2019年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2019年11月

2019年11月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

エクセサイズ
    ■ スクワットなら背中やお腹の脂肪がごっそり落ちます!  ここに来て美容や健康に関するサービスや商品が大量に市場に投入されています。ケンコーコムという会社が運営する「ライザップ」のような高額なジムに沢山の人が押し寄せるくらいですから、その需要の大きさが伺えます。  しかし、大抵の人は長くは続きません。3分以上のエクセサイズを継続させるには、目に見える形での効果がない限りは相当意思が強くなけれ...

記事を読む

その他
    ■ なぜ人は運に左右されるのか?  何をやっても上手くいく運のいい人、何をやっても上手く行かない運の悪い人がいますよね。運が良い人は仕事もプライベートも充実した幸せな人、反対に何をしてもトラブルに巻き込まれてしまう運の悪い人がいます。  同じ人間でなぜここまで違うのでしょうか!?。最近の科学では運の良し悪しを決めるパターンについても解明されつつあります。ということで今回は運の良い人と運の悪い...

記事を読む

その他
     ■ なぜトマトジュースなのか!?  トマトは、昔から美容と健康に優れた効能・効果がある野菜として知られています。トマトは医療関係者が病気を予防するために食べる優良食材として必ず上位にあります。  ですので、ダイエット中であってもトマトを食べれば栄養バランスが偏らずにすみますので、しっかり健康を保ちながら無理なくダイエットすることができます。そこでおすすめしたいのが「トマトジュースダイエット...

記事を読む

美容
      ■ なぜ一年を通じて乾燥肌対策が欠かせないのか?  寒暖差の激しい日が続いています。さすがに暖房を朝から晩まで入れっぱなしということはありませんが、乾燥肌対策は冬・冬だけやればいいというわけにはいきません。先にのべたとおり、春は昼夜の気温差で、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになります。その結果として、大切なお肌は乾燥しますので春でも「乾燥肌対策」は欠かせません。なぜ季節に関係なく空気...

記事を読む

その他
     ■ 食べ過ぎは万病の元  体の痛みやこりの原因は酵素不足である可能性が高いです!。しかも、暴飲暴食が進むと食道や胃に炎症が起こりやすくなるので、体のいたるところに痛みが生じやすくなります。  また、日常的に暴飲暴食気味の方は体の不調だけでなく、疲れやすいといった特徴が顕著にみられます。このため朝気分良く目が覚めるということが少ないです。  そうなると必然的に日中に眠くなることが多くなり、体...

記事を読む

メンタルヘルス
      ■ ストレスは心と体の不調をもたらす元凶!  何といってもストレスは心と体の不調をもたらす元凶です。職場のストレス、日常生活のストレス、喫煙、飲酒、刺激物など、現代社会に生きる人たちは多くのストレスの中で生活しています。  嫌だけれど我慢して何かをするとしたら、その「嫌だ」という気持ちは次第に抑圧されてしまい、心の中に蓄積されていきます。その場では頭で納得したとしても、心の中ではそれが抑...

記事を読む

その他
    ■ 自律神経が乱れるとどうなるの!?  よく「自律神経が乱れる」といったことを耳にしますが、どういった状態なのか分かりませんよね。自律神経は24時間休むこと無く、人間のありとあらゆる行動や臓器の働きをコントロールするいわば司令塔のような役割を果たしています。  ですので、自律神経が乱れてしまうと、以下の様な体調不良を引き起こしてしまいます。しかも、ある日突然こういった症状が引き起こされるので...

記事を読む

食による美容と健康
    ■ コーヒーの脳に与える効能・効果が凄い!  コーヒーの有害性を指摘する記事をたまに目にしますが、あくまでも飲み過ぎると体によくないというだけのことで、適量(カップに2~3杯)を飲む分には何ら問題ありません。  コーヒーは、エチオピアでアラビア人によって発見された当時から胃痛、頭痛、心臓などの薬として利用されてきました。その当時のコーヒーの効能の大半が現代でも確認できます。  コヒーには、カ...

記事を読む

その他
  出典:「ランニング医学辞典」出版:「西村書店」    ■ 腸脛靭帯炎とは!?  腸脛靭帯炎は、マラソン選手に多く見られるスポーツ障害とこれまで認識されていましたが、ここ最近はマラソンの根強い人気に引っ張られる格好で、マラソンを習慣にしている一般のランナーの方の間でも腸脛靭帯炎の症状を訴えるケースが増えています。  腸脛靭帯炎は、初期の段階では膝の外側が緊張し、きしむような違和感や痛みを感じます。...

記事を読む

その他
     ■ なぜ脇腹の脂肪は取れにくいのか!?  わき腹の脂肪はなかなか落ちませんよね。実はお腹の筋肉の中で、普段最も使われていない筋肉がわき腹の筋肉なんです。つまり、普段使わないので脂肪が付きやすくなっているわけです。こうした傾向は年齢とともにより顕著になります。  脇腹の筋肉を腹斜筋というのですが、日常生活で腹斜筋を使う動作はほとんどありません。この腹斜筋の筋肉量が落ちてしまうと、その代わりに...

記事を読む

スクワットの健康効果が凄い!筋肉量を増やして脂肪燃焼効率をアップ!背中やお腹の脂肪が取れて腰痛などの予防にも!

 
363240170201hd.png
 
 
 
■ スクワットなら背中やお腹の脂肪がごっそり落ちます!
 
 
ここに来て美容や健康に関するサービスや商品が大量に市場に投入されています。ケンコーコムという会社が運営する「ライザップ」のような高額なジムに沢山の人が押し寄せるくらいですから、その需要の大きさが伺えます。
 
 
しかし、大抵の人は長くは続きません。3分以上のエクセサイズを継続させるには、目に見える形での効果がない限りは相当意思が強くなければ続けることはできません。仮に当初の目的が達成するまで続いたとしても、リバウンドに苦しみ、結果的に元の木阿弥に。
 
 
このため大抵のフィットネス器具は押し入れの肥やしになってしまいます。高額なダイエットサプリメントなども同様です。目を見張る効果がなければ買い続けようとは思わないですよね。
 
 
 
17120161117.png
 
 
 
『 スクワットは生活習慣病の予防に最適! 』
 
 
そうはいっても何もしなければドンドン酷くなるばかりです。しかも、最近では運動不足が長期間にわたって続くと糖尿病や高血圧などの習慣病だけでなく、脳の老化が進んでしまうと言われています。
 
 
認知症は今現在どのような生活をされているかで決まります。しかも、発症するのは10年程度先のことなので、60歳代で発症するケースが圧倒的に多いことから、40歳くらいから運動を習慣化するのが理想とされています。
 
 
ですので、出来るだけ早い段階で何らかしらの運動を習慣化することをオススメします。そこでおすすめしたいのが、ご存知「スクワット」です。スクワットは少ない回数で驚異的な効果を実現するエクセサイズです。
 
 
 
17720161117.png
 
 
 
『 スクワットを始めましょう! 』
 
 
ということで今回はスクワットの優れたダイエットと健康に関する効果について解説した美BEAUTEさんの記事とMuscleWatchingさんの効果の高いスクワットを実演した動画をご紹介させていただきます。是非試してみてください。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

運が良い人と運が悪い人の違いとは?最強の開運法は良い口ぐせ!幸せを運ぶ魔法の言葉「ありがとう」で幸せを引き寄せる!

 
3220190301keihatu.png
 
 
 
■ なぜ人は運に左右されるのか?
 
 
何をやっても上手くいく運のいい人、何をやっても上手く行かない運の悪い人がいますよね。運が良い人は仕事もプライベートも充実した幸せな人、反対に何をしてもトラブルに巻き込まれてしまう運の悪い人がいます。
 
 
同じ人間でなぜここまで違うのでしょうか!?。最近の科学では運の良し悪しを決めるパターンについても解明されつつあります。ということで今回は運の良い人と運の悪い人の違いについて分かりやすくまとめさせて頂きました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

トマトジュースダイエットの健康効果が凄い!免疫力と脂肪燃焼効率をアップ!老化、便秘、疲労、様々な病気の予防に!

 
 
4834201610130.png
 
 
 
■ なぜトマトジュースなのか!?
 
 
トマトは、昔から美容と健康に優れた効能・効果がある野菜として知られています。トマトは医療関係者が病気を予防するために食べる優良食材として必ず上位にあります。
 
 
ですので、ダイエット中であってもトマトを食べれば栄養バランスが偏らずにすみますので、しっかり健康を保ちながら無理なくダイエットすることができます。そこでおすすめしたいのが「トマトジュースダイエット」です。
 
 
 
 
2320170601ht.png
 
 
 
『 トマトジュースならトマトの優れた栄養素をまるごと吸収! 』
 
 
トマトジュースダイエットなら、トマトの栄養素をしっかり吸収することができるので、美容と健康効果も高いですし、また、市販のトマトジュースを飲むだけなので、気軽に始めることができます。しかも、コスパにも優れているので無理なく続けることができます。
 
 
ここで軽くトマトに含まれる成分とその効能・効果についておさらいしましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ワセリンの効果が凄すぎる!優れた保湿効果で乾燥肌、肌荒れ、ひび割れ、肌老化、しみ、たるみを予防・改善!

 
 
109420180205ht.png
 
 
 
 
■ なぜ一年を通じて乾燥肌対策が欠かせないのか?
 
 
寒暖差の激しい日が続いています。さすがに暖房を朝から晩まで入れっぱなしということはありませんが、乾燥肌対策は冬・冬だけやればいいというわけにはいきません。先にのべたとおり、春は昼夜の気温差で、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになります。


その結果として、大切なお肌は乾燥しますので春でも「乾燥肌対策」は欠かせません。なぜ季節に関係なく空気が乾燥するとなぜお肌に良くない影響を及ぼしてしまうのでしょうか?。実は人間の肌の構造に問題があるためなんです。
 
 
お肌は潤いを保つ成分が何重にも層(角質層、表皮、真皮と)になっているのですが、湿度が低くなってしまうと、お肌の水分が空気中に奪われてしまうんです。
 
 
 
 
 
135420180205ht.png
 
 
 
『 乾燥肌を放置すると深刻な肌トラブルに! 』
 
 
そこから表皮のターンオーバーが見られ、しみ、しわ、たるみ、肌荒れなどの直接の原因になります。お肌が乾燥してしまうと老化や機能低下にも繋がるので、女性だけでなく男性も冬の乾燥肌対策は絶対に欠かせません。
 
 
一般的に11月から2月まで1年で最も乾燥しやすい季節とされていますが、繰り返しになりますが昼夜の気温差で、肌の水分と油分のバランスが崩れがちになるので、今の時期は乾燥対策は欠かせないわけです。
 
 
お肌の乾燥は一時的な現象にとどまりません。放置すれば老化や様々な肌トラブルににつながりますので、一年を通じてケアする必要があります。
 
 
 
 
 
139420180205ht.png
 
 
 
■ あなたのお肌の状態をチェック!
 
 
是非一度「乾燥肌チェックリスト」を確認してください。チェックした項目が多ければ多いほど乾燥肌の状態が深刻といえます。
 
 

「乾燥肌チェックリスト」
 
(1)洗顔後に肌がつっぱる
 
(2)洗顔の回数が多い
 
(3)ちりめんじわが気になる
 
(4)入浴直後は肌がふっくらとして調子がよい
 
(5)化粧水があっという間に肌になじむ
 

 
 
137420180205ht.png
 
 
 
■ 自分でできる乾燥肌対策を徹底する!
 
 
まず大切なのは、空気中の水分量をふやすことです。これをしっかり行なわないと、どんなに高額の美容液を使っても効果は半減します。携帯用の加湿器もありますが、それ以上に持ち運びに便利な加湿アイテムがあります。
 
 
それが「タオル」です。タオルに水分をふくませて干しておけばOKです。これだけでもかなり室内に水分が放たれます。ちなみにお肌に良いとされる湿度は約60%です。
 
 
スキンケアによる保湿ケアを行ったあとにワセリンを塗ることによって完全武装状態になります。目元や口元が乾燥する場合にもおすすめです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

食べ過ぎは万病の元だった!消化が悪化して肥満、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、がんなどを発症するリスクが高まる!

 
 
431420180219ht.png
 
 
 
■ 食べ過ぎは万病の元
 
 
体の痛みやこりの原因は酵素不足である可能性が高いです!。しかも、暴飲暴食が進むと食道や胃に炎症が起こりやすくなるので、体のいたるところに痛みが生じやすくなります。
 
 
また、日常的に暴飲暴食気味の方は体の不調だけでなく、疲れやすいといった特徴が顕著にみられます。このため朝気分良く目が覚めるということが少ないです。
 
 
そうなると必然的に日中に眠くなることが多くなり、体がだるくなります。こうした場合、痛みの原因は酵素不足と食べ過ぎです。そして、食事が非常に偏っていることも問題です。
 
 
 
 
 
487420180219ht.png
 
 
 
■ 代謝が悪化すると体が不調を訴えます!
 
 
人間の消化能力には当然のことながら限界がありますので、限界を超えるレベルまで暴飲暴食が続けば、必然的に慢性的な消化不良を起こしてしまいます!。
 
 
この間に大量の酵素が浪費されてしまいますので、代謝酵素が不足します。そうなると体の新陳代謝が悪化しますので、血行も悪くなるため、肩こりや頭痛も起こりやすくなります。
 
 
体の痛むことによって、呼吸が乱れ、さらに体の不調が拡大します。そうならないためにも、普段から節度を守って、バランスの取れた食事を心がける必要があります。
 
 
 
 
 
482420180219ht.png
 
 
 
■ 三大栄養はこうして消化されます!
 
 
人間は生きていくために、タンパク質、炭水化物、脂質といった三大栄養素が不可欠です!。これらの栄養素を食事から採るわけですが、口→胃→小腸に入って分子になります。
 
 
これが消化のメカニズムです。タンパク質はアミノ酸、炭水化物はブドウ糖、脂質はブドウ酸に分解されます。分子レベルにまで分解されることで、はじめて吸収することができます。
 
 
そして、スムーズに代謝することができるわけです。ですので、沢山食べれば元気で健康になれるというわけではないのです。節度を守ってバランスの取れた食事を心がけましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

万病の元ストレスの放置は危険!ストレスに強い人から学ぶストレス対処法がすごい!考え方を変えれば楽になる!

 
 
490090171221ht.png
 
 
 
 
■ ストレスは心と体の不調をもたらす元凶!
 
 
何といってもストレスは心と体の不調をもたらす元凶です。職場のストレス、日常生活のストレス、喫煙、飲酒、刺激物など、現代社会に生きる人たちは多くのストレスの中で生活しています。
 
 
嫌だけれど我慢して何かをするとしたら、その「嫌だ」という気持ちは次第に抑圧されてしまい、心の中に蓄積されていきます。その場では頭で納得したとしても、心の中ではそれが抑圧されていくので、気がついときにはストレスに苦しめられています。
 
 
人は自分のストレスに関しては案外疎いもので、ストレスとは無縁だと思っている人でも知らないうちに精神的な負荷が心の深いところに溜まっています。ちなみにストレスによって以下のような不調が体に現れます。
 
 
 
 
 
■ ストレスによって引き起こされる主な症状・病気とは!?
 
 
292016908.png
 
 
 

 
『ストレスによって引き起こされる症状』
 
(1)体重増加
(2)悪い夢を頻繁に見る
(3)不眠・眠りが浅い
(4)かゆみ
(5)アレルギー
(6)記憶力の低下
(7)抜け毛・フケ
(8)下痢・胃痛・腹痛
(9)大人ニキビ
(10)目の下にクマ
(11)老け顔(シワ・たるみ)
(12)頭痛
 

 
 
33490171208ht.png
 
 

 
『ストレスによって引き起こされる症状』
 
 
【皮膚疾患】
 
アトピー性皮膚炎、多汗症、慢性じんま疹、円形脱毛症など
 
 
【循環器疾患】
 
高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈など
 
 
【消化器系疾患】
 
慢性胃炎、過敏性腸症候群、十二指腸潰瘍など
 
 
【神経・筋肉系の疾患】
 
頭痛、痙性斜頸、めまい、神経痛、自律神経失調症など
 
 
【呼吸器疾患】
 
気管支喘息、過換気症候群など
 
 
【内分泌・代謝系の疾患】
 
糖尿病、甲状腺機能亢進症、肥満症など
 

 
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

目の疲れからくる「自律神経」の乱れに要注意!自律神経の乱れが様々な体調不良を引き起こす!簡単セルフケアで予防!

 
11520180310ht.png
 
 
 
■ 自律神経が乱れるとどうなるの!?
 
 
よく「自律神経が乱れる」といったことを耳にしますが、どういった状態なのか分かりませんよね。自律神経は24時間休むこと無く、人間のありとあらゆる行動や臓器の働きをコントロールするいわば司令塔のような役割を果たしています。
 
 
ですので、自律神経が乱れてしまうと、以下の様な体調不良を引き起こしてしまいます。しかも、ある日突然こういった症状が引き起こされるので、精神的落ち込むケースが少なくなりません。
 
 

(1)全身倦怠
(2)めまい
(3)頭痛
(4)動悸
(5)下痢
(6)不安感
(7)緊張
(8)イライラ
(9)ふるえ
(10)吐き気
 

 
 
43082017401ht.png

 
ちょっとした体の変調も自律神経が乱れていることをあらわす「サイン」となります。
 
 
また、ストレスや生活リズムの乱れ、不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、加齢などです。また、最近はスマホの長時間利用などが原因で目の疲れによって自律神経が乱れるケースも増えています。
 
 
こうしたころから、今後さらに自律神経が乱れることによって、精神的ぶに肉体的にも体調不良を引き起こしてしまうケースが急増することが予想されます。
 
 
ということで、今回は目の疲れによって自律神経が乱れてしまうトラブルについて解説しているLIFE&BEAUTYREPORT(LBR)さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

コーヒーを1日2杯以上飲むと脳が活性化して集中力と記憶力が向上!うつ病や認知症などの予防にも利く!

 
8220161019.png
 
 
 
■ コーヒーの脳に与える効能・効果が凄い!
 
 
コーヒーの有害性を指摘する記事をたまに目にしますが、あくまでも飲み過ぎると体によくないというだけのことで、適量(カップに2~3杯)を飲む分には何ら問題ありません。
 
 
コーヒーは、エチオピアでアラビア人によって発見された当時から胃痛、頭痛、心臓などの薬として利用されてきました。その当時のコーヒーの効能の大半が現代でも確認できます。
 
 
コヒーには、カフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノール、褐色色素、ニコチン酸(ナイアシン)などの薬理作用のある成分も数多く含まれています。
 
 
 
 
7320161018.png
 
 
 
■ 誤解されすぎているカフェイン
 
 
これらの中で最も美容と健康に優れた効能・効果がありながら、度々誤解されているのが「カフェイン」です。確かにコーヒーを多飲すればカフェイン中毒に陥る可能性がありますが、それ以上にメリットが大きいです。
 
 
例えばカフェインには覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用、記憶力の向上や認知症の予防にも効能があるとされています。やる気がでないときに飲むと良い刺激をあたえてくれます。もちろん多飲しすぎると副作用として不眠、めまいなどの症状が引き起こされるので注意が必要です。
 
 
 
 
41160170301ht.png
 
 
 
『 脳の働きを良くする! 』
 
 
そうした中で最近では1日2杯程度のコーヒーを飲むことによって脳の働きにも良い影響をおよぼすことが明らかになっているので、今後ますますコーヒーの持つ効能・効果が注目されることを願っています。
 
 
ということで今回は1日2杯程度のコーヒーを飲むことで得られる美容と健康効果についてまとめた記事とジャパンハンドドリップチャンピオンシップで優勝した高橋バリスタの神技動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

腸脛靭帯炎などの膝の痛みは簡単セルフケア「膝ストレッチ」で予防!一日中仕事で立ちっぱなしの方の膝の痛みの予防に!

 
 
3054401801029ht.png
出典:「ランニング医学辞典」
出版:「西村書店」
 
 
 
 
■ 腸脛靭帯炎とは!?
 
 
腸脛靭帯炎は、マラソン選手に多く見られるスポーツ障害とこれまで認識されていましたが、ここ最近はマラソンの根強い人気に引っ張られる格好で、マラソンを習慣にしている一般のランナーの方の間でも腸脛靭帯炎の症状を訴えるケースが増えています。
 
 
腸脛靭帯炎は、初期の段階では膝の外側が緊張し、きしむような違和感や痛みを感じます。ランニング中にはさほど痛みを感じなくても、ランニングを終えた後に痛みが現れるケースが少なくありません。
 
 
この段階における痛みの症状は休むと自然と治まりますが、症状が進行してくると、痛みは徐々に大きくなり、走ることすら困難になります。しかも、体を休めても痛みが治まらなくなって痛みが慢性化します。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

1日30回!腹斜筋を鍛えて脇腹の脂肪を落とす効果が凄い!脂肪が落ちると内蔵の働きも良くなって腰痛の予防にも!

 
 
10820180310ht.png

 
 
 
■ なぜ脇腹の脂肪は取れにくいのか!?
 
 
わき腹の脂肪はなかなか落ちませんよね。実はお腹の筋肉の中で、普段最も使われていない筋肉がわき腹の筋肉なんです。つまり、普段使わないので脂肪が付きやすくなっているわけです。こうした傾向は年齢とともにより顕著になります。
 
 
脇腹の筋肉を腹斜筋というのですが、日常生活で腹斜筋を使う動作はほとんどありません。この腹斜筋の筋肉量が落ちてしまうと、その代わりに内臓を守るために脂肪が付いてしまいます。
 
 
ですので、毎日一生懸命腹筋トレーニングをやったり、ひと駅分長く歩いたりしても脇腹の筋肉を刺激しないので、どんなに頑張っても脇腹の脂肪は取れません。
 
 
 
 
17220170501ht.png
 
 
 
『 腹斜筋を鍛えてお腹まわりの脂肪にさようなら!』
 
 
ここに筋肉がつくと、単に脂肪が取れるだけでなく、それまで脂肪で圧迫されていた内蔵器官が解放されるので、内臓の働きも自然と良くなります。ということで、今回は腹斜筋を効率よく鍛えるエクセサイズをご紹介させていただきます。
 
 
こちらのエクセサイズは見た目以上にきついのですが、脂肪を落とす効果は絶大です。毎日左右30回ずつつ行うのですが、いきなりは無理なので、5~10回ずつくらいから始めてみてください。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます