534090171222ht.png
出典:福島県ホームページ
 
 
 
 
■ ADHDとは?
 
 
ここ最近大人になってからADHD(多動性障害)と診断されるケースが増えています。ADHDは学校・家庭・職場などの複数の場面で日常生活に困難を来す脳の発達障害の一つで、これまで子ども特有の障害と認識されていました。
 
 
しかし、ここ数年の研究や調査よって、ADHDが子ども特有の障害ではないことが明らかになっています。このため、ADHD特有の自覚症状がないまま大人になり、その成長過程で苦しい思いをされた方々が想像していた以上に多かったことに私自身驚かされています。
 
 
成人期のADHDは、およそ2.5%の人にあると言われていますが、実際にはこの何倍も多いと予測する声が広がっています。ちなみに成人になっても大人になってもADHD特有の特徴が残るケースは50~80%といわれています。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ