2120171003ht.png
 
 
 
 
■ 運動不足が様々な病気を引き起こす!
 
 
高齢化社会と呼ばれて久しいですが、ここに来て中高年の間で認知機能や記憶機能など脳の働きに関する問題が急速に広がっています。これらの機能が低下すると日常生活において様々な弊害(記憶障害、徘徊、怒りっぽくなる、うつ、判断力の低下)が生じます。
 
 
最近の傾向としては、これまで65歳以上の高齢者に圧倒的に多かったアルツハイマーなどの認知症が50代、40代の人たちの間で発症する人が増えています。その原因としてあげられるのが極度の運動不足による肥満です。
 
 
特に中高年で極度の運動不足に陥ると代謝と免疫力、脂肪燃焼効率が極端に低下し、また、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を発症しやすくなります。しかも脳の働きも同時に悪化するので、注意が必要です。
 
 
 
 
2934016919.png
 
 
 
『 地方の人の方が運動不足が深刻!? 』
 
 
 
唯一救いなのは、いきなり認知症を発症するわけではありません。認知症を発症までに10年間の不健康な生活習慣が脳の老化の原因となります。ご存知ないかもしれませんが、我々日本人は世界で一番長時間座り続けています。これがいかに体に悪いことか...
 
 
しかも、地方に住んでいる方は、自宅から職場まで車通勤の方が多いく、しかも職場で一日中座りっぱなしの状態で仕事をされているため、極端に血流が悪くなるため、20代、30代の若い世代にも糖尿病などの生活習慣病を発症するケースが増えています。
 
 
ということで今回は運動不足による脳の老化のメカニズムを解説した記事と自宅にいながら数十分間の有酸素運動に匹敵する運動効果がある「笑いヨガ」を実演している動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None