3620171004ht.png
 
 
 
■ 幸せホルモン「セロトニン」とは?
 
 
幸せホルモン「セロトニン」とは、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる脳内物質のことで、セロトニンが増えると、自然と幸福感が増し、心と体がつねにリラックスした状態に入るため、体が緊張から解かれるので大抵の人が見た目が若くなります。
 
 
また、思いやりの心が広がるので思いやりをを持って人と接することができるようになり、次第に人の気持ちがよく理解できるようになると言われています。人の痛みが分るこうしたタイプの人が人から嫌われるはずもありません。
 
 
セロトニンが増えることによって、こうした「共感脳」がいい具合に刺激され、仕事や恋愛といった社会生活をする上で非常に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

» 記事の続きを読む