11520180310ht.png
 
 
 
■ 自律神経が乱れるとどうなるの!?
 
 
よく「自律神経が乱れる」といったことを耳にしますが、どういった状態なのか分かりませんよね。自律神経は24時間休むこと無く、人間のありとあらゆる行動や臓器の働きをコントロールするいわば司令塔のような役割を果たしています。
 
 
ですので、自律神経が乱れてしまうと、以下の様な体調不良を引き起こしてしまいます。しかも、ある日突然こういった症状が引き起こされるので、精神的落ち込むケースが少なくなりません。
 
 

(1)全身倦怠
(2)めまい
(3)頭痛
(4)動悸
(5)下痢
(6)不安感
(7)緊張
(8)イライラ
(9)ふるえ
(10)吐き気
 

 
 
43082017401ht.png

 
ちょっとした体の変調も自律神経が乱れていることをあらわす「サイン」となります。
 
 
また、ストレスや生活リズムの乱れ、不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、加齢などです。また、最近はスマホの長時間利用などが原因で目の疲れによって自律神経が乱れるケースも増えています。
 
 
こうしたころから、今後さらに自律神経が乱れることによって、精神的ぶに肉体的にも体調不良を引き起こしてしまうケースが急増することが予想されます。
 
 
ということで、今回は目の疲れによって自律神経が乱れてしまうトラブルについて解説しているLIFE&BEAUTYREPORT(LBR)さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む