幸せホルモン「セロトニン」とは?


 
幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことです。
 
 
セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。
 
 
また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解できるようになると言われています。
 
 
人の痛みが分るこうしたタイプの人が人から嫌われるはずもありません。
 
 
セロトニンが増えることによって、こうした「共感脳」がいい具合に刺激され、仕事や恋愛といった社会生活をする上で非常に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

» 記事の続きを読む


愛の力はやっぱり凄かった!ハグの健康効果が凄い!抱きしめ合うだけで幸せホルモン「オキシトシン」の分泌量がアップ!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
hug_03141.jpg
 
 
 
 

■ ハグは最高のストレス解消法だった!


 
ハグの凄い効果が年々リニューアルされるがごとく、様々な研究結果が発表されています。
 
 
たった30秒ハグするだけでストレスが3分の1になるので最高のストレス解消法です。
 
 
ストレス解消法というと昭和の時代は「お酒を飲む」がNo1でした。
 
 
しかし、お酒を飲むと腸を冷やしてしまうので、心と体の健康を害してしまいます。
 
 
飲んだその時は気分が良くても、飲みすぎれば翌日は最悪の気分で朝を迎えることになります。
 
 
こんな状態で一日を過ごすと余計ストレスを貯めこんでしまいます。
 
 
その結果その晩も前日と同じように飲んでしまうわけです。
 
 
これを繰り返したら軽度のアルコール依存症になるリスクが高まり、より心と体の健康を害してしまいます。
 
 
巷で囁かれているストレス解消法は大抵こうしたリスクがありますが、ハグには一切ありません。
 
 
一日にハグを何度しても何時間しても問題ありません。
 
 
 
 
 

■ ハグは人でなくても効果がある!?


 
人間を相手にハグする場合は、嫌がられない範囲でやらなければいけません。
 
 
しかし、最近の研究でハグする相手は成人していなくても高い効果があることが明らかになってます。
 
 
ですので、お子さんやペットでも良いようです。
 
 
また、枕やぬいぐるみなどでも効果があるようですし、自分で自分を抱きしめる「セルフハグ」も自愛効果によってストレスを抑える効果が期待できるようです。
 
 
何かを抱きしめるという行為そのものが心と身体の健康にいいようなので、是非ハグを習慣化しましょう。
 
 
ということで、今回はハグの優れた効能・効果について分かりやすく解説しているDoctors Meさんの記事と動画をあわせてご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む


腸を温める健康効果が凄い!腸内環境と血流が改善されて基礎代謝、免疫力、脂肪燃焼効率、幸せホルモン「セロトニン」の分泌量がアップ!!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
warm_the_intestines_02031.jpg
 
 
 
 

■ 腸は脳よりも凄い?!


 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。
 
 
ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な不調を引き起こすこととなります。
 
 
このため、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
 

■ 腸を冷やすのは百害あって一利なし!


 
そのためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やして心と身体に良いことは何一つありません。
 
 
逆に常に腸を温めることによって、美容と健康に素晴らしい効果をもたらしてくれます。
 
 
であるならば、やらない手はありませんよね。
 
 
また、うつ病などの精神疾患に関しても極端なセロトニン不足が原因として大きな割合を占めてます。
 
 
このため脳だけでなく腸の影響についても考慮する動きが世界的に広がっているので、今後さらに腸の重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む


幸せホルモン「セロトニン」を効率よく増やしてくれる食品4選!不眠、うつ病、不安、イライラなどの予防に!


※本ページはプロモーションが含まれています。
 
 
942017913ht.png
 
 
 
 

■ イライラを解消するには「セロトニン」を増やす!


 
11月に入ってから、気候の変化が一段と激しくなってきました。
 
 
初秋の過ごしやすい日が続いたかと思えば、12月上旬のコートが必要なくらい寒い陽気になったりと、温暖の差が激しいので、その変化に体がついていけません。
 
 
また、朝晩の気温差が激しい日が続いてます。
 
 
季節の変わり目は自律神経が乱れやすく、イライラすることが増えます。
 
 
しかし、イライラしているからといって、そのイライラを解消するために人に当たるわけにもいかないので、我慢を強いられるわけですが、そのまま「ストレス」を放置してしまうと「ストレス」が溜まる一方です。次第に様々な体調不良を引き起こす原因にもなります。
 
 
ですので、ストレスなくイライラを解消するためにも意識して幸せホルモン「セロトニン」を増やす努力がどうしても必要になります。
 
 
セロトニンは、三大神経伝達物質の一つで、特にメンタル面で大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎにも関係することから「幸せホルモン」と言われてます。
 
 
 
 
 

『 セロトニンを効率よく増やすには 』


 
セロトニンを効率よく増やすための基本が上図にある5つの方法になります。どれもしっかり意識すれば、それほど難しくはありませんが、長期間にわたって習慣化するのは決して簡単ではありません。ですので、この5つの項目で特に食事が重要になります。
 
 
セロトニンを作る栄養素が、必須アミノ酸「トリプトファン」です。しかし、殘念ながら「トリプトファン」という成分は、人間の体の中で作り出すことが出来ないので、食品から摂るしか確かな方法がありません。
 
 
ということで、今回は効率よくセロトニンを増やすために必要な食品を解説している記事とうつ病を予防するために効率よくセロトニンの分泌量を増やす方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


Copyright © みんなのライフハック All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます