coffee_effect_101.jpg
 
 
 
 

■ コーヒーの脳に与える効能・効果が凄い!


 
コーヒーの有害性を指摘する記事をたまに目にしますが、あくまでも飲み過ぎると体によくないというだけのことで、適量(カップに2~3杯)を飲む分には何ら問題ありません。
 
 
コーヒーは、エチオピアでアラビア人によって発見された当時から胃痛、頭痛、心臓などの薬として利用されてきました。その当時のコーヒーの効能の大半が現代でも確認できます。
 
 
コヒーには、カフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノール、褐色色素、ニコチン酸(ナイアシン)などの薬理作用のある成分も数多く含まれています。
 
 
 
 
 

■ 誤解されすぎているカフェインの効果効能について


 
これらの中で最も美容と健康に優れた効能・効果がありながら、度々誤解されているのが「カフェイン」です。


確かにコーヒーを多飲すればカフェイン中毒に陥る可能性がありますが、それ以上にメリットが大きいです。
 
 
例えばカフェインには覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用、記憶力の向上や認知症の予防にも効能があるとされています。


やる気がでないときに飲むと良い刺激をあたえてくれます。もちろん多飲しすぎると副作用として不眠、めまいなどの症状が引き起こされるので注意が必要です。
 
 
 
 
 
coffee_effect_102.jpg
 
 
 

『 1日2杯程度のコーヒーで脳の働きを良くする! 』


 
そうした中で最近では1日2杯程度のコーヒーを飲むことによって脳の働きにも良い影響をおよぼすことが明らかになっているので、今後ますますコーヒーの持つ効能・効果が注目されることを願っています。
 
 
ということで今回は1日2杯程度のコーヒーを飲むことで得られる美容と健康効果についてまとめた記事とジャパンハンドドリップチャンピオンシップで優勝した高橋バリスタの神技動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む