幸せホルモンのタグ記事一覧


タグ:幸せホルモン

幸せホルモンのタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

その他
      ■ イライラを解消するには「セロトニン」を増やす! 6月に入ってから、気候の変化が一段と激しくなってきました。初夏の暑さが厳しい日が続いたかと思えば、4月上旬の肌寒い陽気になったりと、温暖の差が激しいので、その変化に体がついていけません。また、この時期は梅雨の影響もあってか、イライラすることがどうしても多いですよね。  しかし、イライラしているからといって、そのイライラを解消するために人...

記事を読む

健康
     ■ 腸は脳よりも偉かった?! 腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。  ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な体調不良(頭痛、生理痛、めまい、吐き気...

記事を読む

その他
ストレス解消には、2つの脳内ホルモンを増やせ!医師が解説する「幸せホルモン」分泌法       ■1:オキシトシン オキシトシンの効果やオキシトシンを増やす行動は以下のとおりです。  別名「思いやりホルモン」「愛情ホルモン」「癒やしホルモン」  オキシトシンは脳の視床下部から分泌されており、信頼している人と関係をもつことで、オキシトシンが分泌する回路が動き出すとのこと。例えば触れ合う、顔を向き合っ...

記事を読む

メンタルヘルス
      ■ 無理してストレスを解消しようとすると余計ストレスに苦しめられる!?  生きていればストレスは誰にでもあります。しかし、無理してストレスを解消しようとすると余計にストレスが増えることになってしまいます。例えばお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなり、余計に苦しくなります。  特にこれらのストレス解消法は依存性が高いので注意が必要です。例えばお酒を飲めば飲む...

記事を読む

メンタルヘルス
      ■ イライラを解消するには!?  梅雨に入り、雨が降ったりやんだり、暑かったり、じめじめしたりと、何かとうっとおしい日が続いていますが、この時期は気候の影響もあってか、イライラすることがどうしても多いです。  しかし、イライラしているからといって、人に当たるわけにも生きませんから、そのまま放置してしまうと「ストレス」が溜まる一方です。次第に様々な体調不良を引き起こす原因にもなります。  ...

記事を読む

幸せホルモン「セロトニン」を効率よく増やしてくれる食品4選!不眠、うつ病、不安、イライラなどの予防に!

 
 
942017913ht.png
 
 
 
 

■ イライラを解消するには「セロトニン」を増やす!


 
6月に入ってから、気候の変化が一段と激しくなってきました。初夏の暑さが厳しい日が続いたかと思えば、4月上旬の肌寒い陽気になったりと、温暖の差が激しいので、その変化に体がついていけません。また、この時期は梅雨の影響もあってか、イライラすることがどうしても多いですよね。
 
 
しかし、イライラしているからといって、そのイライラを解消するために人に当たるわけにもいかないので、我慢を強いられるわけですが、そのまま「ストレス」を放置してしまうと「ストレス」が溜まる一方です。次第に様々な体調不良を引き起こす原因にもなります。
 
 
ですので、ストレスなくイライラを解消するためにも意識して幸せホルモン「セロトニン」を増やす努力がどうしても必要になります。セロトニンは、三大神経伝達物質の一つで、特にメンタル面で大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎにも関係することから「幸せホルモン」と言われてます。
 
 
 
 

『 セロトニンを効率よく増やすには 』


 
セロトニンを効率よく増やすための基本が上図にある5つの方法になります。どれもしっかり意識すれば、それほど難しくはありませんが、長期間にわたって習慣化するのは決して簡単ではありません。ですので、この5つの項目で特に食事が重要になります。
 
 
セロトニンを作る栄養素が、必須アミノ酸「トリプトファン」です。しかし、殘念ながら「トリプトファン」という成分は、人間の体の中で作り出すことが出来ないので、食品から摂るしか確かな方法がありません。
 
 
ということで、今回は効率よくセロトニンを増やすために必要な食品を解説している記事とうつ病を予防するために効率よくセロトニンの分泌量を増やす方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


腸を温めると幸せホルモン「 セロトニン 」が増える!心と体に嬉しいことがいっぱい!

 
 
59140161001.png
 
 
 

■ 腸は脳よりも偉かった?!


 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。
 
 
ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な体調不良(頭痛、生理痛、めまい、吐き気、うつ病、気象病)などを引き起こすこととなります。
 
 
このため、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
 
 
6144201611103.png
 
 
 

『 腸を冷やしてはいけない! 』


 
そのためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やしてしまうと、次第に腸内環境が悪化(善玉菌が減って悪玉菌が増える)します。


そうすると自律神経が乱れるなど様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
ですので、腸を冷やしてしまうと心と体の健康に良いことが何一つありません。逆に常に温めることによって、美容と健康に素晴らしい効果をもたらしてくれます。
 
 
これから夏を迎えるにあたって長時間エアコンを利用すると夏でも冷えやすくなるので注意が必要です。


うつ病などの精神疾患に関しても脳だけでなく腸の働きも考慮する動きが世界的に広がっているので、今後さらに腸の重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ

幸せホルモン「セロトニン」「オキシトシン」の効果効能が凄い!幸せホルモンを増やす方法




ストレス解消には、2つの脳内ホルモンを増やせ!
医師が解説する「幸せホルモン」分泌法

 
 
 
2664420161220l.png
 
 
 
 

■1:オキシトシン


 
オキシトシンの効果やオキシトシンを増やす行動は以下のとおりです。
 
 

別名「思いやりホルモン」「愛情ホルモン」「癒やしホルモン」


 
 
オキシトシンは脳の視床下部から分泌されており、信頼している人と関係をもつことで、オキシトシンが分泌する回路が動き出すとのこと。例えば触れ合う、顔を向き合ってお喋りする、おしゃべりなどという行動で愛情が育まれ
 
 
幸福感を得られることがわかっています。誰かの為に料理を作ってあげたり、プレゼントを選んだりする事も良いそうです。
 
 
 
 

【オキシトシンの効果】


 

・ストレスを緩和
 
・感染症の予防
 

 
 
 

【オキシトシンを増やす5つの行動】


 

・ふれあい
 
・親切(席を譲るなど)
 
・家族団らん/おしゃべり
 
・誰かのためにプレゼントを選ぶ
 
・誰かのために料理をする
 

 
 
 
 
 

■2:セロトニン


 
 

別名「喜びホルモン」「感動ホルモン」


 
セロトニンを出す場所は、脳の中の脳幹と呼ばれる部分。セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症なになることが知られています。
 
 
 

【セロトニンの効果】


 

・自律神経が整えられ、不眠症が改善する
 
・頭痛や生理痛が軽減する
 
・ストレス抑制
 
・記憶力・学習能力の向上
 

 
 
 
【セロトニンを増やす3つの行動】

つぎに以下のとおりセロトニンを増やす3つの行動をご紹介させていただきます。
 
 
 

● セロトニンを増やす行動(1)感動した時は声に出す


 
「綺麗だな」「すごいな」「美味いな」など、感動したことを意識して素直に声に出して言うようにする。
 
 
 
 

● セロトニンを増やす行動(2)日光を浴びる


 
太陽に当たるとセロトニンが分泌されやすくなる。


1日に20~30分(何回かに分けて)でOK。


私は毎朝朝日に向かって呼吸法を行ないながら5分ほど浴びてますが、この程度であれば日焼けの心配もありません。


それ以上に気分が良くなるので毎日欠かせません。
 
 
 
 

● セロトニンを増やす行動(3)リズム運動を行う


 
ウオーキング、サイクリング、ラジオ体操など、一定のリズムや音楽にのって、体を動かす運動で、セロトニンの分泌が盛んになる。
 
 
 
 
 

■ 幸せホルモンを増やす方法のまとめ



最後までお読みいただきありがとうございます。リズム運動の一つとして「お手玉」があります。


実際に精神疾患で通院中の17人を対象に、お手玉をするグループとしないグループに分けて6か月間のさまざまな心理検査を行ったところ、お手玉をしたグループのほうが不安が減り、逆に活力が増えたことがわかったそうです。
 
 
ちょっとストレスが溜まっているけれど、外に出る気も運動する気もしない…なんていうときには、お手玉をやってみてはいかがでしょう。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 セロトニンのサプリと増やす方法
 
【動画】 精神科医:樺沢紫苑先生
 
 

 
ストレスホルモンを減らす方法
 

 
 

» 記事の続きを読む


幸せホルモン「セロトニン」を効率よく増やす方法!セロトニンを増やす9つのメリットが凄すぎる!

 
 
304201610125.png
 
 
 
 
■ 無理してストレスを解消しようとすると余計ストレスに苦しめられる!?
 
 
生きていればストレスは誰にでもあります。しかし、無理してストレスを解消しようとすると余計にストレスが増えることになってしまいます。例えばお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなり、余計に苦しくなります。
 
 
特にこれらのストレス解消法は依存性が高いので注意が必要です。例えばお酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど「もっともっと」になってしまいます。自分で歯止めが効かなくなると自分の手にはおえなくなります。
 
 
完全に依存症になってしまうと心身ともに辛いことがやってきます。この状態にまで陥ってしまうと、第三者のサポートを受けなければ改善できません。自分でどうにかすることはできません。最悪以下のような「うつ病」など精神疾患の症状を悪化させてしまいます。
 
 
307201610125.png

» 記事の続きを読む


幸せホルモン「セロトニン」の分泌量がアップする食品4選!!セロトニンが増えれば毎日笑顔でリラックス!ストレスによるイライラにさようなら!

 
 
5398920161126.png
 
 
 
 
■ イライラを解消するには!?
 
 
梅雨に入り、雨が降ったりやんだり、暑かったり、じめじめしたりと、何かとうっとおしい日が続いていますが、この時期は気候の影響もあってか、イライラすることがどうしても多いです。
 
 
しかし、イライラしているからといって、人に当たるわけにも生きませんから、そのまま放置してしまうと「ストレス」が溜まる一方です。次第に様々な体調不良を引き起こす原因にもなります。
 
 
ですので、イライラを解消するためにも「セロトニン」を増やす努力がどうしても必要になります。セロトニンは、三大神経伝達物質の一つで、特にメンタル面で大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎにも関係することから「幸せホルモン」と言われてます。
 
 
 
 
5408920161126.png
 
 
 
『 必須アミノ酸「トリプトファン」が豊富な食材を食べる! 』
 
 
セロトニンを作る栄養素が、必須アミノ酸「トリプトファン」です。しかし、トリプトファンは人間の体の中で作り出すことが出来ないので、食品から摂るしかありません。
 
 
ということで、今回は効率よくセロトニンを増やすために必要な食品を解説しているWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます