健康のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:健康

健康のカテゴリ記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

健康
    ■ ココアのリラックス効果が凄い  ココアはリラックス効果が高いといわれていますが、その要因の一つとしてココア独特の「香り」があげられます。香りが脳の中枢神経を心地よく刺激してくれます。  また、ココアのに含まれている「テオブロミン」という成分には、脳内物質のセロトニンに働きかけて心と体をリラックスさせる効果があるとされています。そして、カカオに含まれるカカオポリフェノールにも同じくリラック...

記事を読む

健康
    ■ スマートフォン症候群とは?  「スマートフォン症候群」をご存知ですか?。スマートフォン症候群は、スマホの長時間利用によって、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眼精疲労、ドライアイといった症状を引き起こします。  スマホを使用するときに問題となるのが「姿勢」です。スマホを使用すると頭が下がり、首に大きな負担をかけることになるので、この状態で長時間スマホを使用し続けると、首の後ろから肩にかけて筋...

記事を読む

健康
    ■ コーヒー+チョコレートが最強だった  コーヒーとチョコレートにはそれぞれ美容と健康に関する効能が多々ありますが、これら二つを組み合わせて摂ることによって、さらに優れた効能を発揮してくれます。  コーヒーには、目覚めを良くする覚醒効果、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果、ダイエット効果、シミなどを予防する美肌効果などが期待できます。  また、「コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲ま...

記事を読む

健康
     ■ 狭心症・心筋梗塞とは?  今回のテーマは、「狭心症・心筋梗塞」です。これまでこれらの病気は圧倒的に中高年、しかも男性に多い病気とされていましたが、最近では若年層や女性にも広がってます。  今現在、日本人の死因第2位が心臓病ですが、その多くが狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に関連したものです。       『 血管が詰まると細胞が死ぬ! 』  冠動脈は心臓に栄養を送るための血管のことで、何...

記事を読む

健康
   ■ 知らず知らずのうちに体に悪いことをやっていた!?  体によさそうで、実は体に悪いことを私たちは知らず知らずのうちに習慣にしています。例えば睡眠について色々と医学的なデータが発表されていますが、8時間以上寝るのは良くないと言われています。  しかし、私の子どものころは8時間は最低でも寝なければならないと言われていましたし、短時間睡眠は悪という見方が強かったのですが、最近は以前よりも好意的に見...

記事を読む

ココアのコーヒーを凌ぐ健康効果が凄い!ココアの優れた整腸作用で認知症、動脈硬化、便秘、冷え性の予防に!

 
30390171207ht.png
 
 
 
■ ココアのリラックス効果が凄い
 
 
ココアはリラックス効果が高いといわれていますが、その要因の一つとしてココア独特の「香り」があげられます。香りが脳の中枢神経を心地よく刺激してくれます。
 
 
また、ココアのに含まれている「テオブロミン」という成分には、脳内物質のセロトニンに働きかけて心と体をリラックスさせる効果があるとされています。そして、カカオに含まれるカカオポリフェノールにも同じくリラックス効果があります。
 
 
このためココアを飲むと深呼吸するのと同じくらいリラックスできるとされています。心身ともにリラックスるすることが出来れば、緊張からも解き放たれるので、仕事や勉強のパフォーマンスも向上しますので、休憩時間にココアを飲むことをオススメします。

» 記事の続きを読む


辛い肩こりを改善する方法!筋肉をほぐして血流を改善!免疫力を高めて、めまい、眼精疲労、内臓の病気の予防にも!

 
5120171110ht.png
 
 
 
■ スマートフォン症候群とは?
 
 
「スマートフォン症候群」をご存知ですか?。スマートフォン症候群は、スマホの長時間利用によって、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眼精疲労、ドライアイといった症状を引き起こします。
 
 
スマホを使用するときに問題となるのが「姿勢」です。スマホを使用すると頭が下がり、首に大きな負担をかけることになるので、この状態で長時間スマホを使用し続けると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が著しく悪化します。
 
 
これが肩こりの原因となるわけですが、この段階で手を打たないと、頭痛など他の症状を誘発してしまいます。例えば肩こりから頭痛が生じやすいわけですが、頭痛によって一日中不快な状態で過ごすことになります。
 
 
 
 
106201708014ht.png
 
 
 
■ 肩こりを改善するには?
 
 
肩こりを放置してしまうと、首の動脈が圧迫され血流が悪化してしまうとので、頭部(脳)への血液の供給が次第に低下してしまうため、肩こりと頭痛のダブルで悩まされることになります。
 
 
ですので、肩こりや肩こりからくる頭痛を予防するには、まず最初に原因となっている筋肉のコリをほぐして血行を促進させなければなりません。
 
 
基本的に肩こりは、血行不良によって筋肉が硬直してしまうことによって生じるので、血行をよくする食品を積極的に摂ることによって、肩こりの症状を緩和することが出来ます。ということで今回は血行を良くする働きが期待できる食品をご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ

コーヒーとチョコレートの組み合わせが最強すぎる!ポリフェノールの優れた効能・効果がさらにアップ!

 
220190204hm.png
 
 
 
■ コーヒー+チョコレートが最強だった
 
 
コーヒーとチョコレートにはそれぞれ美容と健康に関する効能が多々ありますが、これら二つを組み合わせて摂ることによって、さらに優れた効能を発揮してくれます。
 
 
コーヒーには、目覚めを良くする覚醒効果、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果、ダイエット効果、シミなどを予防する美肌効果などが期待できます。
 
 
また、「コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡する危険性が4割ほど減る」とした研究結果を、国立がん研究センターから発表されています。
 
 
 
 
84378920161201.png
 
 
 
『 ポリフェノールの効能・効果がさらにアップ! 』
 
 
一方チョコレートの原料である「カカオ豆」にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれていて、昔は薬としても重宝されていたほど優れた健康効果があります。
 
 
免疫力を高める、美肌、太りにくい体質へ改善、集中力を高める、リラックス効果などが期待できます。コーヒーとチョコレートにはそれぞれポリフェノールが豊富に含まれているので、を組み合わせることによって、よりそれぞれの持つ効能・効果が高まります。
 
 
ということで、今回はコーヒーとチョコレートを組み合わせて摂ることがいかに心と体の健康に優れているか解説した綺麗のトリセツさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


見逃してはならない狭心症・心筋梗塞の症状について!心不全と心筋梗塞の違いとは?心不全は季節の変わり目に注意!

 
 
446420180219ht.png
 
 
 
■ 狭心症・心筋梗塞とは?
 
 
今回のテーマは、「狭心症・心筋梗塞」です。これまでこれらの病気は圧倒的に中高年、しかも男性に多い病気とされていましたが、最近では若年層や女性にも広がってます。
 
 
今現在、日本人の死因第2位が心臓病ですが、その多くが狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に関連したものです。
 
 
 
 
16320171018ht.png
 
 
 
『 血管が詰まると細胞が死ぬ! 』
 
 
冠動脈は心臓に栄養を送るための血管のことで、何らかしら生活習慣に問題があることで、冠動脈が詰まってしまうと狭心症や心筋梗塞を引き起こしやすくなってしまいます。
 
 
狭心症と心筋梗塞の違いについてですが、心筋梗塞は心臓の血管が狭くなり、血流が不足している状態で、この状態がさらに悪化して血管が完全煮にまると心筋梗塞になります。血管がつまると細胞が死ぬので心筋梗塞は命の危険性が非常に高い疾患です。
 
 
 
 
6148920161129.png
 
 
 
『 1日の気温の変化が激しくなると発症リスクが高まる! 』
 
 
狭心症と心筋梗塞の発作は、血管が収縮して血圧が高くなりやすい冬場に起きやすいとされていますが、一日の気温が朝と昼で大きく乱高下する昨今の気候は体が対応できないので、中高年の方は十分注意が必要です。
 
 
また、狭心症の症状が進んでしまうと季節に関係なく発作が生じやすくなりますので、狭心症や心筋梗塞の発作のリスクを下げるためにも生活習慣を見直す必要があります。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ

食後にやると確実に寿命が縮まる体に悪い5つのこと!誰もが知らないうちにやっている食後の危険な習慣とは?

 
3170180601hm.png

 
 
■ 知らず知らずのうちに体に悪いことをやっていた!?
 
 
体によさそうで、実は体に悪いことを私たちは知らず知らずのうちに習慣にしています。例えば睡眠について色々と医学的なデータが発表されていますが、8時間以上寝るのは良くないと言われています。
 
 
しかし、私の子どものころは8時間は最低でも寝なければならないと言われていましたし、短時間睡眠は悪という見方が強かったのですが、最近は以前よりも好意的に見られています。(お医者さんは超短時間睡眠で激務をこなしてます。)
 
 
体にいいと思ってやっていたことが実は悪かったとならないために、今回は食後に関する5つのやってはいけない行為をまとめさせていただきました。これらをやめるだけで、体への負担は大きく減りますので、是非お試しください。
 
 
 
 
 
620170801ht.png
 
 
 
■(1)食べてすぐに寝る
 
 
食後に軽く寝るのが良いといった声もありますが、これはソファなど楽に腰掛けられる物に座ったままの状態で15分程度の仮眠を取るのであれば問題ないようです。リラックス効果が高まるのでストレスも抑えられ、仕事の効率も上がります。
 
 
しかし、食べてすぐに横になってしまうと、どうしても胃の中で処理されている最中の物が腸に行きやすくなってしまいますので、確実に胃と腸の働きに悪影響を及ぼします。
 
 
これが習慣化すると、逆流性胃腸炎などを発症する原因となってしまうので要注意です。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ
 タグ
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます