44130170114.png
 
 
 
■ 頑張っても痩せない理由があった!
 
 
人間だれでも一度や二度はダイエットに取り組んだ経験があるかと思います。私は思春期のころに1年で体重が30キロ以上太ってしまった経験があるので、ダイエットではかなり苦労しました。
 
 
短期間で急激に太ったので、10代で心臓肥大になってしまい、駅の階段の昇り降り程度の運動で息切れしてしまう始末。お医者さんから「そんなに太ったら40歳まで生きられないよ」と脅されて、ようやく痩せる決意をしたのですが、本当に苦しかったです。
 
 
自宅から最寄り駅までの道のりを自転車で通っていたのですが、往復で約4キロの道のりを歩くことにし、食事も昼は食べないことに...。苦しんだかいあって、1年後には元の体重に戻りましたが、油断するとすぐに太ってしまいました。
 
 
 
 
3904201610127.png
 
 
 
『 がんばっても痩せない原因とは!?』
 
 
しかし、友人の中には部活をやっていないにもかかわらず、毎日弁当を持参し、午前中に平らげ、昼食に学食で腹いっぱい食べ、しかもおやつまで食べているのに太るどころか、がりがりの子がいました。「同じ人間なの不公平すぎる」と嘆いたものです。
 
 
絶対に胃か腸がおかしいのだろうと思っていたのですが、実は痩せている人には太っている人にはない腸内細菌が腸内に棲息していたんです。だから太っている人は努力しても中々やせなかったんですね。
 
 
ということで、今回はこの点について分かりやすく解説している「まぐまぐニュース」さんの記事(『池田清彦のやせ我慢日記』)と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ