幸せホルモンのタグ記事一覧


タグ:幸せホルモン

幸せホルモンのタグが付いた記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

健康
    ■ 腸は脳よりも凄い?!  腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。  ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な不調を引き起こすこととなります。このため、...

記事を読む

メンタルヘルス
    ■ 幸せホルモン「セロトニン」とは?  幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことで、セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。  また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解できるよう...

記事を読む

健康
    ■ がんになる人が増えている?  恐ろしいことに、今現在日本では2人に1人はがんになる時代にすでに突入しています。事実日本人の死亡原因の1位となっていますが、今後も拡大傾向が続くと予想されてます。  抗がん剤を中心とした新薬などによる治療がかなりここ数年で進化しており、昔と違って抗がん剤を打ちながら普通に働いている人が沢山いらっしゃいますし、手術の翌日に退院されるケースも決して珍しくありませ...

記事を読む

その他
    ■ ハグは一日に何度してもいい  ハグの凄い効果が年々リニューアルされるがごとく研究結果が発表されているわけですが、たった30秒ハグするだけでストレスが3分の1になるので最高のストレス解消法です。  お酒を飲んでも心と身体に相当のダメージを与えますので、飲んだその時は良くても翌日には余計ストレスを貯めこんでしまいます。その結果その晩も飲んでしまうわけです。  これを繰り返したらアルコール依存...

記事を読む

メンタルヘルス
    ■ オキシトシンとは!?  最近女性誌を中心に「オキシトシン」という言葉をよく目にすることが多くなりました。オキシトシンは幸せホルモンの一つで、ストレスを抑えて多幸感に包まれながらリラックスすることができます。  このため、何かとストレスの多い現代社会をより良くいきるために、できるだけ効率よく分泌できることが求められます。そのためにも日々の生活中で意識する必要があります。      ■ ハグを...

記事を読む

腸を温める健康効果が凄い!腸内環境と血流が改善されて基礎代謝、免疫力、脂肪燃焼効率、幸せホルモン「セロトニン」の分泌量がアップ!!

 
8340180108ht.png
 
 
 
■ 腸は脳よりも凄い?!
 
 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。というのも幸せホルモンと言われている「セロトニン」という脳内物質のほとんどが腸から脳へと指示が出されることによって作られているからです。
 
 
ですので、もし冷えなどが影響して、あなたの腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが次第に悪化することとなり、様々な不調を引き起こすこととなります。


このため、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
32030170114.png
 
 
 
『 腸を冷やすのは百害あって一利なし!』
 
 
そのためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やして心と身体に良いことは何一つありません。逆に常に腸を温めることによって、美容と健康に素晴らしい効果をもたらしてくれます。であるならば、やらない手はありませんよね。
 
 
また、うつ病などの精神疾患に関しても極端なセロトニン不足が原因として大きな割合を占めてます。このため脳だけでなく腸の影響についても考慮する動きが世界的に広がっているので、今後さらに腸の重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む


幸せホルモン「セロトニン」の分泌量を増やせば人生がもっと楽しくなる!セロトニンを効率よく増やす方法

 
3620171004ht.png
 
 
 
■ 幸せホルモン「セロトニン」とは?
 
 
幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことで、セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。
 
 
また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解できるようになると言われています。人の痛みが分るこうしたタイプの人が人から嫌われるはずもありません。
 
 
セロトニンが増えることによって、こうした「共感脳」がいい具合に刺激され、仕事や恋愛といった社会生活をする上で非常に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

» 記事の続きを読む


がんになりやすい人の特徴!真面目で我慢強く責任感が強い人は要注意!万病の元ストレスを解消してガンを予防!

 
4114201610128.png
 
 
 
■ がんになる人が増えている?
 
 
恐ろしいことに、今現在日本では2人に1人はがんになる時代にすでに突入しています。事実日本人の死亡原因の1位となっていますが、今後も拡大傾向が続くと予想されてます。
 
 
抗がん剤を中心とした新薬などによる治療がかなりここ数年で進化しており、昔と違って抗がん剤を打ちながら普通に働いている人が沢山いらっしゃいますし、手術の翌日に退院されるケースも決して珍しくありません。
 
 
しかし、それも条件が色々ありまして、がんの場合は早期発見がやはり大きなカギとなります。ちなみにがんを引き起こしてしまう原因として以下のとおりとなっています。
 
 
 
 
 
5620200101keihatu.png
 
 
 
■ がんの原因は生活習慣にあり!
 
 
よく「ガンは遺伝による要因が大きいと」いった声もありますが、上のチャートからも示されているとおり、やはり「食事」や「タバコ」、「仕事などのストレス」など、普段の生活習慣が大きな割合をしめています。
 
 
また、性格も大きな要因となってます。いい加減な人ほどがんになりにくく、真面目で責任感が強い人ほど下に示されているような要因に苦しめられていますので、これらを解消するためにも、適度な運動、バランスの良い食事、質の高い睡眠を心がけて下さい。

» 記事の続きを読む


愛の力はやっぱり凄かった!ハグの健康効果が凄い!抱きしめ合うだけで幸せホルモン「オキシトシン」の分泌量がアップ!

 
2120180104ht.png
 
 
 
■ ハグは一日に何度してもいい
 
 
ハグの凄い効果が年々リニューアルされるがごとく研究結果が発表されているわけですが、たった30秒ハグするだけでストレスが3分の1になるので最高のストレス解消法です。
 
 
お酒を飲んでも心と身体に相当のダメージを与えますので、飲んだその時は良くても翌日には余計ストレスを貯めこんでしまいます。その結果その晩も飲んでしまうわけです。
 
 
これを繰り返したらアルコール依存症になるリスクが高まります。大抵こうしたリスクがありますが、ハグには一切ありません。何度しても何時間しても問題ありません。
 
 
 
 
2404420161215l.png
 
 
 
『 人でなくても効果がある!? 』
 
 
もちろん相手があってのことなので、嫌がられない範囲でやらなければいけません。また、最近の研究でハグする相手は成人していなくても高い効果があることが明らかになってます。ですので、お子さんやペットでも良いようですよ。
 
 
何かを抱きしめるという行為そのものが心と身体の健康にいいようなので、是非ハグを習慣化しましょう。ということで、今回はハグの優れた効能・効果について分かりやすく解説しているDoctors Meさんの記事と動画をあわせてご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む


愛情ホルモン「オキシトシン」の癒しの効果が凄い!ストレス緩和、不安を減少、心臓機能の改善、感染症などの予防に!

 
 
383240170201hd.png

 
 
■ オキシトシンとは!?
 
 
最近女性誌を中心に「オキシトシン」という言葉をよく目にすることが多くなりました。オキシトシンは幸せホルモンの一つで、ストレスを抑えて多幸感に包まれながらリラックスすることができます。
 
 
このため、何かとストレスの多い現代社会をより良くいきるために、できるだけ効率よく分泌できることが求められます。そのためにも日々の生活中で意識する必要があります。
 
 

 
6394201611104.png
 
 
 
■ ハグをするとオキシトシンの分泌量が増える
 
 
オキシトシンは、別名「抱擁ホルモン」や「愛情ホルモン」ともいわれていて、人間関係によい影響をもたらしてくれるだけでなく、ストレスを抑える効果が期待できます。
 
 
また、信頼のおける人とハグすることでオキシトシンが十分に分泌されると、脳の疲れを癒し、気分を安定させ、人に対する信頼感が増し、心地よい「幸福感」に包まれます。
 
 
 
 
2720190105hm.png

 
 
『 意識してオキシトシンの分泌量を上げる努力を! 』
 
 
実はそれくらい自分でオキシトシンの分泌を活発化することが出来るんです。であるならば、常に一日に必要な適切な量のオキシトシンが分泌されるように積極的に取り組んでいくべきですよね。
 
 
ということで、今回はオキシトシンを効率よく分泌させるための方法を分かりやすく解説しているリクナビNEXTジャーナル さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます